怒り

あんこ事件、その1

現在更新してあるところは三年前の話になるのですが、現在起こっていることも記憶に新しいうちに書いておきたいなと思い、書き留めていくことにしました。カテゴリー99の「現在の状況」に入れておいて、更新が追いついてきたら時系列に入れようと思います。


この前、久しぶりに夫と喧嘩になった。

「喧嘩になった」というより、「喧嘩にした」という感じだ。

以前は言いたいことを抑えていたので、喧嘩にならなかった。でもそれが溜まって爆発する。だから「言いたいことが出てきたらその都度出すようにしないといけない」とカウンセリングでもやった。最初は言いたいことを押し込めていることにすら、気づけなかった。そのうち、言いたいことはあるのだけれどタイミングを伺って出せない自分を発見した。それからは、話の流れがおかしかろうがなんだろうが出す練習をしてきた。最初はうまく出すことができないけれど、そのうち上手に出せるようになってくる。カウンセラーにもそう言われた。

日本ではたいてい、言いたいことを言わずに相手に察してもらう努力をする。すると相手に察する能力が乏しい場合、言いたいことを押し込めるだけになる。夫のように愛着障害回避型は「人や自分の感情をスルーする」という問題があるため、そういう人が相手だと私の言いたいことは永遠に日の目を見ることができない。

私の場合、言いたいことが言えないのは、主に親から言いたいことを言える環境を用意してもらえず育ったからだ。なにを言っても否定されれば、人間はだんだんなにも言わないようになってくる。そして言わなければならないことが出てきたとき、否定されないようにはどうしたらいいかを考え、タイミングや言いかたをよく考えて実行に移す。それでも否定されるのだけれど、どんどん削られていく安心感とともに、どんどん用意周到に巧妙になっていってわけがわからなくなっていく。

また境界線が乏しく外部評価に頼っているので、相手がどういう反応を示すかに依存している。相手に否定されると、自分のすべてを否定されたように感じる。私の話に賛同するかどうか、人の感情や考えを強制することはできない。だから人の反応に自分の評価を頼っていたら生きていけないのだ。

相手の反応に関わらず、自分の言いたいことを言うこと。それは今でも私の中で大きな課題になっている。

この前は、それが久しぶりに浮き彫りになった。

イギリスには「Aduki Beans」という名前で小豆が売っている。私はそれでたまにあんこを大量に作って、小分けにして冷凍保存しておいて、好きなときにお汁粉を食べたりしている。ストックがなくなってきたので、また作ることにした。大量の小豆を何時間も煮てやっと完成し、冷ますためにお皿に移した。

お玉についたあんこを食べたらおいしかったので、もっと味見したいと思い、大きなスプーンに大量にすくって食べてみた。それを見た夫が、自分もとスプーンを出してきて味見をした。小さいスプーンだった。そんな小さいひと口で満足するかな、どうせもっとほしくなるのだから大きなスプーンでたくさんすくえばいいのに、まさかその使ったスプーンでまた味見をしたりしないだろうな、やりそうだな、でも同じことを何度も注意したことがあるし、やらないかもしれない、と思って見ていた。

やはり、やった

頭にきた。

私が何時間もかけて作った保存用のあんこに、馬鹿みたいに「うん、いいんじゃない?」とか言いながら口をつけたスプーンを突っ込んでいる夫に、猛烈に怒りが湧いた。

でもここで、怒りを出せなかった。笑いながら注意して、適当に済ませた自分がいた。馬鹿だ。

もうあんこを見たくなくて、食事の支度を始めた。それでも怒りがおさまらなかった。そこで初めて、自分の中の怒りに気づいた。「あ、怒りを押し込めている」と気づいた。ここまでこないとこんなことにも気づかないなんて、私もまだまだだなと思った。

この怒りをどうしようと思った。

「こんなことで怒るなんて大人げない」
「話は終わったのにまた持ち出すなんて」
「夫の冬休み最終日なのに喧嘩なんて」

そういう考えがぐるぐる頭の中をめぐった。どれも日本で、親のもとで、様々なところで植えつけられた「怒り=よくない、みっともない」という思い込みだ。「みっともない」と思い込ませれば、それを抑圧するようになるので、親や社会にとって都合がいい。そうやって周りからコントロールされてきたのだ。

そして子供の自分は、怒りを抑圧すれば親や社会から喜ばれて必要とされるので、これをサバイバルテクニックとして身につけた。本当に教えるべき、身につけるべきは、「上手な怒りの出しかた」だ。それができなかったのだ。

喉に問いかける」のセッションで、最後まで「怒り」が出てこなかったのもこれだ。

「怒り」も、立派な人間の感情の一つだ。無視していては現実が成り立たない。ネガティブな感情を無視し、ポジティブな感情だけ認めて過ごすのは、現実を無視している。実際にそこに存在するものを無視するのは、非現実。「こうあるべき」のバーチャル世界だ。

ネガティブもポジティブも、存在を認めて受け入れること。それが現実の世界を生きるということ。

世界は片方だけでできてはいない。陰陽の両方でできている。だから、ネガティブをざっくり無視していいことだけに注目するたぐいの「ポジティブ思考」は人を幸せにしない。明るいのだけれど、どこか空っぽで宙に浮いている。現実から目をそらし、非現実の世界を漂っているからだ。

ここで怒りをちゃんと出しておこう。自分の気持ちをちゃんと言っておこう。そう考えて実行した。

広告

怒りという感情のメカニズム

年始に「Authenticに生きた」ことから、「勇敢な私」を発見した。

このときの夫についてカウンセラーは、なかなかカウンセリングを予約しなかったこと、そして私がキレたときに自分もキレたこと、そこには「恐れ」があったのだろうと言った。

いったい「恐れ」とは。

このとき夫は私の誤解を解くために、お母さんとお姉さんのところへ話をしに行かなければならなかった。その話とは、両者の反感を買い、反論を受けるであろう話だ。自分と自分の妻が問題を抱えている、その原因は自分の生い立ちにある、となれば、お母さんの育てかたを批判することになる。

それを言わなくてはならない。なことだ。できれば逃げたい。カウンセリングに行ったら、これを話し合わなければならない。話したくなどない。だからなかなか予約をしなかったのだろうと。

その上、予約しなかった夫を私が責めた。口では謝ったけれど、それは通じなかった。嫌だけれど、やらなければならない。Kelokoからのプレッシャーが嫌だ。自分にこんな嫌なことをさせようとするKelokoが嫌だ。なんでそんなことをさせようとするのだ。嫌だ!!怒る!ということだろうと。

そこで「怒る」ことは、私にも理解できる。でもなぜそれが「恐れ」なのだろう。

カウンセラーいわく、「怒り」というのは二次的な感情なのだと。他の感情が膨れ上がりすぎてどうしようもなくなったときに、それを怒りに変換して破裂するのを逃れるためにあるのだということだった。

たとえば、「悲しみ」。悲しすぎてどうしようもなくなったとき、それ以上悲しみを味わうと破裂してしまうから怒りに変える。親にひどいことをされたとき、怒ることによって「実の親にひどいことをされた」という悲しみが極限を超えるのを逃れる。

「怒り」というのはいわば、人間が生きていくためのサバイバルテクニックのひとつだった。

「怒り」を解決するには、その下に隠れている感情がなんであるかを見る必要がある。夫はこのとき、「不安」だった。嫌なことをしなくてはならない、それはやったこともないことだったし、極度の不安を抱えていた。それが大きく膨れ上がり限界を超えかけたので、怒りに変換して生き延びたのだった。

私にとっては至極理不尽な理由ではあるけれど、このわけのわからない夫の爆発は解明できた。

というのも、私は夫がどれだけこれをやりたくないかということがもちろんわかっていたのだ。だからお母さんのところへ行っても、高い確率でなんの話もせずに帰ってくるだろうと思っていた。仕事の話だとか、家を買う話だとか、これからの世の中これがはやるだろうとか、そういうどうでもいい話だけをしてくるだろうと。

このころ夫はまだ、前進し始めたところだ。自分たちが取り組んでいることがどういうことなのかを、あまり理解できていない状態だった。だから今中途半端に話をしに行ってもまた反論されまくり、最終的に向こうの意見を鵜呑みにして帰ってくるだろう。それよりも、もっとしっかりしてから行ったほうがいいのではと思っていた。

だがカウンセラーは、何度もやればいいのだと言った。びっくりした。たぶんこういう壁は一度で壊せるものではないだろうと。今やって、たとえ逆流してしまったように思えても、何度かやって少しずつ進んでいけばいいだろうと言った。

はっとした。確かにそうだった。一度でなくてもいいのだ。今回少しでも話をすることで、「おや?」と相手に思わせることが重要なのかもしれない。「今までになかったことが起こっている」と気づかせることが。

夫の一家には、「メンタル的なことを話さない」という闇の掟のようなものがあった。どの家族にも「暗黙の了解」というものはある。この一家は仕事やお金の話はよくするのだけれど、「メンタル的な問題は自分の中にしまっておかなければならない」という暗黙の了解があった。

その中で育った夫。大学生のときにバイト先に刃物を持った強盗が入ってきたことがあったけれど、そのことも誰にも話していなかった。小さいころにいじめにあっていたらしいけれど、それも親に話さなかったらしい。私もこのときカウンセラーから初めて聞いた。

夫はそれほど、自分のことを見つめたり話したりしないようになっていた。

お姉さんもそうだった。「大騒動の襲来」の通り、「いつでも話しにおいでね」などと言っておいて、いざ私が問題を持ち上げたら叩いてきた。夫いわく、お姉さんだっていろいろと問題があるはずなのに、そういう話は一切したことがないと。集まれば毎回楽しくお食事をして終わりだった。

考えてみたら、このお姉さんもよっぽどおかしいと思い始めた。

大騒動の前夜」で私がSNSに書き込んだところにコメントをしてきたのだけれど、そこには「ママが面倒をみてくれるわよ」と書いてあった。私はてっきりこれを「まあひどい旦那ね、かわいそうに、ママが面倒をみてくれるわよ!」だと思っていた。お姉さんはわかってくれたのだと。でも実際は「ママが面倒みてくれるのだから黙っておけ」ということだったのだ。

確かに、お母さんが面倒をみてくれるだろう。でもポイントは、誰かが面倒をみてくれるかどうかではない。「自分の夫」が、その「」である自分が床に倒れているときに「無視をする」という状況に対し、これでいいのかというところだ。

お姉さんは自分が倒れたときに、旦那さんがそれを無視してもいいということだろうか。旦那さんは倒れたお姉さんをスルーして普通に生活していて、お母さんがやってきて面倒をみてくれるということでいいのだろうか。そんなわけはないだろう。

そう思ったら、耐えられない怒りがわいてきた。まさに、「慕っていた義理の家族にないがしろにされて悲しい」という気持ちが限界まで膨れ上がったものだった。携帯のメッセージでとっさにあんなに平謝りしてしまったことが、死ぬほど後悔された。

夫もきっと、お姉さんからこういう目にあわされて生きてきたのだ。私が毒親に会いに行くのと同じように、今回気づきがあった上でお母さんのところに行くのは嫌だろう。その気持ちはよくわかった

カウンセラーいわく、夫はそういう「嫌だ」という気持ちを出していいのだということさえわかっていないのだろうとのことだった。「行ったあとでカウンセリングで話したいと思っていた」と言いわけするのも同様。「嫌だと思っている」ということを私とシェアしない、自分の頭の中だけで思っている。

「一緒に生きている感じがしない」「夫は一人で生きている」と私が感じるのも当然だった。私の気持ちだけでなく、夫は自分の気持ちも出さなかったのだ。

では、どうしたらいいか。

カウンセラーは、「How do you feel about visiting your mum?(お母さんのところに行くことについてどう感じる?)」と聞いてみろとアドバイスをくれた。そうやって、夫の気持ちを出してやるのだと。出していいのだと思わせていくのだと。そして帰ってきたら「How did you feel?(どう感じた?)」と聞いてやるのだと。

この「Feel(感じる)」という単語が決め手だった。「How was it ?(どうだった?なにがあった?)」ではなく、「How did you feel?(どう感じたか)」。これを意識的に使うといいと。

私はいつも夫がカウンセリングから帰ってきたときは「どうだった?」「なにを話したの?」と聞いていたのだけれど、夫はいつも「忘れた」「たくさんありすぎて思い出せない」だった。そういうメンタル的なことを人とシェアすることに慣れていないのだと。「そういうことは出してはいけない」という暗黙の了解の中で育ったからだ。

だから、その植え付けられた暗黙の了解を破ってやらなければならない。「嫌だ」「やりたくない」という気持ちを出していいのだということ、そうすることは別に悪いことでも弱いことでもなんでもないのだということを、理解させなければならなかった。

そもそも夫は、自分は強い人間だと勘違いしていた。夫の家族がそうだったのだ。メンタル的な話をするのは「弱い人間」のすること。

It’s alright(大丈夫)
It’ll be fine(放っておけばいい)
Time heals all wounds(時が解決する)

男気で放置することが、「強い人間」だと思い込んでいる。きっとこれは多くのイギリス人の根っこにあるものだと思う。

でも実際はそれこそが「弱い」ということなのだ。現実を見つめられない、対峙できない。それをするだけの勇気がない。なのだ。

きっと、たとえば仕事の面接などであったら、夫も準備をして勇敢に出陣できるのだろう。でも「メンタルなことは持ち出さない」という家庭で育った夫が、その家庭に「メンタルなことを持ち出さなければならない」となったとき、そのプレッシャー恐れはいかほどだろう。確かに思った。

でも、少しずつでいいのだ。千里の道も一歩から。

Authenticに生きた

まさにその「Authenticに生きる」を実践したできごとが、すぐに起こった。

同居に向けて」で夫の実家へ行き、夫といることに慣れる練習をしてはいたものの、それからもずっと別居の避難生活を送っていた。カウンセラーに相談したところ、一緒に暮らさないと、一緒に暮らさないことにどんどん慣れていってしまうから、できるだけ早く同居を再開したほうがいいと言われた。

ただ、いきなり家で二人で生活を始めることはせず、少しずつ慣らしていくのがいいと言われた。そこで同居の練習を兼ねて、「大騒動の前夜」でクリスマスに夫の実家へ泊まりに行くことにした。ここで数日、周りに人がいるところで夫と過ごしてみて、様子を見る。大丈夫そうだったら、一緒に帰ってきて暮らし始める、という予定だった。

大騒動の襲来」はあったものの、カウンセラーのおかげで「大どんでん返し」となり、「大騒動から見えてきたもの」で書いた通り夫が帰宅して、二人で家で年越しをし、そこから一緒に暮らし始めることになった。奇妙だったし、なにか壊れやすいものを抱えているような感じはあったものの、なんとなくまた戻れたことが嬉しい気持ちもあった。

夫は行ったり来たりの生活から落ち着いて暮らせるようになって、ほっとしていた。前はそんなことはなかったのに、なぜか私が料理をするたびに「ありがとう」と言うようになった。これはのちに理由が判明する。

こうしてなんとか共同生活に戻った。

カウンセリングは、①私個人、②夫個人、③二人同時、の三体勢で受けていた。毎週三回というわけではなかったけれど、①と③はほぼ毎週で、②の夫も行けるだけ行くようにしていた。

だけど共同生活に戻ったからか、夫はだんだんとやる気を見せなくなっていった。②の夫のカウンセリングは予約がなくなり、私が予約を入れる①と③だけになっていった。

通常カウンセリングというのは「毎週金曜の5時」などとスロットを決めて行うものだけれど、ここのカウンセラーはそうではなかった。だいたい毎週この曜日のこの時間というものはあるけれど、毎回予定を見ながら予約を入れるシステムだった。だからいつもの日に行けないときでも、別の日が空いていたらそこに入れてもらえる。

だからこちらから言い出さないと、自動的には予約は入らない。なんだかんだと理由をつけて、夫は予約を入れなくなっていった。早く問題解決して無事に暮らせるようになりたかった私は、そんな夫に怒りがわいた。

仕事のスケジュールがまだわからないから予約を入れられないと言っておきながら、予定がわかった時点でもなにもせず、時間だけが過ぎていった。もうこれで終わりなのか、どうするつもりなのかと言えば、「忘れていた」「ごめん」などと言っていた。

でも口ばかりで、反省の色はまったく見えなかった。

口だけで「Sorry」を繰り返す夫に対し、私の怒りはまったくおさまらなかった。むしろどんどん加熱していった。それもそのはずだ、このとき夫は自分が悪いことをしたなどとまったく思っていなかった。そしてそれは、毒親にされたこととまったく同じことだったのだ。

「Sorry」と言われたら、許してやらなければならない。私はなにも悪いことをしていないのに、すべては夫が悪いのに、私の怒りはなにもケアされることがなく、私ばかりが怒りを引っ込めて我慢しなければならない。そしてなにも悪いと思っていない夫がまた同じことを繰り返して、「Sorry」と言われたらまた許してやらなければならない。

こんなことはどう考えてもおかしい。

ずっとうずくまって、体の中に荒れ狂う怒りをどうしたらいいのか考えていた。でもなにも思いつくはずもなかった。

そして「怒りは怒りの発端に返さなければならない」という、どこかの本に書いてあった文章を思い出した。毒親育ちは、毒親から受けた理不尽な扱いに対する怒りを毒親に返せずに、自分の中にしまいこんでしまうから、その行き場のない怒りがまったく関係のないところに出て問題を引き起こす。だから怒りはしまいこまず、発端に返さなければならない。

そこで夫に「本当に悪いと思っているのなら一発殴らせろ」と言った。そうしたらやつは、「そんなことで問題は解決しない」などとほざいてきた。

怒りでブチ切れ、泣き叫びながらいかに夫が自分勝手か罵倒した。すると夫はしばらく頭を抱えて獣のようにうーーーと唸り、突然起き上がってガーーーっとキレた。

「You made me angry!!!(俺を怒らせたな!!)」

夫はものすごく醜い歪んだ顔で、わけのわからないことを叫んだ。

なんでお前がキレるのだ。キレのはだ。自分が悪いことをして、そのせいで私が怒っているのに、それをどうしようもできなくて自分がキレる。もうわけがわからなかった。普通ではないと思っていたけれど、本当に頭がおかしいと思った。

そこから言いわけをバーっとし始めた。また実家に行く予定だから、そこでの話をカウンセリングでしたかったからそれまで待っているのだ、自分はKelokoと違って心配性じゃないから焦ったりしていないのだ、Keloko以外の人間は誰でも焦らず普通にやるはずだ、自分はこのペースなのだからこのペースでやらせろ、人を変えることはできない、このままの自分をKelokoは受け入れなければならない、自分は一人だって生きていけるのだ、自分がKelokoと一緒にいたいから努力してるだけであって、それがなかったら自分たちは一緒になんかいられないのだ、なにもかも自分のおかげなのだ。

本当に終わってると思った。カウンセリングでちょっとかじったことを最大限に悪用して、母国語の英語でぶわーっと言ってきた。このやり口に、のちのち私は死ぬほど苦しめられていくことになる。

私は単語のひとつひとつを全力で叫びながら、言い返してやった。

そんなお前の予定なんか知ったことではない、そんなのお前の頭の中にあるだけで、今始めて聞いた。そりゃあ私はお前より頭がいいけれど、超能力者ではない。お前が火曜にスケジュールがわかると言ったから待っただろうが。ちゃんとお前のペースに合わせてやっているだろうが。お前はいつも「大丈夫」「やる」と言うくせに、いざ仕事が始まったら「仕事の後にカウンセリングなんて疲れてできない」などと言い出すだろうが。今のうちに受けれるだけ受けようと思うのが普通だろうが。いつだってお前は私の行動を待ってるだけで自分からはなにもしないだろうが。なにが自分の努力でこの二人がもっているだ、真逆だろうが。

そうしたら夫はうーーーんと唸り、身動きできなくなってしまった。

そこで、「Authenticに生きる」を思い出した。それで時間を置いたあとに、夫に言ってやった。

いいか、私は今までお前が「Sorry」と言えば許してきた。でも、これからは違う。私の中に怒りがあるうちは、許したりはしない。怒っているのにお前を許すのは、私の「怒り」という感情を無視していることになる。今までそうして怒りを自分の中にためこんできたから、こんなに大変な問題になっているのだ。金輪際そんなことはしない。自分の感情を無視せず、尊重する。「Authenticに生きる」とカウンセリングで教わったのだ。

私の中に「怒り」はちゃんとある。誰がなんと言おうと、お前が謝ろうと謝るまいと、これが私の中にあるうちは許したりしない。私は金輪際、自分の気持ちを無視しない。私が無視したら、他に誰もそれを拾ってくれる人がいないのだ。私しか拾ってやれる人間はいないのだ。お前がなんと言おうとなにをしようと、誰がなんと言おうとなにをしようと、私は私の感情を無視しない。それが気に入らないやつのことなど知ったことではない。

全力で、単語のひとつひとつに力を込めて、言ってやった。

そうしたら夫がハッとなり、「殴ってくれ」と言ってきた。私の手首をつかんで、自分の胸に当て、殴ってくれと。

すると驚くことに、私の怒りはすーーーっと消えていった。

すごかった。「怒り」は、認識されたらなくなるのだ。「怒りを癒す」でやったことだった。夫が私の怒りを無視して口ばかりの「Sorry」を繰り返す間は怒りが認識されず、どんどん増していくばかりだった。それがひとたび夫にきちんと認識されたとたん、きれいに消えてなくなっていったのだ。

毒親から与えられた怒りがいつまでたっても消えずに積もり積もっていってしまうのは、その怒りが認識されないからだ。「そんなことで怒るお前が悪い」「なにをそんなに怒っているのだろうね」「私はもうなんとも思っていないのにね」と、一方的に理不尽を押しつけて人を怒らせておいて、それを認めないどころか無視して放置するからだ。

毒親が「確かに私があなたにしたことは悪かった、あなたの怒りはごもっともだ」と言い出すことはまずない。だからこその「毒親」なのだから。毒親育ちは他の方法で、怒りを認識してもらい、解毒していく方法を見つけなければならない。それがカウンセリングで行われる「共感」の手法なのだろう。

そして怒りを抑圧せずに、こうしてAuthenticに自分の気持ちを説明しぶつけたことが、自分にとっても自分の怒りを正当とし認めることになり、夫にも認めさせることになったのだ。それが怒りの解消になったのだ。