子供

焦りの原因

十分味わう」で落ち着いたあと、なぜこんなにも落ちているのだろうと考えてみた。

それまで何度も焦ることはあっても、なぜだかよくわからなかった。でもこのとき初めてなんとなく理由がわかってきた。「子供を持つ」ことに対する焦りではと思ったのだ。

夫に「将来子供がほしいか」と聞いてみた。すると「50%50%」「どっちでもいい」という回答だった。そうではなくて、あなた自身はどうしたいのだと聞いてみた。すると「いらない」と答えたのだ。

それまでは、「できたらできたで」などと言っていた。自分が就職したときなどは、「これで家も買えるし、Kelokoは子育てすればいいよ」というようなことを言ったりしていたのに。あのときは正社員の仕事に就いて、なんとなく安心して大きくなってしまっただけなのだろう。夫は、本当はやはりほしくなかったのだ。私が思った通りだった。

夫は旅行が好きだし、きっと私さえうんと言えば、世界中を旅行して過ごすような人生を送りたいのだろうと思っていた。そういうことも言っていた。子供はお金もかかるし、自分たちのやりたいことだけやっていられなくなる。夫いわく、「人生は短いし、自分は自己中だから」と。

以前だったら「なんて子供みたいな男なんだ」と思っただろう。でもこのときは少し違った。確かに嫌な気持ちはあった。今は二人とも過去からの脱却中であって、きちんとした「大人」になっていないし、だから今はほしくないという気持ちはわかる。でも将来二人がきちんと「大人」になったときにどう思うだろうか、くらいのことは考えてほしいと思った。イラッとする気持ちはあった。

でも、と。だったら、別にそう「ほしくない」と言ってもいいのではと。

将来がどうと考えるのではなく、「今」自分たちはまだメンタルが子供の状態で、解毒して大人になっていく道を進んでいる途中。であれば、「」の気持ちをきちんと表現していいのではないだろうかと。

そう考えると、このころに落ちていた理由がなんとなくわかってきた。たぶん、めちゃくちゃ焦っていたのだろう。解毒を。4月になり、新年度にもなっていた。一年ももう1/4が終わっていた。早く治療をしなくてはと。早く大人にならなくては、そして家を買って子供を産まなくては、歳をとって不可能になる前に、と。自分がほしいかどうかもはっきりしていないのに。

だから、カウンセリングがもっと進んでいかないことにイライラしていた。自分が歳だと感じることにもイライラしていたし、子供を持つことを考えたら今のうちに行きたいところに旅行にも行っておかなければならないし、好きなものを食べたりお酒を飲んだりできなくなるから今のうちに日本にも行ってやっておきたい。早く家を見つけなければならないし、早く仕事にも就いておかないといけない。Etc、Etc…

そういう「制限」や「期限」があって、ものすごくすべてのことに焦っていたのだ。

でも、そうではない。もちろん、子供を産むには期限がある。でもはそういうことを考えている場合ではないのだと、改めて考えた。

なによりもまず、自分を確立することが課題だった。「自分がないということ」の花の図のように、自分がなく自分を支えるためにその他のものに頼っている状態というのは、とても不安定なのだ。自分を持って、ここをしっかり安定させることが先決だった。

そりゃあ子供を産めば、「子供がいないから親の気持ちがわからないのだ」と言ってくる親や妹に対して、言い返したりできるようになるだろう。愛情を注げる対象もできて、そこからいろいろな経験をもらうこともできる。

でもこのときの状態でそれをやってしまうと、「自分を支えるもの」を一つ増やすだけで、「自分を埋める」ことにならないかもしれない。きちんと自分を埋めてから、その先に、子供なり仕事なり友人なりと、「自分がやりたいこと」をしていくのが健全な人生を歩んでいく上で大事だと考えた。人生の手順を順に踏むのではなく、自分がやりたい人生を。

もちろん結婚して配偶者を得え子供を得て、その関わりの中で自分を回復していくということもできる。自分に「毒親育ちである」という自覚があれば。カウンセラーにもそう言われた。でもこのときの私にとっては、夫も私も回復途中という段階で子供を持ってしまったら、どんどん悪い方向へ向かってしまうだけなのではないかという恐怖が拭えなかった。そんな中で子供を持ったとしても、不安で自分がつぶれてしまうと思ったのだ。

そんなことでは心身ともに健康な人間を育てられるわけがない、と思った。自分一人だって安心して存在していられないのに、その上にもっと不安なものを担げるわけがない。これで夫が安定型ならまだいいけれど、夫などもっと不安定な存在だった。これでは無理だと感じるのは当然だった。

なにより、自分は子供がほしいわけではない。なぜそこを無視してしまうのか。馬鹿だ。

それならば、「今はいらない」でいいではないか。

ということで、もう子供とか考えないことにした。それまでも、考えなくていいと思っていた。でもやはり新しい年になり、新しい季節になって、焦りが出てきてしまったのだろう。なにかしなくては、次に進まなくては、と。

とにかく、自分を埋めること、自分の人生を回復することに集中しようと思い直した。回復した後に、子供がほしいと思ったらそれでいいし、年齢的に無理になっていたらもうしかたがない。無理になっていたとしても、回復さえしていれば、他に楽しい道を見つけられるだろう。だからけっきょく、焦る理由はなにもないのだ。

今を生きる」。それだけだった。

そう思ったら、なんだか少しずつラクになってきた。もちろん焦りはどこかしらにあった。試しに子供がいない人たちの話をネットで見てみると、理由はそれぞれだけれど思ったよりもたくさんいて、それも全然ありなんだなと思うようになってきた。イギリスでは特に、未婚だから子供がいないからでなにか言われることもない。今のメイ首相も、子供のいない既婚者だ。

子供を持っても、親の自分より早く亡くされた人もいた。夫だって、自分だって、同じだなと思った。結婚して一緒に暮らしているけれど、なにかあってお互いを亡くしてしまうことだってないとは限らない。なにかを支えにして生きることも幸せではあるだろうけれど、まずやはり自分を埋めてからの話だと思った。

子供より、夫より、仕事より、まず自分だ。自分がなにをしたいかだ。今はもうそれでいい。とにかく自分が回復しないと、なにも始まらない。年齢は失ったけれど、得られたものはたくさんある。それを大事にしていこうと思った。

人生はすべてオリジナル。私は私の人生を歩むしかできないのだ。そう思った。

広告

パリの不思議な人

契約満了で辞めると決めた仕事だったけれど、それからはプレッシャーと不安もなくなり、気持ちもラクになって楽しめるようになっていた。

言いたいことも気負わず言えるようになって、最初からこうできていたらもっと違った仕事生活が楽しめたのにと残念な気持ちになった。夫の仕事が安定していなかったとはいえ、「私がこの仕事を失うわけにはいかない」というプレッシャーを感じすぎていたのだと思った。そんな必要はどこにもなかったのだ。

何度も出張で行ったパリでは、仲良くなった人もできた。とても不思議な人だった。深い話をしてみたいとずっと思っていたんだけど、最後の出張のときにそれが叶った。

彼女は子沢山のお母さんで、とてもあたたかい人だった。私がパリに行くようになってよく話すようになったのだけれど、それまでほとんど個人的な話はしたことがなかった。

仕事のあとにオフィスを出てすぐ、「ねえ、子供を持とうと思ってる?」と突然聞かれた。青天の霹靂だった。

「なんでわかったの?!」と思わず聞き返してしまった。はっきりと子供を産もうというところまではいってなかったけれど、そのころはずっと仕事のことや年齢のことを考えていて、子供をどうしたらいいのだろうと思っていた。

仕事はあとからでもどうにかなるだろうけど、年齡ばかりはそうもいかない。でも、かといって準備ができているかと言われると、けしてそうではなかった。ほしいわけでもないし、将来ほしくなったときを考えると今産まなければいけないと思うけれど、精神的にも安定していないし、できれば今はほしくなかった。

そんなときに、このひとこと。どう受け取ったらいいのかわからなかった。なんでこんなことを言い出したのかもわからなかった。

お店に入ってからは、なぜ契約満了で辞めるのかという話や、総務経理部長のセクハラの話、今は日本の会社が合わないことなどを話した。勤続20年の彼女が仕事を始めたときのこと、最近の会社は変わってしまったこと、彼女の家族のこと、子供のこと、これからのことなどもたくさん聞いた。

帰りにまた子供の話になったのだけれど、そのときには私の気持ちが緩んでいて、親のことがあって精神的に不安定で、子供にも同じことをするかもしれない不安もあって、などということを話してしまった。すると、

「大丈夫、あなたはそんな風にはならないわよ」

と事も無げに言われたのだ。

「私のなにを知っているというのだ」と思う間もなく、がぶわーっとあふれてきてしまった。

仕事で半年ほど密に関わっただけで、彼女が私のことをよく知っているとも思えなかった。一度だけ、彼女がロンドンに来たときに、「子供は持たないの?」と聞かれたことはあった。でも「まだわからないんだ」と言って終わりだった。よくある会話だ。こちらの人たちは日本人のようにプライベートな話には突っ込んでこないから、そのときもそこまでだった。

彼女ももちろん普段はそうらしいのだけれど、なにかピンときた人には思ったことを言うのだそうだ。私にはずっとこれを話そうと思っていたらしい。

彼女は自分でも不思議がっていたけれど、なにかを必要としている人がわかるらしい。以前も別の人に「子供ほしいんじゃない?」と突然聞いたことがあって、全然知らなかったのだけれど、なんとその人は子供ができなくて悩んでいたらしい。それで仕事を辞めるよう勧めて、その人は辞めたんだけれど、数か月後にその人から連絡があって、仕事を辞めて本当に子供ができたとのことだった。

またある人が会社の求人に応募してきて、彼女が面接をしたのだけれど、どうもその人の居場所はここじゃないと感じたので、いい人だったけれど「あなたの仕事はここじゃないから、別のこういう仕事を探したほうがいい」とアドバイスをして帰したらしい。すると数か月後にその人から連絡があり、彼女の言う通りにすごくいい仕事に出会えたと感謝されたそうだ。

私にも、もしかしたらそう言ってくれる人が必要だったのかもしれない。突然だったしよくわからなかったけれど、涙が出てきたということは、なにかに大きく刺さったのだと思った。

彼女は、「誰にでもそう言ってるわけじゃないし、会社の別の人は子供がいないけど、その人はまだ自分が子供だから子供を持つのはまだまだだと思う、でもKelokoちゃんは大人だから大丈夫」「Kelokoちゃんはたぶん12歳くらいからもう大人だったんじゃないの」と言ってきた。

たしかに私はカウンセリングでもわかってきた通り、「子供」でいた経験がほとんどない。12歳というより、たぶんもっと早くから大人でいることを押しつけられてしまっていたのだと思う。だから自分がまだまだ子供だし、そんな自分は子供を持つことはできないだろうと思っていた。

彼女が言うには、問題は「母親になりたいか」であって、「子供を持ちたいか」ではないとのこと。母親になる準備ができているか、そこを考えるんだということだった。

どうするかわからないけれど、じゃあもし母親になってなにか困ったことが出てきたら、また相談させてと言ってみた。「今からパリに行くから!」って電話かけちゃうよと。すると彼女は、「みんなそうやって私のところに戻ってくると言うけど、誰も戻ってきたことはないよ」と、楽しそうに言った。「え、なんで?」と聞くと、「みんなハッピーになったからよ、問題がないから戻ってこないの」と。

それで自分はハッピーなんだ、きっとその人たちもまた誰かに必要なことを伝えて、それで誰かをまた幸せにして、そうやって巡り巡って世界は成り立ってるんだよ、と。

小さいころにフランスに移住してきた彼女は、きっと大変な子供時代を過ごしている。でも今はそうやって家族を持って、幸せな人生を歩んでいる。だから人のことを思って、人のことを考えて、人に必要なことを伝えて、その幸せを人に伝えていっているのだと思う。

自分もこれを乗り越えたとき、人に幸せを伝えてあげられるようになりたいと思った。

江戸時代風過去生の考察

前世療法の続き。

母親との関係性」は見れたものの、父親はまったく出てこなかった。セラピストにも「父親と思われるような人はいませんでしたか?」と聞かれたけれど、感じるものはとくになかった。第一幕に出てきた男二人も、どちらも現実の誰と思われる人はいなかった。

いつも「目はいつの人生でも同じなので、を見てみてください」と言われるのだけれど、私は目を見てもあまりよくわからない。目よりも雰囲気でわかるほうなのか、姿形がなくなって雰囲気だけになる、要するにの状態になって出てくると、誰かということがわかりやすいかもしれない。

私はこのとき、もう「親との関係性」は見なくてもいいのだということだと解釈した。もうこれに関してはなにもない、終わってしまったことなのだと、潜在意識が言っているのだろうと。母親のことが少し見れたのは、毒親のメカニズムの一種を見れたということで、それ以外はもう必要がないのかもしれないと思った。

第一幕から三幕まで通してうっすらと見えてくるテーマが、「バランス」なのかもしれないとセラピストに言われた。私もそんな感じを受けていたので、そう言われてとても納得した。

まず第一幕で、男二人が出てくるけれど、この二人が両極端だ。一人は頼りがいのある正直な男、でもそれを貫いて処刑されてしまう。かといって、もう一人のお調子者の男も、やがてボロが出て処刑される。それを見た過去生の私は「どうしたらいいのだろう」と思っているわけだけれど、「なにごとも極端ではいけない」ということなのではないか。

この後に「毒親」という単語に出会い、毒親のもとに育った人が「白か黒かの両極端で生きるようになってしまう」というのを読んで、ここで出てきた「バランス」の意味がよくわかるようになる。世の中のほとんどのものは、白でも黒でもないグレーでできている。それを知らせるために見たものではないか。

第二幕でも、ご主人にばかり極端に気持ちを傾けて生きた結果、妻の嫉妬をかぶってしまうことになった。仕事も完璧を求めすぎて、9割できても残りの1割のミスが許せない。それが原因で、心残りのある人生を送る。確かに極端すぎる。要はバランスが大事だということなのだろう。

第三幕でご主人にもらったアドバイス、「そのままでいろ」というのも大事だ。わかっていても、このころはまだまだ全然できていなかった。世話になったご主人の娘さんだからといって、すごく好きでもなかった人を妻にもらったりなどしなくていいのだ。たったひとつの失敗に、そこまでこだわらなくてもいいのだ。

そんなことをしなくても、そのままの私をご主人は拾って、愛情を持って育ててくれた。そこを大切に思うことが必要だ。

それでも、毒親育ちにはそれは本当に難しい。生まれてからこのかた一度も、そのままの自分を受け入れられたことがないからだ。実の親にも受け入れられないと、「ではいったいこの世で他の誰が自分のことを受け入れてくれるのか」と子供は思ってしまうことになり、それを一生体の奥底に抱えて生きる。でも、このときはまだそこまでわかっていなかった。

なので、二回目は「なぜこんなに今でも自分の失敗が受け入れられないのか」を見てみることになった。

ちょうどこのころ、電車の中や友達の家で子供を見たりして、「子供とはあんなに親に甘えるものなのか」ということを知って驚愕することがあった。日本とイギリスでは違いがあるのかもしれないし、年代の違いもあるのだろうとは思うけれど、私はあんなにママママ言ったり、両親にくっついたりなどあり得なかった。

あんなに親にぴったりくっついて、「疲れた」とかなにも考えずに言う子供を見て、本当に衝撃だった。疲れた自分を親が気づかうことに、なんの疑問もない。確かに親の立場になってみれば、そんなことは当たり前なのだけれど。

そういう子供を見て思うのは、自分と違ってちゃんとケアされてて羨ましくて悲しい思いもある反面、この子の好きなようになんでもしてやってほしい ということだった。自分とはなんの関係もない電車の中の子供でもそう思うので、とても不思議だと思っていた。

特に、夫が友達の娘と遊んであげていたり、優しくしていたりするのを見ると、なぜかとても嬉しかった。女の子だと自分を投影しやすくて、小さかったころの自分に重ねているのだろうと思った。子供と過ごすことで、子供である経験をして、解毒につなげると聞いたことがあったけれど、子供が夫や他の人から優しくされて大事にされているのを見ても、こうして癒されるのだなと思った。

きっとあのように親から受け入れられてこなかったから、こうなってしまっているのだろうということは、うすうすわかっていたのだ。