過剰防衛

あんこ事件、その3

この事件、まず原因として、以下の二点が挙げられる。

1)私の中の抑圧された怒り
2)批判されることに対する夫の「Defensiveモード」の発動

1)は、「あんこ事件、その1」にも書いた通り、言いたいことを言えなかったという子供のころの経験にもとづいている。これにはだいたい、

①言いたいことを押し込めることで、生存環境を確保する
②言ってもなにも変えることができなかった経験から、言わないようにすることを身につけた

という二つの理由があるだろう。

①については、子供には「親に愛されたい」という本能がある。親に好かれたいために、自分の言いたいことよりも親の気持ちを優先する。「日本で潜在意識に働きかける」に書いたように、私が母親に対して駆け寄りたい気持ちを我慢していたことがこれに当たる。

またこの「親に愛されたい」という本能は、自分の生命を維持するために必要なことでもある。子供は一人で生きていくことができないからだ。「親に嫌われたら放り出されて生きていけない」という生命の根源に関する恐怖心から、親に好かれることで自分の生存を確実なものにしようとする。親に対する安心感の欠如は、このような形で出てくる。だから親に対してギャーギャー騒いでいるような子を見るたびに、安心感がきちんとある健全な子供なのだなと思う。

こうして、親の愛情を求める気持ち、自分の言いたいことを押し込めることで親に好かれ、「家庭」という自分が生きていくために必要な環境をより確実なものにしていきたいということから、「自分の言いたいことを言わない」というサバイバルテクニックを身につけたと考えられる。

②も同様に、「言いたいことを言わない」というサバイバルテクニックになるが、こちらは言いたいことを言っても満足のいく結果を得られなかったという経験、もしくは逆に大きく傷つくことになったという経験からきている。

言いたいことを言っても聞いてもらえなかった、もしくはよりひどい事態が返されたとなると、そのうち「これなら言わないほうがましだ」と子供は学習する。というのも、それでも言い続けてしまった場合、生きていけないほど傷つくことになるからだ。それを避けるために人間の自己防衛機能が働き、「言わない」ということを身につける。

この①と②によって、言いたいことを言えなくなったのが私の中にある問題だ。子供のころはそうしないと生きていけなかった、生きていくために必要だったテクニックだけれど、大人になった今となっては人との円滑なコミュニケーションを妨害してしまう。これに気づき、子供のころの言いたいことが言えなかった自分を癒やすことが必要になる。「ありがとう、おかげで生き残れたよ、今はもう必要がないから、大丈夫だよ」と。

癒せてきてはいるものの、人間だからたまにこれが出てしまうことがある。今回はまさにそうだったのだろう。最近夫にかなりいろいろ言ってしまっているなと感じていたこと、そして夫の冬休み最終日ということが重なり、言えなくなっていたと考えられる。

2)については、過去のカウンセリングの記事に詳しく書くつもりではあるけれど、夫には人から批判されることにトリガーがある。そういう場面に出くわしたり、また相手は批判するつもりなどまったくないのに勝手に「批判される」と感じてしまうこともあり、過剰防衛に走る。これを英語で「Defensive(ディフェンシブ)」と言うので、「Defensiveモード」と名前をつけている。

この「Defensiveモード」が発動したときは、なにを言っても「批判してくる」と完全に思い込んでいるため、とにかく反論して打ち負かすことだけに全力を注いでくる。釘だらけの壁が背中に迫ってきているかのように、必死だ。夫が言うことをまともに言い返しても意味が無いので、これが出てくると話ができない。

これも子供のころに身につけたサバイバルテクニックであり、自分の中にまだいる子供の自分を癒すことで回復していく。また勝手に反応せず、一度間をおいて、相手がなにを言いたいのかに集中することが必要になる。最後まで聞いてみれば、相手に批判するつもりなどさらさらなく、逆に相手が自分をほめようとしていることだってある。「なーんだ」と思う経験の積み重ねで、回復していくことができる。

カウンセリングをやってからもうずっとこれが発動することはなかったのに、また突然起こるようになってきた。この原因はあとになってわかってくるけれど、このときはなぜこれがまた出てきたのかよくわからなかった。

そして、これの対処方法としては以下の通りとなる。

1)私の中の抑圧された怒りの原因を探り対処する
2)「Defensiveモード」の解除

1)については、「あんこ事件、その2」に書いた通り、怒りの下に隠れているもう一つの感情に光を当てる。二次感情である「怒り」について話していても拉致はあかない。その下に隠れている一次感情に気づくことが重要となる。

今回の場合、私は「親に好かれたい」をに対してやってしまっていたことになる。夫に好かれたいため、嫌なことを言いたくなかった。そしてそれがわかってもらえなかったため、気持ちを汲んでもらえなかったために、「悲しみ」が出た。その「悲しみ」が膨れ上がってどうしようもなくなり、このままでは自分の生存を脅かす危険がある、つまり「傷つきすぎて生きていけない」となるのを防ぐために、人間の防衛本能でそれを「怒り」に変える。

なので表面に出ている「怒り」ではなく、その下に隠れている「悲しみ」に光を当てて、その気持ちを自分や相手に汲んでもらうことが必要となる。それを私は自分でやってのけた。素晴らしい。本来なら、これを一緒にカウンセリングで勉強した夫がやってくれるべきことなのだ。でもその夫が「Defensiveモード」を発動しており、使えないばかりか逆のことをしてさらに私を追い詰める。本当にクソ男だと思う。

なので、2)が必要になる。私は1)をやりつつ、2)もやらなければならないのだ。自分が傷ついているときに。どれだけ大変なことか。車でひかれたのに加害者が「お前がそこにいるから悪いのだ」と怒っていて、それをなだめつつ、「そこにいて申し訳ありませんでした」と私が慰謝料を払い、自力で病院に向かってさらに自分で手術をするようなものだ。

これが本当につらい。夫も自分で自分をどうにかできるようにと、カウンセリングでやったのだ。そしてそれができるようになって本当に助かり、これなら一緒に生きていけると思ったのだ。それがまたこんな事態になった。

人間だから、一度できるようになったとしてもまたたまに後退することもあるだろうし、しかたのないことなのかもしれないと思っていた。でもそうではなかった。カウンセリングを経て、夫は大きく変わったのだ。それで普通に暮らせるようになっていた。でもとある原因があって、このときの夫はおかしくなっていた。それにやっと昨日気づいたので、これからはそうならないように気をつけていくこともできるようになった。

そこにたどり着くまでにまたいろいろあった。この「あんこ事件」は、その一連の流れの始まりだった。

広告

あんこ事件、その2

夕食の支度を止めて、「なんでそういうことするの?」と言った。

夫が立ち上がり、こっちにやってきた。

いつもなら夫はここで話を聞いてくれるようになったのだけれど、このときはどういうわけか夫はDefensive(ディフェンシブ)になり、過剰防衛に走った。なにがそうさせたのかはわからない。怒った顔をしてぎゃーぎゃー言い始めた。Defensiveになったときの顔だった。

こういうときはなにを言っても、とんでもない理屈をつけて言い返してくる。「やられないように反撃すること」のみが目的になっているので、お互いの考えを話し合うなんてことはできない。だからまずはこの「Defensiveモード」をどう解くかにかかってくる。それがないと、なにを言っても無駄になる。

夫は普段なにも考えていないくせに、この「Defensiveモード」が発動したときだけはやたらと賢くなる。反撃に全身全霊をかけるからだ。相手の言うことを拾って、とにかく突けるところを突きまくる。これを英語でしてくるから、こちらは本当に疲弊する。昔は「私のことを考えてくれていない」ということで、死にたくもなった。

でもカウンセリングをやって、私も賢くなった。問題がどの辺りにあるのかがわかるようになっただけでも、突破口になる。さらにカウンセラーのやり口も自分で体験しているので、どういうことを言えば夫の「Defensiveモード」が解除されていくかという経験もつんでいる。

ただ、これを英語で、しかも自分が怒っているときに、淡々と分析しながら話をしていくのは至難の技だ。しかも相手からはどんどん矢が投げつけられてくる。それをかわすのではなく、問題点を探すためにそれを注意深く聞いていなければならない。それをしつつ、言わなければならないことも忘れずにいなければならない。これを英語で。死ぬ思いだ。

私はまず、「冬休みも最終日だから嫌なことを言いたくなかった」と伝えた。この休みの間中、夫が遅くまで起きていれば「そろそろ早く寝るように戻したほうがいい」だったり、家事を指示したり、いろいろなコントロールをしてきたような感覚があった。「言いすぎかな」という思いもあった。だから最終日くらい嫌なことを言わずに、楽しく過ごさせてやりたかった、その気持をわかってほしいと伝えた。

すると夫は、「自分が嫌な思いをするかどうかはわからないではないか」とアホなことを言ってきた。そうやって「こんなことを言ったら嫌な思いをする」「夫は怒るだろう」という思い込みがおかしいと。以前の自分とは違う、もうそんなことで怒るような人間ではない、言ってみて自分がどう反応するか見たっていいじゃないか、どうしてチャンスをくれないのだ、だいたいどう思われようと自分の意見を言うべきだと。まさにカウンセリングでやったことを使って、自分のいいようにすべて私のせいにしてくる。

だいたいため息を何度もついたりして、「怒っています」アピールをするくせになにも言わない、こうやって自分が「どうしたの?」と話しかけてきてやらないとなにも言い出さないではないか、と更なるダメ押しをしてきた。こういうときは本当にクソ男だ。

なにを言っても返してくる。こういうときは、わざとらしく夫の意見を復唱する。

「そうね、じゃあ全部私が悪いね」
「チャンスをあげない私が悪いよね」
「自分の意見を言わない私が悪いよね」
「冬休み最終日に嫌な思いをさせたくないっていう私が悪いよね」

すると夫が嫌な顔をして一瞬黙る。そこを突く。

「何時間もかけて作ったものを台無しにされたのは私だ」
「怒るのは私だ」
「『意見を言うべきだ』の前に、『どうして私が言えなかったのか』を理解するべきだ」
「そうでなければそこから進めない」

「あなたのことが好きで大事だから、嫌な思いをさせたり怒らせたりするようなことが言えなかった、その気持ちをわかってほしい、それが怒りの下に隠れている」分析した通りにそう言った。

「怒り」というのは二次感情で、ある感情が膨れ上がりすぎて手に負えなくなったときに「怒り」に変換するとカウンセリングで習った。このとき私の「怒り」の下にあったのは、「悲しみ」だ。ここまでリアルタイムで認識していた私は、本当に素晴らしいと思う。夫が同じ状況でここまで分析できることはない。素晴らしい、私。素晴らしい、自分。

そうして自分を褒め、自己肯定感を持ちつつ、夫になにを言われても「気持ちをわかってほしい」と繰り返し続けた。これからどうするかは次の話、まず言えなかった私の気持ちがどういうものだったか、そこを理解しないと先へは進めない。なにを言われても、そう返し続けた。

だが突然、夫は泣き始めた。「自分のことが好きだから怒らせたくない」というのが、あまりにも残酷なように思えたらしい。「そんな人生はつらすぎる」「そんな風に一生を過ごすなんてやめてくれ」と泣いた。夫の中にも同じような経験があったのだろう。両親か義理のお父さんか、はたまた家族の誰かか。その人たちに迷惑な思いをかけたくない、そういう気持ちで自分を押し殺してきた経験があるのだろう。だからそこで涙が出てきたのだろうと思った。

じゃあそこは共感できるはずだ。だったら私が自分の気持を言いやすいように、こうして自分の気持ちを発表した際には、ぎゃーぎゃー言わずにきちんと聞け。

するとやっと夫が謝った。「ちゃんと話してほしい」、そう言ってきた。

それでもまだ「自分は変わったのだから、もうそんなことを言われても怒ったりしない」「チャンスをくれないのが悪い」と言ってきた。

チャンスをあげたからこうなったのだ」と私は言った。こういう衛生面に関することは、今までにも何度も話した。口をつけたスプーンをジャムの瓶に突っ込まない、あなたもわかってきてくれていると感じていたから、どうかなとは思ったけれど、チャンスをあげようと思った。

そう言うと、夫は「そしてそのチャンスを俺は無駄にしたわけだ」と言って、謝った。やっと、全面的に謝った。「Defensiveモード」が解除されたのだ。

責任感を身につけた夫

このころ、自分のカウンセリングでも夫の話をすることが多くなっていた。

夫がまた実家に行って話をつけてくると言い出したことをカウンセラーに伝えると、カウンセラーはびっくりしていた。私はてっきりカウンセラーから促されて夫がそうすることにしたのだと思っていたのだけれど、違ったらしい。夫のカウンセリングでは、お母さんの誕生日に行ってなにも話をしてこなかったことについて話し合っただけとのことだった。

カウンセラーは、きっとその話の中で夫に「自分がしっかりしなければいけない」という気持ちが芽生えたのだろう、と言っていた。たった一回でこの夫に「嫌だけど必要なこと」をやる気持ちにさせることができる、このカウンセラーは恐ろしいと思った。この人に出会えたことは本当に奇跡だと思った。

夫はきっと、「父親」が必要だったのではないだろうかと思った。今までずっと父親がおらず、義理のお父さんがいても本当の親ではないから、なにを言われても反抗するだけで終わってしまう。お母さんはあんなだし、誰も夫に「これをやれ」「そういうことはするな」と言って聞かせられる人がいなかったのではないか。だから「嫌だけれどやらなければならないこと」をしたことがなかったのではないか。

その後、夫のことはそっとしておいたのだけれど、翌日仕事から帰ってきて夕ご飯を食べたあとに、「ちょっといい?」と話しかけられた。びっくりした。

今まで夫は、自分からはなにもできない人だった。渡英したばかりのころ、三日間無視をしたあとに、職場に花が届いたことがあった。カードには「Please talk to me(話をしてください)」の言葉。面と向かって「話をしよう」のひとことも言えない人だった。ただただひたすら私のアクションを待つだけの、夫でもなんでもない、飼い犬のような人だった。

その夫が、自分から沈黙を破って話しかけてきた。衝撃だった。

さらに、話した内容がそれ以上に衝撃だった。

「やるべきことをいつまでも放置していることは、もうやめる。これからは、すぐやる。Kelokoをいつも不安な状態にさせておくのは、いけない。言った通り、今週末姉さんと母さんと話をしてくる。運転教習もすぐ行く。健康診断も予約してきた。他になにかある?」

いったいどうしたというのだ。

確かに、フリーランスで時間がある今のうちに免許を取りに行かなければ、という話はしていた。同様に、健康診断も。それでもなかなか行かなくて、けっきょく仕事がもう決まってしまったのだけれど。いいことだけれど、この変化はなんなのだろう。

びっくりしてこのこともカウンセラーに聞いたところ、どうも夫と次のような話をしたらしい。

なにかやるべきことに関して、私は心配しすぎるし、夫はお気楽にいつまでも放置する傾向がある。そこで私はたまに「どうなっているの?」と突っ込むわけだけれど、夫は「これが終わってからでないとわからない」のようなもっともらしい理由を述べて逃げてばかりいる。さらに私が突っ込めば、「自分のペースでやらせろ!」と逆ギレする。

私は夫の理由がしっかりしていればそれまで待つことができるけれど、夫は自分のペースでしかやりたくない。要は、私は夫に合わせられるけれど、夫は私に合わせられないのだ。

これが、私が「この人は一人で生きている」と感じ、一緒に生きている感じがまったくしない理由だった。

一人で暮らしているときは、それでもいいと思う。やることがあったとしても、自分のペースで、やりたいときにやればいい。でも人と暮らしているということは、自分のペースだけでやってはいけない。相手のペースも考えて、合わせるところは合わせていかなければならない。

夫はこういうとき、「ペースが合わないということは別れたほうがいいのだ」というような馬鹿を言う人だった。人にはそれぞれペースがあって、人それぞれなのだから、それを尊重して生きるべきだ、だから合わないなら別れればいい、という。

この考えかたにも、一理ある。日本人の場合はどちらかというとなんでも合わせずに、夫のような考えを少し持ったほうがいいとは思う。でも、なんでもかんでも合わなければ別れるというのはおかしい。その証拠に、夫には長くつき合えている友人が一人しかいない。それでは一生かけても一緒にいられる人など見つかりっこない。夫はそれでもいいと言う。自分は不適合者なのだと、だからしかたのないことなのだと。

でも、そうではない。夫は人に合わせることを学ばなければならない。

夫自身も、自分がいつまでたっても言い訳をしてやることをやらないでいるという認識があるのだ。自分でもそこがだめだと思っているわけだ。そこを私が突くから過剰防衛になって、「これが俺だ!人を変えるのではなく、ありのままのその人を受け入れることが愛情だ!」とアホ丸出しなことを言ったりする。それはもちろんその通りなのだけれど、これは「人を変える」のではなくて、「悪い癖を直す」というだけの話だ。

夫はこういうところが非常に巧妙だった。自己肯定感がなく過剰防衛に走る人は、なんでもするしなんでも言う。自分を守るために、ありとあらゆる手を使ってくる。母国語でも大変なのに、これを英語でやられるともうお手上げだった。毎回毎回、どこからどうすれば切り崩していけるのか、脳みそがなくなるほど頭を使った。自分だってトリガーされてつらいのに。本当に死ぬ思いだった。カウンセリングで知恵を得てそれを使いまくるのだけれど、夫はそれをもさらにねじ曲げて使って攻撃してきた。本当に救いようがなかった。

でもカウンセラーのおかげで、夫はひとつこれをやっと認められたのだと思う。夫がやり終わるまで、私はずっとそのタスクが頭から離れず、リラックスできない。そりゃあ歯ぎしりだってするだろう、と。他人から冷静に指摘されることで、認めることができたのだ。

またカウンセラーは、お母さんに気を使いすぎて自分の妻をないがしろにしてはいまいか、という話もしたらしい。お母さんの誕生日だから、お母さんが話したいことを話そう、自分だってネガティブな話はしたくない、そうだそれがいい、と正当化して、せっかく70ポンドもかけて出かけて行ったのに、なにもせずに帰ってきた。あなたの奥さんの気持ちはどうなるのだろう、と。

親に気を使うことも、よくしてやりたいと思うことも、普通だ。でも誰もお母さんをいさめることができない。唯一お母さんと喧嘩をするお姉さんであっても、最後は絶対にお母さんに謝ることになっているのだという。

カウンセラーいわく、たぶんこの子供たちは三人ともどこかに「お母さんに捨てられたらおしまいだ」という根源的な恐怖が残っているのだろうということだった。親が離婚すると、唯一自分のもとに残った母親がいなければ生きていけないと、子供は潜在的な恐怖を抱えるのだそうだ。再婚したとしても、「お母さんがいるから義理のお父さんは自分たちの面倒をみてくれるのだ」と思うのだ。お母さんに強く出ることができないのは、当然だった。

さらにこの家族には「メンタル的なことは話さない」という暗黙のルールがある。夫が話をせず帰ってきてしまったのは、当然の結果だった。

子供のころにすりこまれた恐怖は、それをどこにも出すことができないまま、誰にも認識されることがないまま、まだ潜在意識の中に残っていた。大人になった今、自分で生きていくことができるようになった今でも、それがトラウマとして残ってしまっているのだ。それに気づいて、「ああ、もういらないな」と認識してやるというステップを踏まなければならない。

以上のカウンセラーとの話をへて、「自分にはお母さんやお姉さん、妹などの家族がいる、でもKelokoには誰もいない。家族とも疎遠だし、その上遠い外国に来て住んでいる。Kelokoには自分しか頼りになる人がいないのだ。「夫の膜が取れた」でも思った通り、自分の健康をとても気づかってくれるいい奥さんではないか、自分のことをこんなに大事に思ってくれているではないか」というところへ、夫はまんまと誘導されたようだった。

そして「自分がKelokoを守るのだ!!」という小学生のような使命感に燃えて、お母さんのところへまた行って話をつけてくる決断をしたようだった。まさに「北風と太陽」の童話のようだった。

このカウンセラーは、本当に恐ろしいと思った。ただただ感謝の気持ちでいっぱいだった。