食事療法

夫の膜が取れた

Authenticに生きた」で書いた通り、夫とまた一緒に暮らし始めた。

クリスマスから年明けの滞在予定で行った夫のお母さんの家を数日で出て、夫も私を追って帰ってきた。年明けに二人でカウンセリングにも行き、このときはこれでもう大丈夫だとさえ思えるようになった。最終的な解決は、ここからまだ一年以上はかかることになるけれど。

でもこのとき、夫と「直接」話ができるようになった感じがした。初めての感覚だった。

それまではなんとなく、夫はに浮いていて、それを一生懸命引っ張り下げて話をするような感覚だった。それでも体の周りに薄い膜が張っていて、なにを言ってもその膜に阻まれて、私の言葉がきちんと夫に届かないまま、地にぼろぼろと落ちているような感じだった。何度も何度も、全身全霊を込めて泣き叫んできたのだけれど、この人にはまったく届いておらず、もうだめなのだと思っていた。

ところが、夫がお母さんのところを出て家に戻り謝ってきたときに、その膜がなくなっているのに気がついたのだ。

驚きだった。卵の薄皮がつるんとむけたように消えていて、夫と直接話ができている感じがした。このとき夫と知り合ってちょうど10年だったけれど、本当に出会って初めての感覚だった。

そのあとも波はあるものの、きちんと私の言葉が届いていてそれに反応している感覚はなくならなかった。まだまだ完全に信頼することはできなかったけれども、なにかが確実に変わっていることは実感していた。

そんな中で、夫が私の料理に対してやたらと「おいしかった、ありがとう」と言うようになった。これはいったい、なんなのだろうと思った。

離れて暮らしてから、三か月。帰宅した夫は、大きくなっていた。

友人のところに泊まっていたときは、毎日テイクアウトの外食だったそうだ。お母さんのところでは、Chips(フライドポテト)が主食の生活だったはずだ。なにを食べていたのか聞いてみると、冷凍食品や、レンジやオーブンで温めるだけのフィッシュ・アンド・チップス、パスタや芋だったらしい。イギリスでは定番の食事だ。

夫は突然、「姉さん夫婦だって、なにも言わないけれど問題があるはずだ」と言いはじめた。

最初は年末の「大騒動の襲来」のことを言っているのかと思ったけれど、そうではないようだった。

夫のお姉さんの家は、夫婦と息子二人の四人家族なのだけれど、巨漢揃いだった。義理のお兄さんは足腰にきていて、年末に会ったときはとうとう一人でソファから立ち上がることもできなくなっていて、息子たちに引っ張ってもらっていた。あれなら相当な健康の問題があるはずだし、お母さんだって心配していた、なのに自分たちの前ではいつもなんの問題もない顔をしている。おかしい、と。

びっくりした。夫がこんな現実的なことを言うとは、それまで思いもしなかった。

夫は若いころに無一文になり、しばらくお姉さんの家に世話になったりしていた。「姉さんがいなかったら今の自分はいない」と言う。でも、「家族」ならば当然のことでは?

もちろん、「世話になって当然」と思わなくていい。でも誰にだって失敗をしたり、病気になることだってある。そのときに家族と助け合うくらい、そんなにも申し訳なく思う必要はないのではないだろうか。歳の若い弟が、少しばかり姉の世話になって、そこまで恐縮する必要があるだろうか。

だから今まで、お姉さんに言いたいことを言えなかったり、お姉さんの有り様に疑問を持ったりしたことがなかったのではないだろうか。お姉さんが言うなら「そうなのだ」と思ってきたのではないだろうか。毒親育ちの「Authority(権威)が苦手」という特徴だ。

もちろんお姉さんも毒親育ちだし、安心できない親のもとで弟と生きてきて、苦労をしたのだろう。自分がしっかりしなければいけないと思い込んで、なにに対しても上から目線になってしまうのはしかたがなかっただろう。

夫はきっとカウンセリングで、「お姉さんにだって問題があるはずでは」とでも言われたのだろう。どんな夫婦でも、問題の一つや二つあるはずだよと。姉を「Authority」ではなく、自分と同じ人間として見れるようになるような、そんな気づきの一歩となることを言ってもらったのでは。

だからこそ、「自分のためにヘルシーなご飯(一般的なイギリス人からすれば、普段私が作って食べているすべてのものがヘルシーだ)を作ってくれる妻」に感謝の気持ちが出てきたのではないだろうか。食事にうるさいけれど、薬局の無料健康診断のお知らせを持って帰ってきてくれる「自分の健康を気遣ってくれる妻」に、感謝の気持ちが出てきたのではないだろうか。

すぐ問題を追求する面倒な妻かもしれないけれど、問題を無視して生きているお姉さんとは違うではないですか、あなたのことを大事にしてくれるいい奥さんではないですかとでも、カウンセラーに言われたのでは。

夫のお父さんは、心臓の病気で亡くなっている。それで夫は若いころから、自分も同じ病気になるのではないかと不安に思っていた。そんな自分の健康をケアしてくれると思うと、私のガミガミも「大事にされている!」と思えるようになったのかもしれない。

不安症でガミガミ言ってしまう私にも、もちろん問題はあった。けれどもそれを避けるだけではなく、いい面も見て受け入れていく。たくさん世話になった姉にも、問題だってある。夫も私も現実的にものごとを見られるようになっていくきっかけとなった。

広告

不安症と生活習慣

3.Behaviours(行動)の対応策

8)Lifestyle and Anxiety(生活習慣と不安症)

本当に基本的なことだけれど、生活習慣というのは心身に大きく影響する。「なんだそんなことか」と思うけれど、考えてみれば人間というのは「そんなこと」でできている。

①運動

定期的な運動は、自信や自己肯定感を増したり、体の中の「スッキリ感」を刺激したり、緊張やイライラを発散したり、不安を緩和したり、リラックスさせたり、よく眠れるようになったり、心臓病や骨粗鬆症などの病気を予防したりする。一般的には週に計150分の緩やかな運動が望ましいとされ、これには買い物やガーデニング、家事などでもいいとのこと。

一番大事なことは、自分の健康状態や体の状態に合い、なおかつ楽しいと思えるようなことを行うのが重要だとのことだった。できないことを無理にやろうとするより、できることを楽しくやる。

②Mood Foods(気持ちと食べ物)

意外だったのが、私たちは口にするものから物理的にも感情的にも影響を受けているのだということ。例えば血糖値が低いと気を失ったり倒れたりしてしまうし、ダイエット中に板チョコを一枚食べてしまうと罪悪感が生まれ落ち込んだりする。たしかにそうだ。

逆に、気持ちによって食べるものも左右されたりする。これはわかる。ストレスや退屈をしのぐために食べたり、ネガティブな気持ちをどうにかしようとして食べる人もいる。でもこれは短期的には満足感を得られても、長期的には前よりもっと気持ちがネガティブになってしまうのでよくない。

③A Few Examples of How Food Affects Mood(食べ物が気持ちに影響する例)

  • 食べたものによって血糖値が上下し、これにより気分やエネルギーも変動する。
  • 食べたものは脳内物質(セロトニンやドーパミン、アセチルコリンなどの神経伝達物質)に影響し、そしてそれはまた私たちの考えかたや気持ち、行動に影響する。
  • 砂糖カフェインは、ストレスがあるときの反応と同じものを引き起こしてしまう。
  • ビタミン不足やミネラル不足、必須脂肪酸の不足は精神面に影響し、特定の栄養素の欠乏によって出る症状もある。例えば、オメガ3脂肪の不足はうつに関係する。

9)The Eat Well Plate – Getting a Balance(バランスよく食べるには)

健康的でバランスのとれた食事にするためには、いろいろな食材適量ずつ食べることが必要となる。これも「不安症の症状とストレスジャグ」で勉強したストレスジャグのメンテナンスになる。以下のような、食べ物のタイプとそれぞれどれくらい食べたらいいかが表された表が出てきて、まるで家庭科の授業のようになった。

eat well place

Tips for Healthy Eating(健康的な食事のために)

  • デンプン系(炭水化物)の食べ物を、エネルギー源として食事のベースにする(例:全粒粉パン、シリアル、パスタ、玄米、芋など)。
  • 果物野菜をたくさん食べる。
  • 週に一度は脂肪分の多い魚を食べる。
  • 飽和脂肪砂糖を減量する。砂糖が多く加工された食品は、イライラを増大したり気弱にさせ、さらに高コレステロールと心臓血管の病気のリスクを上げる。
  • もなるべく控える。成人でも1日にMAXで6g。塩や砂糖、カフェインの過剰摂取は、ストレスがあるときの反応と同じものを引き起こす。
  • 液体を充分に採る。
  • カフェインは気分を上下したり、不安症を引き起こしたり、睡眠を妨げるので減量する。代わりにハーブティを飲むようにする。
  • 不安をごまかすためにアルコールドラッグたばこを使用しない。
  • 血糖値をフラットに保つため、朝食を抜かない。
  • やけ食いなどをせず、スープなど体にいいものを食べる。

気分を一定に保つには血糖値を一定に保つことが重要で、甘いものは急激に血糖値が上がってしまうからよくないらしい。イギリスでは「シュガーラッシュ」と言われていて、たとえば子供に甘いものを与えると、カフェインの摂り過ぎのときのようにハイパーアクティブになってしまう。そのあとに疲れて一気に心身ともに落ちてしまうので、あまり与えないほうが望ましいと言われている。