潜在意識

自分を信頼するということ

落ち着いた日々」を送っていても、引っ越したばかりのころはまだまだ気持ちに波があり、以前お世話になったオンラインカウンセリングのCotreeの先生のセッションを毎週受けていた。

私がお世話になっている先生はアメリカ在住なので、ちょうどイギリスが閉まるころに開く。仕事が終わって帰宅しゆっくりセッションを受けることができるので、以前の英人カウンセラーのところのように日中仕事を休んで電車に乗って行く必要がない。「自分のために仕事を休む」「自分を優先する」という練習も必要だけれど、まだそれができない段階の人や、そこまで深刻ではないけれど話を聞いてもらう必要がある人にはちょうどいい。

夫に対する気持ちは、依存愛情の中で揺れに揺れていた。「親から見捨てられたくない」というインナーチャイルドと、「これが二人にとって適切な進路なのだ」という大人の自分からくる気持ち。

今ならあの「夫ともとに戻るのが一番いいのだ」「夫のすべてを受け入れるべきなのだ」「これが私の愛情なのだ」という気持ちは、私の中のインナーチャイルドが騒いでいただけなのだとはっきりとわかる。当時も、「これはインナーチャイルドなのだろう」「インナーチャイルドが親に見捨てられたくない気持ちを夫にかぶせているのだ」という認識はあったけれど、それでも暴走しそうになることばかりだった。

暴走せずに済んだのは、タイミングが一度も合わなかったからだ。特にお酒を飲んだりすると、「もう夫の家に押しかけて、泣いて謝ってすべて元通りにすればいいのだ」と突如として思うことがあった。これは愛情なのだと、やっぱりこれが正しいのだと。でも出る支度をしようとするとシェアハウスの大家さんがうろうろしていて、夜中に外に出ることがためらわれたり、あるいはそういうときに限って夫は用事で帰宅が遅かったりした。本当に、神様がいるのだと思うほど、あれもこれもタイミングがまったく合わなかった。

ネットでも、依存と愛情についていろいろ読んだ。チェックリストをやってみると、依存よりも愛情のほうが多かった。たしかに今までのカウンセリングと解毒をへて、そこまでひどい依存ではもうなくなっていたのだろう。そもそもこれがもし本当に依存だったら、「これは依存だろうか?」などと考えることも迷うこともないはずだ。

離婚をするべきか迷っている人のために書かれた記事も、いくつか読んだ。こういうときは離婚がいいかもしれないという項目の中に、なんと「タイミングが合わない」というものがあった。「やはり一緒にいよう」と思ってもタイミングが合わずに伝えられない、なにか言っても驚くような受け取りかたをされてしまい意思の疎通ができない、など。まさに私と夫の間で、過去ずっと起こっていたことだった。ここ数年はそれが激しくなり、私が家を出てからはもっぱらそんなことしか起こらなくなっていた。

すべてのことが、「やはりここは離れるのが一番なのだ、そういう時期になったのだ」と言っていた。でもそれがわかっていても、あの暴走しそうになるときにぐわーっと全身からわき上がってくる気持ちは、とてもではないけれど嘘などとは到底思えない。その気持ちを抱えながら「これが嘘なのか本当なのか」と考えを巡らせるも、そのときは判断もつかない。

いったい、自分の中のなにを信じたらいいのか。なにもかもがわからなくなり、世界がぐらぐら回っていた。

Cotreeの先生にも「これってDV夫と別れられない人と同じやつでしょうか」と何度も質問して、笑われた。もちろん先生は回答をくれない。友達も、誰にも正しいことはわからない。先生は回答を出すために私の気持ちを整理する手伝いはしてくれるけれど、回答はくれない。自分で出すしかないのだ。

わかってはいるけれど、本当にきつかった。もう誰か偉い人や神様に「これが正解だ!」と言ってほしかった。なんでもいいから、ズバッと回答をくれる人がほしかった。

そんなアップダウンの続く生活の中で、またCotreeの先生のセッションを受けた。冒頭に先生から「お花ですか?」と聞かれた。私の画面のバックに、スーパーで買ったチューリップが写っていたのだ。

引っ越してから、初めて買ったお花だった。昔は、花など一度も買ったことがなかった。食べられもしないし、水を変えたりなども面倒で、「こんなものにお金を使うなんてもったいない」と思っていた。それがカウンセリングを受けるようになって、「カウンセリングという目に見えないものにお金を使っていいのだ」という大きな意識の変革があり、自分のためにお金を使うことを覚え始めた。

「きれいだな」と思ったものを買うこと、「きれいだ」という気持ちで行動していいのだということ。靴下なんてたくさん持っているけれど、「これかわいいな」と思ったら買っていいのだということ。お花も買うようになり、趣味にお金を使うようにもなった。

そんな話を先生にしながら、「お花いいですよね」という話をした。カラフルなものが好きなので、本当は色の鮮やかなガーベラが一番好きなのだけれど、ガーベラは高かったのと、チューリップが安くて二つで5ポンドだったので、それにしたんですと。

なんでお花が好きなのかという話になったので、なんとなく「時間が動いていることを感じられていいですよね」とポロッと口から出た。

ちょうどこのとき、仕事から帰ってきたらチューリップが開き始めていて「ああ、自分の知らないところでも時間は動いていて、世界は動いているのだな」と思ったのだ。それを話すと先生は、「おもしろい理由ですね」と言っていた。たしかに私も、自分で言ったのに「変わった理由だな」と思った。

セッションでは、気持ちのアップダウンのことを話した。でもそれってしかたがないですよ、人生でもっともストレスがかかることの上位に、離婚引っ越し転職も入っている、だからそれが一度に来ているKelokoさんはアップダウンがあって当たり前だ、それくらいに思っていたほうがいい、と言ってもらった。

たしかに、今すぐなにかできるわけではない。時間がたって、気持ちが落ち着いてくるのを待つしかない。「わかっているんですよね、早く時間が流れてほしいって、いつもいつも思っているんです」と。

そこで、はた、と気づいた。そうか、だから私はチューリップに手を伸ばしたのか!!!と。

ガーベラは最初から開いているから、時間の流れは感じられない。チューリップはつぼみの状態で売っていて、だんだんと花が開いていく。だから時間の流れが感じられる。「自分の知らないところでちゃんと時間は流れている」というところにひかれた自分、その理由は、時間が早くたってほしいと思っていたからなのだ。

衝撃だった。私は自分が必要なものを潜在的にわかっていて、きちんとそれを実行しながら生きている。

なにも考えていなかった。それでもこうして無意識に、必要なものを必要なときに手にして生きている。もしかしたら、気づいていないだけで、こういうことが他にももっともっとあるのだろう。無意識に、自分にとって必要なことをしながら生きているのだろう。

「すごい!!!」そう思った。無意識にこんなことができてしまうなんて、私はなんてすごいのだろうと。どうするべきなのかをたくさんの人に聞きまくっていた。でも私は、ちゃんと自分でわかって行動できていたのだ。

目の前の小さいテレビの画面しか見えていなかったのが、急にテレビがなくなって、視界がぐわんと360度に広がったようだった。テレビの外で、こんなことが起こっていたなんて。

先生は「そういうのって、自信になりますよね」と言ってくれた。たしかにそうだ。

衝撃とともに、急に自信がわいてきた。考えていなくてもこんなことができるということは、考えていなくてもきちんとやっていけているということだ。もっと自分を信頼していいのだ。「こういうときにこうやった」という目に見える案件がなくても、私はきちんとやっていっている。理由などいらない。

「自分を信頼する」とは、こういうことだったのか。なにか理由があるわけでもなく、自分の無意識を信じている、無意識でも自分は大丈夫なのだと信じられている状態。なにをやったかではなく、別にそこにいるだけでいいのだと信じられること。これが、自分を信頼するということなのだ。

急に安心感がわいてきた。感動した。すごい経験だった。

広告

「魂からの癒し チャクラ・ヒーリング」

最後に一冊、ヨガの本を買ってきたかったので探したのだけれど、いいものがなかった。

そこで古本屋をあさっていると、そこにこの本があった。ヨガの本ではなかったけれど、なぜかひかれたので直感を頼りに買うことにした。大正解だった。

chakra healing

「魂からの癒し チャクラ・ヒーリング」ブレンダ・デーヴィス著、三木直子訳
(左は原書、”The Rainbow Journey: Seven Steps to Self Healing” by Brenda Davies)

チャクラについて」でもまとめたけれど、どういうことによってどのチャクラが傷つき、どうやってそれを治していくかが詳しく書いてある。著者が薬剤師、外科医を経た精神科医であるという点もおもしろかった。体と心を総合的(Holistic)に分析しているのだ。

最初にチャクラの状態を知るための自己診断テストがあったので、やってみた。各チャクラについて、回答のほとんどがイエスの場合は、なんらかの問題があると思われるとのこと。

1)ルート・チャクラに関する質問

  1. 自分はどこにも帰属しておらず、どこへ言っても孤独だ、と感じる、または感じたことがある
  2. たとえば酒、麻薬、幽体離脱、自殺などの手段で自分の人生から逃げ出したいと感じる
  3. 人生がどうでもよく感じられ、死にたい、と思うことがある
  4. セックスに幻滅している、(肉体的な疾病が原因でなく)インポテンツである、あるいは真のオーガズムが得られない
  5. 受胎から三〜五歳までの間にトラウマ、悲嘆、困難を味わった
  6. 何かが不安で、その気持ちを他のこと―たとえば不要なものを次から次へと買ったり、逆にお金を使うことを拒否したり―で補おうとしている
  7. エネルギーが低く、力が出ない、疲れている、気分が悪いと感じることが多い
  8. 足に問題がある、あるいは痔、慢性便秘に苦しんでいる

2)セイクラル・チャクラに関する質問

  1. 自分の性的傾向に問題を感じたり、性の喜びを受け取る、あるいは与えることが難しく、興味が持てなかったり積極的すぎたりする
  2. 優しく触られたりいたわられたりするのが苦手
  3. 性欲が低い、オーガズムが得られない、勃起が持続しない
  4. 基本的に元気がなく、スタミナが弱い
  5. 性欲を、実際の恋愛関係ではなく空想に向けたり、コミットした関係を避けるために複数のセックス・パートナーを持つ
  6. 腎臓や膀胱に問題がある、または頻尿である
  7. 三〜五歳から八歳までの間に、悲嘆やトラウマを体験した
  8. 味覚に問題がある

3)ソーラープレクサス・チャクラに関する質問

  1. 潰瘍、胸やけ、繰り返し起こる消化不良など、消化器官に問題がある
  2. 気性が激しく、カッとしやすい
  3. 権威者に対して萎縮して卑屈になったり、逆に挑戦的・反抗的になったりする
  4. ときどき(特に飲酒のあとなどに)爆発するが、ふだんは自分が持っていることに気づかない、激しい怒りを抱えている
  5. 八歳から十二歳の間に悲嘆やトラウマを味わった
  6. あるときは自分はまるで無力だと感じ、またあるときは、自分でも恐ろしいくらいパワフルに感じる
  7. どんなに必死に頑張っても自分の可能性を実現できないことがある
  8. 意志が弱く、人の言いなりになりやすかったり、逆に自分の行動の結果が人に与える影響を顧みずに我を通したり、と意思のコントロールが難しい

4)ハート・チャクラに関する質問

  1. 愛する、または愛されることができない
  2. 物事に対してネガティブで悲観的、あるいは高圧的で独裁的
  3. 人の問題に首を突っ込みたがり、一線を引いて他人の間違いを放っておくことができない
  4. ほとんどいつも疲れきっていてだるい
  5. 心臓、血圧、血の巡りに問題がある、あるいは喘息や呼吸器感の病気がある
  6. 短期で偏狭、あるいはあまりにも辛抱強くて寛容なため人に利用されがち
  7. 十二歳から十五、六歳の間に悲嘆やトラウマを経験した
  8. 人を許したり、慈悲や思いやりを持てない、あるいは、あまりにも思いやり深く感情移入が激しいため、人の苦しみに巻き込まれて自分も落ち込んでしまう

5)スロート・チャクラに関する質問

  1. 聴覚や発話機能に問題がある
  2. よく誤解される、あるいは自分の言いたいことを言うのに困難を感じる
  3. 自分の進むべき道、キャリア、転職を見つけられない
  4. 甲状腺、喉、耳、首に問題がある
  5. 十五、六歳から二十、二十一歳の間に悲嘆やトラウマを味わった
  6. 自分の創造性は押さえ込まれている、あるいは自分は創造的な人間ではないと思う
  7. 体の機能や生活の中でリズムを持つもの―たとえば呼吸、心臓の鼓動、月経など―に問題がある、あるいは音楽を聴いたり踊りながらリズムが取れない
  8. 他の人の意見に注意深く耳を傾けることも含め、コミュニケーション全般に困難が伴う

6)ブラウ・チャクラに関する質問

  1. 頭痛・偏頭痛に悩まされる
  2. 体内の調整機能―たとえばホルモン、体温、気分の浮き沈み、暴力衝動など―に問題がある
  3. 悪夢を見る
  4. 自分の将来を思い描くことができない
  5. 自分、あるいは周りの人の問題についての洞察力に欠ける
  6. 行き詰まった感じがして、解放されたい、自由になりたい、と感じる
  7. 自分はこんなにいろいろ持っているにもかかわらず幸せでない、と感じ、そのことで罪悪感がある
  8. 二十一歳から二十六歳の間に悲嘆やトラウマを体験した

これを読んで、それぞれのチャクラが年齢と成長に関係していることを初めて知った。ブラウ・チャクラにもなると二十代で発達していくものなので、若い人たちは上記の質問でイエスが少なくても普通だとのことだった。確かに人間の成長を考えてみれば、まずは生命の安心感があって、そこから年齢とともにより高度な安心感を得られるようになっていく。最初は自分一人で安心して存在していられることから、周りとのコミュニケーションも含むようになっていく。

この本では、それぞれのチャクラに詰まりがある人の例と、どう回復していくのかが書かれている。回復には、ノートに書いたり具体的にやってみるエクササイズと、メディテーションがあった。私はメディテーションの内容を読んで録音し、それを聞きながらやってみた。ヒプノセラピーの「未来療法」にも似ているところもあると思った。

「プロカウンセラーの夢分析」

もう一冊、古本屋で夢分析の本を見つけたので買ってきた。

「夢」というとほとんどが「夢占い」の本が多く、当てにならないものが多いと感じていた。私はヒプノセラピーの体験もあり、夢はランダムなものではなく、自分の潜在意識の現れだと考えていた。カウンセリングでも気になる夢の内容を話し、自分のメンタルの状態を紐解く手がかりにもしていた。

ただイギリス人のカウンセラーの解釈は、日本人の感覚とは離れていることもあったりして、自分なりに解釈してみる必要もたくさんあった。例えば「緑」という色が出てきたとする。イギリス人にとって緑は、もちろん「新緑」のような若々しい意味合いもあるけれど、「病気」も連想できたりする。でも日本人には「緑」と「病気」は結びつかない。

こういった感覚の違いがあるので、自分で夢を分析できるようにはなれないものかと考えていた。そこにこの本を見つけた。

dream analysis

「プロカウンセラーの夢分析 心の声を聞く技術」東山紘久著

よくある夢分析の本は、辞書のようになっていてそこに解説が書いてあるのだけれど、これは実際の例を挙げながら「分析のしかた」を書いた本だった。

この本の素晴らしいところは、「その夢を見た人によって解釈が異なってくる」と書いてあるところだった。当たり前のことだけれど、例えば上記の「緑」でも、見たのがイギリス人か日本人かで異なってくる。その人が「緑」に関してどんな経験があり、どんな印象を持っているかでまったく意味が異なってくる。

本の中に出てきた例で、「高校の教室で試験を受けている」というのがある。これも当たり前だけれど、見た人が高校生中年のおじさんかで、まったく意味合いが違ってくる。また同じ夢でも、その人がどんなときに見たかによっても意味が変わってくる。見た人の心理状態をよく分析し、その上で夢の内容を紐解くことで、その人の潜在意識の状態がわかる。とてもおもしろかった。

自分でもやってみたけれど、やはり難しかった。でも意味のわかる夢もあり、おもしろかった。