怒り

「「本当のスピリチュアル」への階段」

最近やったワークで、ものすごい効果が出たものがある。

この本のChapter 3にあった、「(ネガティブな)セルフイメージを書き出す」ワーク。

スピリチュアルの本とはなっているものの、著者のMOMOYOさんは長年に渡り摂食障害を患い心理学も勉強されていて、メンタルの仕組みもものすごく理解されているかた。彼女のYouTubeを見ていても、たくさんのヒントやアドバイスをお話されている。私がカウンセリングでやったことや、心の仕組みのお話がたくさんある。

スピリチュアル系やメンタル系の動画やブログを見ていると、「ポジティブな自分」でいることの重要性について話されているものが多い。「言霊」や「引き寄せの法則」などで言われる通り、ネガティブな言葉を発するとネガティブな現実が実現してしまうので、いつもポジティブな言葉を発し、ポジティブな自分でいましょうというようなもの。

それは、本当にそうだと思う。でも、長い人生で常にポジティブでいられることは絶対にない。どんな人であっても。

ネガティブなときでも、ポジティブな言葉を発することで、空気が変わることもあるとは思う。でも実際、それは一時的なものだ。ポジティブになるには、まず自分の中にあるネガティブを出しきることが先決。ネガティブがあるままでポジティブを演じていると、本当のポジティブになれないばかりか、自分の中に抑圧されたネガティブがいつか爆発することになる。

カウンセリングでも、やってきた。親に対する「ほとばしる怒り」をカウンセラーにぶちまけ十分聞いてもらうことで消化し、「怒りを癒やす」。そこまできて初めて、次の「自分を癒す」段階に進んでいける。親に対する怒りを抱えたままでは、本当の意味で自分に目を向けていくことはできないし、無理やり進もうとしても無駄になる。

生きづらさを抱えている人で、まだ自覚のない場合、最初にスピリチュアルや占いなどに向かう人も多いと思う。無意識の中では、自分の中にあるネガティブに気づいているのだけれど、本能的に向き合うことを避けるから、スピリチュアルや占いとしてふわっとしたものに向かう。解毒の初期段階。ずっと前に江原啓之さんがあれだけ人気になったのは、これだと私は思っている。自分とはまだ向き合えないから、先祖の話、守護霊の話、前世の話として、受け入れやすい形から入る。「ブランド嗜好」で書いた通りだ。

スピリチュアルでも心理カウンセリングでも、行き着くところは同じだと私は思っている。「人生を幸せに生きること」、どちらもこれを目指しているからだ。幸せに生きるには、自分自身と向き合う必要がある。好きな自分も、嫌いな自分も。それを可能にするツールはたくさんあって、スピリチュアルも心理カウンセリングもそうだし、ヨガや鍼灸整体(メンタルの不調は身体に出るので)、ヒプノセラピーに、その他もろもろ。宗教だって、出発点はそこだった。

どれをやっていても、ネガティブな自分と向き合っていない人はすぐわかる。「いつもポジティブ!」みたいなことを言っていても、ネガティブを抑圧しているだけであれば、幸せそうではない。自分を抑圧している人は、人を抑圧したりマウントをとろうとしたりもする。

試しに、「私は素晴らしい!」と言ってみる。心からそう思えていなければ、なにかある。それを無視して、毎日「私は素晴らしい!」を繰り返していても、前には進みづらい。なにがあるのか、掘ってみる。出てきたものを、並べて見てみる。それが、この本に書いてあるワークだ。

なので、まだ親に対する怒りが強い人は、このワークには向かない。「解毒の段階」や「毒親からの回復の段階」でも書いたけれど、解毒はざっくりと下記のような感じで進んでいくと思う。このワークが向いているのは、少なくともの段階にいる人か、4の段階に移りつつある人だ。

1.自分が生きづらいことを認識(否定していたけれどできなくなり認識する)
2.それが育ち(親)のせいであることを認識(否定していたけれどできなくなり認識する)
3.親への怒りを十分ぶちまけ出し切る
4.自分の回復に向かう

自分が3の段階にいるか4の段階にいるかは、毒エピソードに引きつけられるかどうかを見てみるといいと思う。「化粧水」や「化粧水ふたたび」みたいなエピソードを読んでみて、「そうそうこれ!!うちはね、」と文句をぶちまけたくなってきたら、3の段階だと思っていい。私も3の段階にいたときは、いろいろな人の毒親体験談を読み漁り、毎日のように怒りと涙に明け暮れていた。そしてそれをカウンセリングでぶちまける。この段階はとても重要。ここを十分やってから、4に進む。

3の親への怒りは、親だけでなく、日常的に関わる人に対して出てくる。たとえば、上司や同僚、配偶者、友人、子供など。実は出てくる怒り全般がこれに該当するので、怒りが出てきたらなんでも掘ってみるといい。なにが原因かがわかってくる。それがカウンセリング。自分ではなかなか原因に気づけないので、プロの手を借りる。慣れれば自分でもできるようにはなってくるけれど、人の視点、それもプロの視点はやはり大きな頼りになる。同時に話も聞いてもらえるので、ぶちまけさせてもらうことができ、解消が早くなる。

やりかたがわかってくれば、日常的に出てくるものを自分でも消化していく。それがこのワーク。ポジティブではなく、ネガティブに焦点を置いたワーク。これは、スピリチュアル系の本ではほとんど見ない。MOMOYOさんだからこそであると思う。

スピリチュアルが苦手だというような人は、他のChapterをすっ飛ばしてここだけ読んでもいいと思う。自分の中のネガティブなセルフイメージの見つけかたを読んでみて、それをやってみる。

4の段階にいる人に向いているものの、1〜3の段階にいる人でも(1の人がそもそもこのブログに行き着くことはなさそうではあるけれど)、やってできないこともないとは思う。ドMの人や、私のようにOCDで、神経質でとにかくきれいにしないと気が済まないという人は、特に向いているはずだ。表面をきれいにしただけでなく、きちんと根本的にきれいにしないと気が済まない人はすごく向いている。実際、私もそれでここまでやってきた。「嫌いなところも役に立つ」。だめだと思う自分でも、要は使いようなのだ。

実は、以前モニターを募集させていただいた「シータヒーリング」も、このネガティブなセルフイメージを見つけ出すワークになる。クライアントの中にどういうネガティブがあるかを見つけ、それを解消していく。OCDな私は、これを見つけるがとてもうまい。なので、このヒーリングにとても向いていた。本当は、リーディングをしてなにが根っこになっているかを見つけるのだけれど、クライアントの話の中から根っこを見つけていくことはある程度できる。本当に、要は使いようなのだ。

無視されると感じるメカニズム

このあたりで、本格的にカウンセリングを受け始めてから5か月。ここまででわかったことをまとめてみた。

1)怒りの原因について

①「人が言うことを信用できない」で書いたように、Entitleされていないと感じるとき
相手のタイミングで話を切り上げられるときや、先に「もう寝る」と言われるなど、相手のタイミングでものごとを進めようとされるとき。

②気持ちを無視されていると感じるとき
話しているのに相手の話にもっていかれるときや、泣いている/悲しんでいる/喜んでいるのにまったく違う話をされるなどして、無視されるとき。

誤解されるとき
相手が自分のことを間違ったように解釈してなんの疑いも持っていないとき、またその上さらに相手の解釈を押しつけてくるとき。

2)不安の原因について

①常に完璧でいなければならない
少しの漏れも見逃せないから、常に360°何年先のことまでも気を張り詰めてなければならない。

②結果をコントロールできない
人に合わせなければならないから、自分の希望することができず、終わるまでただ少しでも自分の希望に近い結果が偶然出ることを願い続けていて、いつも不安な気持ちを抱えながらいなければばらない。

③人の言うことを信用できない
夫が「休める」と言っても本当に休めるのか確認しないと信用できず、「大丈夫」と言われてもそれはその人の感覚だから本当に大丈夫かは自分で確かめないとわからないと思っている。

こんな感じだった。それ以前とはかなり変わってきていて、より本質に近づいていると感じていた。

こんなことが出てくるとは、それ以前には思いもよらなかった。日本語の「カウンセリングが終了」した時点でも多くのことに気づけたと思っていたけれど、このとき考えてみるとまだまだあれは表面的だったということがわかった。いかに自分が表面だけで生きてきたかということを、しみじみと感じた。

こうして書き出して見てみると、「怒り」は親からされたことと同じことをされるのがトリガー(引き金)になっていて、「不安」は親が信用できなかったことに由来していた。また、「怒り」の①と、「不安」の②は、同じことからきていると気づいた。同じことから、怒りと不安の両方が出てくる。ということは、ここが解消されれば二つ治るということだった。

かなり解明された感じがしていた。ほぼ核心まで来ていて、あとはもう治療に取り組んでいくだけなのかもしれない、とも思っていた。でも以前かなり解明されたと感じていたのにまたこうして理解が進んだことを考えてみると、もしかしたらもっと核心的なことが出てくるのかもしれないとも同時に思っていた。

ちょうどこのころ、「怒り」の②番「無視される」というところに関することがあった。

水が硬いイギリスでは、このように水回りにライムスケールがこびりつく。定期的にレモン汁や専用の洗剤スプレーを使わないと、どんどん真っ白になっていって大変になる。蛇口が回せなくなったりもする。

うちで使っていたBrita(浄水器)にライムスケールがかなりこびりついていたので、食洗機で洗おうと思って分解した。蓋のところに右の写真のようなメモリがついていたので、もし電池のようなものが入っているのなら、食洗機に入れられないかもしれないと思い、夫に聞いてみた。

私「これってエレクトリック(電気式)?」
夫「取りたいなら外そうか?」

私は「電気式かどうか」を聞いているのに、夫は「メモリを取り外すかどうか」という別の話になってしまっていた。質問に対し、まったく関係のない、しかも質問で、返ってくる。そして、すでに食洗機のドアまで開けていた。

思い返してみれば、こういうことは以前から頻繁にあった。でも最初のころは、自分がイライラすることにも気づかず、夫の話に合わせていたのだ。それで自分が話そうとしていたことがわからなくなって、なにも解決せず、夫がスッキリしただけで終わる。解毒が進んできてやっと、夫が話を奪っている、それに対して自分がイライラしているということに気づき始めたのだ。

質問に質問で返ってくるのもおかしいし、さらにその質問が私の話したかったことと関係のないものだと、「無視されている」という状況を想起させられて、怒りが湧いてくる。なぜイライラするのか、その原因がこのころようやくわかるようになった。そして、イライラして当然だということもここでやっとわかったのだ。

たぶん夫の頭の中では、

これは電気式
   ↓
食洗機に入れられない
   ↓
これだけ手で洗おうか?
   ↓
でもKelokoは食洗機で洗いたいのだと思う(勝手な思い込み)
   ↓
ここの部分は取り外せそうだ
   ↓
「取り外そうか?」

という思考が勝手に行われて、最後の「取りたいなら外そうか?」だけが口から出るのだろう。

問題点1:私の質問に対する答えが一切ない。

私が知りたかったことは「電気式かどうか」「電池が入っているかどうか」だったのに、まったく関係のない答えが返ってくる。頭の中でどんなプロセスが行われているかは、わかる。わかるけれど、自分の頭の中だけでコンピューターみたいに勝手に計算をしていて、コミュニケーションがまったくない。自分の中だけで完結してしまっている。

問題点2:私がしたいことを勝手に思い込んでしゃべっている。

私がしたいのは、それを食洗機に入れることではない。電池が入ってるかどうかを確認した上で、手で洗ったほうがいいか、メモリを外して食洗機に入れたほうがいいか、手間がかからなくていいのはどの方法かを割り出すこと。それを、私が「食洗機に入れたいんだ」と勝手に思い込んで、「そのためにはどうしたらいいか」を勝手に考えて、勝手にやろうとしてくる。

しかも、電池が入ってるかどうかなんて開けてみてもいないからわからないはずなのに、「Kelokoは食洗機に入れたいんだ」という勝手な思い込みが優先して、「電池だよ」と私の質問に対しては適当なことを言ってくる。

問題点3:Defensive(過剰防衛)になってどうでもいいことを主張し始める。

私が咎めると、「なにが問題になっているのか」「どうしたらいいのか」を導き出す話し合いにならず、「自分が言っていることは正しい」を主張するだけになる。

「そうではない、電池式かどうかを聞いてる」と言うと、「でもこれ外せるよ」と、またわけのわからない回答を出してくる。「食洗機に入れても、これだけライムスケールがこびりついてると、後で手でも洗わなければならないだろうから、最初から手で洗ったほうがいいということもある」と言えば、「食洗機にはライムスケール落としが入っているから、こんなのすぐ落ちるよ」とムキになって言ってくる。ライムスケールが本当に落ちるかどうかではなく、「食洗機に入れさせる」ことが目的になってしまっている。

こんなにこびりついてるのに、食洗機に入れただけで全部きれいになるはずがない。そんなことは簡単にわかるはずなのに、「落ちる!!」と、きっと自分でも本当は思っていないだろうことを必死に主張してくる。それで実際もう面倒だから食洗機に放り込んでやったら、案の定こびりついたまま出てきた。それを見せても、「ああごめんね」で終わり。自分でもきっと、なんでそんなくだらない主張をしたのかわかっていない。

このころまでは、こういう無駄なことが本当に多かった。どうしたらいいかも、当時はわからなかった。それでも、どういう仕組みで怒りや不安が出ているのかメカニズムがわかったのは、本当に大きな進歩だった。それまでは、そんな仕組みがあるということすら知らなかったのだ。

あんこ事件、その1

現在更新してあるところは三年前の話になるのですが、現在起こっていることも記憶に新しいうちに書いておきたいなと思い、書き留めていくことにしました。カテゴリー99の「現在の状況」に入れておいて、更新が追いついてきたら時系列に入れようと思います。


この前、久しぶりに夫と喧嘩になった。

「喧嘩になった」というより、「喧嘩にした」という感じだ。

以前は言いたいことを抑えていたので、喧嘩にならなかった。でもそれが溜まって爆発する。だから「言いたいことが出てきたらその都度出すようにしないといけない」とカウンセリングでもやった。最初は言いたいことを押し込めていることにすら、気づけなかった。そのうち、言いたいことはあるのだけれどタイミングを伺って出せない自分を発見した。それからは、話の流れがおかしかろうがなんだろうが出す練習をしてきた。最初はうまく出すことができないけれど、そのうち上手に出せるようになってくる。カウンセラーにもそう言われた。

日本ではたいてい、言いたいことを言わずに相手に察してもらう努力をする。すると相手に察する能力が乏しい場合、言いたいことを押し込めるだけになる。夫のように愛着障害回避型は「人や自分の感情をスルーする」という問題があるため、そういう人が相手だと私の言いたいことは永遠に日の目を見ることができない。

私の場合、言いたいことが言えないのは、主に親から言いたいことを言える環境を用意してもらえず育ったからだ。なにを言っても否定されれば、人間はだんだんなにも言わないようになってくる。そして言わなければならないことが出てきたとき、否定されないようにはどうしたらいいかを考え、タイミングや言いかたをよく考えて実行に移す。それでも否定されるのだけれど、どんどん削られていく安心感とともに、どんどん用意周到に巧妙になっていってわけがわからなくなっていく。

また境界線が乏しく外部評価に頼っているので、相手がどういう反応を示すかに依存している。相手に否定されると、自分のすべてを否定されたように感じる。私の話に賛同するかどうか、人の感情や考えを強制することはできない。だから人の反応に自分の評価を頼っていたら生きていけないのだ。

相手の反応に関わらず、自分の言いたいことを言うこと。それは今でも私の中で大きな課題になっている。

この前は、それが久しぶりに浮き彫りになった。

イギリスには「Aduki Beans」という名前で小豆が売っている。私はそれでたまにあんこを大量に作って、小分けにして冷凍保存しておいて、好きなときにお汁粉を食べたりしている。ストックがなくなってきたので、また作ることにした。大量の小豆を何時間も煮てやっと完成し、冷ますためにお皿に移した。

お玉についたあんこを食べたらおいしかったので、もっと味見したいと思い、大きなスプーンに大量にすくって食べてみた。それを見た夫が、自分もとスプーンを出してきて味見をした。小さいスプーンだった。そんな小さいひと口で満足するかな、どうせもっとほしくなるのだから大きなスプーンでたくさんすくえばいいのに、まさかその使ったスプーンでまた味見をしたりしないだろうな、やりそうだな、でも同じことを何度も注意したことがあるし、やらないかもしれない、と思って見ていた。

やはり、やった

頭にきた。

私が何時間もかけて作った保存用のあんこに、馬鹿みたいに「うん、いいんじゃない?」とか言いながら口をつけたスプーンを突っ込んでいる夫に、猛烈に怒りが湧いた。

でもここで、怒りを出せなかった。笑いながら注意して、適当に済ませた自分がいた。馬鹿だ。

もうあんこを見たくなくて、食事の支度を始めた。それでも怒りがおさまらなかった。そこで初めて、自分の中の怒りに気づいた。「あ、怒りを押し込めている」と気づいた。ここまでこないとこんなことにも気づかないなんて、私もまだまだだなと思った。

この怒りをどうしようと思った。

「こんなことで怒るなんて大人げない」
「話は終わったのにまた持ち出すなんて」
「夫の冬休み最終日なのに喧嘩なんて」

そういう考えがぐるぐる頭の中をめぐった。どれも日本で、親のもとで、様々なところで植えつけられた「怒り=よくない、みっともない」という思い込みだ。「みっともない」と思い込ませれば、それを抑圧するようになるので、親や社会にとって都合がいい。そうやって周りからコントロールされてきたのだ。

そして子供の自分は、怒りを抑圧すれば親や社会から喜ばれて必要とされるので、これをサバイバルテクニックとして身につけた。本当に教えるべき、身につけるべきは、「上手な怒りの出しかた」だ。それができなかったのだ。

喉に問いかける」のセッションで、最後まで「怒り」が出てこなかったのもこれだ。

「怒り」も、立派な人間の感情の一つだ。無視していては現実が成り立たない。ネガティブな感情を無視し、ポジティブな感情だけ認めて過ごすのは、現実を無視している。実際にそこに存在するものを無視するのは、非現実。「こうあるべき」のバーチャル世界だ。

ネガティブもポジティブも、存在を認めて受け入れること。それが現実の世界を生きるということ。

世界は片方だけでできてはいない。陰陽の両方でできている。だから、ネガティブをざっくり無視していいことだけに注目するたぐいの「ポジティブ思考」は人を幸せにしない。明るいのだけれど、どこか空っぽで宙に浮いている。現実から目をそらし、非現実の世界を漂っているからだ。

ここで怒りをちゃんと出しておこう。自分の気持ちをちゃんと言っておこう。そう考えて実行した。