希望

感謝が勝るようになってきた

新しい職場で衝撃のポジティブ経験をしながら毎日を過ごす中で、自分にも変化が現れてきた。

実は今、夫と別居をしている。仕事も始めて収入もできたので、部屋を探して家を出た。イギリスでは若い人はシェアルームに住むことが多く、お金のある人が投資で一軒家を買って中の部屋を一部屋ずつ貸していたり、家族で住みながら余っている部屋を人に貸したりしているところに、光熱費や水道代、ネットに税金など全部込みで月いくらで借りて住む。

最短で一週間や一か月から借りられたりするので、ロンドンでは数週間のホリデーの人だったり、あとは学生さんはよくこれで滞在している。私も家を出てみてどう感じるか様子を見たかったので、数か月からOKで、契約書もリファレンス(「この人はきちんと家賃を納めていました」と証明する手紙を前の大家からもらう)もいらないところにした。

というよりも、ここがとても気に入ったのだ。駅から遠いのだけれど、治安のいい静かなところにあって、庭が大きく、川が流れていて、最上階の私の部屋から緑の景色が広がる。半屋根裏の部屋は斜めの壁に囲まれていて、白い壁に茶色の柱がかわいく、広くてとてもくつろげる。北と南の両側に窓があり、光も入るし換気もいい。暖房も効いていて、いつもあたたかい。お風呂とトイレは共同だけれど、最上階には私ともう一人しか住んでいないので、バッティングすることもない。お風呂はお湯につかりながら、天窓から月が眺められたりする。

なにより、イギリスだというのに土足厳禁なのが本当に気に入った。玄関で靴を脱いで、一階のキッチンエリアはタイル張りの上をスリッパで過ごす。二階に上がる階段からカーペットなので、みんな階段の下でスリッパを脱いで上がっていく。家はどこも手入れがされていて、いつもきれい。お金儲けでせかせかした感じがなく、定年間近のオーナー夫婦がやっている、余裕のあるお家というのがよかった。

駅から遠いので迷ったけれど、とにかく落ち着いてゆっくりしたかったので、ここに決めた。とりあえずのものだけを、週末にレンタカーで数往復して運び込んだ。車を返して戻ると、居心地のいい空間にほっとした。

大家さんが家の説明をしてくれたのだけれど、そのときに少し気になることがあった。

食洗機には大家さんが食器を入れるから、自分で入れずに流しの横に置いておくように言われたり、ごみも大家さんが出すから自分たちではやらないように言われたのだ。

気持ちは、なんとなくわかる。夫がやるより私が食器を入れたほうが、きちんと整頓して入れられるからより多くのものが入る。私も最初のころは、夫が入れたのをわざわざ直して入れなおしたりしていた。でも、こういうのは人それぞれ。なんでもかんでも自分でやらなきゃならないと自分で自分を追い詰めるのではなく、「人を尊重し受容する」ということ。夫のやりかたも受容して、ありがとうと感謝してやってもらえばいい。

もちろん、使った食器を置いておけばいいというのは、本当にラクでいい。通常のシェアルームであれば、誰が洗い物を置きっぱなしにするということでもめるわけだが、置きっぱなしにしておいてくれというのだから、助かる。それはありがたい。

でも、みんなの食洗機やごみ出しまで自分でやらなければ気が済まない大家さんというのは、なんかちょっとおかしいのでは。そう、うっすらと感じていた。

そして、それは当たっていた

週末が終わり、仕事をして帰宅すると、大家さんに呼び止められた。部屋に行って話しましょうと言う。なんだろうと思っていると、昼間私の部屋に入ったとのこと。「雨が降ってきたから窓を確認に」と言っていたけれど、言いわけだろう。新人の私が部屋をどう使っているか、確認しに入ったのだ。

部屋に鍵がないのはわかっていたけれど、まさか自分がいないときに入ってくるとは思わなかった。怖くて固まってしまった。

私はお茶をよく飲むので、電気ケトルを部屋で使っていた。これでお湯を沸かすたびに一階まで降りることなく、部屋で熱いお茶が飲める。それを、湯気で壁やカーテンが痛むから、部屋でケトルを使わないでくれと言われた。棚の上に並べておいたお茶やコーヒーなども、ここに置かずに一階のキッチンに置いてくれと。

嫌だったけれど、ケトルはまだわかる。でも、なぜお茶を部屋に置いておいてはいけないのだろう。

やはりコントロールフリークだった、と思った。すべてが自分の思う通りになっていないと耐えられないタイプ。人に貸している部屋の中まで、コントロールしてこようとする。こういう人は、親を思い起こさせる。怒りでどうにもならなくなる。

ところが大家さんは、部屋の中のいちゃもんをつけるだけでは済まなかった。

テーブルの上に大きな三面鏡があったのだけれど、これが窓からの光をさえぎってしまっているのと、テーブルで化粧をするのではなくパソコンを使ったりしたかったため、この三面鏡を床に下ろしてしまっていた。それについて大家さんが「鏡を壁掛けのにするわね」と。見ると、床に置いておいた三面鏡がなくなっていた

自分がいない間に、自分の部屋に人が入って、ものをいじっている。ゾゾゾーっとした。

こういうことは当然、自分の領域を侵食してくる毒親を思い起こさせる。怒りと恐怖を一気に呼び起こされて、大家さんが部屋から出て行ってからも立ち直ることができなかった。せっかくいいところを見つけたと思ったのに、またこんな人がいるところにやってきてしまった。もうこんなところは無理だ、早く出よう。そう思って、また部屋探しのサイトに飛び戻った。

翌日仕事から戻ると、壁掛けの鏡がついていた。やはり、自分のいない間にまた入ったのだ。

でも、怒りと恐怖は続かなかった。なんと、鏡が、とてもよかったのだ。

髪の毛を乾かすときや、朝服装をチェックするときに、さくっと見える大きな鏡がほしいと思っていた。部屋の外にある鏡では、裸で服を並べて見てみることはできない。部屋の中に鏡がないと不便だな、と思っていた。それを、取り付けてもらえたのだ。

こういうとき、以前の自分ならもちろん、大家さんが私の部屋を自分の部屋のごとく好きなようにしただけだから、感謝することではないと思っていただろう。実際、そうではあると思う。使わない鏡がそこにあるのが耐えられない、部屋をちゃんと使ってほしい、そのように鏡を変えたい、というコントロール心からやったことだろうと思う。

でも、それであっても

使わない鏡が床の上に邪魔くさく放置してあるのより、使える鏡に変えてもらったほうが、全然よくないだろうか。理由はどうであれ、私が使いやすいように部屋を合わせてくれたというのは、とても親切ではないだろうか。出会って数日の私に、こんなにもすぐやってくれたなんて、ありがたくないだろうか。

家を出て、これからどうなるかわからない自分。そこに、親切にしてくれる人がいる。一度会っただけなのに、信用して家に住ませて。私が部屋を使いやすいように、部屋を直してくれた。「テーブルを机にして使うなら三面鏡は確かに邪魔だからね、壁掛けにしよう」と。下見に来たときよりも部屋があちこち直されているのも、気づいていた。ぶわっとが出た。

どちらも本当だと思う。コントロールフリークの大家さん。でも、親切ともとれる大家さん。

どちらを選ぶかは、自分次第なのだ。自分次第で、人を嫌ったり、感謝したりできるのだ。

今まではきっと、嫌うことしかできなかった。同じような状況が、今までの人生の中できっと何度も何度もあったことだろうと思う。ああいう親の元に育っているから、同じようなことをしてくる人が嫌だった。だから感謝できる場面であったとしても、強制的に「嫌うコース」行きになってしまっていた。

でもこうして、新しい職場で感謝することを覚え、心細い状況でもろくなっている今。すべてがよく見えてきた。こんなことは初めての経験だった。これを経験するべきタイミングに、こういう環境が用意されたのだとすら思った。

毒とは」でも書いた通り、毒があるとものごとをニュートラルに捉えることができない。少しのことで激昂したりと、必要のないところで過敏な反応をしてしまう。ものごとの両面を捉えることが難しくなり、色眼鏡がかかったようになる。今まではずっとそうだった。ネットでなにか読んでも、怒りにばかりなっていった。

だけど今、こんなにも完璧な、絶対に毒親を思い起こさせる環境でさえ、感謝の気持ちが出てきた。

毒が抜けてきている。そう実感した。うれしくなった。自分で感動した。

部屋をノックする音がしてドアを開けてみると、大家さんだった。「くつろいでいるところごめん、ヒーターがつかないという話を聞いたから」と。直してちゃんとつくようになったから大丈夫と、わざわざ伝えに来てくれた。いいタイミングだったので、鏡のお礼を言うと、照れながらものすごく喜んでくれた。「悪くないだろ」と言うので、悪くないどころかめちゃくちゃいいですと。

ポジティブの連鎖だ。

私は今までの人生で、どれだけのポジティブ連鎖のチャンスを逃してきたのだろう。

これからどうなるかは、今はわからない。また大家さんが嫌になることもあるかもしれないし、感謝なんてクソ食らえと思うときがやってくるかもしれない。今はたまたま心細く、なんでもいいように受け取って感謝にひたりたいだけなのかもしれない。それも事実だと思う。

でも、今までずっとネガティブで生きてきたのだ。その真逆ができたのだ。

この大きな変化は、私にとって大きな自信になった。本当に私は、今までとは違う人生に足を踏み入れたのだ。

広告

自分たちで解決できるようになってきた

このころカウンセリングの中でも笑いが出るようになってきていた。カウンセリングの場だけではなく、自分たちの間でも話をして解決できることも多くなってきていた。進歩を実感するようになってきていた。

レンタカーでキャンプに行った帰り道。暗い中を高速で走っていて、だんだんと怖くなってきた。目もおかしいし、集中していられない。運転手が「怖い」などと言い出したらパニックになるかもしれないと思って最初は頑張っていたのだけれど、突如として恐怖感が増大し、ついに助けを求めるように「目がおかしい」「怖い」と口にした。

ところが、助手席の夫は「うん」。お前!!!

運転手が「怖い」と言っているのに、「うん」のひと言で放置できる夫が信じられなかった。

パニックになりながらギリギリの状態で運転し、言葉をつまらせながら文句を言うと、夫はだんだんと頭が回ってきたように「大丈夫?」「もうすぐサービスエリアがあるよ」と気をつかってきた。そのサービスエリアまで踏ん張り、やっとの思いで車を止めたところで、一気に力が抜けてハンドルに突っ伏した。落ち着いてから、なぜ「うん」で済ませたのか聞き出した。

話をまとめてみると、夫は、私が日本語でい言った「Kowai(怖い)」を「It’s scary(暗い中の運転は怖い=辺りの様子が怖い)」だと思ったらしい。だから「うん(そうだね)」と返したとのこと。

ところが私の言った「怖い」は、英語にすると「I’m scared(怖いわ=恐怖を感じている)」だ。

人といるとなぜ疲れてしまうのか」のところでも書いたように、日本語には主語を省略する習慣があり、なんのことを言っているのか明確でないことがある。この場合でも、主語が「It’s」か「I’m」かによって、「怖い」の訳が「Scary」か「Scared」かが決まってくる。

It’s scary.(それ怖いな)
I’m scared.(なんだか怖いわ)

このときは主語がなかったから、夫は前者のほうだと思ったらしい。というよりも、このとき初めて知ったことだけれど、夫は「Kowai」を「It’s scary」の用法でしか知らなかったようだ。日本人がよく言う「こわーい!」のほう、つまり「ものの様子が怖い、あり得ない」という意味でしか知らなかったのだ。

夫は、もし私が「I’m scared」と言ったらちゃんと心配をしたと言った。それはどうかわからないと思ったけれど、ここに行き違いがあったことは確実だった。

きちんと話をしなかったら、「夫は私の気持ちを無視する」と思い込んだままで、単なる言葉の行き違いだったということに気づかなかっただろう。カウンセリングの中でいくつも「思い込み」を発見し、それによって自分たちの中に「思い込みがある可能性」を学習していた。そのおかげで、怒りで相手を責めまくるのではなく、怒りを感じながらも念のため「相手がなぜそういう言動に出るのか確かめてみる」ようになってきたのだ。

また、二人で映画を見に行ったときのこと。木曜日だったし、夫が仕事で疲れていることはわかっていたので、ゆっくりはせずん、映画のあとにとりあえず一杯だけ飲むことにした。

一杯飲んだところで、「疲れたし、明日も仕事だから帰ろう」と言われた。これが頭にきた

なぜ頭にきたかはあとで書くけれど、それまでだったらムカついて口をきかなくなっていた。そして夫はそんな私に対して「なんでだよ」となっていただろう。すぐ喧嘩に発展していただろう。

でもこのときは「その言いかたが嫌だ」と伝えた。これも当時の私にとってはものすごい進歩だった。これが伝えられれば、解決策を探る話につながっていくからだ。

最初にも書いたけれど、私も夫の「帰りたい」という気持ちはわかっていたのだ。映画が終わり、帰る前に少しゆっくりしようとなっただけで、長居するつもりなどなかった。なのに、私が長居したがっているように思われていたことが、ムカついたのだ。「お前はわかってないけれど、俺は仕事をしてきて疲れてるんだよ」というように言われたことが、頭にきたのだ。

そう説明したら、ならばなんと言えばいいのだという話になった。

「I’m tired(疲れたよ)」「I have work tomorrow(明日も仕事だ)」などと夫に言われたら、私が仕事のある夫を気づかっていないように聞こえるし、夫が自分のことばかり考えているようにも聞こえる。嫌だ。

それならば、「Shall we go home soon?(そろそろ帰ろうか?)」など、主語を「We(私たち)」にして話したらどうかと。「I’m tired」や「I have work tomorrow」では、確かに主語がすべて「I(俺)」になっている。私が「自分のことばかりだ」と感じてしまってもしかたがない。「We」にすることで、それがなくなる。

今の私たちだったら普通にこれができているけれど、このときは本当に素晴らしい進歩だった。無意味な喧嘩に発展せず、自分たちで話し合って解決したのだ。

この話をカウンセリングで報告すると、さらなる解決方法を教えてもらえた。

1)私は、夫が疲れていて、今日はそんなに長居できないことを理解している。でもそれをまったく理解していないように夫から言われて、頭にくる。私はきちんとわかっているし、夫に対する思いやりもある。それなのに「お前はわかっていないだろう」と根拠のない批判をされるからだ。これは親からされてきたことと同じであり、そのトラウマがトリガーになって、特に頭にこなくてもいいところでムカついているという現象がある。

2)また、今日はそんなに長居できないことがわかっていても、夫から切り上げの言葉を言われると、頭にくる。自分の気持ちを無視して相手の都合と気分に合わせなければならない、相手が自分をコントロールしているように感じる、そういう場面が耐えられない。これも親からされてきたことと同じで、このトラウマがトリガーとなり、似たような場面に陥ると必要もないのに怒りがわく。

では、どうしたらいいか。

2)の解決策として、自分から状況をコントロールしにいくという手法がある。長居できないことが最初からわかっているならば、「今日はそんなに長居できないよね、じゃあ1時間くらいどこかで飲んでいこうか」と、最初から口にしてしまえばいい。そうすれば「もう時間だよ」と相手から言われたとしても、「自分から1時間と言った」という事実があるから、相手からコントロールされているとは感じにくい、と。

これを聞いたとき、カウンセラーというのは本当にすごいと思った。もちろん専門家なのだということはわかっているけれど、こんなこと自分では思いつきもしなかった。

1)の場合、先の長い話だけれど、解毒に取り組みこのトラウマがだんだんと解決されてくれば、同じような場面に出くわしても頭にこなくなる。それまでは今回二人で話し合ったように、夫が言いかたを工夫してもいい。夫はもちろん工夫しなくてはならないところもたくさんあるので、その一環としてやってもらうことにした。

夫の場合、そろそろ帰りたいと思っていてもなかなか言い出せないというところがある。そしてそのまま過ごし、もうだめだという最後の最後になってやっと言い出すから、このときのように不適切な言いかたをしてしまう。

これは「大騒動から見えてきたこと」で書いた通り、気持ちや問題を無視した見かけだけのハッピーファミリーで育ったことが原因だ。みんなが自分の気持ちやネガティブなことを出さず、その場をハッピーに取り繕うことをよしとしてきた結果、今でも自分の気持ちを出すことがなかなかできない。そうすることがはばかられているように感じていている。そしてようやく自分の気持ちを出したときには、こんな言いかたになってしまう。

まずは自分が気持ちを出さないでいる傾向にあるということを認識し、そのおかげでどんな弊害があるか、どういうメカニズムで問題が起こるか認識する。そしてそれを変えられるところから変えていく。並行して、トラウマの解消も行う。

あともう一つ、夫には人の話を奪ってしまう問題もあった。

たとえば、覚えているところではこんなことがあった。

私「この世界って、本当は三次元じゃなくて四次元だったって知ってる?」
夫「四次元ってなんだか知ってる?」」

私が話し始めたのに、夫は私がなにを言いたいのかよりも、「四次元」という単語から自分の言いたいことが出てきてしまって、勝手に自分の話を始めてしまう。まるで子供だ。

それまでの私はこういうとき、夫が話したいことを話させてやって、フラストレーションをコツコツとためこんでいた。でもそれにはまったく気づいていなかった。なんとなく不公平感を感じていたけれど、それがどこから来ているのかわかっていなかったのだ。今考えてみると、本当に衝撃だ。

でもこのころ、自分がフラストレーションを感じていることに気づき、それがどこから来ているのかわかるようになっていた。夫が話を奪うと「私が話し始めたのに!」と文句を言えるようになった。これも最初のころは、奪われてしばらくふんふんと話を聞いてしまってからだったけれど、だんだんすぐ気づくようになっていった。奪われてすぐに認識し、「今は私の話!」と言いたいことを話し続けられるようにまでなった。

夫のこの問題にもいろいろな原因があることがのちのちわかってくるのだけれど、とりあえずはこのころフラストレーションをためずにその場でストップをかけられるようになってきた。これもまた大きな進歩だった。

まだまだいろいろあったけれど、少なくともこのようにその場で自分たちで話し合って解決策を考えるようになったことは、ものすごく大きな変化だった。解決できずにカウンセリングにもっていくこともまだあったけれど、それでも双方が「話して解決しよう」と思うこと、これがすごく大事だった。カウンセリングで話して解決してきた経験をつめたことで、「また話してみればなにかわかるかもしれない」という考えが自然と出るようになったのだ。

少しが見えてきた。やっとだった。

毒親の予感

こうして、夫の家族のことがようやくいろいろとわかってきた。

大騒動から見えてきたもの」で書いた通り、夫は自分で考えて行動することができなくなってしまった。私がお母さんの家を出て行ってしまったから後を追おうとしたけれど、私に「残れ」と言われれば残ろうとしてしまう、お母さんがそれを喜べばそれが正しい選択なのだと思ってしまう。

でも今回、最後には向こうを出て私を追ってきた。カウンセラーのメールを受け取る前に出てきたと言うから、ではなぜ出てきたのだと聞いてみたら、「やっぱりKelokoと年越しをしたかったんだ」とぽつりと言った。

きっとこのとき、夫は人生で初めて周りの言うことを振りきって、自分で考えて行動したのではないだろうか。

ただ、私がなにを求めているのかを推測して、帰ってきたという可能性もある。それだと、親が言うことをそのままやっているのと同じになる。そうではなく、「二人のためにはどうしたらいいのか」を考えて行動できるようにならなければ。

自分、相手、私たち」で話したように、二人のために、戻ったらいいのか、残ったらいいのか、私を日本へ行かせるのがいいのか。自分がどうしたいかではなく、私がどうしたいかではなく、

「二人のために、なにが必要か」
「そのために、自分がどうするのがいいのか」

これができないといけない。

そうしてこの家族の中で、お母さんやお姉さんの言うことに左右されずに、自分が「こうしたほうがいい」と思ったことをやれるようにならなければならない。

仕事や他のことに関しては、夫は家族の意見などとは関係なく自分の思う通りに生きている。でもこの「メンタル面」に関しては、だめなのだ。周りが常に「こうするべきだ」と指導しなければ、自分の妻に「大丈夫?」と声をかけることすらできないのだ。

当時の夫は、知らない人に声をかけたりなにかを尋ねたりすることも本当に苦手だった。できるだけそうしなくていいように生きていた。すべてはこの、家族とさえきちんと関わらずに育ったことが、原因だった。

そして今回のことで、私はお母さんに大きな疑問を持った。

私を追いかけようとした夫が、やっぱり実家に残って年越しをすると言ったときに、お母さんが「息子と一緒に年越しができる!」と喜んだと聞いたときは、びっくりして言葉が出なかった。お母さんにとって嫁の私のことはどうでもいいとしても、息子がこんな問題を抱えている状況で喜べる神経がわからない。

さらには、夫が「でもやっぱりKelokoが一人で年越しをするなんてかわいそうだ」と言えば、「私なんてもう何年も一人で年越ししてるわよ!」と言われたそうだ。息子とその嫁の話なのに、完全に自分の話になってしまっている。

最終的に、夫が私を追いかけてやはり帰ることにしたら「そうすると思った」と、嫌味を言ってきたらしい。普通なら「そうしなさい」が出なかったとしても、「それがいい」くらいは言うところだろう。

やはりこのお母さん、どう考えてもおかしい。

極めつけが、今回みんなで泊まったりしたことがよほど楽しかったのか、「お金を出し合って大きな家を買って、みんなで一緒に住もう」などと言い始めたこと。成人した子供を近くに置きたがるのは、毒親の典型だ。

以前から、夫と泊まりに行くたびに「こっちに住んだらいいのに」とは言っていた。寂しいのだろうとは思っていた。でもまさか一緒に住もうと言い始めるとは。しかもこんなタイミングで。

この騒動の前だったら、私も家族愛に飢えていて似たようなことを考えていたし、もしかしたらそうしたいと言ってしまったかもしれない。でもこの騒動をへて、そんなことは絶対に無理だと思った。「無理」と食い気味で返した夫に、お母さんは悲しそうな顔をしていたらしい。

このお母さんは、相当な問題を抱えているのではと気づき始めた。もしかして毒親なのではと。

以前に親について聞かれたとき、お母さんは「自分は望まれた子ではなかった」と言っていた。今思うとここでも、私の親の話が完全に自分の話になってしまっていたのもやはりおかしい。

お母さんには、がいたらしい。でもその子が幼くして亡くなってしまって、だから両親は自分を作ったのだと言っていた。なのに自分が男の子ではなく女の子だったから、親はがっかりだったと。そういうかなりヘビーな話を、自虐的に笑いながらしていた。

そんなことを私に言われても、どうしたらいいかわからず黙るしかできなかった。

お母さんの中では、その思いがまだまだ消えていない。二度も結婚をして、三人の子供を持って、親が亡くなり、自分が還暦を超えても、ずっとその思いが残って自分を苦しめ続けている。そしてそれが子供たちにもとなって染み込み、問題を脈々と引き継がせてしまっていっている。

そんなお母さんに育てられたことで、夫はお母さんの傷を埋めるばかりで、自分が子供でいる経験が充分できなかったのだろう。お母さんは今もまだこうして、息子と一緒に新年を祝い、一緒に暮らすことで、自分の傷を埋めようとしている。

でもその傷は、お母さんが自分で埋めていかなければならないものだ。

そういう家庭が嫌だったから、夫は物理的に遠くの大学へ行き、日本へ行くようになったのだ。そしてこれからは、メンタル的にもこの家族から自立しなければならない。

今までずっと体は外に出ていたけれど、メンタル的にはずっと実家にいたのだ。夫はそれに気づいて、家から出なければならない。そして自分の人生を歩み始めなければならない。このときがその第一歩だったのではないか。

夫と無事新年を迎えながら、これでもう大丈夫だと思っていた。でもそうではなかった。