仕事

落ち着いた日々

引っ越しをしてひと月以上。荷物も全部移せて、なんとか落ち着いてきた。やっと人と会う気持ちにもなってきて、友人と出かけたり、話を聞いてもらったりもするようになった。

家を出たころのことを書いていこうと思ったのだけれど、気持ちが落ちてきたのでやめた。10以上も記事を書いたけれど、どれもまとまらなくなってしまった。気持ちが新鮮なうちにと思っていたのだけれど、焦っていたのかもしれない。少しずつ時間をかけて書いていけばいい。そう思った。

夫と離れて、生活はとても落ち着いた

わけのわからないところで激高して、コミュニケーションに尋常ではない忍耐を要する人がいない。会社の人も友人も、周りの人はみんなきちんとコミュニケーションが取れる。変な受け取りかたをする人がおらず、みんな普通に話して普通に理解してもらえる。安心して働き、暮らすことができる。それがこんなに心に平穏をもらたすものだとは。今までどれだけおかしな環境にいたのだろう。出てみて初めてわかった。実家を出たときと同じだ。

トイレも洗面所もシャワールームも、汚されない。夫はどういうわけか便が便器にへばりつく人で、毎日のようにブリーチをまかないとだめな人だった。日本にいるときに夫の滞在先のトイレが汚れていることはなかったので、イギリスの硬質な水のせいもあると思う。夫が汚すのに、夫は気にならないので、私が掃除をする。なのにきれいにした直後にトイレに入られて、きれいにしたことなど我関せず汚されたときなど、この人は本当になにも考えていないのだと落ち込んだ。

紙を置いてから用を足すように言うと、恥ずかしかったのか慌てていたけれど、それをしてもらってもまったく汚れないことはなかった。いつも私が掃除をしていた。今は毎日きれいなトイレで、毎日きれいなシャワールーム。それだけのことがこんなにも、心に平穏をもたらすことだとは思わなかった。

部屋もいつも整理されていて、気持ちよく過ごすことができる。私も子供のころから部屋が散らかっている人間だったのだけれど、思えばこの二年ほど、とにかく整理された生活をしたくなっていた。ものであふれた、乱雑な家での生活が嫌になった。

片づけない人にもいろいろ理由はあるけれど、その一つに「ネグレクト」があると読んだことがある。自分で自分の面倒をみられない、自分に対してネグレクトの状態にある。私の場合はまさにこれだったと思う。部屋をきれいに保つほど、精神的に余裕がなかった。それが解毒が進み、身の回りをきちんとする余裕が出てきたのだと思う。

もう一つは、解毒によって日々の生活こそを楽しみたいと思うようになったことだ。部屋をきれいに保つようになったのには、この理由がとても大きい。

夫は「目標」がないとだめな人だった。「自分のビジネスをする」だったり「好きなことを仕事にする」だったり。私も昔はそうだった。なにか目標があって、そこに向かって生活する。親から離れて自立すること、イギリスで生活を整えること、海外で仕事をした次は、自分のやりたいことを見つけること、それで生活できるようになったりすること、そうやって次々動いていった。

でも目標があると、そこに向かっている間は満たされない。満たされるのは、達成した一瞬のみ。すぐ次が必要になる。

そもそも、こういう動機で向かっているときというのは、なかなか達成しないようになっているものだ。夫もけっきょく、失敗するか、終わらないうちに次に興味が出てきてどんどん移っていく。「本物」でないからなんとなく興味が薄れてきて、その右肩下がりの空気から、どんどん気持ちが離れて次に目が向いていってしまう。

夫は普通に生活している人たちを「なんの目標もなくただただ毎日すべきことをして時間を過ごしているだけ」と言って、見下していた。人と違うことをしなければ、そう焦っていた。本人に自覚はまったくないけれど。毎回なにか目標を持って、そこに向かっていく。「成功する(かもしれない)」という考えがないと、生きていけない。そうやって自分をどうにか支えていた。

それが苦しい人生だと、私はようやくわかったのだ。

目標を持って生きていることが、いいことなのだと以前は思っていた。でも夫を見ていてわかることだけれど、けっきょくその目標というのも、人がやっているのを見て「自分もやりたい」と思ってやっている。自分の中から出てきたものは、一つもなかった。

バンやボートで世界中を旅したり、オフグリッドで生活したり、自然の中でサバイバルをしたりして、その動画を上げて生活している人たち。脱サラして都会の中で野菜を作り、それをレストランに売って生活し始めた人たちの話も。そんな動画を次々あさって、毎日毎日動画漬けになっていた。

「普通のつまらない生活」をしているくせに、そういうエキサイティングな人たちの動画にお金を払ってサポートして、自分もそこに参加している気分になっているだけのやつらになりたくない、自分も動画を上げるほうの人間になりたい。自分の生活をみんなが見て、いいなと思われるほうに自分もなりたい、と。夫はいつも言っていた。

私も、昔はその部類の人間だったと思う。世界中を旅行したり、いろいろなことをしたいと思っていた。でも私はもう、そんな生活はだった。

イギリスへの不満ばかりだった私」でも書いた通り、そんなことをしていても自分を満たしていくことはできないのだとわかってきた。海外ばかり行っていたのが、国内で自然の中をウォーキングするようになり、グランピングで火をおこして食事を作ったり、薪ストーブの前で暖をとりながら火を眺めたり、自然の中でただゆっくりしているだけで満たされるようになってきた。

ずっと、感じていた。ホリデーに行かなければ満たされないのであれば、年に数回しか満たされないことになる。人生の大半が、満たされない時間となる。生きていく上で、それはおかしくないだろうか。

私はどこかへ行くと必ず、お土産を持って帰ってくる。写真も大量に撮ってくる。そのときの感覚を、環境を、雰囲気を、エネルギーを、少しでも日常生活へ持ち込みたい。「ホリデーから帰ってきても満たされた感覚を感じ続けていたい」ということの現れだった。

でもそんなことは不可能だった。ホリデーはホリデー。買ってきたお土産も、毎日毎日出して眺めているわけにもいかない。

日常生活を思いっきり楽しんでいる人たちこそ、幸せな人たちなのだ。そんな風に日常で満たされているには、どうしたらいいのだろう。

家を買いたい。落ち着ける場所がほしい。もう引っ越す必要もない、追い出される必要もない、自分だけの家を買いたい。そこで趣味をしたり仕事をしたり料理をしたりと、落ち着いて日々の生活を楽しんでいきたい。家を好きなように改修したり、庭をいじったり、植物や野菜を育てたりしながら、毎日を楽しみたい

今はシェアハウスだけれど、それが叶えられている。整理された部屋で、システマティックな生活ができている。ハウスメイトはみんな自立していて、キッチンなどの共同エリアは使ったらきちんと片づけられている。ルールもないけれど、ゴミも気づいた人が出して、うまく回っている。週に一度クリーナーが来て、共同エリアは掃除をしてもらえる。庭もあるので、さっそく料理に使えるハーブを植えた。夏にはBBQもできる。

前のようなマンションではなく一軒家が並んでいるところなので、周りは家族連れが多く、若い人が騒いでいるようなこともない。偶然にも警察署が目の前なので、パトカーと警察官がしょっちゅう行き来しているせいか、治安もよさそうだった。

ここにいると、ほっとする。安心感を感じた。おもしろいのが、引っ越しする前日、前のシェアハウスで寝ていたとき、今のこの部屋で寝ている夢を見ていた。起きたらまだ引っ越していなくて、時間の前後がわからなくなった。それほど感覚的に訴えかけていた部屋なのかもしれない。引っ越してからも、習慣でたびたび部屋探しのサイトをチェックしていたのだけれど、ここよりいいと思う部屋はついに出てこなかった。前回は、部屋を決めた直後にもっといい部屋が出てきて、失敗したと思うスタートだった。やはりここは合っていたのだと思う。

徐々に料理もするようになって、英国スーパーとアジアスーパーで材料を買ってきて、お弁当を作ったり晩酌のおつまみを作るのも楽しくなってきた。まだ趣味を再開するところまでは回復していないけれど、これからここでやりたいことがたくさんあって、毎日が楽しい。

仕事も充実していて、ますますできることも広がり、ますます頼りにされることもできてきた。自分にぴったりの仕事で、こんなところがあるとは思いもしなかった。ここにこれたのも、解毒が進んだ自分にふさわしい場所がやってきたということなのだ。

私が夫と結婚したように、人は自分と似たような人がいるところに入っていく習性がある。だから今まで、どうしようもない上司のもとに就職してしまったたびに、がっかりしてきた。またこんなところに来てしまった、自分はまだこんな状態なのだと。でも今の会社に来れたことで、そしてここで尊敬できる人たちと働いていることで、自分もこの人たちと同じところにいる人間なのだと思うと、本当にうれしかった。そして、感謝でいっぱいになった。

やっと、普通の世界に来れた。そう感じる日々。それだけのことが、なんと素晴らしいのだろう。

広告

思い込みを外す

引き寄せの法則」というのを聞いたことがあるだろうか。

それがベースになっているもので、なにかを探しているときにその条件を100個書くというワークをやった。たとえば、家。どんな家がいいか、それを100個書く。場所はどこで、どういう構造で、どういう環境か。そういうのを100個書く。これがけっこう大変だったりする。

これをやってロンドンでいい滞在先を見つけたという友人の話を聞いて、私も仕事についてやってみることにした。その友人は職場からすごく近いところに住み、このイギリスで毎日湯船につかれる生活をしていた。イギリスでは、若い人はルームシェアが多いのだけれど、お風呂を使えるところも少なく、お湯もそれほど便利に出ないし水道料金もかかるため、毎日湯船につかれるのはすごい。

なぜこれが効くのかわからなかったけれど、実際にやってみてわかった。これをやると、自分が自分でかけている制限を取り払うことができるのだ。

給料や職務内容、職場環境に勤務先。100個も書くとなると、最後のほうは「これはないだろう」というものでも書くようになる。ロンドンでもない地元でも「自分(日本人)を必要としている会社」だったり、「インターナショナルで自分が外国人であることを意識しないで済む会社」だったり。「これはないだろう」がどんどん外れていく

そしてネタがなくなってくると、感覚的なことも書いていくようになる。ようは、ざっくりしたことを書くようになる。たとえば「楽しい職場」とか、「毎日充実する」だったり「自分がポジティブでいられる」だったり。たぶん、ここが一番重要なのだと思う。

たとえば「経理系」と書いていたら、今の仕事に注目しなかったかもしれない。でも私が経理系にこだわっていた理由は、専門があれば将来仕事に困らないだろうと思ったからだ。将来仕事に困らず生きていけるのであれば、なんでもいい。なので「将来安心して生活できる仕事」とざっくりなことを書いた。

このワークをやることで、自分がなにを求めているのかが具体的になってくる。自分がなにを求めているのかを整理して明確化する、するとそれがやってきたときにつかみやすくなる。それがこのワークの目的なのだろうと思った。

そして本当に、書いたリストのほとんどが当てはまる仕事がやってきた。びっくりした。

どうせ地元の英国企業だしと思って連絡をとったのだけれど、リクルーターと電話で話をしてみてまず「おや?」と思った。私の英語に、違和感を感じていない。「外国人だ」と思っている様子がない。慣れている

面接に行ってみて、またわかった。面接官だった会社のDirectorも、外国人だった。もちろん英語はネイティブのようにペラペラではあるけれど、なまりがある。イギリス育ちの人ではない。名前も、英語名ではなかった。その後に、チームの人と電話で少し話をした。その人はイギリス人だったけれど、英語の先生か舞台俳優のようにめちゃくちゃはっきりゆっくりしゃべる人だった。こちらの外国人的な英語にも慣れていた。

そして、勤務開始。それでよくわかった。とにかく外国人だらけだった。

こんなところでもこんなにインターナショナルな会社があるものなのか、と思った。思い込みは外してみるものだ。

外国人でも英語で育っている人も多く、みんなネイティブの人と普通にコミュニケーションができる。でもイギリス人だけでなくそういう外国人がたくさんいるところと、まったくいないところでは、全然世界が違う。様々な人種がいて、様々ななまりを話す人たちで、オフィスはあふれ返っていた。とても居心地がいい。

そもそも一つのプロジェクトを世界中で行ったりしているようなグローバルな会社なので、まずロケーションが関係ない。どこにいれば外国人になると言えない。「外国人」という発想を、そもそも持ちようがない。今までの「欧州VS日本」というやり取りどころではなかった。「自分VSいろんなところにいるみんな」という感覚。まったく新しかった。思い込みが外れたどころか、その上を行かれた。すごい。

今までは、

「いい会社が私を採ってくれるわけない」
「いい会社であったとしてもどこの会社にも必ず嫌な人はいる」
「必ずがっかりすることがある」
「二度あることは三度ある」

etc、etc。そう思い込んで、ときに自分に言い聞かせて、生きてきた。でもカウンセリングをやって、なんとなくそれが外れてきた。

予期すらしていなかった大災害」を振りかけてくるような親の元に育ったので、うまくいっているとしても「なにか予期せぬ悪いことが起こるかもしれない」「なにかを忘れていてとんでもないことになるのかもしれない」という恐怖がお腹の底にいつもあった。がっかりしたりびっくりしたりしないように、いつも最悪の結果をこれでもかと考えつけるだけ考えながら生きていた。

カウンセリングで、それを指摘された。最悪の結果を予想するなら、最高の結果も予想しておかないと。そうでなければバランスがとれない。世の中すべて陰と陽。マイナスがあればプラスがある。そう生きることができてきたところで、100個書くワークをやった。そして実際に、自分の思い込みからまったく外れた職場にやってきた。

最初はそれでも、「やっぱりいいことばかりではないだろう」「なにかはあるだろう」と思っていた。でも嫌なことがまったく出てこない。「ついにやってしまった!」と思ったときでさえ、周りはなんとも思っていない。というより、誰がなにをやっても咎められることがない。どう片づけるかを話し合うだけ。みんな人として尊重されて、自己責任で仕事をしている。

こういう職場がよかった。でも「どうせそんな会社あるわけがない」と思っていた。「あったとしても私にやってくるわけがない」と思っていた。でもあった。書いたら出てきた。そして採用してもらえた。書くことによって、思い込みが外れたのだ。なにごとにも「絶対」はない。それを思い知らせてもらった。

「でもこれからなにかあるかもしれない」とはもう思わない。あってもなくてもいい。あったらそのときに対応できればいい。それがあることそのものを、今から心配している必要はない。「いいことがある」と思っておけばいい。自分には予想もつかないけれど、いいことが。予想のつかない悪いことが起こることもあるけれど、それなら予想のつかないいいことが起こることもある。

二年間様々なオフィスに面接で行った経験から、こんなオフィスでこんな環境がいいということもたくさん書いた。そしてそれもほとんど当てはまっていた。地下のオフィスとか嫌だな、窓が大きくて明るいオフィスがいいな、この会社のこういうところすごくいいな、こんな感じの上司がいいな。そんな希望ばかりを集めた会社があるわけないと思わずに、とにかく書いた。

いろいろなものを見て、自分がなにを欲しているか考えてみる。そしてそれが実際に見つかった。この経験から、きっと他のことでもまた希望のものが見つかるだろうと思えてくる。最悪な結果ばかりでなく、最高の結果もあるのだと信じることができてくる。バランスのいい見かたができてくる。とても重要な経験だった。

第三段階の始まり

今時系列で書いている「29 進む解毒」は、ちょうど四年前になる。私の中では、もう十年近く前になる「01 気づき」からが解毒の第一段階、次に「20 解毒に向けて本格的な準備を整える」から始まる本格的なカウンセリングが第二段階、それで終わりかと思っていたところに今なんと第三段階がやってきて、また新たな経験を積んでいる。

本来であれば、どのようにして回復していったかという第二段階がとても重要なので、そこをきちんと書いてから今の話を書きたかった。でも今の経験があまりにもおもしろく、これを経験しているまさに今、その気持ちがフレッシュなうちに書いていくことがとても大事に思えたので、第二段階はお休みして、第三段階のことを書いておこうと思う。

第三段階の始まりは、一つの仕事に出会ったことだった。

すでに書いてある内容では、仕事は「09 ふたたび会社生活へ」で終わっている。その後、二年ほどカウンセリングに集中して、また一年契約の仕事をした。そこが終わってからは主に地元の英系会社でパートの仕事を探しつつ、自分のやりたいことを模索してあれこれやっていたのだけれど、仕事が見つかることもなく、二年が経過した。

クリエイティブな趣味もいくつか見つかり、初めは「こういうのを仕事にしていこう、自分は会社勤めではなくこういう方面に向いているのだ」と思っていたのだけれど、なぜかそこまで頑張れるものではなかった。様々なものにチャレンジしたし、実際そういう仕事にも応募したけれど、だめだった。

そうこうしている間に、この夏、日本のドラマを見た。まったく興味のない分野だったけれど、組織で働く人たちがなぜかとてもかっこよく見えた。ここ二~三年は海外旅行もさっぱりで、ホリデーといえば田舎でのんびりするグランピングばかりだった。会社勤めにも都市生活にもなんの未練もなく、田舎で自然な生活をしたいと思っていた。それが突然、仕事をしたくなってきたのだ。

ドラマを見て自分の生活に影響を受けることなど今までなかったので、自分でもびっくりした。ただなんとなく、このドラマはきっかけに過ぎず、自分は仕事がしたいのだという気持ちを認識する必要のある段階にきていたのだろうと思った。

それで、今度は本格的に就職活動を始めた。二年前に登録した人材会社にもまた連絡を入れ、他のところにも登録に行った。ロンドンに通勤するのと日本の会社だけは避けたかったので、地元の英国企業にどんどん応募した。最初はまたパートで探していたのだけれど、フルタイムにも応募するようになっていった。

それでもやはり難しかった。日本人であることは日本企業で働くのに有利だけれど、英国企業にとってはまったく必要のない要素になる。それよりも逆に、外国人であることはコミュニケーションに不安を抱かせてしまうことになる。それでもロンドンの大きな企業であれば外国人もたくさんいて、採ってもらえる可能性もあるのだろうけれど、地元のイギリス人しか働いていないような小さな会社ばかりの中では困難を極めた。登録に行った人材会社でさえ、私の英語に「なにかが違う」という様子を見せた。

前職は経理系だったので、一般事務ではないこういう専門的な経験があれば、英国企業でもいけるのではと思っていた。それでもだめだった。これが二~三年の経験があればまだ違ったかもしれないけれど、一年弱の勤務ではきちんとした経験として見てもらえなかった。

もう今年いっぱいはゆっくりするしかないかな、と早くも思っていたころ。一本のメールが入った。

仕事探しのサイトにもいくつか登録していたのだけれど、そこで私の履歴書を見たリクルーターのようだった。経理系の知識があって、日本語がわかる人を探しているとのこと。どこの日系だろうと思って見てみると、貿易関係でも物流でもなんでもなく、日本とはまったく関係のない会社。まあでもどうせロンドンでしょうと思ってオフィスを見てみると、ロンドンから逆方向に二駅目。

せっかく経理系の経験をし、それを活かして専門職としてやっていきたいと思っていたので、これはどうかなと思った。Job title(職務名)もやたら長くて聞いたことのないものだったし、自分のキャリアを考えたときにこれがプラスになるか疑問だった。

でもこれが不思議なもので、この会社の業界が夏にはまったドラマの舞台とまったく同じだった。以前の私だったらここでNoと言っていたかもしれないほど、私とまったく関係もなく興味もない業界。それどころか、どちらかといえば嫌悪していた部類の業界。でもあのドラマがあったことで、印象が変わっていた。それで、けっきょく応募する決意をした。

人間、なにがきっかけになるかわからない。人生はおもしろい。

前職の経理系以外で私がずっとやってきたのは、日本と欧州の間に入ってやり取りをする仕事だった。日本とイギリスの両方に住んで仕事をした経験があるので双方の特性がわかっており、うまく調整できる。翻訳や通訳も少しやった。でも見かたによっては、ただの日本語を使った事務。地元の企業で必要とされるわけがない。

と思っていたのに、「それこそ我々が求めているものです」という会社が出てきた。まったく日本と関係のない業種なのに、突然日本とのやり取りが出てきて、どうしても日本語がわかる人が必要なのだと。翻訳ができるだけでなく、双方の文化やビジネススタイルがわかっていて、調整ができる人なら万々歳だと。

とんとん拍子に話が進み、一次面接だけでOffer(内定)が出た。何度も面接があって数か月かかるだろうと思っていたので、びっくりした。夏に見た、あのドラマ。それで今、ここにいる。経理系にこだわって二年もなにも見つからなかったのに、突然ひょんなところからまったく違う仕事が出てきた。そしてそれに乗っかった。

すると、まったく新しい世界がそこにあった。これが、第三段階の始まりだった。