うつ

進歩を実感

オステオパシーの施術を受けたとき、一つ素晴らしい進歩に気づいた。

このセッションの目的は、「歯ぎしりの治療」と「リラックス」だった。ところが施術前の問診票には、具合が悪い身体の部分にもチェックを入れるようになっていたので、腰や首、背中などにもチェックを入れた。

すると、それを見た先生が「それでは足から始めて、腰をやりますね」と言ったのだ。

今回の目的は、歯ぎしりとリラックスだ。腰痛ではない。

そう思った瞬間、「腰ではなくて、リラックスを焦点に置きたいんです」と私はとっさに言った。

そう、とっさに言えたのだ。

たぶん以前だったら、ここで「腰を中心にやります」と言われても、そのままお願いしていただろう。「専門家が言うのだからそれでいいのだ」と自分に言い聞かせたり、「腰ではなくてリラックスをしにきたのに」と思っても言い出せなかったりした。それでもやもやしながら施術を受けて、最終的に偶然にも自分の満足いく結果が出ればいいのだけれど、そうでなかったときは「言えばよかった」と後悔しまくり、落ち込むのが常だった。

カウンセラーにこの話をすると、以前はそもそも「自分はリラックスをやりたいのだ」というところにも気づかなかったのではと。「腰をやりますね」と言われて、なんだかわからない不安感を抱えて始まり、結果がよければよくて、悪かったときは落ち込むと、そういうことだったのではないかと言われた。

たしかにそうだ。ここには、

①「自分はこれをしたいのだ」とわかること
②相手にそれを伝えることができること

二段階がある。以前は①ができていなかったので、②もできなかったのだろう。たぶん、最初から①ができていれば、②もできていた可能性がある。だからまず問題なのは①、以前は「自分がなにを求めているか」がわからなかったのだ。

①ができていなかった原因はもちろん、親にそうされてきたからだ。親(人、相手)がしたいことを優先させてきたために、自分がなにをしたいのか、なにを求めているのかがまったくわからなくなっていた。「人といるとなぜ疲れてしまうのか」でも書いた通り、人と自分のどちらの主語で話しているのかわからなくなっていた状態だ。

人間だれしも最初は、ちゃんと「こうしたい」というのがある。でもそれを無視され続ける環境にいると、いずれ自らそれをすることをやめ、ついにはそれがあったことすら忘れる。さらにそれが進むと、自ら自分の気持ちを無視されることを期待して行動するようになる。そういう環境を自ら求めていくようになるらしい。

これが、ついこのころまでの私だった。

自分では気づけていなかったけれど、だれでも「自分の気持ち」はどこかにきちんと存在している。でもその存在に気づかないようになってしまっていたから、「相手の気持ち」の存在しか認識できず、それに沿う行動をとる。結果的に、「自分の気持ち」を無視していることになる。「わけもわからず傷つく毎日」で書いた通りだ。

「相手の気持ち」と「自分の気持ち」がたまたま合致しているときは問題ないのだけれど、そうではない場合、「なんだかわからないけれどもやもやする」というような状態になる。自覚なく「自分で自分を無視している」状態になっており、「よくわからないのだけれど落ち込む」ことになる。これが悪化すると、身体に出る。いわゆる「ストレスがたまって身体に出る」というやつだ。

たぶん、これがいわゆる「うつ」なのではないだろうか。「自分の気持ち」と「頭」と「言動」が一致していない不調和状態で出る、ガンのようなもの。

また、①ができていても、②をしない場合もある。

カウンセラーいわく、②の「自分の気持ちを相手に伝える」ができない場合というのは、「自分の気持ちは重要ではない」「自分はその場にEntitleされていない(エントリーされていない=権利がない)」と思い込んでいる場合に起きると。

父方の祖父母のところへ」行ったときの免許証事件のように、それまでずっと私の気持ちは親から無視されてきており、場をコントロールする権限が一切なかった。人権がなく、人として尊重されていなかったのだ。だから私は、嫌でも免許を親に貸さなければならなかった。私の免許証なのに、だ。

でも、もうそうではない。今は、子供のころとは違う。大人になった今、親にすがらなくても自分で生きていけているわけで、彼らの理不尽な要求を突き返しても、命に別状はない

解毒には、これを心の底から体感する必要があった。そうでないと、似たような状況になると同じ結果を招いてしまう。

親でなくとも、親のように自分に対して権威がある相手=先生や上司などを相手にしたときに、自動的に「子供の自分」が出てきてしまい、昔と同じ心理状態に陥り、同じことになってしまう。自分はその場で発言する権限がないと感じ、自分の気持ちを無視し、(相手が本当にそれを求めているかどうかは関係なく)相手がこれを求めていると思い込んでいることをやってしまう。それにより気持ちと頭が分離し、身体に影響が出る。

この癖から脱出するためには、まずこの仕組みを理解する必要があった。

子供のころはどんな理不尽なことでも、親に従わなければ生き残れなかった。親に従い親から好かれることが、生き延びるためにもっとも重要なことだったからだ。そういう環境から身についた癖が、「サバイバルテクニック」と言われる。だがもう時代は変わり、自分は大人に成長し、そういう昔のテクニックは必要がなくなった。しかも、昔は自分を生き延びさせたそのテクニックも、今では逆に自分の人生を生きにくくしてしまっている。

ここに気づくことが、スタートになる。

夫との間に起こっていたことは、まさにこれだったのだ。「自分はEntitleされていない」と思い込んでいるから、自分の気持ちを言えない。夫が自ら気づいてくれないと、怒りになる。自分の気持ちを汲んでくれないことを「無視されている」と感じて、自分を消したくなってしまう。というよりもまず、そもそも自分の気持ちがわかっていなかった。だから伝えることもできなかったのだ。

たぶんこれが、日本のように「お互いの都合を常に推測し合う」ことが前提とされている社会であれば、まあまあうまく回って生きていくことができていたのだろうと思う。でもそうではない社会に来れば、もちろん生きてはいけない。

というよりもたぶん、日本でももううまく回ってなどいないのだと思う。高度成長期のときのように、みんながうまくいっていてみんなが同じ生活をして同じ人生を目指し「こういうものだ」で生きていたときは、相手の意図をまだ把握しやすかったのだろうと思う。違っていたとしても「これが正解」と押しつけることもできただろう。みんながそう生きるものだという前提があったからだ。

だが経済も落ち込み、人々の生活も多様化してきた今では、自分と違う人間のことなどわかるわけもないし、「こういうもの」と押しつけられることも受け入れられない。「人と自分は違う」という前提で、お互いに口に出して伝える必要がある社会にどんどんなっている。というか、これからはそうしていかないと回らなくなっていくだろう。

カウンセリングでこの話をしたとき、夫も「そうそうそう!!」と激しくうなづいていだ。

たとえば、レストランに入る。私は、なにが食べたいのかわからない。でも、なにかいいものが食べたい。どれを頼むか、ものすごく迷う。いろいろ頭で考えて、「お店はこれが有名だ」とか、「ここに来たらこれを食べなければ」とかで、とりあえず絞って決める。出てきたものがたまたまそのときの私の気持ちに合っていれば大丈夫なのだけれど、そうでなかった場合はものすごくがっかりする。

同様に、なんらかのサービスを頼んでも、「自分はこうしたい」ということがわかっていないので、とりあえず基本的なものを頼んで、不安を抱えたまま最後まで待つ。でもやってきたものがまったく違ったりして、がっかりする。

この「最後まで待つ」というところが、ポイントだった。「出てきたものを見てみないと、それが自分が求めていたものかどうかわからない」から、最後まで待たなければならないのだ。自分がなを欲しているかが、わかっていないからだ。

だからこのとき先生にこう伝えられたのは、すごい進歩だった。「今日はリラックスをやりにきたのだ」「腰の治療なら鍼灸でやってもらえるから、オステオパシーではリラックスをやるのだ」ということがきちんとわかっていたのは、ものすごい快挙だった。症状をまとめて準備をしたのは、本当によかったと思った。

自分でもこのとき「ちょっと成長した」と思ったけれど、カウンセラーと話をしてみて、それがどれだけ快挙だったかがよくわかった。①自分の気持ちがわかっていて、 ②それをきちんと相手に伝えられた。心配を抱えたまま最後まで待ち続けて結果にがっかりするのではなく、最初から自分の心配を口にして、不安を解消することができた。これがまさに、「自分が状況をコントロールする」ということだった。

少しずつだけれど、確実に進んでいる。

「いつ終わるのだろう」
「本当に落ち着いた人生を生きられるようになるのだろうか」
「そんな日は本当にくるのだろうか」

と、どこまでも落ちっぱなしになることばかりだった。でもこうして進んでることが目に見えてくると、きっと落ちることも少なくなっていくのかもしれない。もしかしたら、本当に歯ぎしりも治って普通に生きられるような日がくるのかもしれない。

なんだか泣けてきた。希望が出てきたのだ。

広告

不安でつぶれそうな日々

夫とヨガ師匠のカウンセリングへ」行ってから、夫もここに通うことにした。

カウンセラーと相談して、カップルカウンセリングをやめて、しばらくは私のカウンセリングと夫のカウンセリングの二本でやっていくことにした。二人がそれぞれ回復してきたら、カップルカウンセリングに取りかかろうということになった。それぞれカウンセリングをやっているうちに心理状況も変わってくるし、状況は逐一変わっていくわけだから、それが落ち着いてきてから「二人でどうしていくか」を考えてもいいだろうと。

でも、それぞれのカウンセリングでやったことを、カップルカウンセリングで報告し合いながらやっていくのもいいのではとも私は思っていた。二人の状況をまとめながらやっていったほうが、変化をきちんと捉えられて、問題が起こらなくて済みそうだなと思ったのだ。

それをカップルカウンセリングで相談して、けっきょくそうすることになったのだけれど、正解だったと思う。ただ人によっては自分の問題にかなりの労力がとられるかもしれないし、カウンセラーと相談するのがやはり一番だと思う。

このころ夫も自分の問題に気づいて、それを改善しようとし始めていた。やっとここまで来れたというか、前進している感じがすごくあった。

でも、というかむしろそのせいで、このころは不安がひどかった。

私が空っぽな人間だということはわかっていたけれど、夫もまた空っぽな人で、それは生まれたときからの両親の不仲や、義父との関係からきているのだということがわかってきた。夫はとにかく流されるままに生きていて、その場でなんとなく必要なことをやっているだけで、自分がまるでなかった。

もちろん「この仕事がやりたい」「これが食べたい」というような認識はあるけれど、結婚しようと言えば結婚するし、離婚しようと言えば離婚するだろうし、子供を持とうと言えば持つだろうし、仕事してと言えば仕事を探すだろう。特にものすごく嫌なことでなければ、その場で求められていることをやって済ますのだ。

私のことを大事に思っていてくれて、私を助けたいと思ってくれているところもあったと思う。でもひどい状態の私を放置したり、私が「もう離婚しよう」と言えば「これ以上傷つけたくないからそうするしかない」と言う。どうにかしようとは思わないし、けっきょくなんでも私が言うことをやって生きているだけだった。

私に対して愛情があるわけでもないし、空っぽなのだと思った。

だからこんな人に「I love you」と言われてももちろん信じることもできなかったし、「自分にはKelokoが必要だ」「子供を持ちたい」と言われても、「You don’t know what you are talking about(あなたは自分がなにを言ってるかわかってないんだよ)」としか返せなかった。たぶん私のどこかは好きなのだろうし、必要だと思うこともあるのだろう。でもとにかく中身の感じられない言葉ばかりだった。

このころ夫も不安だったんだろうと思う。だから思ってもいないことを言ったり、「こう言うべき」ということを口にしていたのだろう。それまですべてを私まかせにしてきたけれど、これからは自分で考えて生きていかなければならないということは感じ始めていた。でも急にそうしようと思っても、すぐにできることではなかったのだ。

でもそれも、今思えばのことだった。当時はただただ、空っぽな夫の言葉にますます落胆するばかりだった。

だから夫が言うことは勘定に入れられず、それまで通り私が「本当は夫はどう思っているのか」まで考え、「二人のためにはどうしたらいいのか」を割り出して動いていくしかなかった。体は二つあるのに、頭は一つ。だから私が疲弊してしまうのだった。

もちろん私は人の愛情を信用できない人間だから、もし本当に夫が私を100%愛していたとしても、信用できないのだろう。でも夫が空っぽなことも原因であることは否めなかった。

この二人は、本当に最悪の組み合わせなのだと思った。

だからいつまでたっても一緒にいる気がしないし、共に人生を歩んでいる気もしなかった。渡英三年目で「私の気づき」があり、自分の問題をどうにかしようとしてきたけれど、夫の問題もあったから、私だけで解決することはなかったのだ。

いろいろなことを話し合ってきて、やっと少しずつ変化が見えてきたところだった。なにをしたらいいのか、なにが必要なのかを、考えて行動したりしてきていた。まだまだだったけれど、少しずつ自分の人生を歩み始めているのかもしれないと思っていた。

でもそれで私も夫も回復したとして、果たしてそのあとに「一緒にいたい」と思うかどうか。それが心底不安で、いてもたってもいられなかった。

きちんとしたつながりはなかったけれど、これだけ長い時間を一緒に過ごしてきて、お互いのことで知っていることはかなりあった。これを解消して、また一から違う人とやっていくことなんて、できるのだろうか。というより、また違う人を探すところから始めなければならないと思うと、本当に気が遠くなった。

もちろん自分を取り戻したら、今より遥かに自分で幸せを感じることができるだろうし、その上でなら一人になる不安なんてなくなっているのだろう。それにもしかしたら、やっぱりお互い一緒にいたいと思う可能性だってある。まずはあとのことは考えずに、今のそれぞれの問題を治療することが先決だった。

それでもやはり、あとのことを考えずにはいられなかった。そして不安にならざるを得なかった。共依存だったからしかたがなかった。これが取れてくると、解毒の進みは至極快調になる。でもそこまでが大変だった。

カウンセラーに教わった「転換点を作るV音」でしのいでいけるのだろうか。とにかく落ちてしまって大変だった。このままいくと、本当に抗鬱剤を処方されると思った。

転換点を作るV音

最後に、カウンセラーからとりあえずすぐにできる対処法を教わった。

下の図は、なにか問題があったときの感情の変化を表している。上に行くほど「Anxious(不安)」で、下に行くほど「Depressed(うつ)」となる。なにか問題が発生すると、まず不安になって、それが収まってくると、不安になったのと同じ分だけうつになり、最後にもとに戻るというのが人間の心理パターンらしい。

不安が強すぎる問題のある人(上の図)は、不安が生じたときに許容範囲内(緑色)では収まらず、それを超えて不安がつのっていく。するとその後に同じ分だけ落ち込むので、うつ状態もひどくなるというもの。普通の人(下の図)は、この一連の感情の動きがすべて許容範囲内に収まるので問題がない。
anxiety depression
なので、不安感が始まったときに許容範囲を超えて上がっていかないようにすることが重要だ。不安感が下降に転じる転換点(黄色の矢印)をなるべく早めに持ってくることができれば、上下の振り幅が小さく済み、不安感もうつも許容範囲内に収めることができる。

たとえば、あの「あの世とこの世の狭間」で揺れたときのことを思い出してみる。

つらくなる

夫無反応

不安が募る

Samaritansに電話

電話の向こうの男性の声で救われる

この場合、この電話の向こうのが、不安が下がり始める転換点を作ってくれたことになる。

ここからグラフが下がり始め、少しの間は平常値に戻る。でも今度はそこからどんどん下がっていって、また許容範囲を超えていく。「死ななければならない」と思うほどうつになった理由は、ここにあった。

では、転換点を作るにはどうしたらいいのか。

この転換点となる、不安な気持ちを解消するテクニックとして、カウンセラーから「V-sound(V音)」というのを教わった。

  1. まずは深呼吸を何度かして、呼吸を整える。
  2. 深く息を吸い、「ヴゥゥゥーーー」と言いながら息をゆっくりはいていく。
  3. お腹に手を置いて、Vの音がお腹の底に響くように意識しながらはいていくのがポイント。

ヨガをやっていなかったら、そして不安症のワークショップを受講していなかったら、きっと「なんのこっちゃ」と思っただろう。

でもこのときの私はすでに、体が心に与える影響を習って知っていた。カウンセラーが「不安でたまらなくなくなったときに、それ以上に不安値が上がっていくのを防げる」と言うところまではまだ理解ができなかったものの、気持ちを落ち着かせるとかそういう効果があるのだろうと思った。

初回にこれを教えるだけでも、かなりよくなる人がいるとのことだった。しかし私はヨガを始めてたからすんなり受け入れられたけれど、まったく予備知識もなにもない人が突然これをやらされて、受け入れられるものだろうか。しかもたとえば、上記のような夫と話していてだめになってきたときに使うわけだ。話してるときに突然私が深呼吸して「ヴゥゥゥーーー」とか言い出したらびびるだろう。

でも、びびればいいのかもしれない。人がどう思おうと、自分の命が助かればいい。

とりあえずひとつテクニックは教わったので、「新たにわかった夫のこと」でもまとめた「夫が親とは違うところを唱える」も合わせてやってみることにした。

この「V音」がどんな理由で不安に効くのかも、非常に気にはなった。実際カウンセラーにも聞いてみた。でも答えを聞く前に「やっぱりいいです」と自分で言って、聞かないでおくことにした。

ヨガ開始」でもそうだったけれど、私は「このポーズはどうしていいのか」と意味がどうしても気になってしまう。でもそうすると「頭」で理解をして、そうなるようにやろうとしてしまうだろう。でも今の私には「感覚」を感じることが必要なわけだから、「頭」が仕事をしていては元も子もない。

なのでこれも詳しくは聞かず、言われたことをただやってみて、そして私の中でどんな変化があるのか、体のどこになにを感じるのかを感じとってみようと思った。