歯軋り

クラニアル・オステオパシーの効果

かなり楽しみで行ったオステオパシーだけれど、施術はそれほどすごいものでなく、少しがっかりしながら受けていた。でもじわじわといろいろな現象が起こり、あとから驚きの連続となった。

以前、「日本で駆け込んだ整体」ではそれなりに薄着になったと思うのだけれど、ここではそのまま診察ベッドの上に横になった。靴下も脱がなかった。

とりあえず身体全体を診るとのことで、足から始まって、そこから上がっていき、最後に肩と頭をしっかりやった。「やった」と言っても、先生は両足首をつかんでじっとしているだけ。指圧のように、押したりも、ひねりもしない。ただじっと、足首をつかまれていた。ネットで「微細な調整」と読んではいたけれど、これで本当に効果があるのだろうか?とかなり疑っていた。

足の次は、腰の下に手を入れて、またじっとする。次に、肩。そして、首。それぞれ手を当てたあと、最後離れる前にちょっと回したり、動かしたりする。でもぐりぐりしたりはせず、あくまでそっと。受けたことはないけれど、もしかしたらレイキのようなエネルギーワークで、物理的なセッションではないのだろうか?と様々な考えが頭の中をめぐっていた。

でも本当に、ものすごく微妙なタッチで施術を行なっていたのだ。そして実際に以下のような現象が現れて、本当にびっくりした。

1)くちびる

よくわからないのだけれど、最初に足をやっているときに、くちびるがめちゃくちゃピクピクしていて怖かった。普通に口を閉じていられず、とても困った。緊張しているのだろうか、それとも枕の位置がおかしいのかなどと思っていたけれど、そうではないように思う。だんだんピクピクし始め、それが激しくなり、そしてセッションが進むにつれてなくなっていった。

これはのちのちわかっていくことだけれど、私にとってこのくちびるのピクピクは、どうも身体にたまっている緊張がリリースされたときに起こるものらしい。他にも様々なセラピーを受けていくにつれて、私の場合はどうも効果がくちびるやあごなどに効果が現れやすいことがわかっていく。これが、それを最初に自覚したときになる。

2)上顎

セッションが終わったあとに、水を飲んだ。鍼灸やヨガでもそうだけれど、終わったあとに身体の流れがよくなって、やたらトイレに行ったり水を飲んだりすることがある。

このときも普通に、セラピールームにあった水を飲んだのだけれど、飲んだあとになぜか上の歯が気になって、舌でなぞってみて衝撃を受けた。なんと、口が大きくなっていたのだ。自分の口なのに、いつものサイズではない。歯の形は私の口なのに。知らない人の口みたいに、まったく知らない口になっていた。驚愕だった。

3)脱力感

これも鍼灸・指圧でもそうだけれど、終わったあとかなりぐったりだった。あんなにただ手を当てているだけでなんにもしていない感じなのに、こんなに身体に影響が出て、本当にびっくりした。それを言ったら鍼なども、あんな細いものを身体に刺しているだけで同じようにぐったりするわけだけれど。

それでも、鍼は身体に刺している。これは足をつかんでじっとしてるだけなのだ。それでこんなにも身体に変化が出る。今でもびっくりする。

帰りはめちゃくちゃふわふわして、なんだかすべてのことがどうでもよくなった。たしかにリラックスだった。すごい。横になりたかったけれど、場所がなかったのでしかたなく出た。駅までの歩みも危うかった。そのあとカウンセリングまで時間があったから買い物でもしようと思っていたのに、けっきょくカフェで1時間半も休んで終わりだった。

カウンセリングでこの話をすると、ここを紹介してくれたカウンセラーもびっくりしていた。私が歯ぎしりをするのは、言いたいことを押し込めて必死に口を閉じていることの現れになる。私はもともと口が小さい。歯も人より少なく、子供のような口をしている。

その私の口が大きくなった。セッション中もくちびるがピクピクして、口を閉じていられなかった。リラックスとともに大きなリリースがあり、もう口を閉じなくてもいいのだと身体が言っているのではと。今回、口元に多くの変化が出たことは、その象徴のようだと言われた。私もそう感じた。口が思いっきりリラックスしたのだ。

4)おしりともも

カウンセリングをしている間、手が冷たかった私は、いつもやるように手をももやおしりの下に敷いた。すると、おしりとももが、いつもの私のおしりとももでなかった。温めたわけでもなにをしたわけでもないのに、ものすごいやわらかくなっていた。びっくりだった。

ヨガの「冷え性が改善」でも書いたけれど、私はこの辺りがとてもかたい。サウナに入っても上半身はだらだら汗まみれになるのに、下半身は冷たくさらっとしているくらい、血流が悪くカチカチになっている。これに気づいて、家にいるときは湯たんぽを使うようになり、座っているときにおしりの下に敷くようにしていた。

生理痛のときに丹田のあたりにカイロを貼るといいと言われたことがあって、ずっとそうしていたのだけれど、一度何気なくおしりの辺りに貼ったことがあって、そうしたらとても気持ちよかったことがあった。こういうのも、人によるのかもしれない。それ以降、寝るときにこの辺りを湯たんぽで温めて寝るようにしたら、寝つきが格段によくなった。寝つきが悪いのは、私の場合、身体が冷えていたからだったようだ。

それからヨガで下半身をやるようになったりもして、この辺りの問題は解決してきているように感じていた。そこにこのセッションで、恐ろしいまでに解きほぐされたのだと思った。

身体の力を抜くということはどういう感覚か」ということが、ここで一度わかった。続けて何回か来ないと、歯ぎしりが治るまでにはならないだろうし、そもそもカウンセリングでもきちんとメンタルの回復をしていく必要もある。でもこうして、カウンセリングで頭とメンタルから、ヨガで心身から、そしてまたクラニアル・オステオパシーで身体から、様々な方向から全体をほぐしていけたらすごくいい。

お金がかかるから大変だけれど、できることはどんどんやっていきたい。そう思った。

広告

人が言うことを信用できない

このころわかってきたことだったけれど、私には人を信用できないという問題があった。

それを認識し始めたのは、まだ日本にいたころ。あるとき職場の仲が良かった先輩に、「お前は人の話を聞かない」と言われた。それまでそんな認識はまったくなかったし、どちらかといえば自分は人の話ばかり聞いていて自分の話をしない人間という意識があった。だから、そんなことを言われて違和感を覚えた。それが始まりだった。

結果的に、この先輩の言ったことは当たっていた。「人の話を聞かない」のではなく、「人の言うことを信用できない」のだった。

人の話は、聞いている。でもそれをそのまま鵜呑みにすることができなかった。それがいいか悪いか自分で確認をとらないと、本当のところはわからないと思っていた。人を信用していないのだ。でも口では「そうなんだ」と言っている。それがよくなかった。納得したように見せておいて、言われたこととは違うことをやったりする。これが、周りから見れば人の話を聞いていないように見えていた。

マニュアル講習」でも、あった。先生が「アクセル踏んで!」と言っても、踏まずにワタワタしていた。英語で言われることに対してすぐにピンとこないという、言葉上の問題も確かにあった。本当にアクセルを踏んでいい状況なのか自分で確認できていないから、踏めない。それで後ろの車にピー!っと鳴らされる。

ただこれは、長所でもあったりする。テレビやメディアの言うことを鵜呑みにしない。必ず「どういうことか」と考える。生きていく上で必要な作業が身についているということは、悪いことばかりではない。

でもこれに関して、一時期かなり悩んだことがあった。もしかして自分は、親と同じ問題を抱えているのではないかと思い、それが本当に恐ろしかったのだ。毒親育ちが親と同じ問題を抱えるのは当然だし、「私の気づき」もそこからで、「気づいてからの衝撃」も大変だった。あのときの底知れぬ恐怖が蘇ってきた。

両親は、本当に人の話を聞かない。「毒親炸裂の報」でも書いたけれど、自分のやりたいことが暴走してしまって、人の声が頭に届かない。

しかし私と両親とでは、起きている現象は同じでも、原因はまったく違っていた。私の場合は不安から、「人が言うことは本当なのか確認しなければならない」と思っているところから来ている。両親の場合は自分の欲求が暴走した末の、「人がなにを言おうと自分のやりたいことをやる」になる。

これはまったく違う。とりあえずここは安心していいと、自分を落ち着かせた。

私は夫のことも、信用できなかった。夫が「大丈夫」と言っても、本当に大丈夫か自分で確認しないと、大丈夫とは思えなかった。イギリス人は特に、日本人と違って「正確な情報を出さなければいけない」という気持ちが抜けている。道を聞いても、正確な情報が一発で返ってくることはほとんどない。イベントに「行く」と言っても来なかったり、開始時間にもルーズだ。

なにか用事があって夫に仕事を休んでもらうとき、夫が「休める」と言っても、信用できない。本当に休めるのか、上司はなんと言っているのか、プロジェクトの状況はどうなのか、そういうのを根掘り葉掘り聞いても、「大丈夫かもしれない」とは思うけれど、その日が来るまで心配し続ける。つらい。

そんな自分に気づいたとき、これはどうしてなのかと思えば、親が信用できなかったからに尽きた。「完璧を求め続ける原因」で書いた通り、親の言うことを信用していたら、今度は妹ではなく自分が階段から転げ落ちて死ぬかもしれなかったのだ。親に頼らなければ生きられない存在が、親を信用できない。常に周りでなにが起こっているか、完璧であるか、どこかに漏れはないだろうかと自分で確認し、死の恐怖を抱えながら毎日を生きていかなければならない。

親すら信用できない子供が、他の誰を信用できるというのか。カウンセラーにはそう言われた。確かにそうだ。

そうやって今まで、常に周りに神経を張り巡らせて生きてきたのだ。これはけっこうな病気だ。そういえば小さいころから「Kelokoは神経質だ」と親に言われてきた。汚いものやじめじめしたものが嫌いで、手をよく洗ったり拭いたりし、塗り絵はけしてはみ出さず、線を引くときは必ずものさしを使う。その理由がようやくわかった。

そりゃあ歯軋りだってするし、眠りも浅いし、リラックスもしたことがないだろう。そしてそんな私が「いい加減」なイギリス人に囲まれて「いい加減」なイギリス人の夫と生活することになれば、悪化の一途を辿るに決っている。人と一緒に暮らし始めれば、その人の分まですべて確認して生きていかないといけなくなる。自分のことも確認しつつ。そりゃあ病気にもなる。

個人カウンセリング用まとめ」や「大騒動から学んだこと」で書いた通り、「二人で乗っている船を一人で漕いでいる」という表現をよくしていた。これがそうだった。「夫の変化」が出てきたように、どんどん変えてきたい。ラクに生きられるようにしたい。

そのためには、どうしたらいいか。

1)大丈夫でなくても、死ぬことはない

まず理解することは、これだった。子供のころは親に頼らないと生きていけなかったし、その親が頼れない人間であれば生死に関わる状態だった。でも今は、自分で生きていける。そんな危険なやつに頼る必要はなくなった。大人になってきちんと判断を下せる「自分」という存在を頼りに生きていけるのだ。

しかも、私の生死に関わるようなレベルの信用できない人間は、そんなにいない。そこまでおかしければ、明らかに「それは違う」と自分で判断できるに決まっていた。

さらに、人の言っていることがちょっとおかしかったとしても、死ぬほどのレベルではない。夫が休みを取れなかったとしても、また別の日に調整すればいい。夫だって、そんな私の生死に関わるようなことに対して、おかしな判断を下したりしないはず。そういう人は、なのだ。私はたまたまそういう人を親に持って人生が始まってしまったから、世の中はそんな人ばかりだという洗脳をかぶってしまったけれど、きちんと考えればそうではない。たぶん世の中のほとんどの人はそんなことはないのだ。

2)ただ、人は適当なことを言うこともある

そして、次にこれも理解する必要があった。夫を含め、イギリス人全般そうだけれど、人が言っていることにそれほど注意を払っていなかったり、適当な返事をすることもある。でも、それでいいのだと。

そういうときは心配な気持ちを放置せず、注意を促せばいい。相手が私の言ったことを理解していなかったり、適当に返していると感じた場合、「I don’t think you heard me(ちゃんと聞いてもらえたか不安です)」や「I don’t think you understood me(理解してもらえたか不安です)」などと言えばいいのだと、カウンセラーに言われた。そうすれば、相手はきちんと注意を払ってくれるはずだと。

夫も、自分がやっていることに集中してしまう人なので、他のことは適当になってしまいがちなところがあった。大事なときはこう言って、注意を促せばいい。

こういうときに不安な気持ちを抱えたままにしてしまうのは、これもまた自分が「Entitle(権利が与えられている)」されていないという前提があるからだろうと言われた。だから不安に思っても、確認ができない。でも、心配に思ったら確認していいのだ。声に出していいのだ。というか、そうする必要があるのだ。「大騒動から学んだこと」だった。

確認されたところで、普通の人は「なに言ってんだ!」「私を信用していないのか!」と怒ったりなどしない。親はそうだったかもしれないけれど、この世の大多数の人は普通の人であり、普通の人はそんなことをしない。聞こえていれば「聞こえましたよ」と言うだろうし、聞こえていなければ「すみません、聞いてませんでした」ともう一度言うように言ってくれるだろう。

3)どこから始めていくか

カウンセラーいわく、いつもの自分がやらないようなことを少しずつやっていくのがいいとのことだった。

いつもなら、夫の言うことは信用しないで心配し続ける。「金曜日は5時くらいからオフィスでみんな飲み始めるから、Kelokoもロンドンにいるとき遊びにくれば」と言われた。そんなことを言われても、周りはすべて私の知らない人で、本当にそんなところに行っても大丈夫なのか不安になる。なんだかんだとはぐらかし続け、夫には不審に思われる。

①こういうところで、「私が行っても大丈夫なのか心配だ」と伝えること。夫が「大丈夫だよ」と言ってもまだ不安だったら、「でも不安だから、30分だけにしようかな」「30分以内でも、私が帰りたいと思ったら帰るね」と伝えておく。そうすることによって、自分が状況をコントロールできることがわかっているので、不安でいなくてもよくなると。

②行ってみたあとは、実際どうだったかを考察する。普通だったかもしれないし、やはりあまり居心地がよくなかったかもしれないし、思ったより楽しかったかもしれない。この結果のバラエティがわかることが重要とのこと。

いつも最悪の結果を想像してしまい、少しでもより安心な選択肢を取らざるを得ない。そうしていないと死ぬかもしれなかったからだ。でもものごとというのはいつも、最悪の結果の可能性もあり、最高の結果の可能性もあるのだ。そして、その二つの間に無数のバラエティがある。

仕事は見つからないかもしれないし、見つかるかもしれない。変な仕事しか見つからないかもしれないし、想像をはるかに超えるいい仕事があるかもしれない。このようにバランスのいい予想ができるようになることで、常に心配ばかりしていなければならない人生とも離れられる。

ここまでですでにもう、最初に「ヨガの師匠のカウンセリング」を始めたときには思いもよらなかったことが、たくさんわかってきた。これがカウンセリングかと思った。

完璧を求め続ける原因

満足できない」でも書いた通り、私は過剰な完璧主義を抱えていた。

この世に完璧など起こるわけがないので、完璧を求めていても絶対に手には入らない。でもいつも完璧を求めているから、一度も安心することがなく、常になにかに追われて不安な状態で生きていた。「不安症の個人セッション準備」でも書いた通り、歯軋りもここから来ていることはわかっていた。

では、なぜこんなことが起こるのか。考えられることは、二つあった。

1)不安感

私の中に巣食う不安感の出どころはもちろんいろいろとあったが、一番の根源だと思われるのが、親に対する不信感だった。親が信頼できない人間だったために、自分が常にアンテナを張って周りで起きるすべてのことを把握し対処していかないと生きていけない、そういう刷り込みができていた。

大人なら、もちろんそれができる。でも小さい子供のころにこれをやらされると、「世界は安心できる場所ではなく、なにかあったら自分は死んでしまうのだ」という、恒常的な恐怖をもたらすのだそうだ。

それはそうだ。だから私は、少しの物音でびくっとなるし、なにか少しでもミスがあったらいけない、生きていけなくなるのかもしれないと、びくびくして生きているのだった。英語ではこれを「Jumpy」と言う。「少しのことですぐ飛び上がる、神経過敏な人」という意味だ。何十年と生きてきて、これが普通ではないのだと初めて知ったのだ。

大きな原因として、思い当たる節があった。

妹が生まれ、歩行器で歩き回っていた時期だから、私が3〜4歳のころだろうか。四人家族で、アパートの二階に住んでいた。階段を上ると、二階の住人の玄関が並んでおり、それぞれの玄関の前に洗濯物が干せるようになっていた。

母親はそこで洗濯物を干しており、私は歩行器に乗った妹と遊んでいた。すると、妹が階段に向かって進み始めた。このまま行けば、階段から転げ落ちてしまう。全力で止めたのだけれど、私は小柄で、妹はとても体格がよかった。必死に踏ん張っても、じりじりと階段が近づいてくる。

「妹ちゃんが落ちちゃう!!助けて!!」と母親に訴えた。なのに、母親は「大丈夫よ」と、こちらを見もせずに洗濯物を干し続ける。私は何度も何度も繰り返し助けを求めた。それでも母親は「大丈夫」と。もう力が続かない。「本当に離しても大丈夫なの?!」と聞くと、「大丈夫って言ってるでしょ!」と怒られた。

信じられなかったけれど、が大丈夫と言っている。私は手を離した。

ダダダダダっと、妹は階段を転げ落ちていった。母親は、悲鳴を上げて階段を駆け下りて行った。

信じられなかった。

親は、大人だ。私が知っているより多くのことを知っている。だから子供の私は「だめだろう」と思ったけれど、大人が大丈夫だと言うのだから、しかもあんなに怒って言うのだから、きっと大丈夫なのだと思ったのだ。

なのに、妹は階段を転げ落ちた。ショックでしばらく口を利くことができなかった。

頭から血を流している妹を泣きながら抱き上げる母親に、「なんで大丈夫って言ったの?」と聞いた。すると母親は、「大丈夫だと思ったの」「そんなことをするはずがないと思ったの」と。

なぜ「大丈夫と思った」のか。赤ちゃんなのだから階段もなにもわからず行ってしまうのは当たり前。「そんなことをするはずがない」なんてどうして思えるのか。私にだってわかる。あんなに必死で助けを求めたのに。あんな状況だったのに。見もしなかった。なのにあんな怒った調子で「大丈夫!」なんて。なぜそんなことが言えたのか。まったくわからなかった。なぜ。なぜ。やっぱり私の思ったことが正しかった。なぜこの人は私の言っていることを聞かなかったのか。階段から落ちたら大変なのに。そんなことは私でもわかるのに。

表しようのない黒ずんだ世界の終わりのような恐怖や疑問がぐるぐると渦を巻いて、その中に完全に溺れてしまった。目の前の母親が、まったく知らない人のように感じた。

頑丈だった妹は、奇跡的にもおでこに傷を残しただけで済んだ。歩行器ごと落ちたのに、どこも折らず、障害も残らなかった。体重の軽い赤ちゃんだから、大きな大人が落ちるよりは軽く済んだのかもしれない。それでも本当に奇跡だった。

ここで私は、「親の言うことは信じてはいけない」「親に頼ってはいけない」と学習してしまったのだ。なぜなら、もし親を信じて頼ったら、今度は妹ではなく自分が階段から転げ落ちるかもしれないのだ。死ぬかもしれないのだ。自分の身は自分で守らなければならなかった。

カウンセラーいわく、小さな子供にとって親を信じ頼ることができない状況というのは、大人になるにつれ身につけていかなければならない安心感を根こそぎ奪われ、危機的な不安感を根深く植えつけられてしまうとのことだった。心身ともにこんなに小さいのに、頼れる人は誰もいない。自分が神経を張り巡らせていないと、死んでしまうかもしれない。自分の命は自分にかかっている。それがどれだけの恐怖であるか。サバンナで生まれたばかりの動物が親をなくしたのと同じ状態だ。

普通は親から安心感を得て、「心の安全基地」を自分の中に確立し、外に出ても安心感を持って生きていけるようになる。私はそれができなかったのだ。だから、本来ならもう大人で自分で生きていけるようになっているべきなのにもかかわらず、安心感を持てずに、潜在的な不安の中で日々を過ごしていた。安心感を、人や仕事、結婚してからは夫の中に見い出していて、だから仕事がないと不安でいられず、また夫から存在を無視されたと感じると生きていられなかったのだ。

きっと他にも、親を信頼できないことは山ほどあっただろう。こうして潜在的な不安の中で人生を歩んでいくことになったのだ。

2)不完全

カウンセラーはまた、潜在的に「自分は不完全だ」と思っていると、いつも完全を求めてしまうことになるとも言っていた。

これは「女性性と男性性」のところでも書いたけれど、私は小さいころから様々な大人に性的被害を受けてきた。その辺で出会った人から、医療従事者まで。本当にどうしようもない人たちばかりだった。一番ひどかったものは、事件にもなった。警察にも行ったし、家に新聞記者が二回も来て記事にもなった。

でも親はいつも、まったく気づいていなかった。小さな子供が夜遅く帰ってきたり、応答がうやむやで明らかに私の様子がおかしいのに、なにもわからない人たちだった。目の前でそれが行われていても、親はなんの役にも立たない。ここでも、自分がどうにかしなければという気持ちで、自分から話をした。そしてやっと警察沙汰になったのだ。

記者が家に来たときのことは、今だにはっきりと覚えている。部屋の真ん中に一人で座らされて、立ったままの記者の質問に答えさせられた。親は離れてこちらを見ていた。翌日病院に行ったとき、医者はカウンセリングのようなものを勧めたのだけれど、親は「早く忘れることが一番」と、なるべくこの事件に触れないことで解決しようとした。

そしてその通り解決できたと思っている。なぜなら、十代、二十代と成長する中で何度かふいにその話になったとき、私が覚えていないフリをしたら、まるきりそれを信じたからだ。恐ろしいほどに頭が悪かった。小さい子供がこんな馬鹿を頼って生きていけるはずがない。

当時の世の中と、学のない母親からすれば、カウンセリングの重要性も知識もまったくなかったのはしかたがない。ただ、子供のほうに「早く忘れなければいけない」「わからないフリをしていなければならない」と気を使わせておいて、それにすら気づけない大人が恐ろしかった。この人たちはいったい。本当に自分より人生経験のある人間なのだろうか。怖い思いをした子供に、記者にインタビューさせる無神経さも。それを遠くから見ているだけという愛情のなさも。

カウンセラーいわく、こういう被害にたびたびあうと、子供は「自分に非があるのかもしれない」と思うようになると。「女性性と男性性」のところで書いたように、「自分が女だからこういう目に遭うのだ」と思い込んでしまっていた。

だから「女」である自分が「不完全だ」と思い込んでいた。このままでいてはいけない、完全にならなければ、そういう思いがあったのだ。

このときまだ頭で理解しているだけでしっくりはきていなかったけれど、「このままではだめだ」という焦燥感というか、強迫観念のようなものはすごく理解できた。またこの不完全さというのは、自分に愛情をかけられない問題にもつながってくる。

ということで、常々カウンセラーが「親に怒られると思って」私がなんでも完璧にしているのだろうと言うたびに、私は「それはなにか違う」と感じていた。多くの人は心の中に「親の幻想」を住まわせてしまうことによって、親元から離れても常に自分にだめ出しを続け、それが生きづらい原因になっている。

私の場合はそれもあったかもしれないけれど、親に対してはむしろ「親の嫌がることをしたい」という方向にあった。だから私の完璧主義は親とは直接関係のないところ、つまり「自分の生死がかかっている」からすべてを完璧に整えておきたいということだったのだ。

私はごくごく小さいころから「親が言うこと」と「自分が感じること」には大きな乖離があると思っていた。「親がおかしいと気づいたとき」にも書いたトイレの話など、まさにそうだ。だから「親が事実を認識しておらず信用できない」から自分がすべてを把握していなければならないと動いていたのであって、「親に怒られること」が怖かったのではなかった。また「自分が不完全だから」、完璧を求めていたのであった。