ニュートラル

思い込みを外す

引き寄せの法則」というのを聞いたことがあるだろうか。

それがベースになっているもので、なにかを探しているときにその条件を100個書くというワークをやった。たとえば、家。どんな家がいいか、それを100個書く。場所はどこで、どういう構造で、どういう環境か。そういうのを100個書く。これがけっこう大変だったりする。

これをやってロンドンでいい滞在先を見つけたという友人の話を聞いて、私も仕事についてやってみることにした。その友人は職場からすごく近いところに住み、このイギリスで毎日湯船につかれる生活をしていた。イギリスでは、若い人はルームシェアが多いのだけれど、お風呂を使えるところも少なく、お湯もそれほど便利に出ないし水道料金もかかるため、毎日湯船につかれるのはすごい。

なぜこれが効くのかわからなかったけれど、実際にやってみてわかった。これをやると、自分が自分でかけている制限を取り払うことができるのだ。

給料や職務内容、職場環境に勤務先。100個も書くとなると、最後のほうは「これはないだろう」というものでも書くようになる。ロンドンでもない地元でも「自分(日本人)を必要としている会社」だったり、「インターナショナルで自分が外国人であることを意識しないで済む会社」だったり。「これはないだろう」がどんどん外れていく

そしてネタがなくなってくると、感覚的なことも書いていくようになる。ようは、ざっくりしたことを書くようになる。たとえば「楽しい職場」とか、「毎日充実する」だったり「自分がポジティブでいられる」だったり。たぶん、ここが一番重要なのだと思う。

たとえば「経理系」と書いていたら、今の仕事に注目しなかったかもしれない。でも私が経理系にこだわっていた理由は、専門があれば将来仕事に困らないだろうと思ったからだ。将来仕事に困らず生きていけるのであれば、なんでもいい。なので「将来安心して生活できる仕事」とざっくりなことを書いた。

このワークをやることで、自分がなにを求めているのかが具体的になってくる。自分がなにを求めているのかを整理して明確化する、するとそれがやってきたときにつかみやすくなる。それがこのワークの目的なのだろうと思った。

そして本当に、書いたリストのほとんどが当てはまる仕事がやってきた。びっくりした。

どうせ地元の英国企業だしと思って連絡をとったのだけれど、リクルーターと電話で話をしてみてまず「おや?」と思った。私の英語に、違和感を感じていない。「外国人だ」と思っている様子がない。慣れている

面接に行ってみて、またわかった。面接官だった会社のDirectorも、外国人だった。もちろん英語はネイティブのようにペラペラではあるけれど、なまりがある。イギリス育ちの人ではない。名前も、英語名ではなかった。その後に、チームの人と電話で少し話をした。その人はイギリス人だったけれど、英語の先生か舞台俳優のようにめちゃくちゃはっきりゆっくりしゃべる人だった。こちらの外国人的な英語にも慣れていた。

そして、勤務開始。それでよくわかった。とにかく外国人だらけだった。

こんなところでもこんなにインターナショナルな会社があるものなのか、と思った。思い込みは外してみるものだ。

外国人でも英語で育っている人も多く、みんなネイティブの人と普通にコミュニケーションができる。でもイギリス人だけでなくそういう外国人がたくさんいるところと、まったくいないところでは、全然世界が違う。様々な人種がいて、様々ななまりを話す人たちで、オフィスはあふれ返っていた。とても居心地がいい。

そもそも一つのプロジェクトを世界中で行ったりしているようなグローバルな会社なので、まずロケーションが関係ない。どこにいれば外国人になると言えない。「外国人」という発想を、そもそも持ちようがない。今までの「欧州VS日本」というやり取りどころではなかった。「自分VSいろんなところにいるみんな」という感覚。まったく新しかった。思い込みが外れたどころか、その上を行かれた。すごい。

今までは、

「いい会社が私を採ってくれるわけない」
「いい会社であったとしてもどこの会社にも必ず嫌な人はいる」
「必ずがっかりすることがある」
「二度あることは三度ある」

etc、etc。そう思い込んで、ときに自分に言い聞かせて、生きてきた。でもカウンセリングをやって、なんとなくそれが外れてきた。

予期すらしていなかった大災害」を振りかけてくるような親の元に育ったので、うまくいっているとしても「なにか予期せぬ悪いことが起こるかもしれない」「なにかを忘れていてとんでもないことになるのかもしれない」という恐怖がお腹の底にいつもあった。がっかりしたりびっくりしたりしないように、いつも最悪の結果をこれでもかと考えつけるだけ考えながら生きていた。

カウンセリングで、それを指摘された。最悪の結果を予想するなら、最高の結果も予想しておかないと。そうでなければバランスがとれない。世の中すべて陰と陽。マイナスがあればプラスがある。そう生きることができてきたところで、100個書くワークをやった。そして実際に、自分の思い込みからまったく外れた職場にやってきた。

最初はそれでも、「やっぱりいいことばかりではないだろう」「なにかはあるだろう」と思っていた。でも嫌なことがまったく出てこない。「ついにやってしまった!」と思ったときでさえ、周りはなんとも思っていない。というより、誰がなにをやっても咎められることがない。どう片づけるかを話し合うだけ。みんな人として尊重されて、自己責任で仕事をしている。

こういう職場がよかった。でも「どうせそんな会社あるわけがない」と思っていた。「あったとしても私にやってくるわけがない」と思っていた。でもあった。書いたら出てきた。そして採用してもらえた。書くことによって、思い込みが外れたのだ。なにごとにも「絶対」はない。それを思い知らせてもらった。

「でもこれからなにかあるかもしれない」とはもう思わない。あってもなくてもいい。あったらそのときに対応できればいい。それがあることそのものを、今から心配している必要はない。「いいことがある」と思っておけばいい。自分には予想もつかないけれど、いいことが。予想のつかない悪いことが起こることもあるけれど、それなら予想のつかないいいことが起こることもある。

二年間様々なオフィスに面接で行った経験から、こんなオフィスでこんな環境がいいということもたくさん書いた。そしてそれもほとんど当てはまっていた。地下のオフィスとか嫌だな、窓が大きくて明るいオフィスがいいな、この会社のこういうところすごくいいな、こんな感じの上司がいいな。そんな希望ばかりを集めた会社があるわけないと思わずに、とにかく書いた。

いろいろなものを見て、自分がなにを欲しているか考えてみる。そしてそれが実際に見つかった。この経験から、きっと他のことでもまた希望のものが見つかるだろうと思えてくる。最悪な結果ばかりでなく、最高の結果もあるのだと信じることができてくる。バランスのいい見かたができてくる。とても重要な経験だった。

広告