決めつけ

思い込みを外す

引き寄せの法則」というのを聞いたことがあるだろうか。

それがベースになっているもので、なにかを探しているときにその条件を100個書くというワークをやった。たとえば、家。どんな家がいいか、それを100個書く。場所はどこで、どういう構造で、どういう環境か。そういうのを100個書く。これがけっこう大変だったりする。

これをやってロンドンでいい滞在先を見つけたという友人の話を聞いて、私も仕事についてやってみることにした。その友人は職場からすごく近いところに住み、このイギリスで毎日湯船につかれる生活をしていた。イギリスでは、若い人はルームシェアが多いのだけれど、お風呂を使えるところも少なく、お湯もそれほど便利に出ないし水道料金もかかるため、毎日湯船につかれるのはすごい。

なぜこれが効くのかわからなかったけれど、実際にやってみてわかった。これをやると、自分が自分でかけている制限を取り払うことができるのだ。

給料や職務内容、職場環境に勤務先。100個も書くとなると、最後のほうは「これはないだろう」というものでも書くようになる。ロンドンでもない地元でも「自分(日本人)を必要としている会社」だったり、「インターナショナルで自分が外国人であることを意識しないで済む会社」だったり。「これはないだろう」がどんどん外れていく

そしてネタがなくなってくると、感覚的なことも書いていくようになる。ようは、ざっくりしたことを書くようになる。たとえば「楽しい職場」とか、「毎日充実する」だったり「自分がポジティブでいられる」だったり。たぶん、ここが一番重要なのだと思う。

たとえば「経理系」と書いていたら、今の仕事に注目しなかったかもしれない。でも私が経理系にこだわっていた理由は、専門があれば将来仕事に困らないだろうと思ったからだ。将来仕事に困らず生きていけるのであれば、なんでもいい。なので「将来安心して生活できる仕事」とざっくりなことを書いた。

このワークをやることで、自分がなにを求めているのかが具体的になってくる。自分がなにを求めているのかを整理して明確化する、するとそれがやってきたときにつかみやすくなる。それがこのワークの目的なのだろうと思った。

そして本当に、書いたリストのほとんどが当てはまる仕事がやってきた。びっくりした。

どうせ地元の英国企業だしと思って連絡をとったのだけれど、リクルーターと電話で話をしてみてまず「おや?」と思った。私の英語に、違和感を感じていない。「外国人だ」と思っている様子がない。慣れている

面接に行ってみて、またわかった。面接官だった会社のDirectorも、外国人だった。もちろん英語はネイティブのようにペラペラではあるけれど、なまりがある。イギリス育ちの人ではない。名前も、英語名ではなかった。その後に、チームの人と電話で少し話をした。その人はイギリス人だったけれど、英語の先生か舞台俳優のようにめちゃくちゃはっきりゆっくりしゃべる人だった。こちらの外国人的な英語にも慣れていた。

そして、勤務開始。それでよくわかった。とにかく外国人だらけだった。

こんなところでもこんなにインターナショナルな会社があるものなのか、と思った。思い込みは外してみるものだ。

外国人でも英語で育っている人も多く、みんなネイティブの人と普通にコミュニケーションができる。でもイギリス人だけでなくそういう外国人がたくさんいるところと、まったくいないところでは、全然世界が違う。様々な人種がいて、様々ななまりを話す人たちで、オフィスはあふれ返っていた。とても居心地がいい。

そもそも一つのプロジェクトを世界中で行ったりしているようなグローバルな会社なので、まずロケーションが関係ない。どこにいれば外国人になると言えない。「外国人」という発想を、そもそも持ちようがない。今までの「欧州VS日本」というやり取りどころではなかった。「自分VSいろんなところにいるみんな」という感覚。まったく新しかった。思い込みが外れたどころか、その上を行かれた。すごい。

今までは、

「いい会社が私を採ってくれるわけない」
「いい会社であったとしてもどこの会社にも必ず嫌な人はいる」
「必ずがっかりすることがある」
「二度あることは三度ある」

etc、etc。そう思い込んで、ときに自分に言い聞かせて、生きてきた。でもカウンセリングをやって、なんとなくそれが外れてきた。

予期すらしていなかった大災害」を振りかけてくるような親の元に育ったので、うまくいっているとしても「なにか予期せぬ悪いことが起こるかもしれない」「なにかを忘れていてとんでもないことになるのかもしれない」という恐怖がお腹の底にいつもあった。がっかりしたりびっくりしたりしないように、いつも最悪の結果をこれでもかと考えつけるだけ考えながら生きていた。

カウンセリングで、それを指摘された。最悪の結果を予想するなら、最高の結果も予想しておかないと。そうでなければバランスがとれない。世の中すべて陰と陽。マイナスがあればプラスがある。そう生きることができてきたところで、100個書くワークをやった。そして実際に、自分の思い込みからまったく外れた職場にやってきた。

最初はそれでも、「やっぱりいいことばかりではないだろう」「なにかはあるだろう」と思っていた。でも嫌なことがまったく出てこない。「ついにやってしまった!」と思ったときでさえ、周りはなんとも思っていない。というより、誰がなにをやっても咎められることがない。どう片づけるかを話し合うだけ。みんな人として尊重されて、自己責任で仕事をしている。

こういう職場がよかった。でも「どうせそんな会社あるわけがない」と思っていた。「あったとしても私にやってくるわけがない」と思っていた。でもあった。書いたら出てきた。そして採用してもらえた。書くことによって、思い込みが外れたのだ。なにごとにも「絶対」はない。それを思い知らせてもらった。

「でもこれからなにかあるかもしれない」とはもう思わない。あってもなくてもいい。あったらそのときに対応できればいい。それがあることそのものを、今から心配している必要はない。「いいことがある」と思っておけばいい。自分には予想もつかないけれど、いいことが。予想のつかない悪いことが起こることもあるけれど、それなら予想のつかないいいことが起こることもある。

二年間様々なオフィスに面接で行った経験から、こんなオフィスでこんな環境がいいということもたくさん書いた。そしてそれもほとんど当てはまっていた。地下のオフィスとか嫌だな、窓が大きくて明るいオフィスがいいな、この会社のこういうところすごくいいな、こんな感じの上司がいいな。そんな希望ばかりを集めた会社があるわけないと思わずに、とにかく書いた。

いろいろなものを見て、自分がなにを欲しているか考えてみる。そしてそれが実際に見つかった。この経験から、きっと他のことでもまた希望のものが見つかるだろうと思えてくる。最悪な結果ばかりでなく、最高の結果もあるのだと信じることができてくる。バランスのいい見かたができてくる。とても重要な経験だった。

広告

親がおかしいと気づいたとき

そこで、どういうときに親がおかしいと思ったかについて話した。

小さいころからずっと親がおかしいとは思ってきたし、実家を出てからもずっと頭のおかしい親に悩まされてきたけれど、確かにそもそもどうしてそう思い始めたかについて考えてみたことはなかった。

このとき思い出したのは、トイレの話だった。

私は小学校の低学年くらいまで、異常なまでに神経質な子だった。算数の「+」や「−」を定規で書き、学校ではお腹を机に、背中を椅子にぴったりとつけて座っていた。子供なのに幼稚園のお道具箱の中身はいつも同じようにきれいに並んでいないと嫌だったし、なにかをなくすことは一度もなかった。ひらがなの練習では、きちんと見本の真ん中を鉛筆でなぞらないと何度もやり直した。とにかく几帳面で神経質だった。

汚いところや少しでも臭うところ、暗くて水のあるじめじめしたところがとても苦手だった。学校のトイレや、プールの更衣室、海や川で海藻や苔のあるところも嫌いだった。

今でもトイレは苦手だ。家のトイレでも、きれいに掃除されていて洗剤のにおいがしていないと好きではない。人間のにおいがだめで、無機物的なにおいがしていないと安心できない。

そんな調子だから、子供のころはとにかくトイレが耐えられなかった。みんなどうしてあんなトイレに行けるんだろうと思っていた。

遊んでいてトイレに行きたくなっても、行きたくないからぎりぎりまで我慢する。「早くトイレに行きなさい」と言われても、別に行きたくないのだと言い張る。でもトイレは止められない。だがトイレには行きたくない。そして最終的には服を着たままその場でジャーとやってしまう。そういうことが一度ではなく、何度かあった。

小学校一年生のときは校舎がとても古くて、日陰の暗くてじめじめしたトイレが本当にだめだった。それであるとき一日中トイレを我慢して急いで帰宅し、間に合わなくて服を着たままトイレでジャーとやってしまった。でも学校のトイレに行かずに済んだから本当によかった。またこうしようと思った。そして二日続けてやったところで、「学校でちゃんとトイレに行きなさい」と親に言われた。確か先生にも連絡されて、学校でトイレに行くよう言われた。先生に付き添ってもらって行った。

そんなにも異常に神経質だったのだけれど、カウンセラーは子供にはよくあることだと言った。びっくりした。だって他にそんな子はいなかったからだ。でもトイレが気持ち悪いという子はよくいるらしい。普通だと言われた。もちろんそれで大人になってもトイレに間に合わず、その辺でジャーとやってしまうようだったら大問題だけれどと笑っていた。考えてみたら、そうかもしれない。子供にはいろいろな苦手なものがあって、それに慣れながら大人になっていくものかもしれない。小さいころに食べられなかったものが、大人になって食べられるようになることはよくある。

だが、それを母親は「下の子(妹)が生まれたことによるやきもち」なのだと言っていた。長女として注目を一身に浴びて生きてきたところに妹が生まれて注目をさらわれたので、それを取り戻そうとわざとトイレに行かないでその場でやり、注目を浴びようとしているのだと。

どこをどう見たらそうなるのか、まったくわからなかった。

なんでトイレに行かないのかと言われるたびに、私は「気持ち悪いから」と伝えていた。母親は私が几帳面で神経質なのも知っていたし、彼女自身が「お前は本当に神経質だ」としょっちゅう言っていたのだ。だったら「トイレが気持ち悪いから行きたくない」という理由だって、当然わかりそうなものだ。でもなぜか彼女はそこでかたくなに「妹に対するやきもち」と決めつけていた。私がどれだけ「気持ち悪い」と言ってもなぜかスルーだった。祖母に「やきもちだ」と言い聞かせているのを聞いて、自分の親が誰か他人のことを話しているようで、いつも不思議な気持ちになった。

2〜3歳の子ならまだしも、小学校に上がる子がやきもちでトイレに行かないとしたらちょっとおかしくはないだろうか。そこまで大きければ恥の概念も出てきそうだし、やきもちを焼くにしてももっと別の方法で表出しそうな気もする。そもそも、私の説明を完全に無視する意味がわからない。

当時、私自身は「親はこう言ってはいるけれど、気持ち悪いからトイレに行けないのだ」ということはわかっていた。というか、それが真実だからだ。でも「大人が、しかも私をよく知っている(と思われる)親がそう言っているのだから、もしかしたらやきもちなのかもしれない」と思わされてしまっていた。大人になってからも、親の言う通りである可能性もあるのかもしれないと10%くらいは思っていた。たぶんこのカウンセラーに「それはよくあることだ」と言ってもらうまで、親の言うことの可能性を引きずっていただろう。

でもやはりあのときの私はトイレが嫌いだから行かなかっただけで、やきもちでもなんでもなかった。私が思っていたことは正しく、それが真実だった。

だって、今でもトイレが苦手なのだ。外出先ではなるべくトイレに行きたくない。でも私はものすごく水分をとるので、どうしても外でも何度も行かなければならない。だからこれだけは、トイレのきれいな日本に住みたいと今でも思う。大人になってもそれだけ苦手なのだから、子供のころに気持ちが悪くてトイレに行けなかったというのは当然だ。

そういうことがあったので、「親がおかしい」というよりは、「親は本当のこととは違うことを言う」という認識が子供のころからあった。でもこのトイレの話は祖母と暮らし始めるよりも前のことなので、祖母のおかげで親のおかしさに気づいたというのはやはり違うかもしれないと思った。

愛着障害の克服をまとめてみて

まとめてみて、要するに「愛着の傷の回復」というのは、うちの場合、自分たちだけではできないのだということがわかった。

一番大事な「安全基地」だけれど、私と夫は「不安型と回避型」なので、どちらもどちらの安全基地にならないばかりか、逆に傷つけ合うことになる。配偶者が安全型だった場合は、結婚そのものが回復への道になるのだろうけれど、うちでは無理だった。

これは「経験を語り尽くす」と同様、カウンセリングでやらなければならないと思った。

ただ、自分たちでできることももちろんある。

「幼いころの不足を取り戻す」について、このとき気づいたことだけれど、私は抱っこが好きだった。友達の赤ちゃんや、柔らかいぬいぐるみ、クッションやまくらも好きだった。子供のころに近所で犬が生まれたことがあったのだけど、その子をずっと抱いていたこともあった。トレーナーのお腹に入れて、そのまま遊んだりして、ずっと持っていた。これはもしかすると、愛着の傷を癒やすために自然とやっていたことなのかもしれない。

夫は夫で、子供と遊ぶのが好きだった。スピリチュアルリーディングの「夫について」で聞いた通り、近所の友達と家族で集まったりしても、よく子供と一緒になって遊ぶ。子供と同じレベルになって遊んでいるのだ。ただ偉そうにできるからだと思っていたけれど、これも愛着の傷の修復を自然と行っていたのかもしれない。

「役割りと責任を持つ」に関しては、仕事でできそうだった。でも、きちんとそのときどきで自分にはまるものでなければならないのかなと思った。そのときの自分に対して、自己有用性が実感できて、自己肯定感が生まれそうなところ。

そうでなければ、否定的認知に陥ってしまう。これが「日本的な会社が苦手な理由」だったのだと思う。だからあのときは「辞めて正解」だった。でももう少し回復しているときだったら、いい練習場になったかもしれない。

このころ気づいたことだけれど、日本は社会全体的に「否定的な見かた」が多すぎる気がした。イギリスだと例えば、道で人にぶつかっても笑顔で「Sorry(あ、すみません)」「It’s alright(大丈夫)」というやり取りになる。そこにはお互いの中に「もちろんわざとぶつかったわけではない」という考えが前提にある。

でも日本(東京?)の場合だと、「わざとではないのです」ということを一生懸命伝えないといけない気がする。「他人に迷惑をかけた」ということで、嫌な顔をされるからだ。相手が知っている人でないと、イギリスのような対応にはならない。これはやはり、全体的に安心感や余裕がない人が多いのだと思う。

こういう中で生きていると、やはり否定的認知がどんどん多くなってしまうのはしかたのないことのように思える。なので、もっと肯定的な認知ができるような場所に自分を置くことが必要だと思った。

そういった肯定的な認知ができるところに行けば、「アイデンティティの獲得と自立」もできてくるようになるのかもしれない。周りから存在価値を認めてもらい、自己有用感自信を持って、自分に対して「これでいいんだ」と思えるようになっていく。

もちろん、にそうしてもらえるのが一番いい。それができない場合は、配偶者やパートナーがいい。でもそれもできない場合は、また別のところでやってもらうしかない。一番いいのはやはりプロのカウンセラーだと思うけれど、職場で上司や同僚との関係の中でそれを行うことも不可能ではないと思う。

またもっといろいろなところで人と関わり、それができるチャンスをどんどん作っていくのが一番かもしれない。そうすれば、たとえ職場でうまくいかないことがあったとしても、他で補っていくことができる。ひとつに固定しないことは、大事かもしれない。

いろいろあるけれど、取り急ぎ以下のことをやってみることにした。

・カウンセラーを見つける
・肯定的認知ができるような職場を見つける
・子供っぽいことでもやってみたいことはやる
・二元的な考えかたではなく総合的にものを見るようにする