サバイバルテクニック

進歩を実感

オステオパシーの施術を受けたとき、一つ素晴らしい進歩に気づいた。

このセッションの目的は、「歯ぎしりの治療」と「リラックス」だった。ところが施術前の問診票には、具合が悪い身体の部分にもチェックを入れるようになっていたので、腰や首、背中などにもチェックを入れた。

すると、それを見た先生が「それでは足から始めて、腰をやりますね」と言ったのだ。

今回の目的は、歯ぎしりとリラックスだ。腰痛ではない。

そう思った瞬間、「腰ではなくて、リラックスを焦点に置きたいんです」と私はとっさに言った。

そう、とっさに言えたのだ。

たぶん以前だったら、ここで「腰を中心にやります」と言われても、そのままお願いしていただろう。「専門家が言うのだからそれでいいのだ」と自分に言い聞かせたり、「腰ではなくてリラックスをしにきたのに」と思っても言い出せなかったりした。それでもやもやしながら施術を受けて、最終的に偶然にも自分の満足いく結果が出ればいいのだけれど、そうでなかったときは「言えばよかった」と後悔しまくり、落ち込むのが常だった。

カウンセラーにこの話をすると、以前はそもそも「自分はリラックスをやりたいのだ」というところにも気づかなかったのではと。「腰をやりますね」と言われて、なんだかわからない不安感を抱えて始まり、結果がよければよくて、悪かったときは落ち込むと、そういうことだったのではないかと言われた。

たしかにそうだ。ここには、

①「自分はこれをしたいのだ」とわかること
②相手にそれを伝えることができること

二段階がある。以前は①ができていなかったので、②もできなかったのだろう。たぶん、最初から①ができていれば、②もできていた可能性がある。だからまず問題なのは①、以前は「自分がなにを求めているか」がわからなかったのだ。

①ができていなかった原因はもちろん、親にそうされてきたからだ。親(人、相手)がしたいことを優先させてきたために、自分がなにをしたいのか、なにを求めているのかがまったくわからなくなっていた。「人といるとなぜ疲れてしまうのか」でも書いた通り、人と自分のどちらの主語で話しているのかわからなくなっていた状態だ。

人間だれしも最初は、ちゃんと「こうしたい」というのがある。でもそれを無視され続ける環境にいると、いずれ自らそれをすることをやめ、ついにはそれがあったことすら忘れる。さらにそれが進むと、自ら自分の気持ちを無視されることを期待して行動するようになる。そういう環境を自ら求めていくようになるらしい。

これが、ついこのころまでの私だった。

自分では気づけていなかったけれど、だれでも「自分の気持ち」はどこかにきちんと存在している。でもその存在に気づかないようになってしまっていたから、「相手の気持ち」の存在しか認識できず、それに沿う行動をとる。結果的に、「自分の気持ち」を無視していることになる。「わけもわからず傷つく毎日」で書いた通りだ。

「相手の気持ち」と「自分の気持ち」がたまたま合致しているときは問題ないのだけれど、そうではない場合、「なんだかわからないけれどもやもやする」というような状態になる。自覚なく「自分で自分を無視している」状態になっており、「よくわからないのだけれど落ち込む」ことになる。これが悪化すると、身体に出る。いわゆる「ストレスがたまって身体に出る」というやつだ。

たぶん、これがいわゆる「うつ」なのではないだろうか。「自分の気持ち」と「頭」と「言動」が一致していない不調和状態で出る、ガンのようなもの。

また、①ができていても、②をしない場合もある。

カウンセラーいわく、②の「自分の気持ちを相手に伝える」ができない場合というのは、「自分の気持ちは重要ではない」「自分はその場にEntitleされていない(エントリーされていない=権利がない)」と思い込んでいる場合に起きると。

父方の祖父母のところへ」行ったときの免許証事件のように、それまでずっと私の気持ちは親から無視されてきており、場をコントロールする権限が一切なかった。人権がなく、人として尊重されていなかったのだ。だから私は、嫌でも免許を親に貸さなければならなかった。私の免許証なのに、だ。

でも、もうそうではない。今は、子供のころとは違う。大人になった今、親にすがらなくても自分で生きていけているわけで、彼らの理不尽な要求を突き返しても、命に別状はない

解毒には、これを心の底から体感する必要があった。そうでないと、似たような状況になると同じ結果を招いてしまう。

親でなくとも、親のように自分に対して権威がある相手=先生や上司などを相手にしたときに、自動的に「子供の自分」が出てきてしまい、昔と同じ心理状態に陥り、同じことになってしまう。自分はその場で発言する権限がないと感じ、自分の気持ちを無視し、(相手が本当にそれを求めているかどうかは関係なく)相手がこれを求めていると思い込んでいることをやってしまう。それにより気持ちと頭が分離し、身体に影響が出る。

この癖から脱出するためには、まずこの仕組みを理解する必要があった。

子供のころはどんな理不尽なことでも、親に従わなければ生き残れなかった。親に従い親から好かれることが、生き延びるためにもっとも重要なことだったからだ。そういう環境から身についた癖が、「サバイバルテクニック」と言われる。だがもう時代は変わり、自分は大人に成長し、そういう昔のテクニックは必要がなくなった。しかも、昔は自分を生き延びさせたそのテクニックも、今では逆に自分の人生を生きにくくしてしまっている。

ここに気づくことが、スタートになる。

夫との間に起こっていたことは、まさにこれだったのだ。「自分はEntitleされていない」と思い込んでいるから、自分の気持ちを言えない。夫が自ら気づいてくれないと、怒りになる。自分の気持ちを汲んでくれないことを「無視されている」と感じて、自分を消したくなってしまう。というよりもまず、そもそも自分の気持ちがわかっていなかった。だから伝えることもできなかったのだ。

たぶんこれが、日本のように「お互いの都合を常に推測し合う」ことが前提とされている社会であれば、まあまあうまく回って生きていくことができていたのだろうと思う。でもそうではない社会に来れば、もちろん生きてはいけない。

というよりもたぶん、日本でももううまく回ってなどいないのだと思う。高度成長期のときのように、みんながうまくいっていてみんなが同じ生活をして同じ人生を目指し「こういうものだ」で生きていたときは、相手の意図をまだ把握しやすかったのだろうと思う。違っていたとしても「これが正解」と押しつけることもできただろう。みんながそう生きるものだという前提があったからだ。

だが経済も落ち込み、人々の生活も多様化してきた今では、自分と違う人間のことなどわかるわけもないし、「こういうもの」と押しつけられることも受け入れられない。「人と自分は違う」という前提で、お互いに口に出して伝える必要がある社会にどんどんなっている。というか、これからはそうしていかないと回らなくなっていくだろう。

カウンセリングでこの話をしたとき、夫も「そうそうそう!!」と激しくうなづいていだ。

たとえば、レストランに入る。私は、なにが食べたいのかわからない。でも、なにかいいものが食べたい。どれを頼むか、ものすごく迷う。いろいろ頭で考えて、「お店はこれが有名だ」とか、「ここに来たらこれを食べなければ」とかで、とりあえず絞って決める。出てきたものがたまたまそのときの私の気持ちに合っていれば大丈夫なのだけれど、そうでなかった場合はものすごくがっかりする。

同様に、なんらかのサービスを頼んでも、「自分はこうしたい」ということがわかっていないので、とりあえず基本的なものを頼んで、不安を抱えたまま最後まで待つ。でもやってきたものがまったく違ったりして、がっかりする。

この「最後まで待つ」というところが、ポイントだった。「出てきたものを見てみないと、それが自分が求めていたものかどうかわからない」から、最後まで待たなければならないのだ。自分がなを欲しているかが、わかっていないからだ。

だからこのとき先生にこう伝えられたのは、すごい進歩だった。「今日はリラックスをやりにきたのだ」「腰の治療なら鍼灸でやってもらえるから、オステオパシーではリラックスをやるのだ」ということがきちんとわかっていたのは、ものすごい快挙だった。症状をまとめて準備をしたのは、本当によかったと思った。

自分でもこのとき「ちょっと成長した」と思ったけれど、カウンセラーと話をしてみて、それがどれだけ快挙だったかがよくわかった。①自分の気持ちがわかっていて、 ②それをきちんと相手に伝えられた。心配を抱えたまま最後まで待ち続けて結果にがっかりするのではなく、最初から自分の心配を口にして、不安を解消することができた。これがまさに、「自分が状況をコントロールする」ということだった。

少しずつだけれど、確実に進んでいる。

「いつ終わるのだろう」
「本当に落ち着いた人生を生きられるようになるのだろうか」
「そんな日は本当にくるのだろうか」

と、どこまでも落ちっぱなしになることばかりだった。でもこうして進んでることが目に見えてくると、きっと落ちることも少なくなっていくのかもしれない。もしかしたら、本当に歯ぎしりも治って普通に生きられるような日がくるのかもしれない。

なんだか泣けてきた。希望が出てきたのだ。

広告

透明人間

12月半ば、年末最後のカウンセリングになる予定だった。

この翌日から、私は一人で日本へ行くことになっていた。祖母の具合が悪くなり、迷ったものの、会いに行く決心をしたのだ。ちょうど一年前に実家へ行き、「予期すらしていなかった大災害」にあったばかりだった。それでもこのときは祖母に会いたかった。

このころ、夫との間は最悪な状態だった。「不安症の個人セッション3回目」に夫を連れて行き、これは私の問題だけではなく夫にも問題があるのだということを初めて認識した。そこからも何度も何度もそれを忘れてカーっとなっては、すべてを私のせいにしたりしていたけれど、「夫とヨガ師匠のカウンセリングへ」行くと、自分の問題をきちんと認識して話すようにはなっていた。それでもやはりこの「否定」は根強く残っていて、今でもカーっとなることがある。

そうなると今でも耐え切れないほど頭にくるけれど、当時は「怒り」ではなく「絶望」だった。だから「あの世とこの世の狭間」で揺れていたし、生きていられなかった。今はそこから抜けて「怒り」になっただけでも、私は大きく成長した。頭のおかしい人に理不尽な目にあわされても、死ななくて済むようになったのだ。

でもこのときはまだ、自己肯定感がそこまでは成長しきれていなかった。危ない状態だった。

夫はなにかを言われるとカーっとなって必要のない自己弁護で私の攻撃に走るため、手が付けられなかった。なにを言っても無駄だし、話はどんどん逸らされていった。とにかく「飛んでくるものをすべて打ち返さなくては」と思い込んでいるようだった。しかも本人にはその自覚がない。やっとわかってくれてきたと思ったのに、また何度も何度も永遠に振り出しに戻されて、私は絶望からさらにまた絶望するばかりだった。

でもこのときは今のカウンセラーがいた。なにがあっても、このカウンセラーのところへ行けばどうにかしてもらえるかもしれないと思えた。それだけが私の希望の光だった。

実家にいたときも、弁護士のようにきちんとした第三者に入ってもらえたら絶対に私が勝てると思っていた。でも子供の私にはそれができなかった。だからなにも変えることができなかった。でも今は違う。専門家に頼り、話を判断し、調整してもらうことができる。アドバイスをもらうことができる。

それでもつらかった。カウンセリングでも言葉につまり、泣き出してしまった。すると夫はそれをきれいに無視して、笑顔でカウンセラーに自分の話をし始めた。

カウンセラーはそれを見逃さなかった。「She is crying(泣いているよ)」と夫に返した。

今までにも何度もこういうことはあった。でも気づかなかった。その事実に愕然とした。

このごくごく最近になって、気づいてきてはいたのだ。「頭のおかしい夫」に書いたことがそうだった。夫には「私が泣いている」という現実が見えない。それが大きな問題であることに気づいた。

化粧水ふたたび」や「毒親対策」でも書いた通り、感情を無視されるということは、存在を無視されるということだ。私はすっかり親と同じことをしてくる人と結婚してしまっていた。

考えてみたら、夫に無視されてきたことはたくさんあった。私はずっと自分の存在を消されて生きてきた。透明人間だった。

たとえば私が「今日変な夢を見たんだ」と言えば、「あ、俺も見た!」とそこから自分の夢の話をしてしまう。私の「夢について話したい」という気持ちが見えず、「夢」というワードから自分の夢につながり、話し始めてしまう。私はそこで、自分の話したいことを抑えて夫の話を聞いてしまう。たとえ自分の夢の話をし始めたとしても、夫がつまらない素振りをするので手短に終わらせてしまう。

それはけっきょく、そうやって親の話を聞いてきたからだった。親の親になって、親のやりたいようにさせてきてしまったからだった。自分の話をしても、きちんと聞いてもらえなかったからだった。いらない突っ込みをされて、自分の気持ちをつぶされるだけだったからだ。

もちろん子供の自分には、それに従うことでしか生きていくすべがなかった。サバイバルテクニックだ。でも大人になってもうそんなことをしなくてもよくなった。それでも子供のころに身につけさせられたこのテクニックを、ずっとやり続けてしまっていた。これはもう必要がないのだ、「無視するな」と言い返していいのだ、そう認識することが必要だった。

夫は私が泣いているのを認識したが、なぜそこで無視をしたのか聞かれてもよくわからないようだった。私が泣いていて、心を乱しているから、自分の話をしようと思ったと言った。

それは私にもよくわかっていた。今まではそれを「笑いにしたり、つらい状況に触れないことで、ポジティブにもっていこうとしてくれている」という夫なりのやりかたなのだと思って、無理やり受け入れていた。でもそれは間違っていた。自分の妻が自殺しようとしたその後に、それを笑いにすることはどう考えても頭がおかしかった。

二人きりでいたら、こんな指摘はできなかった。カウンセリングに行って公平な第三者の目にさらされたことで、問題をズバリ取り上げることができたのだ。

周りの人に相談しているだけでは、これは絶対にできなかったことだ。夫は見た目にはとても優しい風貌をしているし、私のことをとても大事にしているように見える。夫自身にもひどいことをしているという自覚はまったくないし、「自分はポジティブなのだ」と思い込んでいる。周りにもそう捉えられてしまう。それでは問題は解決しない。

夫は、私が見えない。

私は、それがつらくて死にたくなる。

これがわかってきたことだった。「新たにわかってきた夫のこと」や「もっとわかってきた夫のこと」「自分の問題と夫の問題」でも書いた通りだ。

では「どうしたらいいのか」そこが問題だった。それには「どうしてそうなってしまっているのか」を解明することが先決だった。でもこのときはまだそこまで考えることはできなかった。

「こうしてKelokoが泣いて、どう思う?」とカウンセラーに聞かれた夫は、なにも答えることができなかった。ただただ泣いている私を見ているだけだった。その上、あろうことか自分も泣き出した。血の気が引いた。そして思い出した。こういうことは何度もあった。「なにもできない夫」だった。こいつは本当に異常だと思った。死んでくれと思った。

傷ついているのは、だ。夫ではない。泣くのはだ。夫ではない。

なのに夫が泣いて、つらい私を放置し、自分に注目を集めようとしている。信じられなかった。夫がつらければ、私はケアできる。でも私がつらいときでも、夫をケアしなければならない。実家で起こっていたことと100%同じことが起こっていた。まさに地獄だった。

Job Centreにて

就職活動を休止することにしたので、JSA(Job Seeker’s Allowance)の受給を申請することにした。「就職活動費」、日本で言う「雇用保険」だ。

夫いわく、申請しても面倒なことが増えるだけで、やりたくもない仕事をつかまされたりするので、申請しないほうがいいとのことだった。でも友人の中に最近申請して受給していたという人がいたので、話を聞いてみたところ、そこまで大変な手続きはなかったと言われた。調べてみたらオンラインでも申し込めて、週に70ポンドの手当てが出るとのこと。月に280ポンド出れば、カウンセリング代の足しにもなる。申し込んでみることにした。

けっきょくオンラインではできず、Job Centre(ジョブセンター、職安)に行って申請と手続きをすることになった。

担当になった女性は、会うなりすぐ「You are 5 minutes late, lady(お嬢さん、5分遅刻よ)」と言ってきた。そんなこと気にしなければいいのだけれど、また「よく思われなければならない」という自分が出てきて、相手の優越感をくすぐる対応をし始めた。

東アジア人、特に日本人は、こちらでは見た目が異常に幼いので、子供のように扱われることがある。その上私は、しっかりした服装で行かないといけないと思いスーツに近い格好で行ったので、ちょうどこちらの中高生の学生服のように見えたかもしれない。先輩風を吹かせたい人にとっては、恰好のターゲットだった。

私はこういう人たちに出会うと、よく相手を持ち上げていた。このときも大したことでもないのに「そうなんですか!」とことさら感心し、手続きのしかたや職探しの方法などを教えてもらいながらありがたがってみせた。就職活動は中止してカウンセリングに集中することにしたから、職探しはどうでもよく、ただ手当てがもらえればよかったのだけれど、仕事のない自分を下げて、仕事がある彼女を持ち上げるような言いかたをしたりした。

本当にどうしようもないことをしていた。でもそれが、私が身につけさせられたサバイバルテクニックだったのだ。実家にいたときは親を持ち上げうまく乗せて、必要なことをしてもらわなければならなかった。それでも裏をかかれることばかりだったし、少しも気が抜けなかった。いろいろな人を味方につけて、親に頼らなくても生きていけるようにしなければならなかった。親よりも自分の言ってることが正しいと人にわかってもらうために、「いい子」であること、「しっかりしている」ことを見せ続けなければならなかったのだ。

担当は喜んでいるように見えた。私の学歴が大卒であることを見ると、「あなたすごいじゃない!すぐ仕事見つかるわよ!」と楽しそうにしていた。気に入られたと思っていた。上から目線で嫌いだったけれど、我慢して気に入られていればいいのだと思った。

申請後、まだ受給できるかどうかはわからなかったけれど、とりあえず隔週でJob Centreに行って、就職活動内容を詳しく記録した書類を見せなければならなかった。どの会社のどんなポジションに応募し、担当のなんという人に連絡をとったか、返事はどうだったかなどの記録を、最低でも週に8つ、計16個記入し、それを細かくチェックされた。今までの分も含めていいとのことだったので、仕事を辞める前の夏にやった面接分から記入して持っていった。

仕事を探していたわけではないから面倒だったけれど、受給のためならしかたがなかった。少しでももらえるお金はもらっておきたかった。

ところが数回行くと、担当がなにかと理由をつけて面談をキャンセルするようになってきた。一週間引き延ばしたり、最後には「トレーニングがあって遅れるので」と別の人と予約させられた。担当が嫌でしかたがなかったから、別の人にやってもらえることになってよかったと思った。

別の人のデスクに行ってみると、担当のだった。そして待ち時間の間に担当も帰ってきた。担当がいるすぐ隣で、別の人と面談をした。その人は私の書類を見るなりすぐ、古い記録を持ち出してくるのはだめだと言ってきた。古いものも入れていいと言われたと伝えると、初回はいいけれど、その後からは面談後にやった就職活動分を書かなければだめだとのことで、その場で全部消されて、新しい記録をつけさせられた。二週間分の活動なんてもとからなんにもないから、携帯を見ながら昔の活動を引っ張り出してきて、日付けを最近のものに変えてとにかく埋めた。

私がそれをさせられている隣で、担当は見えない聞こえないふりをしていた。彼女は、もしかしたらこれが言えなかったのかもしれないと思った。あんなに先輩風を吹かせているのに、私がにこにこして埋めてきた記録に文句をつけられなかったのかもしれない。先輩風を吹かせられて気に入られてると思っていたのに、もしかしたら彼女にとって私は扱いにくい人だったのかもしれない。

上から目線だと思っていたのも、自分の思い込みだったのかもしれない。私が毒親育ちの刷り込みから勝手に上下関係を作ってしまったけれど、そんなことをする必要などなかったのかもしれない。当時はまだわかっていなかったけれど、毒親のもとでは有効だったサバイバルテクニックが、大人になってから人間関係の構築を邪魔してしまう典型的なパターンだった。

けっきょく該当年次に収入がなく雇用保険を納めていなかったことから、JSAは受給できなかった。だからJob Centreへ通うこともやめてしまったのだけれど、この担当とのことは新たな気づきをもたらした。