不安症

人が言うことを信用できない

このころわかってきたことだったけれど、私には人を信用できないという問題があった。

それを認識し始めたのは、まだ日本にいたころ。あるとき職場の仲が良かった先輩に、「お前は人の話を聞かない」と言われた。それまでそんな認識はまったくなかったし、どちらかといえば自分は人の話ばかり聞いていて自分の話をしない人間という意識があった。だから、そんなことを言われて違和感を覚えた。それが始まりだった。

結果的に、この先輩の言ったことは当たっていた。「人の話を聞かない」のではなく、「人の言うことを信用できない」のだった。

人の話は、聞いている。でもそれをそのまま鵜呑みにすることができなかった。それがいいか悪いか自分で確認をとらないと、本当のところはわからないと思っていた。人を信用していないのだ。でも口では「そうなんだ」と言っている。それがよくなかった。納得したように見せておいて、言われたこととは違うことをやったりする。これが、周りから見れば人の話を聞いていないように見えていた。

マニュアル講習」でも、あった。先生が「アクセル踏んで!」と言っても、踏まずにワタワタしていた。英語で言われることに対してすぐにピンとこないという、言葉上の問題も確かにあった。本当にアクセルを踏んでいい状況なのか自分で確認できていないから、踏めない。それで後ろの車にピー!っと鳴らされる。

ただこれは、長所でもあったりする。テレビやメディアの言うことを鵜呑みにしない。必ず「どういうことか」と考える。生きていく上で必要な作業が身についているということは、悪いことばかりではない。

でもこれに関して、一時期かなり悩んだことがあった。もしかして自分は、親と同じ問題を抱えているのではないかと思い、それが本当に恐ろしかったのだ。毒親育ちが親と同じ問題を抱えるのは当然だし、「私の気づき」もそこからで、「気づいてからの衝撃」も大変だった。あのときの底知れぬ恐怖が蘇ってきた。

両親は、本当に人の話を聞かない。「毒親炸裂の報」でも書いたけれど、自分のやりたいことが暴走してしまって、人の声が頭に届かない。

しかし私と両親とでは、起きている現象は同じでも、原因はまったく違っていた。私の場合は不安から、「人が言うことは本当なのか確認しなければならない」と思っているところから来ている。両親の場合は自分の欲求が暴走した末の、「人がなにを言おうと自分のやりたいことをやる」になる。

これはまったく違う。とりあえずここは安心していいと、自分を落ち着かせた。

私は夫のことも、信用できなかった。夫が「大丈夫」と言っても、本当に大丈夫か自分で確認しないと、大丈夫とは思えなかった。イギリス人は特に、日本人と違って「正確な情報を出さなければいけない」という気持ちが抜けている。道を聞いても、正確な情報が一発で返ってくることはほとんどない。イベントに「行く」と言っても来なかったり、開始時間にもルーズだ。

なにか用事があって夫に仕事を休んでもらうとき、夫が「休める」と言っても、信用できない。本当に休めるのか、上司はなんと言っているのか、プロジェクトの状況はどうなのか、そういうのを根掘り葉掘り聞いても、「大丈夫かもしれない」とは思うけれど、その日が来るまで心配し続ける。つらい。

そんな自分に気づいたとき、これはどうしてなのかと思えば、親が信用できなかったからに尽きた。「完璧を求め続ける原因」で書いた通り、親の言うことを信用していたら、今度は妹ではなく自分が階段から転げ落ちて死ぬかもしれなかったのだ。親に頼らなければ生きられない存在が、親を信用できない。常に周りでなにが起こっているか、完璧であるか、どこかに漏れはないだろうかと自分で確認し、死の恐怖を抱えながら毎日を生きていかなければならない。

親すら信用できない子供が、他の誰を信用できるというのか。カウンセラーにはそう言われた。確かにそうだ。

そうやって今まで、常に周りに神経を張り巡らせて生きてきたのだ。これはけっこうな病気だ。そういえば小さいころから「Kelokoは神経質だ」と親に言われてきた。汚いものやじめじめしたものが嫌いで、手をよく洗ったり拭いたりし、塗り絵はけしてはみ出さず、線を引くときは必ずものさしを使う。その理由がようやくわかった。

そりゃあ歯軋りだってするし、眠りも浅いし、リラックスもしたことがないだろう。そしてそんな私が「いい加減」なイギリス人に囲まれて「いい加減」なイギリス人の夫と生活することになれば、悪化の一途を辿るに決っている。人と一緒に暮らし始めれば、その人の分まですべて確認して生きていかないといけなくなる。自分のことも確認しつつ。そりゃあ病気にもなる。

個人カウンセリング用まとめ」や「大騒動から学んだこと」で書いた通り、「二人で乗っている船を一人で漕いでいる」という表現をよくしていた。これがそうだった。「夫の変化」が出てきたように、どんどん変えてきたい。ラクに生きられるようにしたい。

そのためには、どうしたらいいか。

1)大丈夫でなくても、死ぬことはない

まず理解することは、これだった。子供のころは親に頼らないと生きていけなかったし、その親が頼れない人間であれば生死に関わる状態だった。でも今は、自分で生きていける。そんな危険なやつに頼る必要はなくなった。大人になってきちんと判断を下せる「自分」という存在を頼りに生きていけるのだ。

しかも、私の生死に関わるようなレベルの信用できない人間は、そんなにいない。そこまでおかしければ、明らかに「それは違う」と自分で判断できるに決まっていた。

さらに、人の言っていることがちょっとおかしかったとしても、死ぬほどのレベルではない。夫が休みを取れなかったとしても、また別の日に調整すればいい。夫だって、そんな私の生死に関わるようなことに対して、おかしな判断を下したりしないはず。そういう人は、なのだ。私はたまたまそういう人を親に持って人生が始まってしまったから、世の中はそんな人ばかりだという洗脳をかぶってしまったけれど、きちんと考えればそうではない。たぶん世の中のほとんどの人はそんなことはないのだ。

2)ただ、人は適当なことを言うこともある

そして、次にこれも理解する必要があった。夫を含め、イギリス人全般そうだけれど、人が言っていることにそれほど注意を払っていなかったり、適当な返事をすることもある。でも、それでいいのだと。

そういうときは心配な気持ちを放置せず、注意を促せばいい。相手が私の言ったことを理解していなかったり、適当に返していると感じた場合、「I don’t think you heard me(ちゃんと聞いてもらえたか不安です)」や「I don’t think you understood me(理解してもらえたか不安です)」などと言えばいいのだと、カウンセラーに言われた。そうすれば、相手はきちんと注意を払ってくれるはずだと。

夫も、自分がやっていることに集中してしまう人なので、他のことは適当になってしまいがちなところがあった。大事なときはこう言って、注意を促せばいい。

こういうときに不安な気持ちを抱えたままにしてしまうのは、これもまた自分が「Entitle(権利が与えられている)」されていないという前提があるからだろうと言われた。だから不安に思っても、確認ができない。でも、心配に思ったら確認していいのだ。声に出していいのだ。というか、そうする必要があるのだ。「大騒動から学んだこと」だった。

確認されたところで、普通の人は「なに言ってんだ!」「私を信用していないのか!」と怒ったりなどしない。親はそうだったかもしれないけれど、この世の大多数の人は普通の人であり、普通の人はそんなことをしない。聞こえていれば「聞こえましたよ」と言うだろうし、聞こえていなければ「すみません、聞いてませんでした」ともう一度言うように言ってくれるだろう。

3)どこから始めていくか

カウンセラーいわく、いつもの自分がやらないようなことを少しずつやっていくのがいいとのことだった。

いつもなら、夫の言うことは信用しないで心配し続ける。「金曜日は5時くらいからオフィスでみんな飲み始めるから、Kelokoもロンドンにいるとき遊びにくれば」と言われた。そんなことを言われても、周りはすべて私の知らない人で、本当にそんなところに行っても大丈夫なのか不安になる。なんだかんだとはぐらかし続け、夫には不審に思われる。

①こういうところで、「私が行っても大丈夫なのか心配だ」と伝えること。夫が「大丈夫だよ」と言ってもまだ不安だったら、「でも不安だから、30分だけにしようかな」「30分以内でも、私が帰りたいと思ったら帰るね」と伝えておく。そうすることによって、自分が状況をコントロールできることがわかっているので、不安でいなくてもよくなると。

②行ってみたあとは、実際どうだったかを考察する。普通だったかもしれないし、やはりあまり居心地がよくなかったかもしれないし、思ったより楽しかったかもしれない。この結果のバラエティがわかることが重要とのこと。

いつも最悪の結果を想像してしまい、少しでもより安心な選択肢を取らざるを得ない。そうしていないと死ぬかもしれなかったからだ。でもものごとというのはいつも、最悪の結果の可能性もあり、最高の結果の可能性もあるのだ。そして、その二つの間に無数のバラエティがある。

仕事は見つからないかもしれないし、見つかるかもしれない。変な仕事しか見つからないかもしれないし、想像をはるかに超えるいい仕事があるかもしれない。このようにバランスのいい予想ができるようになることで、常に心配ばかりしていなければならない人生とも離れられる。

ここまでですでにもう、最初に「ヨガの師匠のカウンセリング」を始めたときには思いもよらなかったことが、たくさんわかってきた。これがカウンセリングかと思った。

広告

愛情がわからない

このころ「チャクラについて」で書いた第四のハートチャクラについて、カウンセラーが話してくれた。

ヨガの師匠のカウンセリング」を始めたころから、「あなたは胸がまったく上下していない」と言われていた。自分の存在を隠そうとしているようだ、とも。人間は常に呼吸をしているから、胸部や肩が上下している。していないということは、忍者のように「忍んでいる」状態だ。「ここに自分が存在していていいのだ」と思えていない、「ここの空気を吸う権利が自分にはない」と潜在的に思ってしまっているのではないかと言われた。

確かに私は、駅や町などで人からよくぶつかられたり、カバンをぶつけられる。自動ドアが反応しなかったこともある。嫌になって、足を踏み鳴らしながら歩いたこともある。それでもぶつかられて憤る。フィットネスのクラスでみんながハアハアと息を切らしているのに、無意識に呼吸を抑えていたりする。気づけば呼吸が浅く無音になっている。

胸は、ハートチャクラに当たる。物理的に「忍んでいる」ということは、精神的にも「忍んでいる」ということだ。自分の感情や気持ちを「忍んでいる」、押し殺しているのだ。無意識に自分という存在を否定しているようだった。

カウンセラーいわく、愛情を受けて育ってない人は、愛情がわからないから、人が自分にかける愛情もわからないし、自分も人に愛情を注げない。なにより、自分で自分に愛情をかけられないとのことだった。

私は典型的にこれだった。

夫に対する愛情もわからなかった。夫とは好きで結婚した感じがまったくなく、単に自分の面倒を私と一緒にみてくれる人がいて、その父親のような兄のような人と一緒にいるだけだった。実家で得られなかったものを、ここで得ようとしていたのにもかかわらず、実家の家族の延長をやっていた。実態のない空っぽな実家を離れたのに、けっきょくまた実態のない結婚をしていた。人は自分が育った家族しか「家族」というものを知らないから、当然なのだとカウンセラーに言われた。

好きだと思っていた食べものも単に「高くて珍しいから」食べていたものもあったり、好きだと思っていた身の回りのものが本当はそうでもなかったり、仲が良いと思っていた友人も実はただ「仲良くしなければいけない」と思いこんでいただけだったり、やらなければいけないと思っていた仕事が単なる思い込みだったりすることに、この数年でいくつも気づき始めていた。

そんな人生だったから、ただただ「死ぬまでの時間をどうやり過ごすか」だけになってしまっていた。当然だ。そんなことも知らなかったのだ。実態のある人生を、「Authenticに生きる」ということを身につけていかなければ、人は死んでしまうのだと知った。

夫の自分に対する愛情も、わからなかった。なにか面倒をかけることがあると追い出されるような感じがして、ものすごく不安になった。夫ばかり会社勤めをしていると、罪悪感に覆われた。せめてやっている家事も、料理を床にぶちまけてしまいそれを夫が片づけてくれたりすると、見捨てられるのではないかと不安になった。

なのにいざ夫が家にいて自分が働くことになると、「家を維持しているのは自分だ」ということにものすごく安心して態度が大きくなった。誰が稼いでいようが、どれだけ面倒をかけようが、本来なら関係ないはずだ。

愛情というのは、「依存」ではない状態において、相手や自分を受け入れているという感じなのだろうと思った。このときの私は、「相手がこれをやってくれたから」「自分がこれをやってあげたから」と、そういう条件がついた視点でしか考えられてないことに気づいた。そういうことではないのだ。

それがつまり、自分に愛情をかけられていないことからくる現象なのだと思った。

「自分がなにをやってもどんなでも受け入れる」ということができていなかった。自分がミスをすると、許せない。許せないから、他人のせいにしたり、環境のせいにしたりする方向にいってしまう人もいる。私の場合は、自分のミスは自分のせい、人のミスでも自分のせいに感じて自分を責めていた。

人の感情を受け取りすぎてしまうのも同じだとカウンセラーに言われた。このころ旦那さんを亡くした友人がいたのだけれど、その人の気持ちを受け取りすぎてしまっていて、自分まで鬱っぽくなっていた。夫には「俺が死ぬ話ばかりするな!」と怒られた。その人の悲しみを自分がどうにかしなければいけないと感じており、「夫がいなくなったらどうしよう」「生きていけない」と、自分のことのように受け取ってしまっていた。

これは一見とても思いやりのあるいい人のように見えるけれど、「人と人との境界線」がないということなのだ。親の感情を自分のせいにされて育つと、こうなるのだと。「アダルト・チルドレン癒しのワークブック」にも「人の悲しみは、どんなにつらいものでも、その人の人生の大切な一部」なのだと書いてあった。だからそれを取り上げてはいけないと。感情の境界線を持って、人と健康的な思いやりでつながることを学ばなければならない。

「人のミス」と「自分のミス」の混同も問題だった。なにをやっても相手が満足しないときに、「なにか変だ」と気づくことが大事だと。「完璧ではない」とか、「やりかたが悪い」や「足りないところがある」と文句を言われ、それでもっと努力をしてもまた別の文句を言われる場合。そういう人はなにをやっても満足しないということ。

こういう人を親に持って育つと、「自分はいくらやってもだめな人間だ」と思いこんでしまう。私の場合も、とにかくそうやって文句を言われることがないようにと必死にだった。最初からすべて完璧にして相手の口を封じなければと思って、不安な気持ちを常に抱えながら「完璧」だけを目指すようになってしまっていた。

確かにそれで親が満足したことはなかった。必ずなにか言われる。まさに「予期すらしていなかった大災害」で書いた通りだった。

でもそれは「自分のミス」ではないのだ。相手に問題があるのだ。

相手がなにを言ってこようと「自分のできる範囲で努力した」ことを自分に認め、「あれもできた」「これもできた」と認め、それ以上動き回らないこと。世の中には完璧なものなど存在しない。純金だってほんの数%はかならず金以外のものが混じっているのだ。そのときそのときでできることをやればいいし、実際はまったくできなくてもいい。

満足できない」で書いた美術の試験では、98点で学年一位をとった。それでも母親から「満点ではない」と文句を言われた。親がいなくては生きていけなかった子供のころなら、親の言うことに従い順ずることがこの世で生き残る道だったかもしれないが、今なら98点がよかったのか悪かったのかを自分で決められる。今後どうするかも自分で決められる。

このことに、体全体で気づくことが必要だった。

たぶん、愛情を知るプロセスというのは、

①自分に愛情をかけられるようになる
②人に愛情をかけられるようになる

の順番になるのだろうと思った。

なんだかもうすべてが実体のないフェイクな人生で、このときのカウンセリングでは久しぶりに絶望して泣きまくった。それでもこの数年で、「Authenticに生きる」ことを自分に許し始めているのを感じていた。最初はスローではあるけれど、始まるとぐわーっと右肩上がりになるとカウンセラーも言っていたので、毎日の身の回りのことから取り組んでみようと思った。

夫の仕事が決まって

このころ、また落ち込むことが多くなってきていた。

夫の問題が解消の方向へ向かってきて、自分のことに集中し始めたせいかもしれないと思った。自分の問題が深すぎて、これからどれだけの時間がかかるのかもわからず、途方に暮れた。空っぽな自分、虚脱感、なにもできない、なにもしたくない。すべてのことを置いて、どこかに行ってしまいたかった。危険だと思った。

カウンセリングと同時に、日本で買ってきた「アダルトチルドレン・癒やしのワークブック」や「毒になる親」を、少しずつ読んだり取り組んだりしていたのだけれど、そこでいろいろなことを思い出してしまい、いちいち落ちることばかりだった。早く回復したくてあれもこれもやろうとしてしまい、できずに危険な精神状態になってしまう。カウンセリングだけに集中したほうがいいのかとも思うのだけれど、時間がもったいないような気がして、もっとやらなければと思ってしまう。こういうところも治すべきところなのかもしれない、とも思った。

そんなころだった。夫の仕事が決まった。

夫はそれまで、人生で一度も採用面接を落ちたことがない人だった。その夫がこのとき、仕事を探し始めてから一年以上も様々な会社を受けては落ちまくっていた。自分のプロジェクトをやるために会社を辞め、勉強をしながら進めつつフリーランスで週一の仕事をし、自分の道を模索していた。

おもしろそうな会社から面接に呼ばれて期待して行ってみれば、業界のことなどなにもわかっていない人がプロジェクトのトップについていて、話がまったく噛み合わずにがっかりしたりしていた。プロジェクトの内容を見せられて、どんな改善点があると思うと聞かれて正直に答えると、「いやいやいやキミ全然わかってないね」とまったくお門違いなことを自信満々に披露されて、だめだこりゃと失望して帰ってきたりした。「このままどこも受からなかったらどうしよう」とまで言い出すようになっていた。

最終的に、二社で面接が進んでいた。一社は、当時やりたいと思っていた教育関係の仕事だったので、できればそちらへ行きたいと言っていた。もう一社は、仕事そのものはまったくやりたいことではない会社だった。でも面接を受けていく中で自分と考えかたがまったく同じだということがわかってきて、気になっていた。何度も面接に行って何人もの人と話をしたけれど、なにを質問されても質問の意図と相手がどんな答えを求めているかがすぐわかり、「こんなに簡単に進んでいいのだろうか」とまで言っていた。

そして一社目の最終面接の準備をしていたとき、二社目のほうから採用の電話がかかってきた。

少し待ってもらうよう言うのかと思いきや、夫は「Yes」と口走っていた。隣で聞いていた私はびっくりした。

電話を切って、「なんでOKしちゃったの?!」と聞けば、「なんか言ってしまった」のだと。

でもこの会社で正解だったのだということを、今では実感している。夫が学びたいと思ったことが十二分に学べており、環境も素晴らしかった。直感に従って「Yes」と言った夫は、本当に自分の核とつながっているのだと思った。私だったらあれやこれやと考えてしまって、結論を出すことができないからだ。自分の感情を表に出すことはできない夫だったけれど、自分自身とはきちんとつながれていた。

面接が簡単に進んだということは、そこが自分が無理なくいられる場所だということだ。無理をして自分を変えて相手に合わせ、自分の中にないことを面接で話していたら、無理をした自分が採用され、今後ずっと無理をし続けなければいられない職場に行くことになっていただろう。そのままの自分を見せることで、そのままの自分を必要としてくれる会社を見つけることができたのだ。これは私が大いに学ぶべき点だった。

これできちんとした収入ができた。たぶん以前の私だったら大喜びしてほっとし、涙していたと思う。

でもそうはならなかった。これも成長だと思った。

そもそももうその前からずっと「仕事がない」ということに関して、不安感がまったくなくなっていた。麻痺していたのかもしれない。私が退職し、二人ともフルタイムの仕事がないという状況で、すでに三か月以上は過ごしていた。私に焦りはまったくなくなっていた。きっと仕事が決まってもそんなに心境に変化はないだろうなと思っていたけれど、その通りだった。

逆に、「収入ができてよかった」と思う反面、そういう居場所が見つかった夫に少し嫉妬の気持ちまで芽生えた。おもしろいものだと思った。これからは自分のことに専念していく時期なのだと感じた。

一月半ばだった。やっと新年が始まったような気がして、その年のことを考えられるようになった。曇り空にうっすらと雲の薄いところが出てきて、そこがふわっと明るく光り始めたような感じだった。

ヨガでもまた、変化があった。「I am here!」でやった三日月のポーズをやったとき、先生から「空に向かって胸を反らせるように」と言われたとき、また「うっ」となり、涙が出そうになった。どうもこの「Sky(空)」という単語が身にしみているようだった。空や宇宙とつながったような感じがすると、自分の存在を感じることができているようだった。

自分の存在(感情)を無視されて育ってきたことによって、自分がなくなってしまっているのが私の問題だった。だから自分の存在を感じ、「この世に自分がいる」という感覚を得て、それを大きくしていくこと、それが回復への道なのだと思った。