体に出た不調

スピリチュアルカウンセリング4回目

このころもう心身ともに限界だったので、またスピリチュアルカウンセリングに行ってみた。

ぼろぼろの体」だったのと、「友人の来英」後にまた起き上がれなくなって、これはもう絶対なにかがおかしいと思った。これで血液検査を三回もして異常がないなんて、そんなことあるわけがないと思った。だからリーディングで異常がないか観てほしかったのもあった。

「これって本当なんだろうか?」「こういうこともあるんだろうか?」という感じがある。

最初にそう言われたときにまったくピンとこなかったけれど、これはまさにその「体にまったく異常がないのに起き上がれない現象」について、私が不思議に思い、怖いと思っていたことそのものだった。

寝る暇もないほど忙しいというわけではないけれど、疲れている。朝から15時間とか働いていて寝れなければ理由がわかるけれど、そうではないのにとにかく力が出なくて、疲れてしまう。「いつもの自分はこうではないのに」と思っている。

びっくりした。そのままだった。

でも、エネルギー的にはそういう時期があって逆に「人間」。機械だってときどき使い古されて疲れて壊れ、修理したりする。人間はもっと自然なので、気候の変化によるホルモン状態の変化など、肉体にはなにかしらの影響がある。病気やストレスなどの理由もなしに、単に「疲れやすい」という時期だってある。人体にはバイオリズムがあって、いつも一定なわけではない。

確かに、人間は「生き物」であるわけだから、いつも同じように一定でいることは絶対にない。

できることは、「疲れたときには休む」ということ。私のように、疲れたときに体が必要に応じて止めてくれるということは、体が正直だということ。もしその疲れを押して無理に進めようとしていたら、もっと休む時間が必要になってしまう。無理やりなので事故もしやすくなるし、ミスも多くなる。倒れたり、入院しなくてはいけなくなってしまったりする。

できればそこまでいかずに「自己管理」をしたい。だから、ちゃんと体が「休みなさい」と信号を送ってくれたということは、とても健全だということ。体の「健康でいたい」という思いがとても強いということ。

「休まなきゃいけないときにきちんと休む」ことは、確かにとても健全だし、これこそが自己管理。日本では体調を崩して仕事を休む人に対して「自己管理がなってない」と言うけれど、あの「絶対に体調を崩さないこと=自己管理」という考えかたはそもそもおかしい。

こうして体が異常に疲れてしまうと、「おかしくなっちゃったのかな?」と疑問に思ってしまう。うつ病なんじゃないかと思ったり、「なんでこんなになっちゃったんだろう?」と心配になる。そうすると頭も休めなくなってしまうし、また「休んだらいけない」と思い始めると、気持ちの上でも休めなくなってしまう。

感情というのは目に見えないけれど、「エネルギー」として存在している。「こんなに体が疲れるなんておかしい」と心配したり、それでも無理をして仕事をしたり、または罪悪感を抱えながら休んだりすると、内側に「見えるエネルギー」を作ってしまったりする。心配しすぎて検査に行けない人もいるし、そのほうがもっと回復に時間がかかったりもする。

この「内側」に作ってしまう「見えるエネルギー」というのは、病気のことなのかなと思った。間違えて癌の診断をされた人が、心配のあまりに本当に癌になってしまったというのは、何度も聞いたことのある話だ。

子供の場合、心配になるとそれだけで頭が痛くなったりお腹が痛くなったりして、学校を休んでしまったりする。これは、それだけ自分の中で心配を消化しようとしているということらしい。大人になると、消化よりも溜めようとしてしまうため、病気を作ってしまうのだとか。クヨクヨする気持ちが拡大すると、特に腎臓や肝臓は機能が疲れてしまうそうだ。

だから、今回「ダメだこれはいけない」と私の中で止められたことは、本当によかった。ふり返って4月かもう少し前くらいからの流れを追ってみると、そのときはわからなかったから葛藤したけれど、でもできないと思ったから止めたのだなというのが見える。自分の中でそれくらい「健康でいたい」という力が強いのだということ。

確かに、やろうとすればできたかもしれない。倒れたわけではなかったし、仕事も、来英した友人と会うことも、頑張ったらできたかもしれなかった。でもよくわからないけど、なぜかできなかった。目の前がホワイトアウトする感覚と、「ここでやってしまったら倒れる」という予感があった。体の信号を真摯に受け止めることができたのだ。

今までにも何度か、頭や心が体を止めたことはあったと思う。今年だけでなく、そうやってマネージされてきたのが見える。「頭」と「心」と「体」の三人がもう寄り添ってきているので、あとは最後にその「仕組み」の理解が必要だということで、今回のことがあったのかもしれない。

肉体があるということは、ちゃんと休めてあげないといけないんだということ。この時期に、頭と体と心の三者と上手につき合ってあげて、ケアしてあげることを練習する。するとこれからも疲れることがあったら「あ、あれが来たんだな」と休んであげられるようになって、それほど長くかからずに回復できるようになる。

これが今回ここで学べたことだった。多くの人と同じように、私はだけで生きすぎていた。頭だけで生きていると、人間は必要なストップがかけられない。

きっとこの経験をしたことで、周りを見ていて「別に大したことじゃないのになんでそんなに疲れるの?」と思うことがあっても、「そういうことって確かにあるんだな」と思えるようにもなる。「疲れてるときは休んだほうがいいですよね」という言葉をかけてあげるだけでも、実際休めなかったとしても安らぎになることができる。

この世には理屈じゃないこともあるんだと思った。地球上のすべてが理由をつけられることばかりではないし、それがバーチャルではない「現実」だということだった。

広告

メンタルヘルスへ紹介

このころ、同僚から「CBT(Cognitive Behavioural Therapy)」の話を聞いた。

CBTは日本語で「認知行動療法」といって、「考えかたの癖を変える」という、うつや不安症の治療によく使われる手法らしい。私が初めて受けた「最初のカウンセリング」も、これだった。イギリスでは広く使われていて、その同僚も「Anxiety(不安症)」の治療で全20回ほどのセッションを受けているとのことだった。

というのも、私が「一週間の自宅療養」が終わって会社に戻ってくると、彼女が話しかけてきて、なんで休んだのか理由を聞かれたから話したら、自分も同じだったと教えてくれたのだ。以前に突然2週間の休みをとったことがあったのだけれど、医者から「Depression(抑うつ)」だと言われて休むように言われたのだとのことだった。

この話を聞いたとき、最初は驚いた。彼女は誰に対してもとてもフランクで明るくて、そんな不安症を抱えているなど思えなかったからだ。

でも、考えてみれば「確かに」という感じだった。イギリス人というのは日本人と比べるととても大雑把な人が多いけれど、この同僚はとても几帳面で細かく、日本の会社に非常に合っている人だった。あるとき一度、それほどでもないことで「大きなミスをしてしまった」とひどく心配したようで、謝罪されて驚いたことがあったりした。

たぶん、小さいことをすごく気にしてしまう人なのだろうと思った。それが細かいことによく気がつく日本の会社に入ったことで、さらに悪化してしまっていたのだろう。私とまったく同じだと思った。

聞いてみたところ、このCBTはNHS(国保)で受けているとのことだった。ということは無料だ。

イギリスの医療システムには、

National Health Service=国民健康サービス(無料)
Private Health Care=プライベート医療(有料)

の二つがある。NHSはイギリスに1年以上住んでいる人が加入できるシステムで、登録すると「National Insuranceナンバー」がもらえ、そのNIナンバーで国民健康保険料や雇用保険料、年金、GPの登録などがすべて管理されている。

NHSは無料だけど、手術や処置の順番を待ったり、できる施術が限られていたりする。そこで会社の福利厚生でプライベート医療があったりして、順番を待たなくても手術ができたり、NHSでカバーされない施術を受けられたりするようになっている。歯医者も、NHSでは銀の詰め物だけれど、お金を払うと白い詰め物をしてもらえたりする。

当時の私は1年の産休カバー契約だったため、会社のプライベート医療には加入できていなかった。収入も少なく毎月赤字なのに、全額負担で個人のカウンセリングへ行くこともためらわれた。なので、NHSで無料で受けられるものがあると知って食いついた。

同僚の説明では、

①まずGPへ行って「不安症」の診断をしてもらい
②そこから専門部署(メンタルヘルス)へ回すレターを書いてもらい
③そこで相談してCBTのセッションを受けることになった

とのことだった。

自宅療養のあと、3回目の血液検査の結果を聞きに行ったときに、GPに話をしてメンタルヘルスへ回してもらうように頼んでみた。これだけ検査をしてもなにも異常がなのに、こんなにも疲れて起き上がれないということ、また仕事での心労も激しいことを話して、レターを書いてくれることになった。

よかった。ついに本格的な解毒ができるのだと思った。

GPに手紙を書いてもらってからがきっと長いのだろうとは思ったけれど、ついにここまでこれたのだと思った。数か月かかるのかもしれないけれど、早く順番が来るのを楽しみにしていた。

また、一応ビタミンDの値が低いとのことで、ビタミン剤を飲むようにも言われた。ビタミンD値が低いと、うつや疲労症になるらしい。正常な数値は75〜200らしいけど、私は35だった。でもイギリスの冬を超えた人は通常みなこれくらいだとのことで、私が特別低いわけではないとのことだった。

このころ健康把握のために基礎体温を測り始めたのだけれど、普通なら女性は高温期と低温期になんとなく分かれるはずなのだけれど、私の体温はなんだか一定で変化があまりなかった。生理はきちんとあったのだけれど、ホルモンバランスが崩れているのかもしれないと思った。

リハビリとして、ビタミンD生成のために、天気のいい週末はベランダに出て日光にも当たるようにした。そのころ友人がハマっていたスプレーペイントにも、チャレンジしてみた。絵はけしてうまくはないんだけれど、好きなものを壁にスプレーするのはおもしろかった。

そうしてなるべくリラックスするように心がけながら、メンタルヘルスから連絡が来るのを待っていた。

一週間の自宅療養

ぼろぼろの体」のところで書いたGP(かかりつけ医)の予約がついにやってきて、ようやく診てもらってきた。特に体に異常がなかったので血液検査をすることになった。

GPの処置室でも血をとってもらえるけれど、それだと予約が必要で、2〜3週間後の日程でないと空いていないとのことだった。でもすぐ裏にある病院で、通勤者用に早朝7時から予約なしで先着順でやってくれるサービスがあるとのことで、翌日すぐに血をとってきた。

血液検査依頼書を見てみたところ、調べた項目は以下の通りだった。

ESR(赤血球沈降速度)
Full Blood Count(全血球算定)
Fasting Lipid Profile(血中脂質)
Fasting Glucose(空腹時血糖値)
Liver Function Test(肝機能)
Thyroid Screening(甲状腺スクリーニング)
Renal Profile(腎臓)

一週間後に検査結果が出て、電話で聞いたところ「再検査の必要がある」とのことだった。急いでGPをまた予約して詳しい結果を聞きに行ったところ、以下の2項目が再検査とのことだった。

Full Blood Count(全血球算定)
Liver Function Test(肝機能)

肝臓癌なのかもしれないと思って、怖くなった。それだったらこれだけ体調が悪いのも頷けた。

結果が出るまで怖い一週間を過ごしたが、「異常なし」とのことだった。最初の検査では血球が正常値より高く、肝機能の数値もおかしかったらしいが、再検査では数値が正常に戻っていたそうだ。肝臓癌でなかったのはよかったが、ではいったいこの体調異常はなんなのだ。けっきょく安心できず、ますます怖くなった。

GPが言うには、なんらかのInfection(感染症)でもすぐ疲れる症状は出るとのことだった。わかりやすく言うと、風邪を引くと歩いただけでも疲れたりするし、体がだるくなる。三度目の血液検査をすることになり、感染症を含めた以下の項目を調べてみることになった。

Bone Profile(骨代謝)
Infections Mononucleosis Glandular Fever(伝染性単核球症)
25-Hydroxycholecalciferol (Vitamin D)(ビタミンD)
Coeliac Screen – Tissue Transglutamine(セリアック病)

その間、疲労がひどいから休みなさいと言われ、一週間のDoctor’s Noteを書いてくれた。これは医師の診断書のようなもので、通常一週間以上の病欠を取る際に必要となる。

こんなにしょっちゅう血液検査に来ると、もう看護婦さんにも覚えられてしまい、呼ばれて処置室に入ると「あらまたあなた?」と言われ、なにも言わずに椅子を倒して寝かせてくれるようになった。

私は注射が大の苦手で、特に血液検査のように血を抜く作業のように長時間針を刺していなければならないものがだめだった。すぐ抜いてもらえるものならまだいいが、「体の中に異物が入っていて、それが針のようなもので、少しでも動くと体を傷つける」というのが耐えられない。だからも苦手だ。

なので少しでも体の力が抜けるように、になって血を抜いてもらう。イギリスではなにかあるとすぐ血液検査をするけれど、必ず椅子が倒せるようになっているのでいい。日本の健康診断ではそんな設備があまりなく、みんなが見ている中で別室に移されたりして恥ずかしかった。

三回目は、3本も血を取られてすごく時間がかかった。永遠に続くかと思った。あと数秒続いていたら発狂していたかもしれない。

結果は、また「異常なし」だった。これはもう絶対に精神的なものだと思った。