自己探求

興味のあることをやってみる

自己肯定感を育てる」で習った通り、好きなことをなんでもやってみることにした。すでに車の「マニュアル講習」をやってみてはいたけれど、他にもなにか探してみた。

このころちょうど近所の友人が家計簿のつけかたをみんなに教えてくれるというので、それに参加してみた。もともとデータ処理の仕事をしていた私は、家計簿ソフトなどを使わずに、Excelで自作してつけてみた。このころ夫がフリーランスで仕事をしていたので、税金の計算も含め、口座の管理をするのが楽しかった。のちのちこれは止めてしまうのだけれど、私たちの収入が毎月どれくらいマイナスになっているのかもはっきりとわかり、このときはとても役に立った。

また、ジョギングも始めてみた。以前はZumba(ズンバ)という、南米の音楽で楽しく踊るエアロビみたいなものを自宅でやっていたのだけれど、「突然の引っ越し」があってからは小さい部屋になり、家に十分なスペースがなくてできなくなった。本来は水泳が一番好きなのだけれど、施設へ行って着替えをして取り組まなければならないのが面倒だった。

ジョギングでは、Zumbaよりも圧倒的に汗をかけた。冬だったけれど、走ったあとはいつも顔が真っ赤になって汗だくになり、爽快感があった。運動をするということは酸素を体に取り入れることなので、ヨガの呼吸法と同様に、停滞しているエネルギーも流れてくる。それまでにも何度かジョギングに挑戦したことはあったけれど、苦痛でしかたがなく、すぐ止めてしまうことばかりだった。このときも数か月しか続かなかったものの、それでも数か月続いただけそれまでとはまったく違っていた。

またRunKeeperというアプリを携帯にインストールして、走った距離やスピードをつけられたのもおもしろかった。これをつけたいがために、あまり乗り気でない日も走りに出た。けっきょくはこの「データを集める」ことがおもしろくて、中身のないジョギングになってしまったけれど、今でもたまに気分転換のために走るようになった。

あとはマニアックなのだけれど、ヘブライ語の勉強を始めた。このころ家でネットで動画を見まくっていて、その中に「日ユ同祖論」というものがあった。その昔、ユダヤ人がイスラエルを離れたあとに、一団が渡来人として日本にたどり着いたという説だ。

日本人にはユダヤ人の歴史というのはあまり馴染みがないかもしれないけれど、私はカトリックの高校を出ていたので、聖書の知識があった。聖書には二種類あって、ユダヤ教徒の使う「旧約聖書」とキリスト教徒の使う「新約聖書」がある。日本に住んでいたころ、一時期英語の勉強でBible Study(聖書勉強会)に参加していたのだけれど、そこで新約聖書を読んだことがあった。それよりも古い、あの有名な「創世記」から始まる旧約聖書も読んでみたいと思っていた。

どこまで本当かわからないが、番組では元駐日本イスラエル大使が日本語とヘブライ語の共通点や神道とユダヤ教の共通点を挙げて話をしており、とてもおもしろかった。私はこういう、まったく異なると思われる文化の間の共通点を見つけたりすることがなぜか大好きだった。一神教の誕生以前には、日本の八百万の神、エジプトの神話、ギリシャ神話など、いろいろなところで自然信仰という共通点が見られること、またそれでも太陽神が女性のところと男性のところという違いがあったりして、それがどういうところから来ているのかというのを考えるのも好きだった。

また言語学も好きだった。昔から、ひとつの言語を追求するのではなく、いろいろな言語を勉強して共通点や違いを見ることが大好きだった。ロンドン近郊で生活する中で一番おもしろいのが、日常的に様々な言語を聞くということだ。とにかく家を一歩出ると、様々な種類の言語が流れてくる。それでも今だに、ロンドンの中心部を歩いていると「これなに語?!」という言語が聞こえてくることもあって、本当におもしろい。ハングルのラベルが貼られたかばんを持っているのに、話している言語がまったく韓国語に聞こえない一団だったり、本当にもう東か西かどの辺りにある国なのか検討もつかない言語もある。世界中の言語を勉強してみたいとよく思う。

こんなことは、まったくなんの役にも立たない。それでもおもしろい。おもしろいと思っている自分に気づいた。それまでは、自分がそういうことに対しておもしろいと思い、興味があるということにすら気づかなかったのだ。言語学は好きだった。でもペラペラになるように勉強するのでなければ意味もないし役に立たないから、スルーしていた。テレビだけ見て、人の話だけ聞いて「ふーん」で終わっていた。

だから日本語とヘブライ語が本当に似ているのかということを知るために、ヘブライ語を習ってみたいと思った。

ネットで探したところ、偶然歩いていけるところに先生が見つかった。普段はピアノの先生をしているのだけれど、ギリシア語に堪能で、ヘブライ語もわかるということで、レッスンを依頼した。ただこの先生はやはり語学を教えることが上手ではなかったことと、ヘブライ語のネイティブではないために発音などもよくわからないこと、またギリシャ語のほうが好きなのか、どうしても話がギリシャ語や発掘の話になってしまうので、2〜3回でレッスンを終わりにしてしまった。

それでも自分の興味のあることに挑戦してみたということは、いい一歩だった。お金にもなんにもならないことでも、自分が「好き」だからやってみる。自分の気持ちを肯定する。これだけのことが、今までの人生でまったく損なわれていたのだ。日本では家庭でこれを教わらなければ、学校でも社会でも教わることはできないだろう。

思い出すのは、夫と共通のイギリス人の友人と食事に行ったときのことだった。私はステーキが食べたかった。でもステーキは他の肉料理より数ポンド高かった。そこでものすごく時間をかけて迷った挙句、やはり他の肉料理にした。友人はそれを見て、「どうして食べたいものを食べないのか」と聞いてきた。私は「ステーキは高いから」と答えた。友人は信じられないという顔をしていた。

たしかにステーキは高かった。でもたかだか数ポンド(数百円)だ。せっかく外食に出たのに、数ポンドを控えて食べたくもないものを食べる理由はなんなのだろう。

日本では、いつでもどこでもなんに関しても、とりあえず節約し切り詰める、贅沢は敵だという考えがあると思う。そうなると、どんなレストランに行っても一番高いものは食べられない。同じ1,500円の料理でも、高いレストランで一番安い料理だったら頼めるけれど、ファミレスで一番高い料理だったら頼めない。たしかにおかしい。

もちろん明日の家賃が払えなくなるほどなら問題だけれど、そうでないなら食べたいものを食べるべきだ。食べたくもないものを食べるなら、お金を払って外食する意味がない。

以前の私は、旅行先でも少しでも安い店やレストランを探して歩き回ったりしていた。旅行先で、もう同じものは食べられないかもしれないところで、食べたいものを食べず、安いところを探してみなければならなかった。タクシーをケチって迷って大変なことになり、見たいものも見れずに終わることもあった。これは夫と旅行を重ねる中でだんだんと気づいていったことだけれど、私は本当にお金に関して変な洗脳があった。

これものちに理由がわかるようになるけれど、「就職活動を中止」したように、もう変なところに目を奪われるのではなく、もっと全体像を見るようにしていこうと思うようになっていった。

またここで、自分がどんなことが好きなのかということもわかってきた。違うものの中に共通点を見つけたり、異なる点を見つけたり、いろいろな視点から比較してみることだ。また、ひとつのものを追求するよりも、広くたくさんのものを見てみることが好きなこともわかった。

大学受験のころ、本当は考古学言語学がやりたかった。でも就職につぶしが効かないので、経済学部を選んだ。考古学や言語学を選んでいたら、どんな人生があったのだろうと今でも考える。でもあのときは「毒親から離れる」という最善の選択をした。あのころにやっていても、思いっきり楽しめなかったかもしれない。今からだってやってみればいいのだと思うことにした。

広告

ヨガ開始

ヨガの先生探し」で見つけた先生のところで、ヨガをやってきた。

今度はとてもよかった。

1時間は体を動かす「ヨガ」で、あとの20分くらいで「ヨガニードラ」というリラクゼーションをやった。寝っ転がってやる瞑想のようなものだ。ヨガもヨガニードラも、問診票から私のニーズを把握して、それに合わせたセッションをしてくれた。

まず最初に、胡坐で座り、呼吸と心を整える。次に四つん這い、仰向けなどで、いろいろな簡単な運動やストレッチをした。これはすべて「吸いながら右を向いて、はきながら正面に戻る」というように、呼吸に合わせてやった。呼吸に集中することはかなり重要なようで、「呼吸はすべてにつながっている」と言われた。

よくはわからなかったけれど、なんだか「深い」と思った。

体を動かすものだけでなく、「Breath(ブレス)」といういろいろな種類の呼吸をするものもやった。これは「プラマヤナ(呼吸法)」」だ。運動の一つとして、呼吸もやる。おもしろいと思った。

ひとつは、「Bee Breath(ビーブレス=蜜蜂呼吸法)」。息を吸って、「んーーーー」と低い声で息が続く限り言い続ける。これだけのことなのだけれど、これがけっこうすごかった。体にバイブレーションが広がって、肺の底のほうにマグマがぶくぶくしてるような感覚があった。

「声」というものは自分の体を使って出してるのだ、という当たり前のことを初めて実感した。喉だけでなく、あんなにお腹のほうまでを振動させて、声が出てることを初めて知った。

もうひとつ、「Lion Breath(ライオンブレス)」というのもやった。四つん這いになって、まずは息を吸いながら腰を上から持ちあげられたように背中を丸め、息をはくときに顔を正面に向けつつ、目をむき出し、口を全開して、舌を大きく出してお腹の底から「へーーー」と空気をはく。ちょうどライオンが威嚇しているかのようにだ。

人が見ていたら、頭がおかしくなったのかと思われるだろう。これがいったいなにに効くのかさっぱりわからなかったけれど、とにかく先生の真似をしてやってみた。先生はめちゃめちゃ怖い顔でやっていた。髪も巻き毛なので、ものすごくライオンぽかった。

どのポーズにどんな意味があるのか、効能はなんなのかと説明を聞きたかったけれど、あまり説明などは聞かないほうがいいかもしれないと思った。頭で理解するのではなく、感覚で感じていくことが、今の私には必要なのではないかと思った。

最後のヨガニードラ(リラクゼーション)は、寝っ転がって毛布をかけてもらってやった。先生がぼそぼそと言う通りに、息を吸ったりはいたり、体の部分に意識を向けたりしているだけだ。

ここで完全に落ちた。5回は落ちたと思う。前日もあまり眠れなかった上に、軽く運動などしてしまったので、もう止められなかった。ああもったいない、と思った。でも先生いわく、寝てもいいそうだ。でももっとこうなんというか、「地球との一体感!」みたいのを感じたかったと思った。

でも前回の先生よりも格段によかった。私のニーズに合っていた。

電車で行かなければならないし、1回40ポンドとお高いけれど、この40ポンドがないと明日にも家賃が払えなくなるということはない。いいものをやってみよう。目に見えないものにも価値を見い出そう。自分にお金をかけてみよう。そう思って、通ってみることにした。

自分の気持ちの把握

スピリチュアルカウンセリングの最後。

会社と交渉するに当たって、自分の中の「会社に求める条件」をリストにしてみることになったけれど、それプラス、社員の人に「社員になったらなにが違うのか」ということを聞いて情報を集めておくのもいいかもしれないと言われた。そしてそういうとき、女性だと感情が入ってしまったりその人の視点になってしまったりするので、事務的に答えてくれる男性がいいかもしれないと言われた。

でも、日本的な会社では、女性だけではなくみんな感情が入ってしまっているように感じていた。「日本的な会社が苦手な理由」でも書いた通り、自分と会社が一体となってしまっている発言が怖かった。そういう現象に囲まれていると、自分が信仰していない宗教団体で生活をしているようで、とても精神的に疲れてしまった。

そういう発言を聞くと気持ちがぐーっとなってしまうけれど、「そういうことなんだな」と理解する。それはなにをしても変わるものでもないし、私が変えなければいけないものでもない。ロンドンのインド人街のように、まったく異なる文化が存在しているけれど「そういう文化もあるんだな」と受け入れるように。

でもここでわかったことは、「そこでは私自身でいられないんだな」ということ。見えないエネルギーが合わなくて、自分の気持ちも隠していなければならないし、自分のアイデンティティが保てない。だからこれが体にも影響して、起き上がれなくなってしまったのだろう。

「ストレス」というよりは、「本当の自分でいられない」こと。それがとても苦痛だったのだろう、と言われた。人間は、アイデンティティが保てなくなるとこんなにもおかしくなってしまうものなのか。自分そのものであること、それをしっかりと持っていることは、こんなにも大事なことだったのだ。

人間は、心臓を動かせれば生きられるというような簡単な生き物ではなかった。

きっと毒親のもとに育ってしまった場合、この生きるためにもっとも大事なことを奪われている。だから自分が存在できなくなってしまって、なくなってしまうようなあの虚無感があるのだ。毒親が犯しているのは、人ひとりの存在を殺す大罪だ。

でもここで問題となってくるのは、「自分の気持ちにどこまで従ったらいいか」ということだった。例えば今回の状況でも、もしかしたらその会社で学ぶことがあるから「頑張り時」だったりするのかもしれないし、夫の仕事もなくなる予定なのに、延長せずに辞めてしまうのは「甘え」であるような気もする。

自分の気持ちと戦うべきなのか、気持ちに従うべきなのか、いつもわからない。判断基準は、いったいどこなのだろう。

ひとつは、体が今のように起き上がれなくなって教えてくれる。日本で生まれていたらある程度の基本のしつけだったり教養はどこかで経験しているので、甘えであることを心配しなくても大丈夫だと思う。

また、自分の中で「辞める」と決めたら「はーーーっ」と力が抜けてラクになれるのであったり、「要らない」と言われたらどんなにラクかと思うようだったら、「それだけ今の環境にいたくないのだ」ということがわかる。

なるほどと思った。確かに、それはとても明確ではっきりとした気持ちだ。こんなこともわからないなんて、自分で自分にびっくりした。

気持ちの把握には、思ったことを正直に、ノートに手で書きとめていくのがいい。例えば「このお花とてもきれいですね」と言われたときに、「そうですね」と答えるのは、大人のコミュニケーションとしては普通になる。でもそこで「そうですね」と口で言ってしまうと、自分も「きれいだ」と思ってしまっているような錯覚に陥るけれど、ノートには「そんなにきれいだと思えなかった」とちゃんと書いておく。

そうすることで、自分の気持ちがわからなくなってしまわないようにする。これを続けていくと、なにがなんだかわからなくなったときにふり返って読んでみれば、そこに原因がたくさん書いてあるようになる。

今回のことでも、正社員の話をもらったときに「ありがとうございます」と言ったけれど、それは好意を示してもらったのだからとても正しい。でも自分の中で「続けたくない」とか「続けられるかわからない」と思ったり、また友達から「よかったね!」と言われたけれどわかってもらえなくて「悲しかった」などがあったら、正直に思ったことを書き留めておく。

正直ノート」だ。

今回、頭と気持ちが離れてしまっていたから、それが体に出て、しばらく体調がよくわからなかったのだと思う。頭と心と体の三人が「自分」という家に帰ってきて、休みながらまとまって、正直なところを言い合う。「会社や社会ではこう言っていたけれど、気持ちはこう思っていたのだ」と言う。すると、体も心も「わかってくれたんだ!」と安心する。

気持ちを切り離さなきゃいけない(Disconnect)のではなく、分離しておく(Detached)。気持ちはちゃんとあって、バッグに入れて持っている。バッグは体からは離れているけれど、ちゃんと自分とともにある。家に帰ってきたら、バッグから出して身につけることもできる。

以前のカウンセリングでもやったけれど、自分がなく、人と自分の間に「人と人の境界線」が引けていなかった。人からなにか言われると、それが自分の意見になってしまっていた。そこにつながった。

でも、今回は会社の考えかたになってしまってはいなかった。はっきりとはわかっていなかったけれど、会社の考えかたとは違う気持ちが自分の中にあることにちゃんと気づいていて、だから苦しかったのだ。それでも、

①自分は「こう」思う
②でも会社では「こう」言う

この二つをまだ明確に分けることができず、ごちゃごちゃになってしまっていた。だから体や気持ちが納得していなかったのだ。

それプラス、契約があと残り数か月だということで大きな不安もあって、疲れてしまっていたのだろうと思う。頭も心も体も、みんな戻ってきて、休みながら今後のことを考える。今回は、ここでしっかり三者が戻ってくることが大事。

これからのことを不安に思っていても、具体的に方法を見つけてあげられたらとても健康的。「じゃあこれをしてあげようかな、どう思う?」と三者に聞く。「わかんないけど、それでいいんじゃない?」と言われたら、それでやってみる。実際に動いてみたときに嬉しくなったら、「心は喜んでいるんだな」ということで、よかったのだということがわかる。

そうしながら「これでいいのかな」と常に三者で話し合いながら、できる範囲で自分に少しずつ道を作っていってあげる。

まずは「休んでいいんだ」というところから始めてみましょうか、と言われた。本当にその通りだった。