気にしすぎる

自分を許せない

人が言うことを信用できない」に続いて、自分に対しても問題を抱えていた。

カーシェアリングの車で旅行に出かけたときのこと。帰ってきて元の駐車場に止め、荷物を下ろし、帰宅。荷物をほどいてシャワーを浴びたりし、寝る前にアラームをセットしようとして、携帯がないことに気づいた。家の中を見てみるも、ない。

車に忘れたんだ!!!となり、パニックに。降りる前に一度見た。でもそこでいろいろやっていて、そのときどこかに置いてきたような気もする。それでそのまま持って出なかったのではないだろうか。

サーっと血の気が引く。

夫と携帯でロケーションシェアをしていたので、それで私の携帯がどこにあるか見てもらった。ばっちり駐車場にあることが表示されたので、すぐに取りに行って確保し、事なきを得た。

なのに、気持ちがまったく晴れていかない

駐車場にあることがわかったときに、夫はもうほっとしていた。なのに私は、本当に駐車場にあるのかこの目で見るまでまったく落ち着かなかった。さらには確保したあとでも、まだズドーンと落ち込んでいたのだ。

そんな馬鹿なことをした自分が許せなかった。一人で行くこともできず、夫に「申し訳ないけれど一緒に行ってもらってもいい?」と謝って一緒に来てもらった。夫ももうパジャマだったのに、自分もシャワー浴びたあとなのに、また着替えて出なくてはならないのが凹むし、本当に馬鹿なことをしたと許せなかった。

カウンセリングでこの話をしたところ、この「携帯の場所がわかってもまだ落ち込んでいた」というところが引っかかると言われた。夫いわく、ロケーションを調べたときに、それが道をどんどん遠ざかって動いていたら心配しただろうけれど、じっと動かずに駐車場を指していたから大丈夫だと思ったと。

でも私はそれでも心配で、早く取りに行かないとと思っていたし、確保できてからも落ちていた。これは確かにおかしい

私が心配していたのは、たぶん以下の4つになる。

1.携帯を、どこかわからないところに置いてきてしまったのかもしれない
(なんとなく車に置き忘れたことは覚えていたにもかかわらず)

2.もしかしたら、誰かがもう拾ってしまったのかもしれない
(駐車場を指してるけど、駐車場にいる誰かの手の中にあるのかもしれない)

3.車を開けたら、レンタル時間を延長されるのかもしれない
(あとで連絡を入れて事情を説明するということもできるはずだけど)

4.もう寝るところだったのに、着替えて出なきゃいけないなんて申し訳ない
(徒歩2分の駐車場に行くだけだけど)

4つとも、こうして書き出してみれば、別に心配する必要などどこにもないことだった。1や2のように現実的ではない心配をしたり、3のようにあとから補完できそうなことを心配したり、4のようにそんなに大ごとでもないことを申し訳なく思ったり。確かに自分でこう書き出してみても、必要のない心配だということは理解できた。

カウンセラーは、「では携帯をなくしたらどうなると思う?」と聞いてきた。情報を盗まれるとか、また買わなければならないとか、セッティングをしなければいけないなどと答えてみたけれど、どれも別に死ぬようなことではなかった。そう、死ぬようなことではなかったのだ。

そういうことを生死がかかっているがごとく心配してしまうのは、やはり安心感がないからなのだと思った。けっきょくのところ、「人が言うことを信用できない」と同じ原因だ。

普段でもそうだった。豆腐を落として床にぶちまけたり、胡椒の蓋がとれて調理中のフライパンに全胡椒をぶちまけたりすると、自分が終わったようにショックで動けなくなる。「大丈夫だよ」「掃除すればいいんだよ」と夫に言われても、立ち直れない。掃除しても豆腐を買い直してもショックが消えないということは、片付けるのが大変とか物理的な要因がショックになっているわけではない。そんなことをしてしまった自分にショックを受けているのだ。

カウンセラーが言うには、「子供の自分と大人の自分」でやったように、「大人の自分」はこんなことをしても大丈夫だということが頭でわかっているのだけれど、子供のころと同じ状況に出くわすと、私の中にいる「子供の自分」が出てきてしまって、自動的に当時の絶望的な気持ちになってしまうのだということだった。

これにはまず、今の自分はもう大人であり、どんな状況でも自分で対処できるから、不安に思うことなどないのだと認識するところからとのこと。「掃除をすれば大丈夫」「また作り直せば大丈夫」「この世の終わりではない」と。

私がパニックになってしまうのは、

「なにか大変なことが起こった」という昔に見知った状況に陥る
    ↓
自分の中にいる当時の「子供の自分」が出てきてしまう
    ↓
「子供の自分」は状況に対応できない
    ↓
パニックに陥る

というメカニズムだった。

今はもう大人であり、携帯をなくしたくらいで死ぬことはない。プロバイダに連絡を入れて、使えなくしてもらえばいい。出費は痛いけれど、新しいのを買えばいい。大人なのだから、なんでもできる。この世の終わりではないのだ。子供のころはなにもできなかったことだけれど、今はもう子供ではない。そう理解できれば、パニックになることもない。

カウンセラーいわく、不安な気持ちが出てきたときには、

①まずは、不安な気持ちが出てきていることに気づく
②この気持ちはなんなのか、不安なのか、怒りなのか、落ち込みなのか
③どうしてそう感じているのか

これを観察してみるといいと教えてくれた。私の場合はたぶん、行き着く先はどれも「安心感を持てない」になるのだろうけれど、それを認識することが重要だった。最初は気づくまでに時間がかかるだろうけれど、何回かやっているとすぐ理解できてきて不安感が払拭されるようになってくると。それでも払拭できなかったときの対処法も、合わせて教えてもらった。

こういうことがあってから、夫は私のこういう特性を学んで、私がこういうミスをするたびに「大丈夫」「片付ければ大丈夫」とことさら言い聞かせてくれるようになっていった。この問題に関して夫は自分のトラウマを刺激されることはなかったので、積極的にサポートしてくれた。もちろんトラウマが刺激される問題については、そんな簡単にはいかない。でもできるところからやってもらうのは、本当に助かった。

広告

カップルカウンセリング開始

二人でのカウンセリングが始まった。

「Marriage Counselling(結婚カウンセリング)」とも言うし、結婚してない人や同性同士のカップルで受ける人もいる。要は、「Relationship(パートナー関係)」での問題を扱うカウンセリングだ。

1回目はイニシャルカウンセリングで、「状況の把握」という感じだった。あとでよく考えてみると、基本的な質問を普通の会話の中でランダムにやっていたようだった。話をしていたのに、急にまったく違うことを聞かれたりということが何度もあり、面食らうことが多かった。

カウンセラーはきっと、とても頭のいい人なのだと思った。

以前のカウンセラーもよかったけれど、思えば初めから少しだった。カウンセリング室に入っても、なにも言わずに黙っている人だった。なにも始まらないから、椅子に座りなおしてみたり、ノートを出してみたりしたのだけれど、なにもなく。しばらくたってから、「あ、私はなにも言わないので、話したいことを話していってください」と言われた。

もちろんそういう「手法」であり、こちらに自主性を身につけさせる目的もあるのだろうけど、それを初めから説明しておくとか、まずは挨拶をしたりだとかして、あんな放置ではなく、もう少し話しやすい雰囲気を作ってくれてもいいのではないかと思った。

CBTのセラピストも、今度のカウンセラーも、そういう居心地の悪さは一切なかった。そして私がなんの心配もしなくていいところが、とてもよかった。

私の場合、どんな場所に置かれても、その場を回そうとしてしまうのだと思う。だから場が沈黙したりすると、どうにかしなければいけないと思って、もうフル回転してなにを言ったらいいかを探したりしてしまう。そんなことを常にやっている。

特に夫といるときは、なにもかもを私が考えて回している。夫は私がのせてくれる通りに好きなことをしゃべって、私のことは一切考えなくてよかった。私がのせてくれる通りに生活して、私が言うことをやって、なにも考えずに生きていた。二人乗りの船を、私が一人で漕いでいた。それで私が疲弊することになったのだ。

でもCBTのときも、今度のカウンセラーも、私がなにも考えなくても回してもらえた。それがとても心地よかった。なにも心配しなくても会話を回してくれて、私はただそれに乗っかってるだけで解決に少しずつ近づいていけるという。

だからもう会話の内容を考えたりせず、その場で適当に話したいことを言うだけにしようと決めた。

その中で、夫が「彼女(私)の家族の問題がもとになっていて」と言った。するとカウンセラーがすかさず「これは彼女だけの問題じゃないでしょ!これは二人の問題、50%50%(フィフティ・フィフティ)なの」と言った。

この時点では私も自分の問題がもとになっていると思っていたから、眼から鱗だった。

確かに私には、傷つきやすく、夫に依存しているという問題があった。でもその私と一緒にいるわけだから、私の問題は夫の問題でもある。その辺の認識が、まだまだ甘かったと思った。そして当の私がこんな認識だったから、夫はそれより格段に甘い認識だっただろう。

とにかく任せておけばいいと思った。生まれてから今まで何十年も、私はそうやって周りのことや相手のことを考えて世話して生きてきたのだから、私はもう考えない。そう思った。

わけもわからず傷つく毎日

毒親がだめだった私にとって、古い日本的な考えかたがだめなのは当然だった。今のこの日本社会を作ったのは、そのまま毒親の世代だからだ。

別に、なにも「古い」ことが悪いわけではない。悪いのは、実情に合わなくなってきているからだ。孝行するに値しない人物なのに「親孝行」を子供に押し付ける毒親たちは、海外に出ても日本の考えかたのまま仕事をしている人たちそのままだ。どちらも実情に合わず、バーチャルだ。だから現実とのギャップでひずみが出る。

そのひずみに気づけない人が「毒親」になる。そしてひずみの原因を、自分の子供や若い世代のせいにする。家族での毒親、社会での毒親。そういう人たちのなんと多いことだろう。

今、社会のひずみの原因がこの旧世代にあることに気づく人が増えている。今までは旧世代から言われたことを鵜呑みにしてきた謙虚な若い世代が、「それは違う」と気づき始めている。多くの人が気づくことによって、実情に則した暮らしやすい社会を作っていけるようになると私は思っている。

そこに行き着くまでは、旧世代のやりかたや考えかたをスルーし、押しつけられそうになった場合のみ意見を言って、変えられるところから変えていけばいい。会社で会う人がどうであれ、「自分は自分」としていればなんの問題もない。

でもそれができない。毒親育ちで旧世代のやりかたや考えかたがトラウマになってしまっているから、それに直面したときにどうしてもかわせず刺さってしまう。自分がないから「人と人との境界線」がなく、相手のやりかたや意見がそのまま自分の中に入ってきてしまう。

普通なら「自分はこう思うけど、相手はこう思っているみたいだ、じゃあこうしよう」と、自分の考えと相手の考えの二つを目の前に置いてみて、どうするか考える。どちらか一方を採用してもいいし、それぞれをどれくらいずつ混ぜたらいいか考えてもいい。
kangae futsuu
でも私の場合は「自分はこう思う」の部分がないため、「相手はこう思っているみたいだ、じゃあそうしよう」と相手の考えを自動的にそのまま取り入れることになる。
kangae watashi
でもそれにだんだんと違和感を覚え、傷つくようになってきた。「自分はこう思う」の部分が存在を主張し、見えるようになってきたからだ。なんだかわからないけれど、なんだか傷つく。なにかがそこにある。

そこでその違和感を無視せず見つめてみると、「自分はこう思う」を認識できるようになってくる。そうすると、「自分はこう思うのに相手の思う通りにやってしまっているから傷つくのだ」とわかるようになってくる。

すると当然「相手の思う通りにしたくない」と思うようになる。自分の思いを察してくれない相手を責めたり、イライラしたりするかもしれない。でもどうやって「自分はこう思うので」を相手に伝えたらいいのかわからない。最初はとにかく相手の考えを打ち消し自分の考えだけを残すことしかできなかったりして、相手をびっくりさせたり失礼になってしまうかもしれない。

でもそこであきらめてはいけない。自分の気持ちを見つめ続けていくことで、もっと早い段階から自分の気持ちに気づくことができるようになり、しだいに相手に失礼にもならずいいタイミングで自分の考えを上手に伝えることができるようになってくるはずだ。

でもこのときの私は、まだそんなところまで到達できていなかった。会社で自分の考えを伝えることもできず、日本的な考えかたをスルーすることもできずに、ただひたすら傷ついていた。なんでこんなにもただ会社で仕事をするだけのことができず、苦しいのかわからなかった。