怒り

Authenticに生きた

まさにその「Authenticに生きる」を実践したできごとが、すぐに起こった。

同居に向けて」で夫の実家へ行き、夫といることに慣れる練習をしてはいたものの、それからもずっと別居の避難生活を送っていた。カウンセラーに相談したところ、一緒に暮らさないと、一緒に暮らさないことにどんどん慣れていってしまうから、できるだけ早く同居を再開したほうがいいと言われた。

ただ、いきなり家で二人で生活を始めることはせず、少しずつ慣らしていくのがいいと言われた。そこで同居の練習を兼ねて、「大騒動の前夜」でクリスマスに夫の実家へ泊まりに行くことにした。ここで数日、周りに人がいるところで夫と過ごしてみて、様子を見る。大丈夫そうだったら、一緒に帰ってきて暮らし始める、という予定だった。

大騒動の襲来」はあったものの、カウンセラーのおかげで「大どんでん返し」となり、「大騒動から見えてきたもの」で書いた通り夫が帰宅して、二人で家で年越しをし、そこから一緒に暮らし始めることになった。奇妙だったし、なにか壊れやすいものを抱えているような感じはあったものの、なんとなくまた戻れたことが嬉しい気持ちもあった。

夫は行ったり来たりの生活から落ち着いて暮らせるようになって、ほっとしていた。前はそんなことはなかったのに、なぜか私が料理をするたびに「ありがとう」と言うようになった。これはのちに理由が判明する。

こうしてなんとか共同生活に戻った。

カウンセリングは、①私個人、②夫個人、③二人同時、の三体勢で受けていた。毎週三回というわけではなかったけれど、①と③はほぼ毎週で、②の夫も行けるだけ行くようにしていた。

だけど共同生活に戻ったからか、夫はだんだんとやる気を見せなくなっていった。②の夫のカウンセリングは予約がなくなり、私が予約を入れる①と③だけになっていった。

通常カウンセリングというのは「毎週金曜の5時」などとスロットを決めて行うものだけれど、ここのカウンセラーはそうではなかった。だいたい毎週この曜日のこの時間というものはあるけれど、毎回予定を見ながら予約を入れるシステムだった。だからいつもの日に行けないときでも、別の日が空いていたらそこに入れてもらえる。

だからこちらから言い出さないと、自動的には予約は入らない。なんだかんだと理由をつけて、夫は予約を入れなくなっていった。早く問題解決して無事に暮らせるようになりたかった私は、そんな夫に怒りがわいた。

仕事のスケジュールがまだわからないから予約を入れられないと言っておきながら、予定がわかった時点でもなにもせず、時間だけが過ぎていった。もうこれで終わりなのか、どうするつもりなのかと言えば、「忘れていた」「ごめん」などと言っていた。

でも口ばかりで、反省の色はまったく見えなかった。

口だけで「Sorry」を繰り返す夫に対し、私の怒りはまったくおさまらなかった。むしろどんどん加熱していった。それもそのはずだ、このとき夫は自分が悪いことをしたなどとまったく思っていなかった。そしてそれは、毒親にされたこととまったく同じことだったのだ。

「Sorry」と言われたら、許してやらなければならない。私はなにも悪いことをしていないのに、すべては夫が悪いのに、私の怒りはなにもケアされることがなく、私ばかりが怒りを引っ込めて我慢しなければならない。そしてなにも悪いと思っていない夫がまた同じことを繰り返して、「Sorry」と言われたらまた許してやらなければならない。

こんなことはどう考えてもおかしい。

ずっとうずくまって、体の中に荒れ狂う怒りをどうしたらいいのか考えていた。でもなにも思いつくはずもなかった。

そして「怒りは怒りの発端に返さなければならない」という、どこかの本に書いてあった文章を思い出した。毒親育ちは、毒親から受けた理不尽な扱いに対する怒りを毒親に返せずに、自分の中にしまいこんでしまうから、その行き場のない怒りがまったく関係のないところに出て問題を引き起こす。だから怒りはしまいこまず、発端に返さなければならない。

そこで夫に「本当に悪いと思っているのなら一発殴らせろ」と言った。そうしたらやつは、「そんなことで問題は解決しない」などとほざいてきた。

怒りでブチ切れ、泣き叫びながらいかに夫が自分勝手か罵倒した。すると夫はしばらく頭を抱えて獣のようにうーーーと唸り、突然起き上がってガーーーっとキレた。

「You made me angry!!!(俺を怒らせたな!!)」

夫はものすごく醜い歪んだ顔で、わけのわからないことを叫んだ。

なんでお前がキレるのだ。キレのはだ。自分が悪いことをして、そのせいで私が怒っているのに、それをどうしようもできなくて自分がキレる。もうわけがわからなかった。普通ではないと思っていたけれど、本当に頭がおかしいと思った。

そこから言いわけをバーっとし始めた。また実家に行く予定だから、そこでの話をカウンセリングでしたかったからそれまで待っているのだ、自分はKelokoと違って心配性じゃないから焦ったりしていないのだ、Keloko以外の人間は誰でも焦らず普通にやるはずだ、自分はこのペースなのだからこのペースでやらせろ、人を変えることはできない、このままの自分をKelokoは受け入れなければならない、自分は一人だって生きていけるのだ、自分がKelokoと一緒にいたいから努力してるだけであって、それがなかったら自分たちは一緒になんかいられないのだ、なにもかも自分のおかげなのだ。

本当に終わってると思った。カウンセリングでちょっとかじったことを最大限に悪用して、母国語の英語でぶわーっと言ってきた。このやり口に、のちのち私は死ぬほど苦しめられていくことになる。

私は単語のひとつひとつを全力で叫びながら、言い返してやった。

そんなお前の予定なんか知ったことではない、そんなのお前の頭の中にあるだけで、今始めて聞いた。そりゃあ私はお前より頭がいいけれど、超能力者ではない。お前が火曜にスケジュールがわかると言ったから待っただろうが。ちゃんとお前のペースに合わせてやっているだろうが。お前はいつも「大丈夫」「やる」と言うくせに、いざ仕事が始まったら「仕事の後にカウンセリングなんて疲れてできない」などと言い出すだろうが。今のうちに受けれるだけ受けようと思うのが普通だろうが。いつだってお前は私の行動を待ってるだけで自分からはなにもしないだろうが。なにが自分の努力でこの二人がもっているだ、真逆だろうが。

そうしたら夫はうーーーんと唸り、身動きできなくなってしまった。

そこで、「Authenticに生きる」を思い出した。それで時間を置いたあとに、夫に言ってやった。

いいか、私は今までお前が「Sorry」と言えば許してきた。でも、これからは違う。私の中に怒りがあるうちは、許したりはしない。怒っているのにお前を許すのは、私の「怒り」という感情を無視していることになる。今までそうして怒りを自分の中にためこんできたから、こんなに大変な問題になっているのだ。金輪際そんなことはしない。自分の感情を無視せず、尊重する。「Authenticに生きる」とカウンセリングで教わったのだ。

私の中に「怒り」はちゃんとある。誰がなんと言おうと、お前が謝ろうと謝るまいと、これが私の中にあるうちは許したりしない。私は金輪際、自分の気持ちを無視しない。私が無視したら、他に誰もそれを拾ってくれる人がいないのだ。私しか拾ってやれる人間はいないのだ。お前がなんと言おうとなにをしようと、誰がなんと言おうとなにをしようと、私は私の感情を無視しない。それが気に入らないやつのことなど知ったことではない。

全力で、単語のひとつひとつに力を込めて、言ってやった。

そうしたら夫がハッとなり、「殴ってくれ」と言ってきた。私の手首をつかんで、自分の胸に当て、殴ってくれと。

すると驚くことに、私の怒りはすーーーっと消えていった。

すごかった。「怒り」は、認識されたらなくなるのだ。「怒りを癒す」でやったことだった。夫が私の怒りを無視して口ばかりの「Sorry」を繰り返す間は怒りが認識されず、どんどん増していくばかりだった。それがひとたび夫にきちんと認識されたとたん、きれいに消えてなくなっていったのだ。

毒親から与えられた怒りがいつまでたっても消えずに積もり積もっていってしまうのは、その怒りが認識されないからだ。「そんなことで怒るお前が悪い」「なにをそんなに怒っているのだろうね」「私はもうなんとも思っていないのにね」と、一方的に理不尽を押しつけて人を怒らせておいて、それを認めないどころか無視して放置するからだ。

毒親が「確かに私があなたにしたことは悪かった、あなたの怒りはごもっともだ」と言い出すことはまずない。だからこその「毒親」なのだから。毒親育ちは他の方法で、怒りを認識してもらい、解毒していく方法を見つけなければならない。それがカウンセリングで行われる「共感」の手法なのだろう。

そして怒りを抑圧せずに、こうしてAuthenticに自分の気持ちを説明しぶつけたことが、自分にとっても自分の怒りを正当とし認めることになり、夫にも認めさせることになったのだ。それが怒りの解消になったのだ。

広告

手紙を書く宿題

カウンセリングではたびたび、「なんでも叶うとしたらなにをしたい?」という質問をされることがあった。

初めてこのカウンセラーに会ったときも、これを聞かれた。でもそのときになんと答えたのかはもう覚えていない。でもカウンセリングが始まって二〜三か月くらいたったこのころに聞かれたときは、「ひ孫を産んで祖母に会わせてやりたい」と答えていた。

なんとなく「それは素晴らしい」と言われるだろうところ、カウンセラーはいつも通り答えに対してなにも言わなかった。たまに聞かれるから、きっとなにかの指針にしてるのだろうとは思ったけれど、いったいどういう答えが正しいのかはわからなかった。

今ならよくわかる。自分のためではなく祖母のために子供を産みたいなどと言っていた私は、明らかに「祖母」という外的要因に依存している。自分がしたいことではなく、人がなにを求めているかを考え、それを埋めることで自分を満たそうとしていた。「人と人との境界線」がなかった。

このころはまた、「アダルト・チルドレン癒しのワークブック」も出てきた「親に手紙を書く」という宿題にとりかかろうとするもできない、という困難にぶつかっていた。

カウンセラーからは、別のクライアントが書いた見本を送ってもらっていた。それを読んでみて書こうと思ったのだけれど、なかなか一歩が出ない。

カウンセラーが言うには、書き始めたときと書き終わるときでは、文章のタッチも違ってくるかもしれないと。最初は子供時代の感覚に戻ってしまっていることが多いけれど、手紙の最後のほうには一人の大人として親と向き合う姿勢が見えてくるようになると言っていた。

ワークブックにもこの課題は載っていて、各段階で何度か書くようになっていた。例を見てみると、初めのほうでは怒りの爆発のような文章になっていて、最後のほうになると割りと落ち着いて自分について語り、親に対する感謝も述べられるような、長い文章になっていた。

このころはまだ、怒りでそんな例文をきちんと読んでみることもできなかった。でも嫌なら(まだ)やらなくていい、そう思うことができた。今後どうなるかはわからない、でも今は嫌なのだから、無理せず嫌でいい。かなり学習できてきたと自分でも思った。

カウンセラーにもらった見本と、白紙のWord文書と、にらめっこが続いた。

でもやはりできなかった。実際に出すわけでもないし、親のもとにこれが届くわけでもないのだけれど、もうその「親に言葉をかける」という行為そのものがだめだった。

きっと解毒の段階というのは、以下のようなものだろうと考えていた。

①まず、親が「毒親」であると認識する
②親からされたことに対して怒りを持ち、ぶつけるorぶつけられる
③怒りがぶつけられない、またはぶつけても通じないことこから拒絶に入る
解毒(ここにどういう段階が入るのか当時は不明)
⑤なんの特別な感情もなくなり、一般的な対応ができるようになる

身体的な虐待のように物理的な毒を受けてきた人と、精神的な虐待のように真綿で首を絞めるような毒を受けてきた人とでは、認識のステップと解毒の方法が変わってくるのかもしれないけれど。当時の私はたぶん、にいると思われた。

年末に「相変わらずの毒一族」に会ったとき、母親は従妹に「Kelokoはなにを怒ってるんだろうね、私はなんとも思ってないのにさ」などと言っていたらしい。「私はKelokoに連絡したりしないから、(祖母の危篤を)伝えてくれてありがとうね」と言われたと言っていた。

こうしてこの女がまるでそこになにも問題がないかのように振る舞うたびに、私は怒りで全身が震えた。ハンマーで頭をかち割って、その存在を粉々にしてやりたいという怒りに駆られた。

こうして常に私の気持ちを、存在そのものを、ずっと無視し続けてこられた。真面目に殺してやりたかった。捕まらないならもう何千回も殺していただろう。夜中に家に火をつけて逃げようと思ったことも何千回もある。親を殺す人のメカニズムはよくわかるし、日本はきっとこんな殺人予備軍であふれている。

だから、③の拒絶の段階が強く長くなる。怒りをぶつけたとして、それを無視されてもっとひどい目にあうことがわかっているからだ。今度こそ殺人罪になる。それがわかっているから、離れて距離を保っていることしかできないのだ。

カウンセラーは、この課題の主旨はまさに「相手がどう思おうと自分の意思を表明する」というところにあるのだと言っていた。でも私にとっては、まさにそれがもっともできないことだったのだ。境界線がなかったから、相手の返答にすべてが依存されていた。相手が聞けば自分の存在が確認できて、相手が無視すれば自分はいないことになっていた。これでは生きていけるはずがなかった。

カウンセラーは、母親が「なんとも思っていない」というのはだと言っていた。そんなことは私もわかっていた。本当に「なんとも思っていない」人は、祖母の危篤を「連絡したりしない」わけがない。思いっきり矛盾していることを言っているのはよくわかっている。

問題は、なぜそれを認めたくないかということだった。なぜ娘が自分を嫌っているということを認めないか。「早く死んで」と面と向かって言ったことだってある。「Kelokoは私が嫌いなんだよ、私はわかってる」と従妹に言っていたことさえあるのにだ。

カウンセラーが言うには、それを認めてしまうと自分が「悪い親」になってしまうから認められないのだとのことだった。娘に嫌われている「悪い親」である事実を認めたくない、だから親子関係に問題があることを否定する。否定して、なにも問題がないように振る舞う。私が勝手に理由もなく怒っているのだと思い込むことで、なにもないのに怒っている「悪い娘」に問題をすり替えるのだと。

これが毒母の無視のメカニズムだった。本当に早く死んでくれないかと思った。手紙なんて書けるわけがなかった。頭の中に思い浮かべたくすらなかった。

毒親からの回復の段階

このころ「回復」についてネットを見てみたところ、2chの「毒親からの回復の段階」というのが出てきた。これがとても参考になった。自分が今どの過程にいるのかを知ること、そしてこれからどんな過程を経たらいいのか、なにをしたらいいのかを知るということはとても大事だった。

アダルトチルドレン回復の段階

A アダルトチルドレンという概念を知る
B 自分は辛かった、無理をしていた、ことを認める
C 自分は自己肯定感が低いことと、認知の歪みがあることを認める
D それらを自分で補ってもよいことを知る
E 今現在、自分は何が辛いのかを理解する
F 辛いことをひとつずつ解決していく
G EとFを繰り返すことで、自己肯定感の低さと認知の歪みが少しずつ回復していく

私は当時「C」のあたりだと思っていた。それから約1年半後の現在では「G」に取り組んでいる。

毒親からの回復の20段階

第1段階 何か大きなものに失敗して自信喪失
第2段階 自信を取り戻そうと過去の栄光にすがってさらに失敗して自信喪失
第3段階 自分は「おかしい」と思ってACなど精神障害を疑う
第4段階 調べると、症状及び育った環境が自分が当てはまり「安心」アンド「絶望」を味わう
第5段階 幼児退行する(多重人格気味)
第6段階 親に殺意を抱く
第7段階 自殺を考える
第8段階 それでも生きるしかないと考える
第9段階 安心を求めてもがく(居場所を求めて??)
第10段階 友人やら異性やらすがろうとしたものに拒絶されて絶望する
第11段階 人と接することを避ける(建設的な気持ち)
第12段階 自分の好きなことだけをしようと考えるが何もなく絶望する
第13段階 それでも何かをする(新たに模索し始める)
第14段階 新たに興味あることが見つかる
第15段階 それが昔からの自分らしさとリンクしていることに気づく
第16段階 自分らしさを理解する
第17段階 自分に小さな自信を持てるようになる
第18段階 元気になる(落ち着いた元気)そしてさら一貫して昔からある自分に気づく
第19段階 親とは関係ない自分を見出す
第20段階 地に足ついたバイタリティが出てくる

当時はだいたい「第11〜12段階」のあたりだと思っていた。現在はたぶん「第14〜15段階」のあたりをさまよっているのだと思う。

この中でとても重要なのが、「自分を許す」順番と「を許す」順番だ。

親に愛されてきた人が語る決定的に間違った毒親との関係」という素晴らしい記事を見つけたのだけれど、ここにも同様のことが書いてある。毒親育ちがよく言われることは、「あなたも大人になってさ」というようなただただ「親を許せ」というような押しつけだ。

ここは明確にしておかなければならないことだけれど、ただ親を許しても解毒はできない。解毒ができないばかりか、ますます毒にひたされていくだけだ。

許す順番としては、「自分」=>「親(許したければ)」になる。

まず最初に「自分はつらかったんだ」ということを認め、親が求めるものにはなれなかった自分、親のことを嫌いだという自分を認めることが必要だ。これがなければ、解毒は始まらない。私もこのころ、他の人の体験談を読んで怒りを爆発させまくっていた。

そこから自分の中の解毒を経て、最終的に「親とは関係ない本来の自分」を見い出したとき、親が「どうでもいい」存在になっていると思う。そこまでくれば過去のことが許せているはずだ。親を許すことは自分が癒やされた結果の付属品として得るしかできない。

また、親を許すことは自分の中の変化であって、親に会って「許す」と言うことではない。なので、もう亡くなっている親も許すこともできる。自分が解毒し回復したとき、親がこの世にいようといなかろうと、自分に影響のある存在としては成立しなくなるのだ。

「許す」という気持ちは自分の中から出てくる感情だから、頭で「許そう」と思ってできるものではない。自分を回復し、相手に対する怒りが消えたとき、それが「許した」ときだ。だから人がむやみに「許しなよ」と言っても、はいそうですかと成立するものではない。許せなくても自分が子供っぽいということではないし、自分が自分の環境で経験したことを同じようにすれば、誰だって「許せない」と思うのだから、気にする必要はない。

多くの人が言うには、子供を持ってからさらに大きな山が三つあって、

①自分の小さいころを思い出して症状悪化
②「こんなかわいい存在にあんなことできない、私はなんてことをされて育ったのだ」で症状悪化
③子供に対してあんなに嫌っていた親と同じことをしそうになって症状悪化

があったということだった。どれもかなりきついと思う。③で苦しまないためにも、早い段階での解毒は必要なのだと思う。

というのも、子供を持つということは毒親育ちにとってとても癒やしになるらしい。「日本で受けたヒプノセラピー」の人も言っていたけれど、自分の親とできなかった「普通の親子」という関係を、自分が親の立場ではあるけれど、自分の子供と経験できるというのだ。これにより、心の穴が埋められていく。他にも、小さいころの自分を子供に投影し、その子をほめたりかわいがることによって、自分の心の穴を埋めることもできるのだとか。

だから毒親育ちは子供を持って健全な親子関係を経験するのがいいのだけれど、自分が毒親育ちで自分も毒を持っているという認識がなければ、親にされたことと同じことを子供にしてしまうだけだ。この解毒の段階を知り、自分がどこにいるのかを知ることは、とても重要だと思う。