気づき

焦りの原因

十分味わう」で落ち着いたあと、なぜこんなにも落ちているのだろうと考えてみた。

それまで何度も焦ることはあっても、なぜだかよくわからなかった。でもこのとき初めてなんとなく理由がわかってきた。「子供を持つ」ことに対する焦りではと思ったのだ。

夫に「将来子供がほしいか」と聞いてみた。すると「50%50%」「どっちでもいい」という回答だった。そうではなくて、あなた自身はどうしたいのだと聞いてみた。すると「いらない」と答えたのだ。

それまでは、「できたらできたで」などと言っていた。自分が就職したときなどは、「これで家も買えるし、Kelokoは子育てすればいいよ」というようなことを言ったりしていたのに。あのときは正社員の仕事に就いて、なんとなく安心して大きくなってしまっただけなのだろう。夫は、本当はやはりほしくなかったのだ。私が思った通りだった。

夫は旅行が好きだし、きっと私さえうんと言えば、世界中を旅行して過ごすような人生を送りたいのだろうと思っていた。そういうことも言っていた。子供はお金もかかるし、自分たちのやりたいことだけやっていられなくなる。夫いわく、「人生は短いし、自分は自己中だから」と。

以前だったら「なんて子供みたいな男なんだ」と思っただろう。でもこのときは少し違った。確かに嫌な気持ちはあった。今は二人とも過去からの脱却中であって、きちんとした「大人」になっていないし、だから今はほしくないという気持ちはわかる。でも将来二人がきちんと「大人」になったときにどう思うだろうか、くらいのことは考えてほしいと思った。イラッとする気持ちはあった。

でも、と。だったら、別にそう「ほしくない」と言ってもいいのではと。

将来がどうと考えるのではなく、「今」自分たちはまだメンタルが子供の状態で、解毒して大人になっていく道を進んでいる途中。であれば、「」の気持ちをきちんと表現していいのではないだろうかと。

そう考えると、このころに落ちていた理由がなんとなくわかってきた。たぶん、めちゃくちゃ焦っていたのだろう。解毒を。4月になり、新年度にもなっていた。一年ももう1/4が終わっていた。早く治療をしなくてはと。早く大人にならなくては、そして家を買って子供を産まなくては、歳をとって不可能になる前に、と。自分がほしいかどうかもはっきりしていないのに。

だから、カウンセリングがもっと進んでいかないことにイライラしていた。自分が歳だと感じることにもイライラしていたし、子供を持つことを考えたら今のうちに行きたいところに旅行にも行っておかなければならないし、好きなものを食べたりお酒を飲んだりできなくなるから今のうちに日本にも行ってやっておきたい。早く家を見つけなければならないし、早く仕事にも就いておかないといけない。Etc、Etc…

そういう「制限」や「期限」があって、ものすごくすべてのことに焦っていたのだ。

でも、そうではない。もちろん、子供を産むには期限がある。でもはそういうことを考えている場合ではないのだと、改めて考えた。

なによりもまず、自分を確立することが課題だった。「自分がないということ」の花の図のように、自分がなく自分を支えるためにその他のものに頼っている状態というのは、とても不安定なのだ。自分を持って、ここをしっかり安定させることが先決だった。

そりゃあ子供を産めば、「子供がいないから親の気持ちがわからないのだ」と言ってくる親や妹に対して、言い返したりできるようになるだろう。愛情を注げる対象もできて、そこからいろいろな経験をもらうこともできる。

でもこのときの状態でそれをやってしまうと、「自分を支えるもの」を一つ増やすだけで、「自分を埋める」ことにならないかもしれない。きちんと自分を埋めてから、その先に、子供なり仕事なり友人なりと、「自分がやりたいこと」をしていくのが健全な人生を歩んでいく上で大事だと考えた。人生の手順を順に踏むのではなく、自分がやりたい人生を。

もちろん結婚して配偶者を得え子供を得て、その関わりの中で自分を回復していくということもできる。自分に「毒親育ちである」という自覚があれば。カウンセラーにもそう言われた。でもこのときの私にとっては、夫も私も回復途中という段階で子供を持ってしまったら、どんどん悪い方向へ向かってしまうだけなのではないかという恐怖が拭えなかった。そんな中で子供を持ったとしても、不安で自分がつぶれてしまうと思ったのだ。

そんなことでは心身ともに健康な人間を育てられるわけがない、と思った。自分一人だって安心して存在していられないのに、その上にもっと不安なものを担げるわけがない。これで夫が安定型ならまだいいけれど、夫などもっと不安定な存在だった。これでは無理だと感じるのは当然だった。

なにより、自分は子供がほしいわけではない。なぜそこを無視してしまうのか。馬鹿だ。

それならば、「今はいらない」でいいではないか。

ということで、もう子供とか考えないことにした。それまでも、考えなくていいと思っていた。でもやはり新しい年になり、新しい季節になって、焦りが出てきてしまったのだろう。なにかしなくては、次に進まなくては、と。

とにかく、自分を埋めること、自分の人生を回復することに集中しようと思い直した。回復した後に、子供がほしいと思ったらそれでいいし、年齢的に無理になっていたらもうしかたがない。無理になっていたとしても、回復さえしていれば、他に楽しい道を見つけられるだろう。だからけっきょく、焦る理由はなにもないのだ。

今を生きる」。それだけだった。

そう思ったら、なんだか少しずつラクになってきた。もちろん焦りはどこかしらにあった。試しに子供がいない人たちの話をネットで見てみると、理由はそれぞれだけれど思ったよりもたくさんいて、それも全然ありなんだなと思うようになってきた。イギリスでは特に、未婚だから子供がいないからでなにか言われることもない。今のメイ首相も、子供のいない既婚者だ。

子供を持っても、親の自分より早く亡くされた人もいた。夫だって、自分だって、同じだなと思った。結婚して一緒に暮らしているけれど、なにかあってお互いを亡くしてしまうことだってないとは限らない。なにかを支えにして生きることも幸せではあるだろうけれど、まずやはり自分を埋めてからの話だと思った。

子供より、夫より、仕事より、まず自分だ。自分がなにをしたいかだ。今はもうそれでいい。とにかく自分が回復しないと、なにも始まらない。年齢は失ったけれど、得られたものはたくさんある。それを大事にしていこうと思った。

人生はすべてオリジナル。私は私の人生を歩むしかできないのだ。そう思った。

広告

愛着障害のカウンセラー

GPと相談」して、NHS(国保)で心療治療に回してもらったのだけれど、同時に念のため個人のカウンセリングも探し始めた。NHSは無料だけれど、始まるまでにどれくらい待つかもわからないし、しかも始まったとしても愛着障害に詳しいかもわからないし、時間に融通がきくかもわからない。

夫婦で無職になるのに、自費で週に二つもカウンセリングをするなんて狂気の沙汰と思われるかもしれないけれど、もうそんなことには構っていられなかったし、とにかく最善を尽くすことしか考えられなくなった。

お金のことは、よくなってから考えればいい。よくならないと死ぬかもしれないのだから、そうしたらどうせお金は要らなくなる。なら今使うしかない。そう思った。

愛着障害」が主要な問題だと思っていたので、それを専門にしているカウンセラーで、通える範囲にいる人を探した。迷ったけれど、よさそうな人を一人選んで、予約してみた。1時間50ポンドと、よくある金額だった。

初回は状況の説明も兼ねて、とりあえず二人で行ってみた。でもこちらでは私の問題をやって、relateのほうで二人の問題を続けてやっていくことになった。必要な際は、こちらに夫にも来てもらうという形だ。

メンタルヘルスの報告書をメールで送っておいたのだけれど、それにもかなりきちんと目を通しておいてくれたようで、嬉しかった。もちろんこれだけでは全容はわからないだろうけれど、そのときの私の認識を把握してもらうという意味では、かなり時間が省けるだろうと思った。

このカウンセラーのスタイルは、「Interactive(対話式)」だと言っていた。カウンセラー自身の体験も話してきて、「自分も問題があってそれを乗り越えたから大丈夫」と言っていた。「乗り越えられるのだ」という希望が持て、「この人も似たような経験をしているからわかってもらえる」という安心感が少しできた。

こういうスタイルは初めてだったし、自分に合っているかはわからなかったけれど、何度か通ってみようと思った。

この日に話をしてみて、ポイントは「癒やし」なのかと思った。

実家から出て「自分の人生」を歩み始めたと思ったこと、夫と出会って結婚して本当の家族ができたのだと思ったこと、でもそうではなかったのだと絶望したこと、親にされていたことと同じことを夫にしていたと気づいてショックだったことなどを話した。

私の気づき」の前の私は本当にひどかったので、そのことを思い出すと、当時の私は涙があふれて止まらなかった。イギリス生活での理不尽なことや、うまくいかないことを全部夫にぶつけ、そんな理不尽なことをされてるにも関わらず、私を放り出さずに頑張ってくれていた夫に、またひどいことをして。

でも、「そうしてしまうのは当たり前」と言われて、びっくりした。

「あなたと同じ環境で育ったら、私だって旦那さんだって誰だって、あなたと同じようにしてしまう、あなたが悪いわけではない」と言われたのだ。そこで気づくことが重要で、そこからが変化になるわけだから、それがあってよかったのだと。自分を許して、進んでいく、というようなことを言っていた。

そんな風に考えたことがなかったし、確かに私はこれをずっと引きずって生きていた。こんなところまで解きほぐしていけるのかと思い、希望が持ててきた。

私がひどい人間だったわけではなかったのだ。しかたのないことだったのだ。

もちろん、被害を受けた人にとってはたまったものではないだろう。けれど、私にとってはそう思うことが解毒のためにすごく大事なのかもしれない。「毒親というワードに遭遇」したときもそうだったけれど、自分は少しも悪くなかったのだということ、そこに気づくことで、癒やされ回復していくのだ。

「あなたは病気ではないのだ、単に育った環境からそうなってしまっただけで、誰だってあなたと同じ環境で育てば同じ問題を抱える、誰だって同じなのよ」とも言われた。私はこれが自分のせいだと思ったことは一度もなく、親のせいだと思っていたけれど、でも自分は人と違っていると思っていたということは、けっきょく自分のせいにしていたわけだ。

そうではなく、私が変わっているわけでもなんでもなく、誰だって私の環境になれば私と同じような問題を抱えるということ。このとても重要なポイントに気づかされた。

「愛着障害」

共依存」を教えてくれた友人から、「愛着障害」という本が届いた。

aichaku shogai
「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」岡田尊司著

「はじめに」のところを読んで、仰天した。

「なぜ、人に気ばかりつかってしまうのか。なぜ、自分をさらけ出すことに臆病になってしまうのか。なぜ、人と交わることを心から楽しめないのか。なぜ、本心を抑えてでも相手に合わせてしまうのか。なぜ、いつも醒めていて何事にも本気になれないのか。なぜ、拒否されたり傷つくことに敏感になってしまうのか。なぜ、損だとわかっていて意地を張ってしまうのか。」

読み始めて3ページで、当時の私のことがすべて書かれていた。恐ろしくなった。

と同時に、「ドンピシャなものに行き着いた」という興奮にも包まれた。

「愛着」という単語がわかりづらくてピンとこなかったのだけれど、英語を確認してみてわかった。英語では「Attachment Theory(アタッチメント・セオリー)」と言うらしく、これを日本語に訳したのだろうと思った。「愛着」と日本語で言うと、対象が「もの」であることが多い気がするけれど、それと似たものを「人」に対して持つということなのだと思う。

「Attachment」には「メールの添付ファイル」という意味もあったりするので、なにかにくっついている感じ、また執着に近いような感じ、くっついていて離れられないようなニュアンスもある気がする。

簡単に言うと、安定した「愛着」は、主に生まれてからの母親との「適切な関係」で生まれるとのこと。生後6か月から1歳半くらいまでが重要らしく、2歳くらいまで母親のもとで適切な関係でいられると、安定した愛着形成がされるらしい。

適切な愛着形成がされると、子供の中に「安全基地」が確立できて、その後の人生において人とのコミュニケーションがうまく取れるようになる。「安全基地」が確立できている人は、外界のストレスにも強く、仕事でも対人関係でも積極的に取り組めるとのこと。

これはまさに「アダルトチルドレン」のところで書いたことと同じだ。

子供は「小さな体の大人」ではなく、「ペットボトル」のようなものと考える。最初は空っぽで、生まれてから適切な愛情をどんどん入れていって、満たされたところで完成する。完成したら、一人できちんと立っていられるようになる。完成しないままでいると、いつまでたっても少しのことでグラついてしまって立っていられない。

bottle

久しぶりの再会」で友人が言っていたことの問題は、ここだ。

ラベルも貼ってあってフタも閉まっていて、見た目はしっかりとしていてお店に並べられるけれど、実際は中身が少ししか入っていない。足の先から首元までラベルが貼ってあるから、見た目にはまだ完成品でないことがわからない。ちょっとぶつかっただけで倒れてしまうものとは思わない。

人間も同じで、中身がまったく満たされていないこともあるけれど、親が生存していたり、体が大人になっていると、見た目ではまったくわからない。「いい大人なのに今さら親の愛情を問題にするなんて子供みたいな」と思われるし、「もっと大人になれ」と言われたりする。見た目は普通の大人だからだ。

一番問題なのは、本人が中身が少ないことに気づかず、「私は乗り越えた」「大人になった」と思い込んでいる場合だ。そうすると解決の道を求めることもないから、どんどんはまっていってしまう。

この「愛着障害」は、そんな人の気づきになるような本だと思う。野口英世からオバマ大統領まで、いろいろな例を出して解説もしてあり、それだけでもおもしろい。「へーあの人が」「確かになあ」と思いつつ、読み進めていった。