愛着障害について

愛着障害のカウンセラー

GPと相談」して、NHS(国保)で心療治療に回してもらったのだけれど、同時に念のため個人のカウンセリングも探し始めた。NHSは無料だけれど、始まるまでにどれくらい待つかもわからないし、しかも始まったとしても愛着障害に詳しいかもわからないし、時間に融通がきくかもわからない。

夫婦で無職になるのに、自費で週に二つもカウンセリングをするなんて狂気の沙汰と思われるかもしれないけれど、もうそんなことには構っていられなかったし、とにかく最善を尽くすことしか考えられなくなった。

お金のことは、よくなってから考えればいい。よくならないと死ぬかもしれないのだから、そうしたらどうせお金は要らなくなる。なら今使うしかない。そう思った。

愛着障害」が主要な問題だと思っていたので、それを専門にしているカウンセラーで、通える範囲にいる人を探した。迷ったけれど、よさそうな人を一人選んで、予約してみた。1時間50ポンドと、よくある金額だった。

初回は状況の説明も兼ねて、とりあえず二人で行ってみた。でもこちらでは私の問題をやって、relateのほうで二人の問題を続けてやっていくことになった。必要な際は、こちらに夫にも来てもらうという形だ。

メンタルヘルスの報告書をメールで送っておいたのだけれど、それにもかなりきちんと目を通しておいてくれたようで、嬉しかった。もちろんこれだけでは全容はわからないだろうけれど、そのときの私の認識を把握してもらうという意味では、かなり時間が省けるだろうと思った。

このカウンセラーのスタイルは、「Interactive(対話式)」だと言っていた。カウンセラー自身の体験も話してきて、「自分も問題があってそれを乗り越えたから大丈夫」と言っていた。「乗り越えられるのだ」という希望が持て、「この人も似たような経験をしているからわかってもらえる」という安心感が少しできた。

こういうスタイルは初めてだったし、自分に合っているかはわからなかったけれど、何度か通ってみようと思った。

この日に話をしてみて、ポイントは「癒やし」なのかと思った。

実家から出て「自分の人生」を歩み始めたと思ったこと、夫と出会って結婚して本当の家族ができたのだと思ったこと、でもそうではなかったのだと絶望したこと、親にされていたことと同じことを夫にしていたと気づいてショックだったことなどを話した。

私の気づき」の前の私は本当にひどかったので、そのことを思い出すと、当時の私は涙があふれて止まらなかった。イギリス生活での理不尽なことや、うまくいかないことを全部夫にぶつけ、そんな理不尽なことをされてるにも関わらず、私を放り出さずに頑張ってくれていた夫に、またひどいことをして。

でも、「そうしてしまうのは当たり前」と言われて、びっくりした。

「あなたと同じ環境で育ったら、私だって旦那さんだって誰だって、あなたと同じようにしてしまう、あなたが悪いわけではない」と言われたのだ。そこで気づくことが重要で、そこからが変化になるわけだから、それがあってよかったのだと。自分を許して、進んでいく、というようなことを言っていた。

そんな風に考えたことがなかったし、確かに私はこれをずっと引きずって生きていた。こんなところまで解きほぐしていけるのかと思い、希望が持ててきた。

私がひどい人間だったわけではなかったのだ。しかたのないことだったのだ。

もちろん、被害を受けた人にとってはたまったものではないだろう。けれど、私にとってはそう思うことが解毒のためにすごく大事なのかもしれない。「毒親というワードに遭遇」したときもそうだったけれど、自分は少しも悪くなかったのだということ、そこに気づくことで、癒やされ回復していくのだ。

「あなたは病気ではないのだ、単に育った環境からそうなってしまっただけで、誰だってあなたと同じ環境で育てば同じ問題を抱える、誰だって同じなのよ」とも言われた。私はこれが自分のせいだと思ったことは一度もなく、親のせいだと思っていたけれど、でも自分は人と違っていると思っていたということは、けっきょく自分のせいにしていたわけだ。

そうではなく、私が変わっているわけでもなんでもなく、誰だって私の環境になれば私と同じような問題を抱えるということ。このとても重要なポイントに気づかされた。

広告

愛着障害の克服をまとめてみて

まとめてみて、要するに「愛着の傷の回復」というのは、うちの場合、自分たちだけではできないのだということがわかった。

一番大事な「安全基地」だけれど、私と夫は「不安型と回避型」なので、どちらもどちらの安全基地にならないばかりか、逆に傷つけ合うことになる。配偶者が安全型だった場合は、結婚そのものが回復への道になるのだろうけれど、うちでは無理だった。

これは「経験を語り尽くす」と同様、カウンセリングでやらなければならないと思った。

ただ、自分たちでできることももちろんある。

「幼いころの不足を取り戻す」について、このとき気づいたことだけれど、私は抱っこが好きだった。友達の赤ちゃんや、柔らかいぬいぐるみ、クッションやまくらも好きだった。子供のころに近所で犬が生まれたことがあったのだけど、その子をずっと抱いていたこともあった。トレーナーのお腹に入れて、そのまま遊んだりして、ずっと持っていた。これはもしかすると、愛着の傷を癒やすために自然とやっていたことなのかもしれない。

夫は夫で、子供と遊ぶのが好きだった。スピリチュアルリーディングの「夫について」で聞いた通り、近所の友達と家族で集まったりしても、よく子供と一緒になって遊ぶ。子供と同じレベルになって遊んでいるのだ。ただ偉そうにできるからだと思っていたけれど、これも愛着の傷の修復を自然と行っていたのかもしれない。

「役割りと責任を持つ」に関しては、仕事でできそうだった。でも、きちんとそのときどきで自分にはまるものでなければならないのかなと思った。そのときの自分に対して、自己有用性が実感できて、自己肯定感が生まれそうなところ。

そうでなければ、否定的認知に陥ってしまう。これが「日本的な会社が苦手な理由」だったのだと思う。だからあのときは「辞めて正解」だった。でももう少し回復しているときだったら、いい練習場になったかもしれない。

このころ気づいたことだけれど、日本は社会全体的に「否定的な見かた」が多すぎる気がした。イギリスだと例えば、道で人にぶつかっても笑顔で「Sorry(あ、すみません)」「It’s alright(大丈夫)」というやり取りになる。そこにはお互いの中に「もちろんわざとぶつかったわけではない」という考えが前提にある。

でも日本(東京?)の場合だと、「わざとではないのです」ということを一生懸命伝えないといけない気がする。「他人に迷惑をかけた」ということで、嫌な顔をされるからだ。相手が知っている人でないと、イギリスのような対応にはならない。これはやはり、全体的に安心感や余裕がない人が多いのだと思う。

こういう中で生きていると、やはり否定的認知がどんどん多くなってしまうのはしかたのないことのように思える。なので、もっと肯定的な認知ができるような場所に自分を置くことが必要だと思った。

そういった肯定的な認知ができるところに行けば、「アイデンティティの獲得と自立」もできてくるようになるのかもしれない。周りから存在価値を認めてもらい、自己有用感自信を持って、自分に対して「これでいいんだ」と思えるようになっていく。

もちろん、にそうしてもらえるのが一番いい。それができない場合は、配偶者やパートナーがいい。でもそれもできない場合は、また別のところでやってもらうしかない。一番いいのはやはりプロのカウンセラーだと思うけれど、職場で上司や同僚との関係の中でそれを行うことも不可能ではないと思う。

またもっといろいろなところで人と関わり、それができるチャンスをどんどん作っていくのが一番かもしれない。そうすれば、たとえ職場でうまくいかないことがあったとしても、他で補っていくことができる。ひとつに固定しないことは、大事かもしれない。

いろいろあるけれど、取り急ぎ以下のことをやってみることにした。

・カウンセラーを見つける
・肯定的認知ができるような職場を見つける
・子供っぽいことでもやってみたいことはやる
・二元的な考えかたではなく総合的にものを見るようにする

愛着障害の克服4:役割と責任

最後に、「役割」について。

3)役割と責任を持つ

(1) 社会的、職業的役割の重要性

克服のために、安定した愛着スタイルばかりを追い求めることは、実は必ずしも得策ではない。自分がやるべき役割りを担い、それを果たそうと奮闘するうちに、周囲の人との関係が安定し、それによって親密な人との愛着関係もしだいに安定していくことも多い。親密さがベースの関係は距離が取りにくく、愛着障害の人にとって一番難しいが、社会的な役割りは、親密さを棚上げし割り切ることができるので、愛着不安や愛着回避のジレンマからある程度守られる。ここで経験を積み、ほどよく親しい関係を増やしていき、回復の訓練ができる。

なので役割りを持つこと、仕事を持つこと、親となって子どもを持つことが、愛着障害を乗り越えるきっかけとなりうる。回避型でも必要にかられて人と関係を持ち、対人スキルの向上と人となにかをする楽しさが学べる。不安型には、役割りを持つことで神経が愛着行動にばかりいくのを防ぎ、心が安定する。

会社の人とのやり取りの中でも解毒を意識して動いてみることによって、自分の回復につなげていく。これはカウンセリングを始めてから、夫が試してみるようになったことだった。

(2) 否定的認知を脱する

愛着障害の人は親から肯定的な評価を受けられなかったことが多く、それが他の人との関係にも尾を引き、自分や周囲の人に対して否定的な評価を抱きがちであり、これで対人関係がうまくいかなかったり自分を活かせなかったりする。この否定的認知を脱することは非常に重要。

どんな小さなことでもいいから、自分なりの役割りを持ち、それを果たしていくこと。できること、得意なこと、人が嫌がってやらないことなどを思い切ってやってみる。周囲の人のためにもなればもっといい。その際、それまで縛られていた義務からいったん切り離して考えること。学校や仕事のことで頑張れなくとも、他にもできることはたくさんあるはず。まずは気楽に始め、「自分にもできることがある」という肯定的な気持ちを回復することが先決。

友人からもらったアドバイスで、大きな目標ではなく、毎日小さな目標を立ててそれをクリアし、達成感を味わいながら生活してみるというのがあったので、やってみるようにした。「今日は掃除機をかける」や「和食を作る」など、簡単にできることを設定して実行していく。慣れてきたら大きな目標を立て、それに向かって小さな目標を細かく立てて実践していくのでもいい。

また「全か無か」という二分法的な認知ではなく、清濁併せ呑む統合的な認知が持てるようにする。なにか嫌なことがあっても徹底的に否定するのではなく、「そうなってよかったこともある」という「良い所探し」で前向きな意味を見出そうとする姿勢(Validation:認証、承認)が必要。本人も周りも絶えずそれを心がけ実践することで次第に二分法的認知から脱却し、視点を切り替えられるようになる。

私も大きな発見だったけれど、毒親育ちにはこの二元的な見かたをしてしまう人が非常に多いと思う。「白ではない」と言うと、話の主題そっちのけで「じゃあ黒なのか」と言ってくるものだ。そうやって毒親から振り回されてきたために、人に対してもそうするようになってしまったのだと思う。

世の中のほとんどすべてのものは「グレー」でできていることを認識して、意識的にものごとを総合的に見るようにしていくことが必要だ。人も「いい人」「悪い人」に勝手に分類せず、同じ人でも好きなところと嫌いなところがあるということを理解する。

(3) 自分が自分の「親」になる

究極の方法は、「自分が自分の親になる」方法。「親に期待するから裏切られる、認められたいから否定されると傷つく。自分が親として自分にどうアドバイスするか考え、相談して生きていこう」と、ある女性は決心し、理由のない自己嫌悪に陥ることがなくなり、前を向いて生きていけるようになった。不思議とチャンスが開け、仕事でも対人関係でも認められるようになった。

「親への期待」を捨てることはとても重要だ。これがあるからつらいわけで、これさえなくなれば実は親がなにをしてこようとどうであろうともなんのダメージも受けない。でもそこに行くまで人によって時間がかかる。そのプロセスを踏んだ上で、この方法へつなげるのだと思う。

(4) 人を育てる

愛着障害の人は「親にうまく育ててもらえなかった」人なので、克服には誰かに親代わりになって育て直してもらうことになるのだが、実はもう一つ方法がある。それが、自分自身が「理想の親」となって、後輩や若い人たちを育てること。人付き合いの悪かった漱石は、弟子となった若い門人たちの面倒をよくみることによって、文豪と呼ばれるまでに人間的に成長したと思える。

愛着の傷の修復」のところでもあったけれど、自分の子供を持ち、子供と一緒になって遊ぶことはとてもいいらしい。自分の子供となると距離が近すぎてしまう場合は、仕事で部下を育てたりすることもありなのかもしれない。

(5) アイデンティティの獲得と自立

愛着障害を克服するということは、1人の人間として自立すること。これは「人に頼らない」という意味ではなく、「必要なときは人に頼ることができ、でも相手に従属するのではなく、対等な人間関係を持つことができる」ということ。

そのためには周りから存在価値を認めてもらうことが必要で、それにより自己有用感と自信を持ち、人とのつながりの中で自分の力を発揮することができる。つまり自立の過程は、周りに受け入れられ認められる過程であり、同時にそうした自分に「これでいいんだ」と納得する過程で、両方がうまく絡み合いながら進んでいく必要がある。

愛着障害の人は、最初から他者に受け入れられることがうまくいかず、同時に自分を受け入れることにもつまずいた人。重要な他者に受け入れられるプロセスをやり直して、自分を受け入れられるようになることで、愛着の傷跡から回復し、自分らしいアイデンティティを手に入れ、本当の意味での自立を達成できるようになる。

毒親育ちは、どうしても人間関係が常に「上下関係」になってしまうのだと思う。だから人のことはよく見てて助けるけれど、自分は人に言ってもらったり助けてもらうことができなかったりする。「プライドが許さない」と言って、うつになってしまう人もいる。「人に頼れない」のだ。

親に受け入れられ助けられて育つことが、生きていく上でどれだけ重要かということがわかる。日本では「しつけ」と言って、なんでも我慢させて育てることがよしとされてきた。急速な意識改革が必須だ。