自己探求

「魂からの癒し チャクラ・ヒーリング」

最後に一冊、ヨガの本を買ってきたかったので探したのだけれど、いいものがなかった。

そこで古本屋をあさっていると、そこにこの本があった。ヨガの本ではなかったけれど、なぜかひかれたので直感を頼りに買うことにした。大正解だった。

chakra healing

「魂からの癒し チャクラ・ヒーリング」ブレンダ・デーヴィス著、三木直子訳
(左は原書、”The Rainbow Journey: Seven Steps to Self Healing” by Brenda Davies)

チャクラについて」でもまとめたけれど、どういうことによってどのチャクラが傷つき、どうやってそれを治していくかが詳しく書いてある。著者が薬剤師、外科医を経た精神科医であるという点もおもしろかった。体と心を総合的(Holistic)に分析しているのだ。

最初にチャクラの状態を知るための自己診断テストがあったので、やってみた。各チャクラについて、回答のほとんどがイエスの場合は、なんらかの問題があると思われるとのこと。

1)ルート・チャクラに関する質問

  1. 自分はどこにも帰属しておらず、どこへ言っても孤独だ、と感じる、または感じたことがある
  2. たとえば酒、麻薬、幽体離脱、自殺などの手段で自分の人生から逃げ出したいと感じる
  3. 人生がどうでもよく感じられ、死にたい、と思うことがある
  4. セックスに幻滅している、(肉体的な疾病が原因でなく)インポテンツである、あるいは真のオーガズムが得られない
  5. 受胎から三〜五歳までの間にトラウマ、悲嘆、困難を味わった
  6. 何かが不安で、その気持ちを他のこと―たとえば不要なものを次から次へと買ったり、逆にお金を使うことを拒否したり―で補おうとしている
  7. エネルギーが低く、力が出ない、疲れている、気分が悪いと感じることが多い
  8. 足に問題がある、あるいは痔、慢性便秘に苦しんでいる

2)セイクラル・チャクラに関する質問

  1. 自分の性的傾向に問題を感じたり、性の喜びを受け取る、あるいは与えることが難しく、興味が持てなかったり積極的すぎたりする
  2. 優しく触られたりいたわられたりするのが苦手
  3. 性欲が低い、オーガズムが得られない、勃起が持続しない
  4. 基本的に元気がなく、スタミナが弱い
  5. 性欲を、実際の恋愛関係ではなく空想に向けたり、コミットした関係を避けるために複数のセックス・パートナーを持つ
  6. 腎臓や膀胱に問題がある、または頻尿である
  7. 三〜五歳から八歳までの間に、悲嘆やトラウマを体験した
  8. 味覚に問題がある

3)ソーラープレクサス・チャクラに関する質問

  1. 潰瘍、胸やけ、繰り返し起こる消化不良など、消化器官に問題がある
  2. 気性が激しく、カッとしやすい
  3. 権威者に対して萎縮して卑屈になったり、逆に挑戦的・反抗的になったりする
  4. ときどき(特に飲酒のあとなどに)爆発するが、ふだんは自分が持っていることに気づかない、激しい怒りを抱えている
  5. 八歳から十二歳の間に悲嘆やトラウマを味わった
  6. あるときは自分はまるで無力だと感じ、またあるときは、自分でも恐ろしいくらいパワフルに感じる
  7. どんなに必死に頑張っても自分の可能性を実現できないことがある
  8. 意志が弱く、人の言いなりになりやすかったり、逆に自分の行動の結果が人に与える影響を顧みずに我を通したり、と意思のコントロールが難しい

4)ハート・チャクラに関する質問

  1. 愛する、または愛されることができない
  2. 物事に対してネガティブで悲観的、あるいは高圧的で独裁的
  3. 人の問題に首を突っ込みたがり、一線を引いて他人の間違いを放っておくことができない
  4. ほとんどいつも疲れきっていてだるい
  5. 心臓、血圧、血の巡りに問題がある、あるいは喘息や呼吸器感の病気がある
  6. 短期で偏狭、あるいはあまりにも辛抱強くて寛容なため人に利用されがち
  7. 十二歳から十五、六歳の間に悲嘆やトラウマを経験した
  8. 人を許したり、慈悲や思いやりを持てない、あるいは、あまりにも思いやり深く感情移入が激しいため、人の苦しみに巻き込まれて自分も落ち込んでしまう

5)スロート・チャクラに関する質問

  1. 聴覚や発話機能に問題がある
  2. よく誤解される、あるいは自分の言いたいことを言うのに困難を感じる
  3. 自分の進むべき道、キャリア、転職を見つけられない
  4. 甲状腺、喉、耳、首に問題がある
  5. 十五、六歳から二十、二十一歳の間に悲嘆やトラウマを味わった
  6. 自分の創造性は押さえ込まれている、あるいは自分は創造的な人間ではないと思う
  7. 体の機能や生活の中でリズムを持つもの―たとえば呼吸、心臓の鼓動、月経など―に問題がある、あるいは音楽を聴いたり踊りながらリズムが取れない
  8. 他の人の意見に注意深く耳を傾けることも含め、コミュニケーション全般に困難が伴う

6)ブラウ・チャクラに関する質問

  1. 頭痛・偏頭痛に悩まされる
  2. 体内の調整機能―たとえばホルモン、体温、気分の浮き沈み、暴力衝動など―に問題がある
  3. 悪夢を見る
  4. 自分の将来を思い描くことができない
  5. 自分、あるいは周りの人の問題についての洞察力に欠ける
  6. 行き詰まった感じがして、解放されたい、自由になりたい、と感じる
  7. 自分はこんなにいろいろ持っているにもかかわらず幸せでない、と感じ、そのことで罪悪感がある
  8. 二十一歳から二十六歳の間に悲嘆やトラウマを体験した

これを読んで、それぞれのチャクラが年齢と成長に関係していることを初めて知った。ブラウ・チャクラにもなると二十代で発達していくものなので、若い人たちは上記の質問でイエスが少なくても普通だとのことだった。確かに人間の成長を考えてみれば、まずは生命の安心感があって、そこから年齢とともにより高度な安心感を得られるようになっていく。最初は自分一人で安心して存在していられることから、周りとのコミュニケーションも含むようになっていく。

この本では、それぞれのチャクラに詰まりがある人の例と、どう回復していくのかが書かれている。回復には、ノートに書いたり具体的にやってみるエクササイズと、メディテーションがあった。私はメディテーションの内容を読んで録音し、それを聞きながらやってみた。ヒプノセラピーの「未来療法」にも似ているところもあると思った。

広告

ヨガについて

ヨガの先生から自作の説明資料をもらったので、一度ヨガについて勉強してみることにした。

1)ヨガとは

インドで発展した心身の健康のための古代科学で、そのルーツは一万年前にもさかのぼることができる。健康的なライフスタイルや道徳理念、心身の治療といった、人間のすべての面を包括した総合的なシステムであり、心と体、精神の調和を図ることによって、その人の最大潜在能力を引き出すことを目指す。

簡単に言うと、ヨガは人が幸せに生きられるようになることを目的として、心身精神すべての面から多角的に働きかける方法をまとめたものなのだと思う。まさに解毒にぴったりだ。

2)ヨガの八支則

その方法は、大きく以下の八つに分類される。これらを的確に使うことによって、幸福に生きられるようになることを目指す。多くのヨガのセッションで実践するのは①〜③のみだけれど、他にもさまざまなツールがあり、総合的多角的に働きかけられるようになっている。

Asana(座法)=身体的運動
Pranayama(調呼法)=呼吸法
Dhyana(瞑想)
④Pratyahara(感覚制御)
⑤Dharana(精神統一)
⑥Yama(禁戒)
⑦Niyama(勧戒)
⑧Samadhi(悟り)

3)Asanaについて

身体的運動を行うことによって、心身の安定と快適性を得る。ストレッチによって体を調整して強化し、関節や背骨の可動性を向上させる。また神経系、内分泌系、消化系、循環系、免疫系システムの機能を高め、骨格を整える。それによりエネルギーのブロックを除去し、流れを促進する。

例:Vriksasana(木のポーズ)

Vriksasana from Wiki

Vriksasana from Wiki

身体的効果
・もも、ふくらはぎ、足首、背骨の強化
・鼠径部、内もも、胸部、肩のストレッチ
・バランス感覚の向上
・坐骨神経痛、偏平足の改善
・軽度の心臓の運動による、循環器系と呼吸器系への刺激
・呼吸を深くする

精神的効果
・集中
・精神統一
・鎮静効果

その他の効果
・センタリング、グラウンディング

4)Pranayamaについて

呼吸を調整することによって、「プラーナ(=エネルギー)」の流れを調整し、メンタルを整える。ストレスを解消、精神と血液を浄化し、神経システムを刺激することによって、心身の調和を図る。

例:Dandelion Breath(たんぽぽ呼吸法)

やりかた
・鼻から息を吸う
・たんぽぽの綿毛を飛ばすように、口から「フッ、フッ」と短く息をはいていく

効果
・ストレスの解消
・横隔膜の運動
・呼気の増長

5)ヨガと通常の運動の違い

ヨガはライフスタイルや考えかたの教義であり、この世でどう生きていったらいいかという哲学になる。通常の運動では、どれだけ痩せられるかや何回腕立て伏せができるかなど目標重視であり、総合的ではなくなる。それに対し、ヨガはプロセスが目的であり、やっているだけで達成していることになる。

ヨガを実践することによって、自分の行動や環状に焦点を当てて、把握できるようになっていく。これが自分のリミットを知り、受け入れ、自分自身を理解することにつながる。自己認識とメンタル強化を促進し、総合的なアプローチをもって、人生の活動全般へ幸福を波及させていく。

自分を把握し、現実に生きる。まさに解毒ツールだった。

タロットカードをやってみた

ヘブライ語を勉強していると、カバラというのが出てきた。内容はよくわからなかったけれど、どうもユダヤの占いのようなものらしい。そこからタロットカードに行き着いた。

そういえば高校生のころ、タロットカードみたいなものを持っていた。こういうのももしかしてカバラから来ているのかなと思い、意味などを調べていた。するとオンライン占いがあったので、引いてみた。するとど真ん中に「死神」のカードが出てきて爆笑した。まさに今の状況そのままだなと思った。

詳しい説明はこうだった。

「死神」のカードが出ました。ひとつの終わりは新たな世界の始まりでもあります。あなたは今後、精神的な行き詰まりから、物事の終えんと始まりを経験するでしょう。例えばマンネリ化した恋人と別れを告げたり、今までの仕事に対して行き詰まりを感じたりするでしょう。何かが終えんを迎えることは確かですが、過去にしがみつくことはありません。執着から解放されたとき初めて、新しい何かに向かって歩き始めることができるのです。

読んでみると、それほど悪い内容ではないと感じた。今までの人生が終わって新しい人生が始まるような、むしろいい内容なのではないかと思った。でももしかしてこの「終焉」は、夫と別れることになるのではないかと思った。毒親に絡め取られた人生の終わりということだったらいいなと思った。

残りは解説が出なかったのだけれど、カードの意味は以下の通りだった。

過去「女教皇」―もしあなたがこのカードを引いたのなら、今の状況に何かしらの「光」を求めているはず。今のあなたが感じている事、察した変化は正しいものでしょうか?カードが表ならその感覚を信じて行動に移していきましょう。きっと真実の光があなたの行く先を照らしてくれるはず。

「ずっと光を求めて生きてきた」ということだろうかと思った。親がどうしようもないと思い、そこから逃げようと生きてきた。その感覚は正しかったということでもあるのではないか。

現在「隠者」―自身の内面における「過去との対話」「復習」「自習」「反省」「孤独」などを暗示しています。もしあなたがこのカードを引いたのなら、問題の深層心理に到達しようとしている状態であったり、思慮深い賢者からの助言を得られる可能性を示唆しています。

これはそのままズバリだった。過去を見つめ、毒親からの解放、自分の人生の回復を目指す。問題の根底に迫っていたまさにそのときだった。いい助言が得られるというのも、今のカウンセラーに出会えたということだ。

未来「世界」―大アルカナ22枚の最後のカード、このカードは大アルカナの中で最も良いカードとされ完成や成功を示唆します。もしあなたがこのカードを引いたのであれば、近い将来に満足のいく完成の時が訪れる事でしょう。

これはまさに「近い将来に解毒が完成する」ということだと思った。詳しい友人によると、「The world is opening up for you(世界が自分に向かって開けてきている)」という意味もあるとのことだった。

周囲の状況や環境「月」―このカードは月の満ち欠けのように日々変化する人の心の不安定な部分を表し、物事はうわべだけではなく、内面もしっかり見据える必要がある事を描いているといわれています。もしあなたがこのカードを引いたのであれば、不安定なあなたの心を表し第三者の不利益な介入を暗示します。自分の「心」に自信を持って隠れた所からあなたを脅かす何かに、注意を払う事をお勧めします。

これは「気をつけて人と付き合わなければならない」ということだろうと思った。解毒に向けて歩み始めても、知識や経験のない人はそれに逆行するような無責任なことを言ってきたり、または自分だけよくなろうなんて許さないと邪魔しようとしたりしてくることがある。そういうことを見据えて動くように、ということなのではないかと思った。友人も「月夜の一人歩きのようにあんまりはっきり見えないかもしれないけどあせらず直感に頼ってゆっくり進め」だと教えてくれた。

願望、無意識の望み「吊るされた男」―このカードは試練に耐え、現実を直視し、何事に対しても逃げ出さず着実に努力することを暗示しています。また人生における現実の厳しさや目的を成就する為の、努力を惜しんではいけない事を戒めてもいるのです。もしあなたがこのカードを引いたとしたら…きっと今のあなたは与えられた試練に立ち向かっている真っ最中なのでしょう。大変な事かもしれませんがその試練はあなたに与えられる運命だったです。それを受け入れて乗り越える事できっと視界が開けるはずですので、がんばってみましょう。

「立ち向かってる真っ最中」ではあったけれど、それは別に「願望」ではなかった。でも大変な試練だけれど乗り越えて視界が開けるというのは、まさにその通りだろうと思った。友人によると、このカードは「Hopes & Fear(希望と恐怖)」だから、吊るされた男のように身動きできなくなってしまうことに対する不安の表れではないか、ということだった。

問題解決のための手段、とるべき行動「女帝」―「女教皇」が純粋に霊的な女性像を表すのに対し、「女帝」では現世的要素の女性像や母親像を表します。大きな包容力や明るく豊かな心、カードの現われた位置により多少異なりますが、もしあなたがこのカードを引いたのなら、あなたの向かうその先には愛に満ちた繁栄が待ち受けている事でしょう。豊かな愛情と繁栄があなたを包み込んで幸せな気持ちになれるはず。

問題解決のためには包容力を持って当たれということなのかと思った。当時はこれを夫に対して辛抱強くということなのかと思っていたけれど、今思えば自分に対してもということだと思う。友人は、このままいけば「自立した自信に満ち溢れた女性」になるということではと言っていた。

最終結果、問題の核心「死神」―すべてのものには終りと始まり生まれ代わり始まるといった再生や輪廻転生、過去の呪縛からの解放がある事を暗示するこのカード。終焉は、次の物語の始まりを意味し。また始まりは、必ず終焉を迎える時が来るという宇宙の自然法則を意味しています。もしあなたがこのカードを引いたのであれば、大切な何かを失い、清算せざるえない状況がおとづれるでしょう。

過去の呪縛からの開放」というのがズバリすぎて爆笑してしまった。でもこれが本当になったら素晴らしい。本当になると信じて頑張っていこうと思った。