イギリス

人が言うことを信用できない

このころわかってきたことだったけれど、私には人を信用できないという問題があった。

それを認識し始めたのは、まだ日本にいたころ。あるとき職場の仲が良かった先輩に、「お前は人の話を聞かない」と言われた。それまでそんな認識はまったくなかったし、どちらかといえば自分は人の話ばかり聞いていて自分の話をしない人間という意識があった。だから、そんなことを言われて違和感を覚えた。それが始まりだった。

結果的に、この先輩の言ったことは当たっていた。「人の話を聞かない」のではなく、「人の言うことを信用できない」のだった。

人の話は、聞いている。でもそれをそのまま鵜呑みにすることができなかった。それがいいか悪いか自分で確認をとらないと、本当のところはわからないと思っていた。人を信用していないのだ。でも口では「そうなんだ」と言っている。それがよくなかった。納得したように見せておいて、言われたこととは違うことをやったりする。これが、周りから見れば人の話を聞いていないように見えていた。

マニュアル講習」でも、あった。先生が「アクセル踏んで!」と言っても、踏まずにワタワタしていた。英語で言われることに対してすぐにピンとこないという、言葉上の問題も確かにあった。本当にアクセルを踏んでいい状況なのか自分で確認できていないから、踏めない。それで後ろの車にピー!っと鳴らされる。

ただこれは、長所でもあったりする。テレビやメディアの言うことを鵜呑みにしない。必ず「どういうことか」と考える。生きていく上で必要な作業が身についているということは、悪いことばかりではない。

でもこれに関して、一時期かなり悩んだことがあった。もしかして自分は、親と同じ問題を抱えているのではないかと思い、それが本当に恐ろしかったのだ。毒親育ちが親と同じ問題を抱えるのは当然だし、「私の気づき」もそこからで、「気づいてからの衝撃」も大変だった。あのときの底知れぬ恐怖が蘇ってきた。

両親は、本当に人の話を聞かない。「毒親炸裂の報」でも書いたけれど、自分のやりたいことが暴走してしまって、人の声が頭に届かない。

しかし私と両親とでは、起きている現象は同じでも、原因はまったく違っていた。私の場合は不安から、「人が言うことは本当なのか確認しなければならない」と思っているところから来ている。両親の場合は自分の欲求が暴走した末の、「人がなにを言おうと自分のやりたいことをやる」になる。

これはまったく違う。とりあえずここは安心していいと、自分を落ち着かせた。

私は夫のことも、信用できなかった。夫が「大丈夫」と言っても、本当に大丈夫か自分で確認しないと、大丈夫とは思えなかった。イギリス人は特に、日本人と違って「正確な情報を出さなければいけない」という気持ちが抜けている。道を聞いても、正確な情報が一発で返ってくることはほとんどない。イベントに「行く」と言っても来なかったり、開始時間にもルーズだ。

なにか用事があって夫に仕事を休んでもらうとき、夫が「休める」と言っても、信用できない。本当に休めるのか、上司はなんと言っているのか、プロジェクトの状況はどうなのか、そういうのを根掘り葉掘り聞いても、「大丈夫かもしれない」とは思うけれど、その日が来るまで心配し続ける。つらい。

そんな自分に気づいたとき、これはどうしてなのかと思えば、親が信用できなかったからに尽きた。「完璧を求め続ける原因」で書いた通り、親の言うことを信用していたら、今度は妹ではなく自分が階段から転げ落ちて死ぬかもしれなかったのだ。親に頼らなければ生きられない存在が、親を信用できない。常に周りでなにが起こっているか、完璧であるか、どこかに漏れはないだろうかと自分で確認し、死の恐怖を抱えながら毎日を生きていかなければならない。

親すら信用できない子供が、他の誰を信用できるというのか。カウンセラーにはそう言われた。確かにそうだ。

そうやって今まで、常に周りに神経を張り巡らせて生きてきたのだ。これはけっこうな病気だ。そういえば小さいころから「Kelokoは神経質だ」と親に言われてきた。汚いものやじめじめしたものが嫌いで、手をよく洗ったり拭いたりし、塗り絵はけしてはみ出さず、線を引くときは必ずものさしを使う。その理由がようやくわかった。

そりゃあ歯軋りだってするし、眠りも浅いし、リラックスもしたことがないだろう。そしてそんな私が「いい加減」なイギリス人に囲まれて「いい加減」なイギリス人の夫と生活することになれば、悪化の一途を辿るに決っている。人と一緒に暮らし始めれば、その人の分まですべて確認して生きていかないといけなくなる。自分のことも確認しつつ。そりゃあ病気にもなる。

個人カウンセリング用まとめ」や「大騒動から学んだこと」で書いた通り、「二人で乗っている船を一人で漕いでいる」という表現をよくしていた。これがそうだった。「夫の変化」が出てきたように、どんどん変えてきたい。ラクに生きられるようにしたい。

そのためには、どうしたらいいか。

1)大丈夫でなくても、死ぬことはない

まず理解することは、これだった。子供のころは親に頼らないと生きていけなかったし、その親が頼れない人間であれば生死に関わる状態だった。でも今は、自分で生きていける。そんな危険なやつに頼る必要はなくなった。大人になってきちんと判断を下せる「自分」という存在を頼りに生きていけるのだ。

しかも、私の生死に関わるようなレベルの信用できない人間は、そんなにいない。そこまでおかしければ、明らかに「それは違う」と自分で判断できるに決まっていた。

さらに、人の言っていることがちょっとおかしかったとしても、死ぬほどのレベルではない。夫が休みを取れなかったとしても、また別の日に調整すればいい。夫だって、そんな私の生死に関わるようなことに対して、おかしな判断を下したりしないはず。そういう人は、なのだ。私はたまたまそういう人を親に持って人生が始まってしまったから、世の中はそんな人ばかりだという洗脳をかぶってしまったけれど、きちんと考えればそうではない。たぶん世の中のほとんどの人はそんなことはないのだ。

2)ただ、人は適当なことを言うこともある

そして、次にこれも理解する必要があった。夫を含め、イギリス人全般そうだけれど、人が言っていることにそれほど注意を払っていなかったり、適当な返事をすることもある。でも、それでいいのだと。

そういうときは心配な気持ちを放置せず、注意を促せばいい。相手が私の言ったことを理解していなかったり、適当に返していると感じた場合、「I don’t think you heard me(ちゃんと聞いてもらえたか不安です)」や「I don’t think you understood me(理解してもらえたか不安です)」などと言えばいいのだと、カウンセラーに言われた。そうすれば、相手はきちんと注意を払ってくれるはずだと。

夫も、自分がやっていることに集中してしまう人なので、他のことは適当になってしまいがちなところがあった。大事なときはこう言って、注意を促せばいい。

こういうときに不安な気持ちを抱えたままにしてしまうのは、これもまた自分が「Entitle(権利が与えられている)」されていないという前提があるからだろうと言われた。だから不安に思っても、確認ができない。でも、心配に思ったら確認していいのだ。声に出していいのだ。というか、そうする必要があるのだ。「大騒動から学んだこと」だった。

確認されたところで、普通の人は「なに言ってんだ!」「私を信用していないのか!」と怒ったりなどしない。親はそうだったかもしれないけれど、この世の大多数の人は普通の人であり、普通の人はそんなことをしない。聞こえていれば「聞こえましたよ」と言うだろうし、聞こえていなければ「すみません、聞いてませんでした」ともう一度言うように言ってくれるだろう。

3)どこから始めていくか

カウンセラーいわく、いつもの自分がやらないようなことを少しずつやっていくのがいいとのことだった。

いつもなら、夫の言うことは信用しないで心配し続ける。「金曜日は5時くらいからオフィスでみんな飲み始めるから、Kelokoもロンドンにいるとき遊びにくれば」と言われた。そんなことを言われても、周りはすべて私の知らない人で、本当にそんなところに行っても大丈夫なのか不安になる。なんだかんだとはぐらかし続け、夫には不審に思われる。

①こういうところで、「私が行っても大丈夫なのか心配だ」と伝えること。夫が「大丈夫だよ」と言ってもまだ不安だったら、「でも不安だから、30分だけにしようかな」「30分以内でも、私が帰りたいと思ったら帰るね」と伝えておく。そうすることによって、自分が状況をコントロールできることがわかっているので、不安でいなくてもよくなると。

②行ってみたあとは、実際どうだったかを考察する。普通だったかもしれないし、やはりあまり居心地がよくなかったかもしれないし、思ったより楽しかったかもしれない。この結果のバラエティがわかることが重要とのこと。

いつも最悪の結果を想像してしまい、少しでもより安心な選択肢を取らざるを得ない。そうしていないと死ぬかもしれなかったからだ。でもものごとというのはいつも、最悪の結果の可能性もあり、最高の結果の可能性もあるのだ。そして、その二つの間に無数のバラエティがある。

仕事は見つからないかもしれないし、見つかるかもしれない。変な仕事しか見つからないかもしれないし、想像をはるかに超えるいい仕事があるかもしれない。このようにバランスのいい予想ができるようになることで、常に心配ばかりしていなければならない人生とも離れられる。

ここまでですでにもう、最初に「ヨガの師匠のカウンセリング」を始めたときには思いもよらなかったことが、たくさんわかってきた。これがカウンセリングかと思った。

広告

イギリスの医療制度

イギリス在住十年を超えたくらいの日本人が、イギリスのなにを見てどう思うのかを書いてみようと思います。

◆ 基本無料

イギリスの医療制度とメンタルヘルス」に医療システムについて書いたけれど、イギリスにはNHS(National Health Service、国民健康サービス)という団体があって、これが無料で医療を提供している。たしかイギリスに一年以上住んでいると、無料で受けられる。

無料なので、日本のようにすぐに医者にかかれたりはしない。GP(General Practitioner、一般医)という地元のかかりつけ医院に登録しておいて、なにかあったらそこに行く。場所によっては予約がなかなか取れず、三週間待ちなどもザラにある。緊急の場合は、行けばその場で診てもらえることもある。

GPが必要と認めた場合のみ、病院の専門科に紹介される。これも予約待ちなので、一か月から三か月ほど待ったことがある。もちろん緊急性の高い人から診てもらえる。かかりつけ医院では受けられないレントゲンやスキャンなどの検査や、治療をそこで受けることになる。

◆ 例をいくつか

たとえば、うつで起き上がれないなどの場合。二週間後の予約を取ってGPに行く。血液検査をすることになり、一週間後に採血。その一週間後に、検査結果。そこでメンタルヘルスの講習会を勧められ、一週間後に講習会へ。それでも足りず、個人セッションに行くことになり、その一週間後から毎週個人セッションを受ける。それでも足りないということになり、病院の精神科での治療を紹介される。

精神科にたどり着くまでに三か月以上はかかっているわけだけれど、全部無料。もちろん、その後に精神科でサイコセラピーを受けていたら、それも無料。

または、腰痛でGPへ行った場合。二週間後の予約を取ってGPへ。でも鎮痛剤を処方されて帰される。薬は有料で、どんな薬でも一定の金額を支払う。それも効かないので、また数か月後にGPへ。今度は病院に紹介される。腰のMRIを撮り、神経が炎症を起こしているとかで、数か月後にフィジオセラピストへ紹介される。フィジオではどういう運動をしたらいいかなどを教えてもらい、それを実践する。

薬は有料だけれど、MRIを含め、すべて無料。

◆ NHSの問題点

この制度の問題は、とにかくNHSの維持費がものすごい大変なこと。だから本当に必要なことしかできないために、希望する治療を受けるために海外に行く人たちもいる。ひどいGPにかかっていると、一年以上咳が止まらないのに風邪だと言われ続けて、実は肺炎だったなどという新聞記事も読んだ。金曜日に両腕を折っていた人が、月曜日になるまで医者に診てもらえなかったという話や、手術を待つ間に亡くなってしまった人の話など、NHSでひどい目にあった人の話を検索すれば、キリがない。

西洋医療の限界もあると思う。腰痛のようなものでも西洋医療で対応するため、MRIなどお金がかかることでもやるしかなくなる。これが鍼灸などで対応できれば、もっと安く済ませられるだろうと個人的には思う。実際に鍼灸を受けられるGPも出てきているので、これは今後改善が進んでいくと思う。代替医療も盛んになっている。主なホメオパシーやフラワーレメディはその辺の薬局で買えるし、どこにでもある健康関連の専門チェーン店にはそろって置いてある。

「とにかく節約」なのと、都会などでは人数がさばききれないため、妊婦も出産ギリギリまで病院には来させない。そして産んだらその日、もしくは翌日には帰される。病院食も、イギリス食のフィッシュ&チップスや、インドカレーが出てくる。日本では考えられないと思う。

個人にとって大変なのは、とにかく治療を受けるまでに時間がかかるということ。しかもGPに行っても、たいていのことでは鎮痛剤を処方されて「様子を見ましょう」と帰される。だから代替医療を頼る人が多いということもある。ただ日本のようにすぐ検査したり大量の薬を処方されたりするのも、どうかと思うところではある。風邪ですぐ病院に行き、鎮痛剤、咳止め、鼻水止め、胃薬など、何種類もの薬を処方されて、薬漬けになる。症状を止めて、休まず仕事に行く。あれは治療でもなんでもない。

◆ 利用のしかた

日本のようにすぐなにかしてもらえることはないけれど、制度を知って有効に利用することはできる。たとえば以前住んでいたところのGPでは、予約システムが毎朝8時にアップデートされるため、朝8時に電話をすると前日にキャンセルされたスロットを取ることができる。するとその当日か翌日など、早くGPに診てもらうことができる。また体を見せたりしないメンタルに関する問題などは、女性医限定ではなく男性医も可にすると、予約が早く取れることもある。

腰痛など東洋医学のほうがいいだろうと思った場合は、町の鍼灸や整体に行く。これは個人で行くから有料だけれど、NHSに紹介されたどこか遠くのフィジオより断然通いやすいし効果もある。ロンドンには日本の鍼灸もある。イギリス人の鍼灸師さんや指圧師さんも増えている。

メンタルやちょっとした頭痛などでは、まず休む。イギリスでは年間20日の有給とは別に10日ほどの病欠が認められているため、月に一度くらいはみんな休む。鎮痛剤で休めてもいいし、ホメオパシーで様子を見てもいい。症状が続いたり、おかしいなと思うようであれば、GPに行く。

Walk In Centre(ウォークイン・センター)がある病院もあって、名前の通り予約なしで、来た順に診てもらえる。日本の病院のように順番待ちが長いけれど、必要なら専門科に回してもらえる。受付けで症状を伝えて、専門医が空くのを待つ。私もこれで喉に刺さった魚の骨を取ってもらったことがあるけれど、終わるまで五時間以上かかった。もっと専門的でないものであれば、早く診てもらえたかもしれないけれど。

もちろんA&E(Accident & Emergency、救急)がある病院もあるので、自力で行くか、救急車を呼ぶ。救急車はかなり待つこともあるので、行けるならタクシーがいいかもしれない。救急車で着いたはいいけれど放置されて亡くなった人の話も読んだことがあるので、本当にまったくもって万全ではない。そういう話がきちんと報道されるところはいいと思うけれど。

◆ 思うこと

「イギリスの医療は無料といっても内容がひどい」「多少お金を払っても日本の病院のほうが断然いい」と言う人が多いと思う。安心して暮らせない。私もそうだった。渡英してきて数年は不安でしかたがなく、NHSでひどい目にあった人の話を読みまくり、不満を吐きまくっていた。

ただ今思えば、基本が「無料」というのは本当に大切なことだと思う。仕事がなくても、収入がなくても、誰にでも必要最低限な医療を受ける保障があるということ、これは全然違う。「健康で文化的な最低限度の生活」のもっとも重要な部分である、「健康」を求める権利が保障されている。これだけで、日本とはまったく違う社会になる。

プライベートの医療保険がある会社もあって、だいたい勤続半年から一年ほどで加入できる。その保険を使えば、もちろん保険によって上限などはあるけれど、すぐにプライベートの病院に回してもらって治療を受けられたりする。どの会社にもあるわけではないけれど、医療保険は個人でも入れる。お金があるなら、これでカバーすればいい。

医療が無料でない国では、「万が一」のためにたくさんのお金を貯めておかなくてはならない。特にアメリカの医療費など、本当に恐ろしい。アメリカに移住した友人が病院からの請求書をSNSに載せていたのを見たけれど、検査入院で一泊何十万という宿泊料を取られる。医療保険がなければ生きていけない国だ。アメリカでは年々ホームレスの人が増えていると聞くけれど、収入のない人などは病気になったり怪我をしたらどうするのだろう。

イギリスでは一文無しでも医療を受けられる保障がある。たくさん問題はあれど、まず生きていていいのだと思える社会だと私は思う。


◆ 薬について追記

処方された薬は有料で、処方箋を薬局に持っていくと、どの薬も一定額で支払いとなる。だから鎮痛剤などその辺で売っている薬の場合、処方箋なしで買ったほうが断然安い。薬局の人も、処方箋なしで買うか聞いてくれることもある。GPも、特別な鎮痛剤でない限りは処方箋を書かずに「鎮痛剤を飲んで下さい」とアドバイスだけで終わることもある。

ただ、日常的に必要な薬は無料のものもある。女性のピルは無料。これは避妊用であろうと、生理痛や月経前症候群のためであろうと、無料でもらえる。だいたい三か月〜半年ごとにGPに行って処方箋を出してもらい、薬局で受け取る。友人から聞いたところでは、喘息用の吸入器も無料とのこと。たしかに、大人も子供もよく持ち歩いているのを見かける。


◆ 歯医者について追記

歯医者は、基本的に有料と思ったほうがいい、という感じ。私は無料の治療は受けたことがない。「NHS(無料)」という看板を出していても、「ここまでは無料でここから有料」となっている。たとえば、歯を削って埋める際は、NHSだと銀歯のみで、白くしたいなら有料、など。また治療せずすぐ抜かれてしまうので、用心が必要。

イギリスの歯医者は非常に腕が悪いので、とにかく評判を聞いて選んでかかる。歯の治療のためだけに日本に帰国する人もいる。私も一度だけ削ってもらったことがあるけれど、いつまで削るのだというくらい削りまくられて恐ろしかった。日本にいたときは知らなかったけれど、日本の歯医者さんは非常に優秀。日本でやってもらった詰め物を「どうやったんだ」「どこでやった」「みんなこれ見てみろ」と、歯医者で見世物にされたという話も聞いた。

また、妊娠してからと産後一年間は歯医者が無料。この間にみんな歯医者に行きまくる。出産自体はNHSで無料。無痛分娩が主流。ただ無痛をお願いしていたのに、当日の院内の状況で麻酔の先生が足りず、強制的に自然分娩になってしまったとかいうような話は聞く。産後はその日か翌日には家に帰される。イギリスの病院はインドカレーが出たりするし、とにかくきれいじゃなく騒々しいから、泊まれと言われても帰宅したいという話もある。

就職活動を中止

このころ就職活動を中断して、しばらくカウンセリングに集中することに決めた。

いくつか面接は受けていたものの、いつも最終面接までいって落ちることばかりだった。どの面接でもだいたいそつなくこなせるものの、自分でもなにか足りないような気がしていた。それを証明するかのように、私の経験にどう考えてもぴったりの仕事がひとつも受からなかった。

どれもこれも物理的には可能だったし、できそうなことだからやりたいと思っていたけれど、なぜだかしっくりきていなかった。答えは合っているんだけれど中身のない小論文、のような感じだった。スペックとしてはぴたりとハマるのに、中に人がいない感じだった。

自分がなかったからだ。色がなかった。だから採用されなかったのだ。

不安症の個人セッション3回目」でも言われた通り、「面接」という作業自体も精神的に負担となるものだった。夫の週一の収入でやっと家賃がまかなえる程度だったけれど、とにかく今目の前にある問題を解決しない限り、一生就職できないばかりか、生きていくことすら危うい。

でもこれを解決しさえすれば、就職活動なんていくらでもできるようになる。

お金がまったくないわけではない。貯金を崩せば数年は暮らしていける。どれだけ貯金があったとしても、今ここでこのお金を使わなければ死んでしまうかもしれないのだ。生きていけるようになりさえすれば、いくらでも仕事してお金を稼ぐことはできる。何年かかるかはわからないけれど、よくなってきたらカウンセリングをしながら仕事ができるようにもなってくるかもしれない。でもそれもこれも、すべて自分の回復次第だ。

お金のことはが助かってから考えよう。とにかくよくなることが先決だ。夫とそう話し合って、ものすごいやりたい仕事が出てこない限りは、就職活動をストップすることを決断した。

こんなこと、以前の自分だったら到底できなかっただろう。収入があったとしてもカウンセリングという目に見えないものにお金を払うことは抵抗があっただろうに、きちんとした収入もないのにそれをやろうとするなど考えられない。ましてや私一人のカウンセリングだけではない。夫のカウンセリング、二人のカウンセリング、そして私はヨガもある。交通費もかかる。そんなことをほぼ無収入の状態でやるなんて、狂気の沙汰だ。

でもこれをやらないと死ぬのだ。先がないのだ。お金をケチっている場合ではない。なにはなくとも、自分自身がいなければなんにもならない。

そんなことは当たり前なのだけれど、私たちはすっかり忘れてしまっている。

このころすでに、私は徐々にお金に関する洗脳が解けてきていた。お金をケチってなんになるのか。そんな当たり前の感覚で動けるようになってきていた。日本人の根底にあるのは、「万が一」の恐怖だと思う。その上で、すべての価値を物理的にしか測れなくなっている。だから普段から少しでも安いもの、安いものとなり、それがしっかりしていていいことのように思われているのだ。

でも「メンタルヘルスへ紹介」でも書いた通り、イギリスでは医療が無料だ。もちろん順番待ちがあったりと不便なところはあるけれど、万が一のためにお金を山のように積んでおく必要はない。

この安心感は絶大だ。イギリスの医療制度にもいろいろな問題はあるが、日本やアメリカの自己責任主義と比べると、やはりお金に囚われた人生を送らずに済むだろうと思う。イギリスだけでなく、ヨーロッパには他にも医療が無料の国がいくつもある。今まで不便だ不便だと思っていたイギリスの医療だったけれど、基本的人権の「生存権」の大切さを身をもって知った。