解毒プロセス

無視されると感じるメカニズム

このあたりで、本格的にカウンセリングを受け始めてから5か月。ここまででわかったことをまとめてみた。

1)怒りの原因について

①「人が言うことを信用できない」で書いたように、Entitleされていないと感じるとき
相手のタイミングで話を切り上げられるときや、先に「もう寝る」と言われるなど、相手のタイミングでものごとを進めようとされるとき。

②気持ちを無視されていると感じるとき
話しているのに相手の話にもっていかれるときや、泣いている/悲しんでいる/喜んでいるのにまったく違う話をされるなどして、無視されるとき。

誤解されるとき
相手が自分のことを間違ったように解釈してなんの疑いも持っていないとき、またその上さらに相手の解釈を押しつけてくるとき。

2)不安の原因について

①常に完璧でいなければならない
少しの漏れも見逃せないから、常に360°何年先のことまでも気を張り詰めてなければならない。

②結果をコントロールできない
人に合わせなければならないから、自分の希望することができず、終わるまでただ少しでも自分の希望に近い結果が偶然出ることを願い続けていて、いつも不安な気持ちを抱えながらいなければばらない。

③人の言うことを信用できない
夫が「休める」と言っても本当に休めるのか確認しないと信用できず、「大丈夫」と言われてもそれはその人の感覚だから本当に大丈夫かは自分で確かめないとわからないと思っている。

こんな感じだった。それ以前とはかなり変わってきていて、より本質に近づいていると感じていた。

こんなことが出てくるとは、それ以前には思いもよらなかった。日本語の「カウンセリングが終了」した時点でも多くのことに気づけたと思っていたけれど、このとき考えてみるとまだまだあれは表面的だったということがわかった。いかに自分が表面だけで生きてきたかということを、しみじみと感じた。

こうして書き出して見てみると、「怒り」は親からされたことと同じことをされるのがトリガー(引き金)になっていて、「不安」は親が信用できなかったことに由来していた。また、「怒り」の①と、「不安」の②は、同じことからきていると気づいた。同じことから、怒りと不安の両方が出てくる。ということは、ここが解消されれば二つ治るということだった。

かなり解明された感じがしていた。ほぼ核心まで来ていて、あとはもう治療に取り組んでいくだけなのかもしれない、とも思っていた。でも以前かなり解明されたと感じていたのにまたこうして理解が進んだことを考えてみると、もしかしたらもっと核心的なことが出てくるのかもしれないとも同時に思っていた。

ちょうどこのころ、「怒り」の②番「無視される」というところに関することがあった。

水が硬いイギリスでは、このように水回りにライムスケールがこびりつく。定期的にレモン汁や専用の洗剤スプレーを使わないと、どんどん真っ白になっていって大変になる。蛇口が回せなくなったりもする。

うちで使っていたBrita(浄水器)にライムスケールがかなりこびりついていたので、食洗機で洗おうと思って分解した。蓋のところに右の写真のようなメモリがついていたので、もし電池のようなものが入っているのなら、食洗機に入れられないかもしれないと思い、夫に聞いてみた。

私「これってエレクトリック(電気式)?」
夫「取りたいなら外そうか?」

私は「電気式かどうか」を聞いているのに、夫は「メモリを取り外すかどうか」という別の話になってしまっていた。質問に対し、まったく関係のない、しかも質問で、返ってくる。そして、すでに食洗機のドアまで開けていた。

思い返してみれば、こういうことは以前から頻繁にあった。でも最初のころは、自分がイライラすることにも気づかず、夫の話に合わせていたのだ。それで自分が話そうとしていたことがわからなくなって、なにも解決せず、夫がスッキリしただけで終わる。解毒が進んできてやっと、夫が話を奪っている、それに対して自分がイライラしているということに気づき始めたのだ。

質問に質問で返ってくるのもおかしいし、さらにその質問が私の話したかったことと関係のないものだと、「無視されている」という状況を想起させられて、怒りが湧いてくる。なぜイライラするのか、その原因がこのころようやくわかるようになった。そして、イライラして当然だということもここでやっとわかったのだ。

たぶん夫の頭の中では、

これは電気式
   ↓
食洗機に入れられない
   ↓
これだけ手で洗おうか?
   ↓
でもKelokoは食洗機で洗いたいのだと思う(勝手な思い込み)
   ↓
ここの部分は取り外せそうだ
   ↓
「取り外そうか?」

という思考が勝手に行われて、最後の「取りたいなら外そうか?」だけが口から出るのだろう。

問題点1:私の質問に対する答えが一切ない。

私が知りたかったことは「電気式かどうか」「電池が入っているかどうか」だったのに、まったく関係のない答えが返ってくる。頭の中でどんなプロセスが行われているかは、わかる。わかるけれど、自分の頭の中だけでコンピューターみたいに勝手に計算をしていて、コミュニケーションがまったくない。自分の中だけで完結してしまっている。

問題点2:私がしたいことを勝手に思い込んでしゃべっている。

私がしたいのは、それを食洗機に入れることではない。電池が入ってるかどうかを確認した上で、手で洗ったほうがいいか、メモリを外して食洗機に入れたほうがいいか、手間がかからなくていいのはどの方法かを割り出すこと。それを、私が「食洗機に入れたいんだ」と勝手に思い込んで、「そのためにはどうしたらいいか」を勝手に考えて、勝手にやろうとしてくる。

しかも、電池が入ってるかどうかなんて開けてみてもいないからわからないはずなのに、「Kelokoは食洗機に入れたいんだ」という勝手な思い込みが優先して、「電池だよ」と私の質問に対しては適当なことを言ってくる。

問題点3:Defensive(過剰防衛)になってどうでもいいことを主張し始める。

私が咎めると、「なにが問題になっているのか」「どうしたらいいのか」を導き出す話し合いにならず、「自分が言っていることは正しい」を主張するだけになる。

「そうではない、電池式かどうかを聞いてる」と言うと、「でもこれ外せるよ」と、またわけのわからない回答を出してくる。「食洗機に入れても、これだけライムスケールがこびりついてると、後で手でも洗わなければならないだろうから、最初から手で洗ったほうがいいということもある」と言えば、「食洗機にはライムスケール落としが入っているから、こんなのすぐ落ちるよ」とムキになって言ってくる。ライムスケールが本当に落ちるかどうかではなく、「食洗機に入れさせる」ことが目的になってしまっている。

こんなにこびりついてるのに、食洗機に入れただけで全部きれいになるはずがない。そんなことは簡単にわかるはずなのに、「落ちる!!」と、きっと自分でも本当は思っていないだろうことを必死に主張してくる。それで実際もう面倒だから食洗機に放り込んでやったら、案の定こびりついたまま出てきた。それを見せても、「ああごめんね」で終わり。自分でもきっと、なんでそんなくだらない主張をしたのかわかっていない。

このころまでは、こういう無駄なことが本当に多かった。どうしたらいいかも、当時はわからなかった。それでも、どういう仕組みで怒りや不安が出ているのかメカニズムがわかったのは、本当に大きな進歩だった。それまでは、そんな仕組みがあるということすら知らなかったのだ。

広告

自分を許せない

人が言うことを信用できない」に続いて、自分に対しても問題を抱えていた。

カーシェアリングの車で旅行に出かけたときのこと。帰ってきて元の駐車場に止め、荷物を下ろし、帰宅。荷物をほどいてシャワーを浴びたりし、寝る前にアラームをセットしようとして、携帯がないことに気づいた。家の中を見てみるも、ない。

車に忘れたんだ!!!となり、パニックに。降りる前に一度見た。でもそこでいろいろやっていて、そのときどこかに置いてきたような気もする。それでそのまま持って出なかったのではないだろうか。

サーっと血の気が引く。

夫と携帯でロケーションシェアをしていたので、それで私の携帯がどこにあるか見てもらった。ばっちり駐車場にあることが表示されたので、すぐに取りに行って確保し、事なきを得た。

なのに、気持ちがまったく晴れていかない

駐車場にあることがわかったときに、夫はもうほっとしていた。なのに私は、本当に駐車場にあるのかこの目で見るまでまったく落ち着かなかった。さらには確保したあとでも、まだズドーンと落ち込んでいたのだ。

そんな馬鹿なことをした自分が許せなかった。一人で行くこともできず、夫に「申し訳ないけれど一緒に行ってもらってもいい?」と謝って一緒に来てもらった。夫ももうパジャマだったのに、自分もシャワー浴びたあとなのに、また着替えて出なくてはならないのが凹むし、本当に馬鹿なことをしたと許せなかった。

カウンセリングでこの話をしたところ、この「携帯の場所がわかってもまだ落ち込んでいた」というところが引っかかると言われた。夫いわく、ロケーションを調べたときに、それが道をどんどん遠ざかって動いていたら心配しただろうけれど、じっと動かずに駐車場を指していたから大丈夫だと思ったと。

でも私はそれでも心配で、早く取りに行かないとと思っていたし、確保できてからも落ちていた。これは確かにおかしい

私が心配していたのは、たぶん以下の4つになる。

1.携帯を、どこかわからないところに置いてきてしまったのかもしれない
(なんとなく車に置き忘れたことは覚えていたにもかかわらず)

2.もしかしたら、誰かがもう拾ってしまったのかもしれない
(駐車場を指してるけど、駐車場にいる誰かの手の中にあるのかもしれない)

3.車を開けたら、レンタル時間を延長されるのかもしれない
(あとで連絡を入れて事情を説明するということもできるはずだけど)

4.もう寝るところだったのに、着替えて出なきゃいけないなんて申し訳ない
(徒歩2分の駐車場に行くだけだけど)

4つとも、こうして書き出してみれば、別に心配する必要などどこにもないことだった。1や2のように現実的ではない心配をしたり、3のようにあとから補完できそうなことを心配したり、4のようにそんなに大ごとでもないことを申し訳なく思ったり。確かに自分でこう書き出してみても、必要のない心配だということは理解できた。

カウンセラーは、「では携帯をなくしたらどうなると思う?」と聞いてきた。情報を盗まれるとか、また買わなければならないとか、セッティングをしなければいけないなどと答えてみたけれど、どれも別に死ぬようなことではなかった。そう、死ぬようなことではなかったのだ。

そういうことを生死がかかっているがごとく心配してしまうのは、やはり安心感がないからなのだと思った。けっきょくのところ、「人が言うことを信用できない」と同じ原因だ。

普段でもそうだった。豆腐を落として床にぶちまけたり、胡椒の蓋がとれて調理中のフライパンに全胡椒をぶちまけたりすると、自分が終わったようにショックで動けなくなる。「大丈夫だよ」「掃除すればいいんだよ」と夫に言われても、立ち直れない。掃除しても豆腐を買い直してもショックが消えないということは、片付けるのが大変とか物理的な要因がショックになっているわけではない。そんなことをしてしまった自分にショックを受けているのだ。

カウンセラーが言うには、「子供の自分と大人の自分」でやったように、「大人の自分」はこんなことをしても大丈夫だということが頭でわかっているのだけれど、子供のころと同じ状況に出くわすと、私の中にいる「子供の自分」が出てきてしまって、自動的に当時の絶望的な気持ちになってしまうのだということだった。

これにはまず、今の自分はもう大人であり、どんな状況でも自分で対処できるから、不安に思うことなどないのだと認識するところからとのこと。「掃除をすれば大丈夫」「また作り直せば大丈夫」「この世の終わりではない」と。

私がパニックになってしまうのは、

「なにか大変なことが起こった」という昔に見知った状況に陥る
    ↓
自分の中にいる当時の「子供の自分」が出てきてしまう
    ↓
「子供の自分」は状況に対応できない
    ↓
パニックに陥る

というメカニズムだった。

今はもう大人であり、携帯をなくしたくらいで死ぬことはない。プロバイダに連絡を入れて、使えなくしてもらえばいい。出費は痛いけれど、新しいのを買えばいい。大人なのだから、なんでもできる。この世の終わりではないのだ。子供のころはなにもできなかったことだけれど、今はもう子供ではない。そう理解できれば、パニックになることもない。

カウンセラーいわく、不安な気持ちが出てきたときには、

①まずは、不安な気持ちが出てきていることに気づく
②この気持ちはなんなのか、不安なのか、怒りなのか、落ち込みなのか
③どうしてそう感じているのか

これを観察してみるといいと教えてくれた。私の場合はたぶん、行き着く先はどれも「安心感を持てない」になるのだろうけれど、それを認識することが重要だった。最初は気づくまでに時間がかかるだろうけれど、何回かやっているとすぐ理解できてきて不安感が払拭されるようになってくると。それでも払拭できなかったときの対処法も、合わせて教えてもらった。

こういうことがあってから、夫は私のこういう特性を学んで、私がこういうミスをするたびに「大丈夫」「片付ければ大丈夫」とことさら言い聞かせてくれるようになっていった。この問題に関して夫は自分のトラウマを刺激されることはなかったので、積極的にサポートしてくれた。もちろんトラウマが刺激される問題については、そんな簡単にはいかない。でもできるところからやってもらうのは、本当に助かった。

人が言うことを信用できない

このころわかってきたことだったけれど、私には人を信用できないという問題があった。

それを認識し始めたのは、まだ日本にいたころ。あるとき職場の仲が良かった先輩に、「お前は人の話を聞かない」と言われた。それまでそんな認識はまったくなかったし、どちらかといえば自分は人の話ばかり聞いていて自分の話をしない人間という意識があった。だから、そんなことを言われて違和感を覚えた。それが始まりだった。

結果的に、この先輩の言ったことは当たっていた。「人の話を聞かない」のではなく、「人の言うことを信用できない」のだった。

人の話は、聞いている。でもそれをそのまま鵜呑みにすることができなかった。それがいいか悪いか自分で確認をとらないと、本当のところはわからないと思っていた。人を信用していないのだ。でも口では「そうなんだ」と言っている。それがよくなかった。納得したように見せておいて、言われたこととは違うことをやったりする。これが、周りから見れば人の話を聞いていないように見えていた。

マニュアル講習」でも、あった。先生が「アクセル踏んで!」と言っても、踏まずにワタワタしていた。英語で言われることに対してすぐにピンとこないという、言葉上の問題も確かにあった。本当にアクセルを踏んでいい状況なのか自分で確認できていないから、踏めない。それで後ろの車にピー!っと鳴らされる。

ただこれは、長所でもあったりする。テレビやメディアの言うことを鵜呑みにしない。必ず「どういうことか」と考える。生きていく上で必要な作業が身についているということは、悪いことばかりではない。

でもこれに関して、一時期かなり悩んだことがあった。もしかして自分は、親と同じ問題を抱えているのではないかと思い、それが本当に恐ろしかったのだ。毒親育ちが親と同じ問題を抱えるのは当然だし、「私の気づき」もそこからで、「気づいてからの衝撃」も大変だった。あのときの底知れぬ恐怖が蘇ってきた。

両親は、本当に人の話を聞かない。「毒親炸裂の報」でも書いたけれど、自分のやりたいことが暴走してしまって、人の声が頭に届かない。

しかし私と両親とでは、起きている現象は同じでも、原因はまったく違っていた。私の場合は不安から、「人が言うことは本当なのか確認しなければならない」と思っているところから来ている。両親の場合は自分の欲求が暴走した末の、「人がなにを言おうと自分のやりたいことをやる」になる。

これはまったく違う。とりあえずここは安心していいと、自分を落ち着かせた。

私は夫のことも、信用できなかった。夫が「大丈夫」と言っても、本当に大丈夫か自分で確認しないと、大丈夫とは思えなかった。イギリス人は特に、日本人と違って「正確な情報を出さなければいけない」という気持ちが抜けている。道を聞いても、正確な情報が一発で返ってくることはほとんどない。イベントに「行く」と言っても来なかったり、開始時間にもルーズだ。

なにか用事があって夫に仕事を休んでもらうとき、夫が「休める」と言っても、信用できない。本当に休めるのか、上司はなんと言っているのか、プロジェクトの状況はどうなのか、そういうのを根掘り葉掘り聞いても、「大丈夫かもしれない」とは思うけれど、その日が来るまで心配し続ける。つらい。

そんな自分に気づいたとき、これはどうしてなのかと思えば、親が信用できなかったからに尽きた。「完璧を求め続ける原因」で書いた通り、親の言うことを信用していたら、今度は妹ではなく自分が階段から転げ落ちて死ぬかもしれなかったのだ。親に頼らなければ生きられない存在が、親を信用できない。常に周りでなにが起こっているか、完璧であるか、どこかに漏れはないだろうかと自分で確認し、死の恐怖を抱えながら毎日を生きていかなければならない。

親すら信用できない子供が、他の誰を信用できるというのか。カウンセラーにはそう言われた。確かにそうだ。

そうやって今まで、常に周りに神経を張り巡らせて生きてきたのだ。これはけっこうな病気だ。そういえば小さいころから「Kelokoは神経質だ」と親に言われてきた。汚いものやじめじめしたものが嫌いで、手をよく洗ったり拭いたりし、塗り絵はけしてはみ出さず、線を引くときは必ずものさしを使う。その理由がようやくわかった。

そりゃあ歯軋りだってするし、眠りも浅いし、リラックスもしたことがないだろう。そしてそんな私が「いい加減」なイギリス人に囲まれて「いい加減」なイギリス人の夫と生活することになれば、悪化の一途を辿るに決っている。人と一緒に暮らし始めれば、その人の分まですべて確認して生きていかないといけなくなる。自分のことも確認しつつ。そりゃあ病気にもなる。

個人カウンセリング用まとめ」や「大騒動から学んだこと」で書いた通り、「二人で乗っている船を一人で漕いでいる」という表現をよくしていた。これがそうだった。「夫の変化」が出てきたように、どんどん変えてきたい。ラクに生きられるようにしたい。

そのためには、どうしたらいいか。

1)大丈夫でなくても、死ぬことはない

まず理解することは、これだった。子供のころは親に頼らないと生きていけなかったし、その親が頼れない人間であれば生死に関わる状態だった。でも今は、自分で生きていける。そんな危険なやつに頼る必要はなくなった。大人になってきちんと判断を下せる「自分」という存在を頼りに生きていけるのだ。

しかも、私の生死に関わるようなレベルの信用できない人間は、そんなにいない。そこまでおかしければ、明らかに「それは違う」と自分で判断できるに決まっていた。

さらに、人の言っていることがちょっとおかしかったとしても、死ぬほどのレベルではない。夫が休みを取れなかったとしても、また別の日に調整すればいい。夫だって、そんな私の生死に関わるようなことに対して、おかしな判断を下したりしないはず。そういう人は、なのだ。私はたまたまそういう人を親に持って人生が始まってしまったから、世の中はそんな人ばかりだという洗脳をかぶってしまったけれど、きちんと考えればそうではない。たぶん世の中のほとんどの人はそんなことはないのだ。

2)ただ、人は適当なことを言うこともある

そして、次にこれも理解する必要があった。夫を含め、イギリス人全般そうだけれど、人が言っていることにそれほど注意を払っていなかったり、適当な返事をすることもある。でも、それでいいのだと。

そういうときは心配な気持ちを放置せず、注意を促せばいい。相手が私の言ったことを理解していなかったり、適当に返していると感じた場合、「I don’t think you heard me(ちゃんと聞いてもらえたか不安です)」や「I don’t think you understood me(理解してもらえたか不安です)」などと言えばいいのだと、カウンセラーに言われた。そうすれば、相手はきちんと注意を払ってくれるはずだと。

夫も、自分がやっていることに集中してしまう人なので、他のことは適当になってしまいがちなところがあった。大事なときはこう言って、注意を促せばいい。

こういうときに不安な気持ちを抱えたままにしてしまうのは、これもまた自分が「Entitle(権利が与えられている)」されていないという前提があるからだろうと言われた。だから不安に思っても、確認ができない。でも、心配に思ったら確認していいのだ。声に出していいのだ。というか、そうする必要があるのだ。「大騒動から学んだこと」だった。

確認されたところで、普通の人は「なに言ってんだ!」「私を信用していないのか!」と怒ったりなどしない。親はそうだったかもしれないけれど、この世の大多数の人は普通の人であり、普通の人はそんなことをしない。聞こえていれば「聞こえましたよ」と言うだろうし、聞こえていなければ「すみません、聞いてませんでした」ともう一度言うように言ってくれるだろう。

3)どこから始めていくか

カウンセラーいわく、いつもの自分がやらないようなことを少しずつやっていくのがいいとのことだった。

いつもなら、夫の言うことは信用しないで心配し続ける。「金曜日は5時くらいからオフィスでみんな飲み始めるから、Kelokoもロンドンにいるとき遊びにくれば」と言われた。そんなことを言われても、周りはすべて私の知らない人で、本当にそんなところに行っても大丈夫なのか不安になる。なんだかんだとはぐらかし続け、夫には不審に思われる。

①こういうところで、「私が行っても大丈夫なのか心配だ」と伝えること。夫が「大丈夫だよ」と言ってもまだ不安だったら、「でも不安だから、30分だけにしようかな」「30分以内でも、私が帰りたいと思ったら帰るね」と伝えておく。そうすることによって、自分が状況をコントロールできることがわかっているので、不安でいなくてもよくなると。

②行ってみたあとは、実際どうだったかを考察する。普通だったかもしれないし、やはりあまり居心地がよくなかったかもしれないし、思ったより楽しかったかもしれない。この結果のバラエティがわかることが重要とのこと。

いつも最悪の結果を想像してしまい、少しでもより安心な選択肢を取らざるを得ない。そうしていないと死ぬかもしれなかったからだ。でもものごとというのはいつも、最悪の結果の可能性もあり、最高の結果の可能性もあるのだ。そして、その二つの間に無数のバラエティがある。

仕事は見つからないかもしれないし、見つかるかもしれない。変な仕事しか見つからないかもしれないし、想像をはるかに超えるいい仕事があるかもしれない。このようにバランスのいい予想ができるようになることで、常に心配ばかりしていなければならない人生とも離れられる。

ここまでですでにもう、最初に「ヨガの師匠のカウンセリング」を始めたときには思いもよらなかったことが、たくさんわかってきた。これがカウンセリングかと思った。