連鎖

「不可視の王国<アストラル界>へ行こう」

日本に行ったときに、衝動買いした本があった。

今思えば、このころまでは本など定価で買ったことがほとんどなかった。ほしい本があったとしても、まず中古で探すのが常だった。でもカウンセリングを始めてから、お金を気にせず「興味のあることをやってみる」ようになったとき、久しぶりに日本の本屋に行ったのだから気になったものがあったら買ってみようと決めて、買ってみた。

カウンセリング関係の本も買ったのだけれど、そこでなんとなく目がいった本があった。まったく聞いたこともない出版社から出ている本で、とにかく表紙がカラフルで浮きまくっていた。めちゃくちゃあやしいと思ったのだけれど、なぜかそのハッピーな感じが心に響いて、一度手にとったあと、手放せなくなってしまった。

まったくの直感だけでものを買ったりしたのは、これが初めてだった。それが、右の「ドリームランド<地球>へ行こう」だった。

内容はとにかく飛んでいたのだけれど、私がでよく見ていたことが当たっていて驚いた。また様々な宗教の話が出てきて、「どの宗教も同じことを別のツールを使って言っているだけで、すべての宗教は同じことを言っている」というようなことが書いてあった。これはずっと私が思っていたことだった。同じことを考えている人がいたなんて。

おもしろくなって夢中で読み、他にも何冊かシリーズで出ているということで、一冊従妹に送ってもらった。それが、左の「不可視の王国<アストラル界>へ行こう」だった。

届いて読んでみると、こちらにはもっと当時の私に当てはまることが書いてあった。びっくりした。

これによると、人間は胸にあるハートチャクラの背中側から「プラーナ」というエネルギーを吸い、胸の前から吐いて、呼吸しているとのこと。これはまさしくヨガで習った考えかただった。中国では「氣」と言われる。これはヨガをやっていなければまったく理解できなかったであろう情報だった。それがこんなにもタイミングよく入ってきたことに驚いた。直感で行動するのも大事なことなのだと思った。

胸の前から吐き出すエネルギーは「念エネルギー」と呼ばれていて、人と人との間にはこの「念エネルギー」のやりとりが起こっているとのこと。「なんかあの人ちょっと嫌な感じ」というのは、その人が発する嫌な「念エネルギー」を感じている、ということだと。簡単に言えば、いい念は「祈り」で、悪い念は「呪い」というようなことだった。

夫婦間でも家族間でもこれはあって、たとえば母親が「うちの子大丈夫かしら?」としょっちゅう思っていると、この「念エネルギー」を子供に飛ばしていることになる。「念エネルギー」は放っておけば消えてなくなっていくのだけれど、消化しきれない量の「念エネルギー」が来てしまうと、ちょうど食べものを食べきれずにいたら腐ってしまうように、子供のところにたまったまま腐っていく。これが腐ってたまっていくと、ドロドロの状態で子供の体を包んでいき、蛇が巻きついたようになってしまう。

でも実はこの「念エネルギー」を飛ばしたほうの母親も大変で、自分のエネルギーを子供に送り続けているわけだから、体がだるくなったり、おかしくなったりするとのことだった。

この説明を読んだとき、本当にその通りだと思った。

うちの母親は、体のあちこちがおかしかった。高血圧で、高コレステロール、心臓の問題に加えて、頚椎のつまりに、切開手術もした腰痛。何十年も一年中花粉症で、年中鼻をかみまくるものだから、鼓膜までおかしくなる一方。常に薬を大量に飲み、病院に通い、注射を打っている。体はボロボロだった。

きっと、私や家族に「念エネルギー」を飛ばしまくっているから、自分の体が持たなくなるのではと思った。私が実家を出る前はそこまでではなかったけれど、出てからは数年ぶりに会うたびに、毎回一段とひどくなっていた。自業自得だとは思っていたけれど、まさか本当に自業自得だったとは。

たぶんこれは大まかに言うと、「人のことにばかり首を突っ込んでいると自分がおろそかになる」という当たり前の現象を説明したものなのだと思った。「エネルギー」という単語を使って説明するこの方法は、とても興味深かった。ヨガの先生がそうだったからだ。

先生によると、すべてのものは「エネルギー」でできているとのことだった。私たちのこの体も気持ちも。でもそれをどうやって動かしたり、調整したらいいかが一般人にはわからない。そこで「振動」を使う。つまり、「言葉」のことだ。言葉は「音」なので、体や空気による「振動」だ。

いわゆる「言霊」や「Chanting(お経)」など音の振動によって「エネルギー」を動かし、体や気持ちに作用させるのだと。よく「ありがとう」という言葉の振動がいいなどと言うけれど、こういった振動のいい言葉を発したり聞いたりすることで、自分や世の中に対してポジティブな作用を広げていくのだと説明してくれた。

本によると、「念エネルギー」というのは「周波数」が違えばスルーしていくらしい。どれだけ人から恨まれていても、本人が高い「周波数」で楽しく生きていたら、「念エネルギー」は影響を与えることができないとのこと。

これもなんだかわかる気がした。同じ土俵に立つな、ということだろう。

ただ、たとえばストーカーなどの場合。ストーカーにつけられているような気がすると、気を取られてはいけないとは思えど、どんどん怖くなってしまうのも無理はない。こちらが感知すると、ストーカーは「念エネルギー」が受け取られていることを感知して喜び、ますます「念エネルギー」を送るようになってしまう。

母親もそうだった。「念エネルギー」が私に届いていると感じるから、ますます嫌がらせをしてくるのだろう。そしてそれによって私からも「念エネルギー」が飛んでいってしまっているのだ。

「念エネルギー」というのは、来たものを返すとになって返っていくとのこと。それがまた倍になって返ってきて、それをさらに倍にして返っていく。そういうのを繰り返し、それが何十年と続くと、もう大変なことになってしまう。

そこで、この流れを断ち切ることが必要になってくる。送られてきた「念エネルギー」や、自分から返っている「念エネルギー」の連鎖を、断ち切る。

これをどうするかというと、相手に返っていく前に「燃やす」ということだった。燃えてしまって送り主に返らなくなると、「念エネルギー」が返ってこないから「あれ?」となり、やり取りがそこで途切れる。ストーカーが謝ってきたり、警察が動き出したり、引きこもりの子が学校に行き始めるようになったりと、流れが変わるとのこと。

これはおもしろそうだと思い、本にあった「燃やす」方法を試してみた。やりかたは三つくらいあり、「お経巻き」というのが一般的らしいのだけれど、うちにはお経本はなかった。もう一つ「ひとがた」という方法があったので、それを試すことにした。

これは名前を書いた紙を包んで、見えるところに立てかけておき、目につくたびにその人に対するように話しかけ、一週間たったら燃やす、というもの。「念エネルギー」を本人に返すのではなく、この「ひとがた」になすりつけて燃やしてしまう。話しかける際には「死んじまえ」などなにを言ってもいいらしい。これでもう本人には返らないから、「念エネルギー」のやり取りがここで途絶える。三回くらいやれば、どれだけたまっているドロドロもすっかり燃えてしまうらしい。

ちょうど「アダルト・チルドレン癒やしのワークブック」で、親に手紙を書く前に「親の写真を見ながら言いたいことを言う」というワークがあったのでちょうどいいと思い、この「ひとがた」に対して話しかけることでやってみた。最初は「言葉をかける」という行為そのもので母親とつながってしまうように感じ、なかなか言うことができなかったけれど、だんだんと言いたいことを言うことができた。

燃えかたにも特徴があって、すーっと燃えることもあれば、「念エネルギー」がたまっている場合はなかなか燃えず、周りからジリジリと火が進行していくようなこともあるのだそう。母親に対してやってみたところ、本当になかなか燃えなくて嫌になった。時間をかけて燃やし、トイレに流してほっとした。効果のほどはわからないけれど、子供のころによくやったおまじないを思い出してなんだか懐かしくなった。

この本は、ヨガやスピリチュアリズムを勉強してからまた読んでみるとまたおもしろかった。お金や先入観を気にせず、直感でものを買ってみるというのもおもしろく、また、考えて買ってみるのと同様に大事なことなのだと思った。

広告

将来の子供にできること

スピリチュアルカウンセリングの最後。

私が夫にできること」で、自分が親にされたことが嫌だったにもかかわらず、同じことを夫にしていることをまた発見して、涙が出てきた。

さっきお母さんとの姿が見えたので、それについて話そうと思っていた。自分が同じことをしていると気づくことで、「あーお母さんこんな風に思っていたんだな」という理解につながる。でも自分はそのまま同じように生きずに、自分のところで変えていくことができる。

それはけして母親を拒否するということではなく、母親も葛藤しながらいろいろ考えていたのだろうと思うことができる。母親は100%私のことが心配で大事であるから言っていた言葉ではあるけれど、でも本当の意味で私を大事にするということを考えると、言葉や態度を変えなければならなかった。

母親は途中までしかできなかったけれど、自分は母親の分まで自分のところで変えてみようかなと思うこともできる。これからやってくる子供のために、先を見越して。そうしたらなんの無駄もない。

そうは言っても、これを100%受け入れることはまだできない。でも、それでいいのだと思う。受け入れられるときが来たら受け入れられるわけで、なにも「受け入れることが一番」だからといって、今すぐ受け入れられなきゃいけないわけではない。「はい、じゃあ受け入れます」とできたら、それは人間ではない。そこに行き着くまでの過程で学べることが重要だ。

子供に対して「もうちょっと早く歩けない?」よりは、「ずいぶん早く歩けるようになったね」と言ったほうが、もっと早く歩けるようになる。「いつまで経ってもできないね」「いつになったら歩けるの?」と言っていると、そこで肉体は止まっていないけれど精神が止まってしまう。

電車やバスで周りを見回してみると、「リフトされる言葉」と「ぐわーっとなってしまう言葉」があることに気づくと思う。その中で、「あーこういう言葉か」と学ぶことで、夫や将来の子供の役に立つようになる。

ためらいもなく「将来やってくる子供」という話をするけれど、本当にそんな日がやってくるのかは疑問。今でもやはり自分に安心感がないし、夫にも安心感がないし、家族としての安心感もないから、これ以上安心感のない存在を増やすことはできない。

でも将来子供を持つことにならなかったとしても、これはどんなところでも役に立つことだと思うし、学んでいて損はない。夫との間でも、職場でも、友達との間でも、人がいるところならどこでも使える。「自分がわからない」で書いたような、挙動不審で人とうまくコミュニケーションがとれない自分から脱却できる。

すべてが簡単でなんでも片付いていってしまったら、なにもやることがなくなってしまって、それはもう「人生」ではなくなる。だからいつもなにかしらチャレンジがあって、それを乗り越えることで「自信」になっていったりする。

確かに、これは真理だ。「いつになったらすべて片付いた状態になるのだろう」と思っていたけど、生きている限りなにかしらがあるわけで、そんななんにもないまっさらな状態の日は永遠にやってこない。だからそんな完璧な日を目指し続けるのではなくて、なにかがあることを日常だと思って、ひとつひとつを落ち着いて片づけ乗り越えていけるようになりたい。

モラルハラスメントから回復するには

では、どう回復するのか。

1.回復

1)回復のために

被害者の回復は、その本人ひとりで進むものではなく、まわりの助けが必要。被害者の体験をまともに取り上げて聞いてくれ、人を支配コントロールしようとしない安全な人とつながることがまず必要であり、そのような人と話すことで少しずつ回復していく。

「まともに取り上げて聞いてくれる」というところが、一番大事だと思う。普通の人に話しても、単なるかまってちゃん悲劇のヒロインと思われたり、加害者の被害者への執着を「愛情」と勘違いされたりして、よけいな被害を呼ぶことになる。

このときは少しずつ周りが私の話をまともに聞いてくれることに気づき始めて、いろいろな人にわかってもらうことで少しずつ軽減されていったように思う。だが、一番近くにいるがまったく理解のできない行動をとり、それによって激しく傷つくようになっていった。

2)回復の過程

被害者は、自分が体験したことを他の人と分かち合いながら、自分の身に起きたことがモラルハラスメントという暴力であり、自分はその被害を受けたのだということを認め、受け入れることが必要。その過程で、罪悪感から抜け出し、加害者への怒りの感情を認め、表現していく。そしてその怒りの感情の奥にある悲しみや苦しみ、喪失感などに向き合い、その感情を認め、充分に味わい、表現していくことによって、被害を受けたというできごとを、文字通り過去のものにしていく。

そうして被害者は、モラルハラスメントによってばらばらにされた自分の心や感覚をひとつにし、つながりを取り戻していく。そして、自尊心や自己肯定感を思い出し、自分自身を許し、他者との新たな、対等な関係を作っていく。そしてあるとき、今まで加害者に感じていた、自分が破壊され尽くしてしまうような超人的な力を、今や加害者が持ってはいないことに気がつく。

モラハラもそうだけれど、加害者から逃げれたとしても、自分の中に問題が染みついてしまっているので、これを回復することが一番重要だと思う。たいていの場合は、あまりにも罪悪感や喪失感、怒りや悲しみなどの感情が強いため、加害者に罰を与えたり復讐してやりたいと思う気持ちが強くて、自分の回復に気持ちが向きづらい。また、逃れて距離を取ったことで満足してしまったり、逃れるだけでもう精一杯だということもあると思う。

でも、どれだけ時間をかけてでも、いつか自分の回復にぜひ向かってほしいと思う。私の場合は、自分の人生がめちゃくちゃになってしまっていて、これをどうにかしなければ生きていけなかったので、必然的に回復に向かわざるを得なかったし、回復の過程で何度もつらい目にもあってきた。それでも向かってよかったと思えたと思ったら、また問題に襲われて、本当にこれでいいのかと今だに何度も自問自答する。その繰り返しだけれど、回復はやはり自分の人生を取り戻すためにとても重要だと思う。

2.援助者

1)基本的な考え方

人には、安全や安心の欲求が満たされる必要がある。そういう意味で、モラルハラスメントは、基本的な人権を脅かす暴力である。ときに被害者は、その人自身に何か問題があるかのように見えるときもある。しかしそれは、暴力による被害者の葛藤や混乱がひどいためで、被害を受けると誰でもそうなるのだということを知っておく必要がある。

被害を受けると誰でもそうなるのだというのは、大きな救いだった。自分だけがおかしいのではない、自分が悪いわけではないというところは、回復に向かっていくのに必要な考えかただと思う。

2)援助者として

今まで加害者によって不当に抑圧されていた被害者の回復のためには、今までとは逆、つまり、誠実で対等な関わり方をされることが必要。援助者は、情報提供をしながらも、具体的な選択においては被害者自身の意志を尊重することが大切。被害者のいたらないと見えるところを取り上げて、説教などをしたり、援助者の正義感を押しつけて、プレッシャーをかけたりしないようにすること。また、被害者が自分自身情けないとか恥ずかしいとか言ったときには、「情けなくて恥ずかしいのは、あなたではなく加害者だ」とはっきり言う方が、真のサポートになる。

これは、本当に難しい。普通の人はやはり普通だから、どうにか加害者のいいところを探して「あなたに対してすべて悪意だったわけじゃないよ」と言ってくれたり、逆に「言われっぱなしでいいのか」とか被害者のために強く出てくれたりする。そうするとますます問題を深くしてしまうことがあるので、信頼できるカウンセラーや、同じ経験がある人に補助を求めるのがいいと思う。

配偶者が援助者となり得る場合は、本当に恵まれていると思う。一緒に暮らしていく中で、自分の問題にも気づき、それを協力して落ち着けていくことが可能だ。私の場合は、逆に夫がさらなる加害者となりえたため、「抜け出した」と思ったところからさらに突き落とされることになった。

3.次世代への連鎖

被害者が次の加害者になるという、いわゆる次世代への連鎖が心配されるが、それを断つためには、まず被害者自身が、自分の身に起きたことが暴力であったと認識することが必要。それを認めず、あれは自分のためだったとか、教育や愛情があってのことだったとしか認識できないとき、同じ理由でその暴力を、教育や愛情という名の下に伝えてしまう危険性がある。回復の過程の中で、自分の弱さを認めることができ、その弱さをダメなものだと評価しないでいられる強さを自分の中に感じ取れることこそが、次世代への連鎖を断つ鍵。

人によっては、自分が実の親から受けていたものが暴力だったとは受け入れがたいものなのかもしれないけれど、私は解離性だったため、「暴力だった」「ひどいことだったのだ」と認識することでラクになれた。

どれだけ嫌でも、みんな自分が育ったところの家族の形しか知らないために、自分が家族を持ったときにどうしても同じことをしてしまう。加害者から逃げるだけでなく、時間がかかっても自分の回復に向かって進み始めてほしいと思うのは、自分がラクに生きれるようになるためでもあるけれど、このように自分がまた同じことを子供や周りにして、問題がどんどん連鎖してしまうのを防いでほしいと思うからだ。

というのは、周りに同じことをしていると気づいた場合、それは自分の中に問題があることに気づくよりもつらいと思う。私の場合は、「気づいてからの衝撃」に書いた通り、毒親にされたことを夫にしていたことに気づいたわけだけれど、本当にショックで恐ろしかった。だから、自分の回復に目を向けて、自分のために人生を進んでいってほしいと思う。

(引用部分はすべて「NPO法人 こころのサポートセンター・ウィズ」より適宜抜粋)