自分の気持ち

十分味わう

このころずっと落ちていて、ランニングもヨガもメディテーションもできず、毎日家でどよーんとしながらダラダラしていた。本当に、もうなにもやる気が起きなかった

朝、夫を送り出すまではよかった。でもそこからぼーっとネットで動画を見たり、中国製の安いカップ麺を食べたり、またぼーっとしたり。こういう時期はそれまでにもたまにあったけれど、またかと思うと憂鬱になった。でも本当になにもできない。少しのポジティブな考えも生まれないし、外にも出れない。

しかたがないから、家でぼーっとする。ものすごくもったいなくて、ものすごく焦る。でもやはりなにもやる気にならない。その繰り返し。暗い穴の底でもがいていた。

でも、ふと思った。こんなことになっているというのは、たぶん、ネットに見なければならないものがあるのではないかと。

いつもの私なら、ランニングやヨガ、部屋のここをこうしてとか、この料理作ってみたいとか、お菓子焼こうとか、絶対なにかある。でもあんなに気持ちよくやっていたヨガもまったくやる気にならず、ジャンクフードを食べまくり、それでぼーっとネットを見まくる。ほぼ別人になっている。もしかしたら、それにはなにか理由があるのではと。

きっとここになにか見なければならないものがあるのだ。得なければならない情報なども。そう思ったら、なんとそれが治まってきた。いつもならもっと時間がかかるのだけれど、このときは三週間くらいで治まった。早かった。

となると、このときに得たものはなんだったのか。

このときに見ていたのは、イッテQ!や世界仰天ニュース、特命リサーチ、ニュース番組の特集などだったのだけれど、どれも一見関係なさそうに見えたけれど、それぞれに心に刺さるものがあったのだ。人生についてや、人間関係、社会の仕組みなど、そのときに考えていたことに関連するようなものばかりだった。ただただぼーっと見ていたのだけれど、たぶん頭で認識できないレベルでいろいろなものを得ていたのだろうと思う。

別のときなど、X FactorsやBritains Got Talentなどのオーディション番組を山のように見ていたこともあった。人が本当の自分を出して認められたところを見ながら、感動して泣いていた。毎日のように。夫が帰ってくる前に、泣いていた顔をどうにかしておかなければと思うほどだった。今思えば、これも、そのとき必要なことだったのだと思う。自分に重ねて感動を味わい、涙をたくさん流すことが。

そうやって、「こんなことをしていては駄目だ」と罪悪感を抱かず、自分のやっていることを「これでいいのだ」と受け入れることによって、その行為が治まってくる。駄目だ駄目だと思っているうちは、治まらない。それを十分味わっていないからだ。十分味わうことで、前に進んで行くことができるようになる。

これはのちに、心屋認定講師のでこさんの記事を読んでわかるようになった。

何もしたくない。ずっと寝ていたい 私はどうすればいいの?【心屋仁之助 塾】
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1461849166172/

15年うつで寝たきりだったでこさんが、起き上がれるようになった理由。それは、思いっきり寝込んだことだった。「これじゃダメだ、これじゃダメだ」と寝ていた15年間は、寝ていてもちっとも休まらなかった。「寝てばかりじゃダメ」を「寝てばかりでもいい」にすることで、起き上がれるようになったとのこと。

「寝たい」と思っていても「寝ていたら駄目だ」と思うから、「寝る」を十分味わえない。十分味わえないということは、「寝たい」と思っている自分を否定しているということ。「寝たい」でいいのだと思い、「寝たい」という自分を肯定する。するときちんと寝れる。「寝る」を十分味わえる。すると治まる。十分寝れたからだ。

これは「自分を受け入れる」ということだ。自分がなにをしたいと思っていても、受け入れる。どんな自分でも、受け入れる。

仕事のできる自分でなければならない、正しい親でなければならないと、「こうあるべき」を抱え込んでいてはこれができない。自分の気持ちを把握し、それを受け入れる。まずは今の「できていない自分」を受け入れること。そうすることでしか、その先には進めない。できるようにはなっていかない。

生産的なことができず、ぼーっとネットを見るだけの日々。それでいいのだ。そう受け入れられたことによって、その先に進んで行くことができるようになった。

このとき以来、またなにもしたくない時期がやってきたら、「なにもしたくない」をとことん味わうようになった。また、なにか進めていない気がするときは、自分の気持ちをよく見つめて見る。そこで味わえていないものがあるのか探してみて、それをとことん実行する。

自分を受け入れるには、まず自分の気持ちを把握することがもっとも重要だ。自分の気持ちがわからなかったら、受け入れるもなにもない。「寝たい」と思っている自分を把握しないと、「寝込む」を十分実行することはできない。

これはもちろんカウンセリングの中で自分の気持ちについてもやったけれど、「ヨガで夢について話す」で書いたように、ヨガのセッションの最初にいつも自分の気持ちについて話させられたことがいい訓練になった。今でも自分がよくわからなくなったときや、なんでもないときでも、感じていることをどんな小さいことでも次々と書き出してみる。書き出した項目を、似たようなものを線でつなげてみたりして、どうなっているのかを分析してみる。

もちろん、ネガティブな気持ちも無視しない。「こんなこと思っていてはいけない」と思わず、なんでも書き出す。差別的だなと思うことでも、社会的に駄目だろうと思うことでも。「こんなことを思っていたのか」とびっくりする。でも書き出したこと=存在を認めたことによってそれが治まっていったり、原因に気づくことによって治まっていったりする。

治まるということは、受け入れられたということだ。気持ちの存在が認められたということだ。「Authenticに生きた」でも書いた、「怒りは認識されると治まる」と同じだ。気持ちは、認識されないと「どんどん主張しなければ」となり大きくなっていく。認識されると治まる。

スピリチュアルカウンセリングの「自分の気持ちの把握」でも、書き出す手法を教わっていた。前世療法後のカウンセリングでも「判断してはいけない」、観察することと教わっていた。やっとそれらがつながってきたころだった。

広告

自分を知る

自分がないということ」で読んだ空っぽの核を埋めるために、自分の構成を書き出してみた。「好きなことをする」ようにアドバイスしてもらったことも思い出した。

この少し前に、新しい友人を見つけたくて、「Meetup(www.meetup.com)」というサイトにサインアップしてみていた。住んでいるエリア興味のあるものを登録しておくと、それに関する集まりがあると知らせてくれるもの。たとえば「ヨガ」で登録しておくと、ヨガをやっている団体やレッスン、瞑想やお茶会など、ヨガに関するグループとイベントをリストアップしてくれる。

登録したときに、自分が興味のあるもののボタンを次々押してみたのだけれど、どれもこれも一貫性がなく、なんなのだろうと思った。「文化」と「言語」ならまだいいけれど、「興味のあることをやってみる」で書いたようなズンバとヘブライ語や、ヨガとクラブのようになると、「この人いったいなんだろう?」と思う。「本当はなんなの?」と。

きれいに分けられなくて、気持ちが悪かった。昔は、その場その場で一貫性を持たせるようなことをわざわざしていたと思った。この場では「ヨガ好き」で通して、別の場では「クラブ好き」で通す、など。そういう感じで、自分を変えてやりくりしていたような気がした。

でも。一貫性のないいろいろなものに興味があるのが、「」なのだ。全部、私なのだ。クラブも好きだし、ヘブライ語も勉強している、ヨガで精神統一もやっているし、カラオケで大騒ぎするのも好き。別に、一貫性などなくともいいのだ。なんなら全部、「私」ということで一貫しているではないか。

気持ち悪いと思うのは、毒親育ちの特徴、「白黒つけたがる」「完璧を求める」「すぐカテゴライズする」「決めつける」なのだろうと思った。きれいになっていないと、気が済まない。バーチャルで、現実離れしている。世の中の大部分はグレーでできているのが現実なのに。

バラバラだと思っていた私の興味のあることを、なぜ興味があるのか、なぜ好きなのか、どういう意図なのか、で分けてみた。そうやって見てみると、私は「発見」が好きなのかもしれないと思った。そんなこと、それまで思いもしなかった。

でもこうして記事を書いていることも、すべてそうだった。発見して、それを記録している。カウンセリングで発見したこと、日々の中でそれを実感したこと、言われたことを実践してみてわかったこと、などなど。人にその発見を見てもらいたいこともあるけれど、なによりも自分がその発見に驚き楽しんでいた。その驚きを記録しているのだ。

もっとも好きなのは、一見なんの関係性もないようなところに関連性を発見したり、逆に関連性があるものの中にまったく違うところを見つけたりすることだった。たとえば仕事で、毎年8月は売り上げがいいのに、なぜ去年だけこんなにも下がってしまったのか?を考えたり。去年の8月は雨の日がやたら多かったから、外に出かける人が少なかったのではないかとか、テロの影響ではないかとか、一見なんの関係もないところが線で結ばれるとおもしろく感じる。

今これを書いていて、子供のころからずっと推理小説が好きだったのも、これの延長だということに気づいた。びっくりした。今こうしてカウンセリングに関する記事を書いているのも、同じだ。自分のちょっとした考えや気持ちや言動が、一見なんの関係もなさそうな様々な要因から成り立っている。それを解き明かしていく楽しさ。発見と驚き。

このときはこうして4つに分けたけれど、もしかしたら今後これより他のカテゴリーも出てくるかもしれない。でもそれをこの4つのどこかに当てはめるのではなく、そのときは現実に即してカテゴリーを一つ増やせばいいのだ。それが現実を生きるということだ。

現実に忠実に。そこから見えてくるものがあったのだ。

元上司との再会から

このころ「09 ふたたび会社生活へ」で働いていたときの上司と再会した。

任期満了で辞めてからも、会社の人と連絡をとろうかどうしようか迷っていた。何人かの元同僚にメールを書いては消し、を繰り返していた。それも忘れたころ、元上司から日本へ帰任するという連絡があり、ちょうどいい機会に恵まれたので会いに出かけた。

でも、どうなるだろうと思っていた。会ったほうがいいのか、会わないほうがいいのか。元上司とはいろいろあった。「人前で話す」業務についても。でもちょうど私がいた一年は本当にイレギュラーなことがたくさんあり、そこをずっと一緒にこなしてきた人だった。こんなに近くでコンビを組んで仕事をした人は、なかなかいなかった。

迷う気持ちもあったけれど、最終的にやっぱり会いたいと思った。

このころ、夫の出張についてバルセロナに数日遊びに行っていた。帰ってきてカウンセラーに「どうだった?」と聞かれて、すぐ回答が出なかったことを思い出した。

なぜすぐ答えられなかったのか。頭の中で「あれはよかった」「あれはだめだった」と一つ一つ思い起こし、全体100%のうち、どれくらいよくてどれくらいがよくなかったのかを割り出していたから、すぐに回答できなかったのだ。

これは「正確な情報を言わなくてはならない」と思っているからだ、とカウンセラーに言われた。単なる感想を聞かれて、別に正確なことを言う必要はない。「ああ、よかったよ、あれもやってこれもやって、でもあれはちょっと大変だったな」などと適当に話していけばいいわけで、単に会話の糸口になればいい。全部まとめてから正しいパーセンテージを出す必要はないのだ、と習ったところだった。

これと同じだった。あの会社ではいろいろあったし、仕事だからもちろん嫌な思いやぎこちないこともあった。でも元上司とは全体の印象として、大変なことを一緒にこなした人で、一緒に頑張ったなという思い出がある人なのだ。

だから「会いたい」という気持ちを無視する必要はない。すべてがいい思い出である必要はない。いいことも悪いことも含めて、「いい思い出」なのだ。正しいか正しくないかではなくて、会いたいか会いたくないかなのだ。

会ってみて、やはり会えてよかったと心から思った。元上司も迷っていたけれど、誰かとこれだけコンビを組んで一緒に仕事をすることなどめったになかったと、私に連絡をとってみようと思ったそうだ。気持ちはまったく同じだった。うれしかった。

最後はしんみりしてしまって、泣きそうになってしまった。よかったか悪かったかではなく、気持ちなのだと本当に実感した。

あれもこれもとたくさん事細かにお礼を言いたかったけれど、やめた。もちろんお世話になったことは数え切れない。でも元上司もきっと、私がいてよかったことがたくさんあるに違いない。実際に、元上司は元部下の私に対して「ありがとうございました」と言ってくれた。きっと迷惑かけたこともたくさんあっただろうけれど、私がいてよかったとも思ってくれているのだ。卑屈になる必要はないのだ。そんなことをしなくても、二人でよく頑張ったこと、それは永遠に変わらない。

私があの会社で働いていた時期は、個人的に本当に大変な時期だった。最初のカウンセリングが終わり、会社生活に戻ることを決め、それが(当時の私にとっては)典型的な「日本の会社」だったためにどんどん落ちていった。日本に行って「10 大災害に見舞われる」こととなり、「14 どんどん落ちていく」こととなった。最後のころは会社も休んだし、そんな私を部下に持って迷惑をかけたことと思う。本当にありがとうございましたとお礼を言って、お見送りした。

そのあとにカウンセリングが入っていたので、この話をした。会う前にはものすごく緊張して逃げ出しそうになっていたのだけれど、そこをカウンセラーから指摘された。そういえば、元上司と会う前も会ったあとも、必要以上に緊張していた。どうしてなのだろう。待っているときも、なぜ私はこんなにそわそわして心臓が口から出そうなほど緊張しているのだろうと考えていたのだ。

カウンセラーに、「毒親炸裂の報」の話をした。以前だったら気が狂うほど怒ったり泣いたりしてひどく傷ついていただろうが、今回はもうほとんどそんなことがなかった。どれだけ親が頭がおかしく、いかに人としてのコミニュケーションが不可能であるかがよくわかったのだ。日本語と古代エジプト語で話をしているようなものだった。いや、まっとうな古代エジプト人のほうがまだ意思の疎通がはかれるだろう。

カウンセラーいわく、それは相手の「Outcome(アウトカム:出力結果、反応)」を期待せずに自分がしたいことだけをしているから、相手の言動にさほど傷つくことがなかったのだろうとのことだった。

通常、自分の親を相手にOutcomeを期待せずに接することは難しい。特に小さい子供など、親に頼らなければ生きていけないものなのに、親からのOutcomeを期待せずにいることはできないからだ。自分で生きていくことができない「子供」という存在は、親にやってもらわなければいけないこと、わかってもらわなければいけないことばかりだ。

だがたとえば、通りすがりの人に「いま何時ですか?」と聞いたとする。相手が「2時ですよ」と答えてくれても、「時計ないわ」と言われても、「知らねえよ」とぶっきらぼうに返されたとしても、嫌な思いはしても傷つくことはない。これはOutcomeを期待していないからだ。でもこれが自分の親となると、「わかってほしい」「優しくしてほしい」という期待が誰しもあって、特定のOutcomeを期待せずにはいられない。だからほしいOutcomeが得られないと、傷ついてしまう。

ということは、親であろうと「その辺の通行人」と思って相手にすれば、傷つくことはないということなのだ。たとえば親に誕生日プレゼントを送るにしても、自分が送りたいから送るだけで、親が喜ぼうと、お礼の連絡をしてこようと、まるで無視であろうと、どうでもいい、そういう状態で送ればどんなOutcomeがきても大丈夫でいられる、と。

ただこのときの私の状態では、親と連絡をとるような状況になった場合、「もう大丈夫かもしれない」という期待がどこかにあって、実際連絡をとってみると親がまるで変わっておらず、傷つく。それでまたしばらくして「大丈夫かもしれない」と連絡をとり、傷つき、また間を開ける。この繰り返しになるかもしれないと、カウンセラーには言われた。

本当に、実際のところ実家を出てからというものこの繰り返しだった。だから私が傷つかずにいるためには、私の中でOutcomeを気にしないでいられる「通行人」に親がなるまでは、会わないほうがいいだろうと言われた。

Outcomeを期待しないということは、相手がどう思おうと関係ないということでもある。このころの私は自分がなく、他のものに依存してしまっていたので、相手が自分のことをどう思うかで自分の評価が決まっていた。だから様々な人間関係の中で常に不安を抱え、緊張し、傷ついていたのだ。

これが、元上司に会うときにそんなにも緊張してしまっていた原因だった。

会ってみてどうなるかわからない、Outcomeがわからない、相手がどう思うかわからない、自分がどうしたらいいかがわからない。会ってみて相手が私のことをどう思ったかわからない、同じ思いだと思ったけれど違うのかもしれない。わからない不確定要素だらけ。だから緊張していたのだ。

相手がどう思おうと、自分がしっかりあって、自分のしたいことをし、「会えてよかった」「楽しかった」と自分が抱いた気持ちに自信を持って満足できていれば、不安にもならないし緊張もしない。「相手が求める通りに動こう」「気に入られなければならない」と思っていれば、常に不安で緊張してしまう。これはのちのち「External Evaluation(他者評価)」の仕組みで習うことになる。

自分がきちんとあれば、相手がどうであれ、仕事がどうであれ、家族や友人がどうであれ、「自分」という根っこのもとに適切な対応ができる。「自分がないということ」のbの花びらの図のように。これが目標だった。