発見

嫌いなところも役に立つ

人を尊重し受容する」や「感謝が勝るようになってきた」でも書いたように、ものごとは白黒どちらかではなく、二面あるということを日々学んでいる。

これは、数年前から興味を持って本を読んだりし始めたホロスコープで、はっきり頭で理解した。たとえば、火星というのは「情熱」とか「勢い」といういい面もあるけれど、同時に「猪突猛進」のような、危険な面もある。天体も、星座も、どれがいいというのはまったくなくて、それぞれにいい面と悪い面がある。場面によって使い分けたり、バランスが重要だということだった。

これは以前やっていたヨガで勉強した、チャクラの考えもそうだった。「チャクラについて」で書いたけれど、たとえば第一チャクラのムーラダーラ。これは物質的な肉体を表す。バランスがとれていると、健康で活力がある。簡単な例で言えば、ここのエネルギーが過小であれば低体重、過剰であれば肥満、など。

就職活動のときにやった、自己分析でもそうだ。細かいところまで正確に仕事をやろうとするのはいいところだけれど、それが過剰になれば不安で何度も何度も確認して仕事が進まなかったりもする。いいところは悪いところにもなりうる。ものごとは必ず二面ある。

そんなことは言っても、自分で嫌なところは嫌だった。たとえば、うまく話ができないところ。きちんと考えて話さないと、特に英語となると、なにを言っているかわからなくなってしまう。自分がセッティングした会議で、なにから話していいかわからなくなり、みんながシーンとしているところでさらに焦り、必要もないことを話し始めてしまったりして、ものすごく落ち込んだことも何度もあった。

キョドる自分が、恥ずかしくて、許せない。スマートに対応できない自分、相手に居心地の悪い思いをさせてしまう自分。でも、なんとそれが役に立ったと感じられた事件が起こった。

一緒に仕事をしている人が、人の言いたいことを汲み取ったりうまく話をすることが本当に上手で、私がうまく話せないこともすぐ理解して言い換えてくれたり、いつも会議をリードしてくれたりしていた。人に教えるのもとても上手で、考えもせず順序立てて話をするし、忍耐強く、「じゃあこっちを見てみましょう」などの合いの手もうまい。お子さんがいる人なのだけれど、きっといいお母さんなのだろうと思ってしまったりする。小学校の先生とか天職なのではないかと思う。

そんな彼女が、新しく入ったイタリア人の男の子にめちゃくちゃ好かれたようだった。彼は声が大きく目立つのだけれど、感情的で、境界線がなく、すごく繊細な人で、彼女のようにいい対応をしてくれたり、上手に自分の話を引き出してくれる人にどんどん依存してしまっていた。しょっちゅう彼女に話しかけに来ては、けっこう言いすぎなことまで言うようになっていった。

しばらくして、その二人が接触厳禁になった。詳しいことは知らないけれど、どうも彼のほうがプライベードで彼女にメッセージを送りまくったりしてしまったようだった。人事まで話がいって、大変だったようだった。

だけど、周りはなんとなく、「彼女のほうがもっとしっかりしなければいけない」というような空気になっていた。なぜ?!?!?!!と思う。ひどい話だ。

彼女はこの会社で長く、管理職ではないにしろ、リーダー的な役職についていた。彼のほうは私と同じように去年入社したばかり。それもあって、「彼はまだ若いんだし」「イタリアの田舎から出てきた人だし」と周りは言う。

そんなの、おかしくないか???イタリアも田舎も馬鹿にしているし、若いって言ったって、彼女とほぼ同じ歳。彼女が「プロフェッショナルに対応しなきゃいけない」というのなら、彼のほうだって「プロフェッショナルに仕事しなければならない」ではないか。同僚にしつこくメッセージを送ったりするような社員に、「若いんだし」で済ませるとはいったい???

私も、彼はちょっと苦手だった。イタリアの話をしたり、おいしいものの話をするのは、いい。でも境界線がないところに、本当にイライラさせられたりしていた。

たとえば、チームのみんなで旅行に行こうという話があったとき。彼がプランを立てて仕切ると言い、みんなに出欠の確認がきた。私は一人暮らしを始めたばかりでお金を使いたくなかったので、飲みに行くとかなら行きたいけれど、旅行はちょっとと思い、返事をためらっていた。

数日後、彼から社内メッセンジャーで話しかけられて、どうするか聞かれた。ちょっと言いにくかったけれど「お金を貯めてるから今回はやめとく」と正直に返すと、「そんなにお金かからないよ!」「楽しいよ!」「Kelokoにも絶対来てほしい」と。

ぞぞぞ、ときた。

「No」と、言った。でも、それがわからない

自分の話を、無視されている。自分が言っていることを、なかったものにされている。「化粧水ふたたび」で書いたような、親のトラウマが蘇る。

もちろん、今はもうこの程度では、心臓がキューッとなったりバクバクしたりすることはない。ただ、ものすごくイラっ!!!!とする。

彼は境界線がないから、人は自分と別の人間だということを知らない。人はみんな、自分と同じ考えだと思いこんでしまっている。だから、人がなんと言おうと自分のやりたいようにしようとしてくる。人を尊重できない。

イラっとしたこともあり、丁寧な対応をやめ、別の話をして逃げた。よっぽどいろいろ言ってやろうと思ったけれど、とにかく離れた。

それでも彼は追ってこなかった。なぜか。私と長くいると居心地が悪いからだ。

私は、キョドる。彼はいろいろな人に話しかけるけれど、私は途中でキョドって話がつながらなくなる。お互い笑顔が引きつって、「じゃあまた」と彼が離れていくことになる。そういうところで、たとえば前出の彼女だと、上手に話をしてあげるのだろう。だから彼はそれに依存する。

でも彼は、キョドる私に対しては手に負えなくて、「じゃあまた」と離れるしかない。長々とそこに居続けても、自分が居心地の悪い思いをして、どう離れようかと計算し始めるだけだから、あとを追いたくないのだ。

天地を覆す、画期的な発見だった。「すごい!!!!!」そう思った。

キョドる自分が、嫌いだった。恥ずかしかった。許せなかった。上手にできない自分が嫌だった。

でも、嫌なやつが追いかけてこない。なんて使えるテクニックだろう!そんなすごいテクニックが、なんの努力もなしに天然で身についている。自分はなんて素晴らしい能力を持っているのだろう!!

びっくりした。衝撃だった。

相手にナイスに上手にいろいろしてやれなくていい。そんなことをしていたら、彼のような人が、ヒルのように群がってひっついてくる。キョドっていいのだ、「変なやつ」と思われていいのだ!!!!!

ものごとには、必ず二面ある。いいところもあれば、悪いところも。嫌いなところでも、いい面もある。それをお腹の底から体感した。

広告