新しい経験

第三段階の始まり

今時系列で書いている「29 進む解毒」は、ちょうど四年前になる。私の中では、もう十年近く前になる「01 気づき」からが解毒の第一段階、次に「20 解毒に向けて本格的な準備を整える」から始まる本格的なカウンセリングが第二段階、それで終わりかと思っていたところに今なんと第三段階がやってきて、また新たな経験を積んでいる。

本来であれば、どのようにして回復していったかという第二段階がとても重要なので、そこをきちんと書いてから今の話を書きたかった。でも今の経験があまりにもおもしろく、これを経験しているまさに今、その気持ちがフレッシュなうちに書いていくことがとても大事に思えたので、第二段階はお休みして、第三段階のことを書いておこうと思う。

第三段階の始まりは、一つの仕事に出会ったことだった。

すでに書いてある内容では、仕事は「09 ふたたび会社生活へ」で終わっている。その後、二年ほどカウンセリングに集中して、また一年契約の仕事をした。そこが終わってからは主に地元の英系会社でパートの仕事を探しつつ、自分のやりたいことを模索してあれこれやっていたのだけれど、仕事が見つかることもなく、二年が経過した。

クリエイティブな趣味もいくつか見つかり、初めは「こういうのを仕事にしていこう、自分は会社勤めではなくこういう方面に向いているのだ」と思っていたのだけれど、なぜかそこまで頑張れるものではなかった。様々なものにチャレンジしたし、実際そういう仕事にも応募したけれど、だめだった。

そうこうしている間に、この夏、日本のドラマを見た。まったく興味のない分野だったけれど、組織で働く人たちがなぜかとてもかっこよく見えた。ここ二~三年は海外旅行もさっぱりで、ホリデーといえば田舎でのんびりするグランピングばかりだった。会社勤めにも都市生活にもなんの未練もなく、田舎で自然な生活をしたいと思っていた。それが突然、仕事をしたくなってきたのだ。

ドラマを見て自分の生活に影響を受けることなど今までなかったので、自分でもびっくりした。ただなんとなく、このドラマはきっかけに過ぎず、自分は仕事がしたいのだという気持ちを認識する必要のある段階にきていたのだろうと思った。

それで、今度は本格的に就職活動を始めた。二年前に登録した人材会社にもまた連絡を入れ、他のところにも登録に行った。ロンドンに通勤するのと日本の会社だけは避けたかったので、地元の英国企業にどんどん応募した。最初はまたパートで探していたのだけれど、フルタイムにも応募するようになっていった。

それでもやはり難しかった。日本人であることは日本企業で働くのに有利だけれど、英国企業にとってはまったく必要のない要素になる。それよりも逆に、外国人であることはコミュニケーションに不安を抱かせてしまうことになる。それでもロンドンの大きな企業であれば外国人もたくさんいて、採ってもらえる可能性もあるのだろうけれど、地元のイギリス人しか働いていないような小さな会社ばかりの中では困難を極めた。登録に行った人材会社でさえ、私の英語に「なにかが違う」という様子を見せた。

前職は経理系だったので、一般事務ではないこういう専門的な経験があれば、英国企業でもいけるのではと思っていた。それでもだめだった。これが二~三年の経験があればまだ違ったかもしれないけれど、一年弱の勤務ではきちんとした経験として見てもらえなかった。

もう今年いっぱいはゆっくりするしかないかな、と早くも思っていたころ。一本のメールが入った。

仕事探しのサイトにもいくつか登録していたのだけれど、そこで私の履歴書を見たリクルーターのようだった。経理系の知識があって、日本語がわかる人を探しているとのこと。どこの日系だろうと思って見てみると、貿易関係でも物流でもなんでもなく、日本とはまったく関係のない会社。まあでもどうせロンドンでしょうと思ってオフィスを見てみると、ロンドンから逆方向に二駅目。

せっかく経理系の経験をし、それを活かして専門職としてやっていきたいと思っていたので、これはどうかなと思った。Job title(職務名)もやたら長くて聞いたことのないものだったし、自分のキャリアを考えたときにこれがプラスになるか疑問だった。

でもこれが不思議なもので、この会社の業界が夏にはまったドラマの舞台とまったく同じだった。以前の私だったらここでNoと言っていたかもしれないほど、私とまったく関係もなく興味もない業界。それどころか、どちらかといえば嫌悪していた部類の業界。でもあのドラマがあったことで、印象が変わっていた。それで、けっきょく応募する決意をした。

人間、なにがきっかけになるかわからない。人生はおもしろい。

前職の経理系以外で私がずっとやってきたのは、日本と欧州の間に入ってやり取りをする仕事だった。日本とイギリスの両方に住んで仕事をした経験があるので双方の特性がわかっており、うまく調整できる。翻訳や通訳も少しやった。でも見かたによっては、ただの日本語を使った事務。地元の企業で必要とされるわけがない。

と思っていたのに、「それこそ我々が求めているものです」という会社が出てきた。まったく日本と関係のない業種なのに、突然日本とのやり取りが出てきて、どうしても日本語がわかる人が必要なのだと。翻訳ができるだけでなく、双方の文化やビジネススタイルがわかっていて、調整ができる人なら万々歳だと。

とんとん拍子に話が進み、一次面接だけでOffer(内定)が出た。何度も面接があって数か月かかるだろうと思っていたので、びっくりした。夏に見た、あのドラマ。それで今、ここにいる。経理系にこだわって二年もなにも見つからなかったのに、突然ひょんなところからまったく違う仕事が出てきた。そしてそれに乗っかった。

すると、まったく新しい世界がそこにあった。これが、第三段階の始まりだった。

広告