自己肯定

あんこ事件、その1

現在更新してあるところは三年前の話になるのですが、現在起こっていることも記憶に新しいうちに書いておきたいなと思い、書き留めていくことにしました。カテゴリー99の「現在の状況」に入れておいて、更新が追いついてきたら時系列に入れようと思います。


この前、久しぶりに夫と喧嘩になった。

「喧嘩になった」というより、「喧嘩にした」という感じだ。

以前は言いたいことを抑えていたので、喧嘩にならなかった。でもそれが溜まって爆発する。だから「言いたいことが出てきたらその都度出すようにしないといけない」とカウンセリングでもやった。最初は言いたいことを押し込めていることにすら、気づけなかった。そのうち、言いたいことはあるのだけれどタイミングを伺って出せない自分を発見した。それからは、話の流れがおかしかろうがなんだろうが出す練習をしてきた。最初はうまく出すことができないけれど、そのうち上手に出せるようになってくる。カウンセラーにもそう言われた。

日本ではたいてい、言いたいことを言わずに相手に察してもらう努力をする。すると相手に察する能力が乏しい場合、言いたいことを押し込めるだけになる。夫のように愛着障害回避型は「人や自分の感情をスルーする」という問題があるため、そういう人が相手だと私の言いたいことは永遠に日の目を見ることができない。

私の場合、言いたいことが言えないのは、主に親から言いたいことを言える環境を用意してもらえず育ったからだ。なにを言っても否定されれば、人間はだんだんなにも言わないようになってくる。そして言わなければならないことが出てきたとき、否定されないようにはどうしたらいいかを考え、タイミングや言いかたをよく考えて実行に移す。それでも否定されるのだけれど、どんどん削られていく安心感とともに、どんどん用意周到に巧妙になっていってわけがわからなくなっていく。

また境界線が乏しく外部評価に頼っているので、相手がどういう反応を示すかに依存している。相手に否定されると、自分のすべてを否定されたように感じる。私の話に賛同するかどうか、人の感情や考えを強制することはできない。だから人の反応に自分の評価を頼っていたら生きていけないのだ。

相手の反応に関わらず、自分の言いたいことを言うこと。それは今でも私の中で大きな課題になっている。

この前は、それが久しぶりに浮き彫りになった。

イギリスには「Aduki Beans」という名前で小豆が売っている。私はそれでたまにあんこを大量に作って、小分けにして冷凍保存しておいて、好きなときにお汁粉を食べたりしている。ストックがなくなってきたので、また作ることにした。大量の小豆を何時間も煮てやっと完成し、冷ますためにお皿に移した。

お玉についたあんこを食べたらおいしかったので、もっと味見したいと思い、大きなスプーンに大量にすくって食べてみた。それを見た夫が、自分もとスプーンを出してきて味見をした。小さいスプーンだった。そんな小さいひと口で満足するかな、どうせもっとほしくなるのだから大きなスプーンでたくさんすくえばいいのに、まさかその使ったスプーンでまた味見をしたりしないだろうな、やりそうだな、でも同じことを何度も注意したことがあるし、やらないかもしれない、と思って見ていた。

やはり、やった

頭にきた。

私が何時間もかけて作った保存用のあんこに、馬鹿みたいに「うん、いいんじゃない?」とか言いながら口をつけたスプーンを突っ込んでいる夫に、猛烈に怒りが湧いた。

でもここで、怒りを出せなかった。笑いながら注意して、適当に済ませた自分がいた。馬鹿だ。

もうあんこを見たくなくて、食事の支度を始めた。それでも怒りがおさまらなかった。そこで初めて、自分の中の怒りに気づいた。「あ、怒りを押し込めている」と気づいた。ここまでこないとこんなことにも気づかないなんて、私もまだまだだなと思った。

この怒りをどうしようと思った。

「こんなことで怒るなんて大人げない」
「話は終わったのにまた持ち出すなんて」
「夫の冬休み最終日なのに喧嘩なんて」

そういう考えがぐるぐる頭の中をめぐった。どれも日本で、親のもとで、様々なところで植えつけられた「怒り=よくない、みっともない」という思い込みだ。「みっともない」と思い込ませれば、それを抑圧するようになるので、親や社会にとって都合がいい。そうやって周りからコントロールされてきたのだ。

そして子供の自分は、怒りを抑圧すれば親や社会から喜ばれて必要とされるので、これをサバイバルテクニックとして身につけた。本当に教えるべき、身につけるべきは、「上手な怒りの出しかた」だ。それができなかったのだ。

喉に問いかける」のセッションで、最後まで「怒り」が出てこなかったのもこれだ。

「怒り」も、立派な人間の感情の一つだ。無視していては現実が成り立たない。ネガティブな感情を無視し、ポジティブな感情だけ認めて過ごすのは、現実を無視している。実際にそこに存在するものを無視するのは、非現実。「こうあるべき」のバーチャル世界だ。

ネガティブもポジティブも、存在を認めて受け入れること。それが現実の世界を生きるということ。

世界は片方だけでできてはいない。陰陽の両方でできている。だから、ネガティブをざっくり無視していいことだけに注目するたぐいの「ポジティブ思考」は人を幸せにしない。明るいのだけれど、どこか空っぽで宙に浮いている。現実から目をそらし、非現実の世界を漂っているからだ。

ここで怒りをちゃんと出しておこう。自分の気持ちをちゃんと言っておこう。そう考えて実行した。

広告

夢が教えてくれたこと

年始に「悪夢にまた変化」があったけれど、それにまたかなり大きな変化が現れてきた。

武道館のような大きな講堂で、真ん中に教壇があり、私は後ろのほうに座っている。壁は白くて、屋内なのにかなり明るい。それとは対照的に、教壇から四方に伸びている階段は暗い。授業が終わって、その階段をみんなが上って講堂を出て行く。

在英の友人に「年始どうしてた?」と話しかけるも、「うん…」と繰り返すだけで話してくれない。もしかしたらさっきも同じことを聞いたのに、忘れてしまってまた同じことを聞いているのかもしれない。嫌われてしまったかと思う。

講堂を出て普通の教室に戻ると、中学校の同級生が隣の席に来てなにかを言ってくる。でも面倒で相手にしない。別の隣には、実家の隣の家の男の子が座っている。みんながガヤガヤ話していて、さっき話をしてくれなかった友人が保健室に行ったとのことだった。嫌われたわけではなく、具合が悪かったのかとほっとする。

次の授業を待っていると、母親と妹が教室に入ってきた。母親はとても上等な赤い着物を着ている。その母親が、悲しそうな表情を作り、いかにも「私はいい親です」といった空気を全身から演出しつつ、みんなが見ている前で「今まで本当にごめんね」と私に謝りながらお詫びの包みを差し出してくる。

私はめちゃくちゃ頭にきて、母親を追い出す。以前の自分だったら、「周りで人が見ているところで追い出したりしたら自分が悪者に見えてしまう」などと考えて、そんなことはできなかった。でもここでは「周りが見ているからこそこいつらをやっつけてやろう」と思い、大声を出して追い返した。二人はすごすごと出て行った。でもカウンセリングで学んだことを考えてみたら、きちんと私の意見を言ってやらなければならないのではないかと思っていた。

そこに今度は母親の弟、私の叔父に当たる人がガリガリに痩せて入ってきて、謝りながら10万円の包みを差し出してきた。もう一人別の叔父からも、包みを預かっているらしい。「またカネで解決か」と思い、怒り心頭になる。これを突き返さなければ、やはり母親に言うことをいってやらねば。

教室から追い出した母親と妹を追いかける。でもちょうどガラス張りのエレベーターで上に上がって行ってしまったところが見えた。私が追いかけてきているのを見て、ほらほらやっぱり許してくれるのねと思ったのか、エレベーターで降りてくる。

もうやつらの都合もなにもない、今ここで全部ぶちまけてやると思い、エレベーターのドアが開いたところで母親の胸ぐらをつかんで壁にぶち当てた。そして「お前がいつも私の気持ちを存在を無視してきたからこんなことになって苦しめられてきたんだ」というようなことを、大声で叫びまくった。

そこできっとまたすっとぼけて人の話を無視するだろうと思ったので、とにかく相手がどう出てくるかは考えず、とにかくひたすらこちらの言うことを言い続けた。黒板があったのでこれを使おうと思い、ピンクのチョークしかなかったのだけれどそれでもいいと思って、とにかく殴り書きに書いて叫び続けた。「父親」「母親」と書いて、「父親」にバツをして、「父親がだめでも母親がちゃんとしていたら大丈夫なんだよ!!」というようなことを叫んだ。

でも黒板にはいろいろな絵が描いてあって、私が書き込むスペースがほとんどなかった。その上にスペースが見つかっても、きちんと字が書けなくなってきた。そのうちまただんだんと口が動かなくなってきて、それでも必死に動かして叫び続けた。そこで目が覚めた。

それまでとこの夢が決定的に違うのは、「世界から切り離されていく恐怖」がなかったことだった。いつも通りに口は動かなくなってきて、そこで母親がこちらを見ずに左側の顔を向けていたのだけれど、自分の存在がなくなるような恐怖はまったくなかった。それよりも、とにかく言いたいことを言ってやらなければと必死に頑張った。大きな変化をまた感じた。

そしてまた、友人が出てきた部分も大きな意味があると思った。

友人の素っ気ない態度に、なにかしてしまったのではないかと思って怖くなってしまう自分。でもそうではない、友人は具合が悪かったのだ。

なにか悪いことがあると、自分の中に悪いところを探して自分を責めてしまうのは、自己肯定感のない毒親育ちが抱える典型的な問題だ。でも、それは現実的ではない。人が素っ気ない態度をとる理由はいくつも考えられる。自分がなにかしてしまったことが原因とは限らない。それを夢が教えてくれたのでは。

それにまず自分を責めるのではなく、友人の具合に気づけていたら、「なにかあった?」と言葉をかけてあげることすらできたかもしれない。自分を責めるよりも、有意義なことができたかもしれない。

そういうことを、夢、つまり自分の潜在意識が教えてくれたのだと思った。

勇敢な私

Authenticに生きた」ことを、さっそくカウンセリングで話した。

カウンセラーは、私が自分の感情を尊重したことを「その通り」とほめてくれて、よくやったと言ってくれた。私の怒りは、現実だった。別に私が心配症だからとか、そんなこととは一切関係がない。この怒りの元は、私ときちんとコミュニケーションしなかった夫にある。

カウンセラーと話していて、このときなぜそんなにも夫にカウンセリングを受けてほしかったのか、その本当の理由に気づいた。

もちろん、夫の仕事が忙しくなる前に受けられるだけ受けてほしいということもあった。でもこの「大騒動から見えてきたもの」で、もしかしたらもう夫は大丈夫なのかもしれないとさえ思い始めていた。もちろんそんなわけはなかったのだけれど。

それならば、なぜそんなにも夫にカウンセリングを受けてほしかったのか。

夫はこのとき、またお母さんのところへ行くことになっていた。電話ではまったく伝わらず誤解のままだったから、実際に行ってなにがあったのかきちんと話をしてこいという約束を実行しようとしていた。だから私は、行く前にカウンセラーと話をして対策を練ることが必要だと思っていたのだ。

というのも、自分だったらそうするからだ。日本に行く、毒親に会うかもしれない。そういうときは絶対にカウンセリングに行って「出くわしてしまったらどうしたらいいか」という対策を練る。「毒親対策」で書いた通りだ。できるなら、日本へ飛び立つまで毎日でもカウンセリングをしたいくらいだ。夫だって、今回は一度電話で失敗しているし、自信だってないだろうから、カウンセラーに相談するのが一番だと思っていた。

カウンセラーは、「それは人によるだろう」と言い出した。

びっくりした。みんなそうは思わないのだろうか。

そして、「それはあなたがすごく勇敢だからそう考えるのだ」と言った。

いよいよなにを言われているかわからなくなった。

確かに「I am here!」で、ヨガの先生にも同じことを言われていた。でも私は日本に行くとなったら不安になって、カウンセリングを何回もして準備しないと無理だから、このときの夫のように事前になんの作戦も練らずに行こうとしているほうが、勇敢なのではと思った。

でもそれはなのだと。

私は勇敢で、とにかく「行くぞ」と気持ちを固め、カウンセリングで作戦を練り、あれもこれもと武器防具を調達して出陣する。でも夫は武器どころか戦そのものの話をすることもできず、自分たちのために戦わなければならないことはわかっているけれど、あわよくば逃げ出したいくらいだろうと。

そこが、私と夫の違いだった。

そうか、私は勇敢なのか。

不安だから、心配だから。それだけではないのだ。対峙する勇気、そのための準備。私は勇敢だった。これは誇っていいことだ。

こうしてまた自己肯定へひとつ進んだ。そしてそれがまた大きな変化をもたらした。