腰痛

心理療法としてのヨガの仕組み

このころ、ヨガがなぜ心理的に効くのか、先生の話をもとに自分なりにいろいろと考えてみた。

たぶん普通の人は、「なんでそんな単なるポーズが不安に効くのだろう?」と思うだろう。私も実際やってみるまでわからなかったことだった。「冷え性が改善」したときのこともそうだけれど、単に身体を動かしているから冷えが改善するのだとみんな思っていた。本当の仕組みを理解している人は、皆無だった。

たとえば、腰痛。腰が弱い人というのは、不安感を抱えている人が多いとのこと。この「不安感=腰の不調」というのがどこからくるのかというと、たぶん「不安」という感情が出るところが、「腰」という体の部位なのだと思う。

そんな、感情という目に見えない触れないものが、物理的な肉体に作用するなどということがあるだろうか?と思うだろう。でも実際のところ誰もがこれを日常的に利用している。

一番わかりやすい例でいえば、深呼吸。緊張という感情は、物理的には胸とかお腹に出る。心臓がどきどきしたり、英語では「Butterflies in my stomach(ちょうちょがお腹でバタバタしている)」と表現する。それを解消するのが、深呼吸という体の動作(ポーズ)。これをすることによって、身体が落ち着いて、それが心を落ち着ける。「不安症対策の呼吸法」でも習った。

緊張するときの例:

①状況:緊張するような状況
②思考:「怖い」
③感情:緊張
④気:緊張の気が出る
⑤体:胸/お腹にきて、ドキドキして呼吸が乱れる

↓これを、深呼吸で整える

⑤体:胸/お腹を整えるポーズ(=深呼吸)→胸やお腹が物理的に静まる
④気:緊張の気が解消される
③感情:緊張が解消されていく
②思考:「大丈夫かも」
①状況:緊張しなくなる

ヨガでは、感情にもエネルギーがあると考えるそうだ。これは実は、鍼灸も同じだった。お世話になっていた指圧の先生の施術室には、五行色体表というのが貼ってあり、身体の部位とそれに対応する現象が書いてある。その中にはメンタルと気の項目もあった。身体の部位と、メンタルの部位、そして気(エネルギー)が、対応しているのだ。

これは、特定の部位の不調が特定のメンタルの不調につながっていること、そしてその逆も表している。

たとえば、「不安」という感情も特定のエネルギーを持っていて、これが出ると、「」に影響が出てくることが多い。「チャクラについて」で書いたように、ヨガでは腰の部分は第二チャクラのスワディシュターナと呼ばれている。チャクラというのは、鍼灸で言う「つぼ」と同じ。つぼのように身体に無数にあるのだけれど、その中でももっとも大きな七つが、いわゆる第一〜第七チャクラと呼ばれている。

不調なチャクラは、鍼でつぼを突くように、該当のチャクラを刺激してエネルギー(気)を整える。ヨガはこれを、身体を動かして行う。これがアーサナ(ヨガのポーズ)だ。これでエネルギーを整えるのだけれど、同時にストレッチ運動でもあるので、物理的に腰の調子も整えられる。なので、エネルギー物理的な体の、両方が整うことになる。これが感情に影響を与え、感情も整っていくのだ。

不安なときの例:

①状況:不安な状況
②思考:「なんだか不安」
③感情:不安
④気:不安な気が出る
⑤体:腰(スワディシュターナ)にくる

↓これを、ヨガで整える

⑤体:スワディシュターナを整えるポーズ →腰がよくなる
④気:不安な気が解消されていく
③感情:不安が解消されていく
②思考:「もしかしたら安心かも」
①状況:大丈夫になる

ポーズと腰がよくなることは、お互いに影響しあっていると思われる。腰がよくなるからスワディシュターナが整い、スワディシュターナが整うから、腰がよくなる。それによって不安なエネルギーが解消されて、不安な気持ちが減少していく。

私の場合はその不安な気持ちの出処である思考も、カウンセリングで治していったので、身体からと頭からの両方で整えるという、かなり万全な体制だった。どちらかが弱っても、どちらかで治していけたし、両方から整えていくことで、スワディシュターナがバランスよく整っている状態をより維持できるようになる。

実は、ヨガにはポーズだけではなく、「呼吸法(プラーナヤナ)」もある。これがまさしく、深呼吸のことになる。ヨガでは、アーサナ(ポーズ)とプラーナヤナ(呼吸法)の二つを組み合わせて、エネルギーを整えていく。ポーズは外から身体に刺激を与え、呼吸は内から身体に刺激を与えて、整える。

要するにヨガは、身体とエネルギーを整えることによって気持ちも整えていくツールなのだ。CBT(認知行動療法)の「不安のサイクルと破りかた」でもやったけれど、身体、思考、感情、の三つはそれぞれに影響しながら存在している。それぞれをつないでいるのが、エネルギー(気)ということになる。

身体を治すには、鍼灸やヨガでつぼ(チャクラ)を刺激してエネルギーを整える(同時に、感情も整う)。感情を治すには、同じくつぼ(チャクラ)を刺激してエネルギーを整える(同時に、身体も整う)。この辺りの理解は、やはり鍼灸の知識がある東洋人にはわかりやすいと思う。イギリス人だと、まず鍼灸さえもあやしいスピリチュアル系のように考えている人もいる。身体を針でつついて腰が治ることは、それが当たり前の環境で育っていないとなかなか理解しがたいものなのかもしれない。

鍼灸も、もとを正せばヨガにつながるのだろう。ヨガから始まって、身体のつぼに注目していったのが鍼灸で、メンタルに注目していったのが仏教や瞑想になるのでは。座禅を体験するという日本のテレビ番組で、お寺に行ってみたらまず座禅の前にヨガをさせられてびっくりしていたのを見た。ヨガで身体を動かしてから、座禅をする。ヨガのセッションもけっきょく同じで、ポーズをやってから、最後に瞑想をする。要はどれも最終的には同じこと、心身(とエネルギー)を整えることを目指しているから、同じになるのだろう。

ヨガでは身体から、座禅や瞑想はメンタルから。両方とも、心身を整える

だから、ヨガは心理療法として効果的なのだ。ヨガで身体も整うけれど、それは同時にメンタルを整えることも意味している。私の場合はそこにカウンセリングも受け、頭からも整える作業を行っていた。身体と、思考と、感情。この三つがを通して相互に影響を与えあっていることが理解できて、ヨガの仕組みもよく理解することができた。

広告

日本で駆け込んだ整体

日本ではずっと緊張しっぱなしで疲れがたまっていたのか、が危険な状態だった。

泊まっていた従妹の近所で、女性の整体師を探した。祖母のところへまた行くことになるかもしれないと思い、最終日になにも予定を入れていなかったのが幸いだった。本当はまた行ってこようとしたのだけれど、飛行機でぎっくり腰だけは避けたかった。ヨガもやったのだけれど、それもまったく効かない状態まで来てしまっていた。

たまたま徒歩5分のところに整体が見つかり、電話をしたらすぐ見てくれるとのことだったので直行した。サイトを見てびっくりしたのだけれど、ヒプノセラピーなどもやっているところだった。体とメンタル面と総合的に診ている人なのだなと思った。

ヨガやカウンセリングを始めてから、これがいかに大事かということに私も気づいていた。メンタルの状態は、すべて体に出る。どこにどんな症状が出ているかで、メンタルがどうなっているかがわかる。体調を治すには、メンタルの状態をよく分析し、整えていくことが必要だ。

整体はお腹を中心としたもので、「腹部の内部組織(筋肉と内臓)の調整」というものだった。免疫細胞の約70%が腸内に集中しているため、腸内環境をととのえることによって、免疫力が向上し、健康へとつながるのだそうだ。とはいえ、私の場合は「ぎっくり腰」なわけだから、そんな悠長な話ではなくできるだけ腰の状態をもとに戻すことが目的だった。どうかなとは思ったものの、これも縁かなと思って行ってみた。

寝台に仰向けになると、先生はまず「シンギングボウル」と呼ばれるものを鳴らしながら、私の周りを回った。ちょっとびっくりした。

最初に聞いたときは「Thinking Ball(考えるボール)」だと思ったのだけれど、「Singing Bowl(歌うお椀)」だった。よく仏壇にある、チーンと鳴らすものの、お菓子作りに使うボールくらいの大きなバージョンだ。大きいから「チーン」ではなく、「ワーン」であり、このわんわんという音が体の中に響いて、とても心地よかった。柔らかい音の銅鑼のようなものだ。

このシンギングボウルは、この後のマッサージでも使われた。うつ伏せになって背中をマッサージしたときに、肩甲骨の間やお腹にこのボウルを置いて、ワーンと鳴らされた。こうすると体の中に振動が響いてとても気持ちがよかった。

それもそのはず、これは「ヨガ開始」当時からよくやる「Bee Breath(ミツバチ呼吸法)」と同じなのだ。この呼吸法も、お腹や胸、眉間などに音を響かせるようにしてやる。つまりはどちらも、チャクラに振動を与えてバランスを整える働きがあるのだ。

人体は60%が水分でできているので、振動を与えることで体を整えてやることは十分可能だと思った。

その延長のようにして、先生は「オステオパシー」という技法を使った。足首を持って揺すったり、体のいろいろなところを揺すって整えるものだった。これで、緊張でカチカチに固まっている体をほぐすのだ。

先生には、体がものすごく固まっていると言われた。背中をやってもらったときは特にひどく、「頑張り屋さんなんですね」と言われた。「スピリチュアルリーディングへ」行ってまず言われたことと、まったく同じことだった。びっくりしたと言うと、ここがこうなってしまっている人は、精神的に大変な状態で、体が縮こまってしまっていて無理が出ているのだと言われた。やはり精神状態は、必ず体に出るのだ。

確かに夫とのことも最悪な状態のままで日本へ来ており、しかも旅先だから心身ともにゆっくりなどとてもできない状態だった。毒親や毒叔母に会ったことももちろんだし、帰ってからのことも考え始めると、まさに張り詰め切っている状態だったことは想像に難くない。完治にはあと2〜3回セッションが必要だと言われたけれど、事情を話して、とにかく翌日飛行機に乗れるようにとお願いしてやってもらった。

一番ひどかったのはお腹で、へその下、丹田のところだった。

ここを先生が押すたびに、ズーンという鈍痛が体中に響き、声が出なかった。ここが張り詰めすぎてしまっており、それがいろいろなところを引っ張っていて、あちこちが悪くなっているのだとのことだった。右脚が痛ければ、右脚を引きずって歩くから、左脚に負担がかかって左も痛くなってくる。それと同じことが体内で内臓に起こっているのだと説明された。恐ろしい。私の場合は、特に右半身が引っ張られていると言われた。

セッションの最後に、先生が「あー動いてきましたね」と言った。先生がお腹を中心に私の体を揺すると、膝や首の方まで揺れるようになっていた。セッションの最初に先生がいろいろなところを揺すったときは、その振動で他まで揺れることはまったくなかった。体が固まっていたからだ。それがほぐれてきて、振動がちゃんと全身まで響くようになってきたのだという証拠だった。なるほどと思った。

これは、イギリスで以前にお世話になっていた整体の先生も言っていたことだった。この先生もオステオパシーを使うのか、よく体を揺すって整えてもらっていた。

1時間だったけれど、それ以上にいろいろやってくれて、最後にいろいろな体のほぐしかたも教えてくれた。セッションの後は体がぐわーっとダルくなってきて、従妹の家に帰ってきて寝込んだ。1時間以上横になって起き上がったら、だいぶよくなっていた。その後に羽田近くの温泉へ行って、早朝フライトまでの数時間を寝たら、かなりスッキリできた。

私がカウンセリングを受けているという話をしたら、先生は「シータヒーリング」というものもやっているとのことで、その話もしてくれた。どんなものか全然わからなかったから、帰国してからネットで見てみたところ、おもしろそうなものだった。特に、トラウマを取るのに効果的かもしれないと思った。

これはのちにもっと詳しい友人と出会い、いろいろと話を聞けることになった。

チャクラについて

カウンセリングでもたびたび出てきた「チャクラ」についても、勉強してみた。

心が開いた」でも書いた通り、チャクラとは鍼灸のツボのことで、人体には無数のチャクラがあり、その中でも大きな以下の7つがよく知られている。ネットで様々な説明を見つけることができるが、カウンセラーがヨガの協会の冊子をくれたので、そこに書かれていた各チャクラについての説明を和訳してみることにした。

Chakras

1)ムーラダーラ「I am the physical body(私は肉体である)」

ムーラダーラのバランスがいいと、健康的な肉体と、活力がある。ものに執着したり、不健康にものに頼ることなく、自分の存在そのものの中に安心感を感じていられる。

バランスが悪いと、過食や肥満または低体重、ネガティブな自己像、安心感の欠如になる。ものをためこんだり物理的なものへの依存、必要性や喜びよりも安心感を優先した行動。排泄系器官や骨盤の病気。原因は、幼少期のトラウマ、ネグレクト、物理的ふれあいの欠如、貧困、重病、身体的または性的虐待。

治療としては、肉体と再びつながること。スポーツやウォーキング、ガーデニング、マッサージや、栄養のあるものを食べること。ハタヨガなどの身体的活動。

2)スワディシュターナ「I am a man / woman(私は男性/女性である)」

スワディシュターナのバランスがいいと、自分の性別に落ち着き、性を自分の自然な側面と捉え、罪や罰の意識なく、意識的に自発的に楽しんで性を経験できる。

バランスが悪いと、有害で不健康な性行為、または性に対する恐怖心につながる。低い自己肯定やうつによる、自傷行為や強迫観念。生殖器関連、腰痛や肝臓の病気。原因は、性的虐待、ネグレクト、宗教やモラルによる過度な制約。

治療としては、インナーチャイルドへの取り組み、感情の解放。健康的な快楽を楽しみ、感覚を楽しむこと。ハタヨガ。

3)マニプーラ「I will do/I am able to do(私はやる/できる)」

マニプーラのバランスがいいと、十分なエネルギーと意志の力で、自分を効果的に表現し行動することができる。健康的な自己評価と、自信、そして困難に立ち向かうことを恐れない。強さと繊細さを持ち合わせることができ、人生に喜びと情熱を持てる。

バランスが悪いと、意志が弱く、人からコントロールされやすい。自尊心が低く、自信がなく、すべきことができずに人を非難する。反抗的で、ものごとを最後までやり遂げることが難しく、無力に感じる。感情が抑制され、自発性に欠け、常に周りの同意を必要とする。原因は、幼少期に両親に支配される環境におかれたり、罰を恐れ、正当な理由もなく過剰な罰を受け、感情を操作され、独裁され、両親や権威のある人から身体的虐待や侮辱にあったこと。横隔膜、副腎、消化系の病気から、高血圧や心臓病、糖尿病、潰瘍などになる。

治療としては、ヨガ、呼吸法、瞑想、リラクゼーション、ビジュアライゼーション、身体的運動、カウンセリングや周りの人と話をして感情をサポートしてもらうこと。

4)アナハタ「I love/I feel/I give/I share(私は愛する/感じる/与える/共有する)」

アナハタのバランスがいいと、人を愛し、人から愛され、無条件の愛情を持てる。ものや時間、エネルギーを人と与え合い共有する。思いやりと人を大事にする心。共感と協力、感謝の気持ち。環境を大事にし、ありのままであることを感じることができる。

バランスが悪いと、恋愛関係に陥りやすくなり、嫉妬深くなり、依存状態になる。または愛情に対する自然な欲求を否定し、人間関係から引いて自己愛に走る。自己中心的になり、自分勝手な理由で愛情をコントロールする。愛情行為への恐れや他者への固執、共感の欠如と孤独やうつ状態。心臓や循環器系、呼吸器系、または皮膚やリンパの病気。原因は、幼少期の親からの拒絶やネグレクト、愛情の欠如、感情の否定、侮辱、性的虐待。行動のともなわない「愛している」などの言葉。

治療としては、ハタヨガ、マントラヨガ、バクティヨガ。ビジュアライゼーション、有意義な人間関係、社会奉仕やチャリティの仕事。人と話し合い、感情を許して解放すること。

5)ヴィシュッディ「I communicate(私はコミュニケートする)」

ヴィシュッディのバランスがいいと、どんな環境でも人生に満足できる。健康的で栄養のある食事を摂り、調和に結びつく生活を送り、自分の健康に十分責任を持てる。明快なコミュニケーションができ、深いことも把握できコミュニケーションが取れる。声が明朗になり、聞き上手になり、リズム感がよくなる。

バランスが悪いと、人生が混乱しやすく、空虚で意味のない言葉を多用するようになる。しゃべりすぎ、自分の声だけに夢中になり、ゴシップに溺れる。会話を防衛手段として用いたり、声により人を支配しようとする。常に会話の邪魔をし、人の話を聞けない。また本当の自分を出すと相手を怒らせるのではないかという恐怖に襲われ、嘘をつくようになる。自分の考えや感情を人と共有できず、声が小さくなり、リズム感が悪くなる。過度に潔癖で純度にこだわる。甲状腺や声帯、喉頭、浄化器官の病気。

原因は、幼少期の言葉の虐待、怒鳴られたり過度で不当な批判を受けたこと。親が権威的で、一貫性のないことを言われたり、話すなと脅されたり、要らないものに対する感謝の強要、不当な謝罪の要求、自分を表現することに恐怖を感じさせられたこと。

治療としては、ハタヨガ、マントラヨガ、瞑想、読んだり書いたりすること、沈黙、目標のない創作や話を聞くこと、聞いてもらうこと。正直に自分を表現すること。

6)アージュナ「I know/I understand/I realise(私は知る/理解する/気づく)」

アージュナのバランスがいいと、知能的だけでなく、直感的なものも含んだ、様々なレベルでものごとを理解することができる。外的にも内的にも察しが早くなる。一見するとまったく異なるように見える概念の中に、つながりを見ることができる。夢を記憶するようになり、自然の中の象徴を敏感に察するようになる。

バランスが悪いと、散漫になり、知的に過剰で感情や直感から離れてしまう。考えすぎ、概念に執着し、バーチャルになる。または思考がほとんどなくなり、妄信的になる。記憶力が悪くなり、想像力が欠如し、状況をコントロールするために思考を使い、人を誤った方向へ導く。慢性的不安症や、特異な言動、過度な自己批判。下垂体や脳の病気、精神的障害やストレス、優柔不断など。

原因は、幼少期に能力を否定されたり、尊重されなかったりしたこと。常に批判にさらされ、言語的または非言語的に独断や偏見に従うようプレッシャーをかけられていたこと。

治療としては、ヨガやヨガニードラなどの深いリラクゼーション、瞑想、ビジュアライゼーション。夢の診断や、カウンセリング、アートセラピー。催眠療法や前世療法、音楽。

7)サハスラーラ「I am(私)」

サハスラーラはすべてのチャクラを超越し、すべてのチャクラを中に持っている。

これを見ると、毒親のもとに育つことで、体とメンタル面でどの部分がどのように傷を負わされたのかがよくわかる。カウンセラーがヨガの先生時代に、体のどこにつまりがあるかでその人がどんな人生を送ってきたかがわかったものだと言っていたのは、この通りだった。

カウンセラーいわく、虐待された人はほぼ全員がコミュニケーションを司る5)のヴィシュッディに傷を負っているらしい。声が小さかったり、口をあまり開けずにしゃべるようになる。一番わかりやすいのが扁桃腺をよく腫らす子供で、これはまさにヴィシュッディが傷つけられていることの表れだそうだ。口から出せないから体に出る。私もしょっちゅう熱を出していたので、小学生のときに手術で除去している。

虐待を受けた子供はまた、感情を司る4)のアナハタにももちろん多大な傷を負う。私も小学校に上る前に、胸の病気である肺炎にかかった。それからもずっと、親から感情を無視されて生きてきたわけだけれど、それが「I am here!」で「心が開いた」ことによって初めて、自分(=感情)がここにちゃんと存在しているのだということを感じたのだ。

また「腰痛」は、1)のムーラダーラのバランスが悪いということになり、物理的な安心感の欠如を意味している。私は数年前に突然腰が悪くなったけれど、母親はずっと腰が悪くとうとう激痛で身動きができなくなり、大きく切開する大手術を受けるはめにまでなった。単なる骨格の問題だと思っていたけれど、私がちょうど仕事を辞めて日本語教師になるまで腰痛とは無縁の人生だったことを考えると、やはり安心感と関連していると思わざるを得ない。

メンタルの状態は必ず体に出る。「体は正直」というのは本当だった。