仕事

人を尊重し受容する

インターナショナルで様々な人たちがいる会社。それはまた、言葉だけでなく、様々な違いが受容されているということでもあった。

新人の私を含めた数人に、チームの人がシステムの使いかたをレクチャーしてくれることになった。ところがその人が、何度も同じことを言ったり、今すぐには必要のないところまで説明したがったりするのを見て、私は嫌になってしまっていた。自分が普通にやっていることがいかに大変で難しいかというスタンスでとうとうと語るので、またこんな面倒な人に出会ってしまったと、内心落ち込んでいた。

だが、そのレクチャーの終わりに。私と同じ日に入社したマネージャーが、その人に向かって「あなたの説明はとても丁寧ですね」「これからもどんどん人に教えることにチャレンジしていってください」と言ったのだ。

びっくりした。思わずまってしまった。

確かに、その人の説明はしつこい。でもたとえばコンピューターがわからない人からしたら、丁寧ともとれる。

マネージャーは、この「コンピューターがわからない人」でもまったくない。そういう人なのに、こういうポジティブな受け止めかたをして、ポジティブなコメントを本人にフィードバックしている。本人もうれしそうだった。たぶんこれからも頑張っていくだろう。

自分はなんてネガティブな人間なのだろうと、私は思った。

「しつこい」けれど、「丁寧」。私は「しつこい」しか見えず、すぐそこをダメ出しする。ここでほめてしまったら、ますますしつこくなっていってしまうのではと危惧すらする。教わる人がなにを求めているかを察知して、それをさっと出せるようでなければだめだと思う。

でもそんなところは、本人が伸びていく上で学んでいけばいいことだ。最も大枠で見たときに必要なことは、本人が前向きに進んでいけること。

最初から正解を出す必要はない。誰にでも段階というものがある。学んでいく課程がある。だったらやる気を伸ばすために、ここはほめるだけにしておいてもいいのではないか。本人が幸せで、頑張ろうという気持ちが出るほうが、本人のためにも周りのためにもなる。これが口座番号を間違えて一億円の損失を出すとかなら別だけれど、今絶対に注意して気をつけていかなければならないことでもなんでもない。

この職場では、「Learning Curve(ラーニング・カーブ)」という単語をよく聞く。なにか新しいことを始めるとき、最初からすべて完璧ということはない。カーブの角度は様々であれど、徐々に徐々に完璧に近づいていくもの。カーブの角度を決める要因もたくさんあって、もちろん本人の特性もあるだろうけれど、仕事の内容や、環境もすべてが影響してくる。

最初は試行錯誤でゆっくりと上がっていって、だんだん完璧に近づいていく。その余裕がきちんと考慮されている。

イギリスへの不満ばかりだった私」でも書いた。無駄を受け入れ、現実に生きる。

”人生はギリギリでは生きられない。常に無駄が必要だ。「無駄」とはなるべく排除しなければならないと教わって生きてきた。でも現実では無駄がなければ生きていけない。世の中は有用なものだけで構成されていない。洋服も体にぴったりで無駄がないものは着られない。”

そして、そういう人が受け入れられるということは、私も受け入れられるとういことだった。

上記のようにすぐ「しつこい」をピックアップする私は、自分に対しても常にダメ出しをしている。メールを出してから少しして返信がないと、言いかたが悪かったのではないか、気分を害してしまったのではないかと考え始める。なにをやっても、もっとこうやったらよかったのではないか、こういう誤解をされたのではないか、そんなことばかり考えている。

なのに、みんな「Kelokoが来てすごく助かっている」と言ってくれる。いつも。「確実に失敗した!」「今度こそやばい!」「これは無理だろう!」と心底確信したときでさえ。

衝撃の世界へ来た。今まで自分がいた世界が、がらがらと音を立てて壊れていくのを感じた。

きっとこれが、大人の世界なのだ。大人が活動している、現実の世界。

他にもわかりやすい例でいえば、勤務時間。フレックスなので、①一日八時間働くこと、②コアタイムには勤務についていること、の二つが条件。この条件さえ満たされていれば、遅くこようが早くこようが、いつも早く来ているのにたまに遅くこようが、完全に自由。自分で勤務時間を管理して、それが完全に尊重されている。

なにかの理由でコアタイムの出勤に間に合わなくても、会議が入っているとかなにかなければ、いちいち「あいつはどこだ」ということにもならない。出勤してきたときに「なにかあったの?」と聞いてくる人もいない。話好きな人は「今日電車遅れてるの?」などと聞いてくることもあるけれど、完全なるただの興味本位。みんなスルーなので、ちょっと寂しいくらい。

人にどう見られているか気にする人もいないし、人をいちいち気にしている人もいない。仕事が回っていればいい。

時間だけでなく、すべてにおいてこうなっている。本当に大人の世界だった。

日本的な会社が苦手な理由」で書いたことと比べてみると、びっくりするだろう。今久しぶりにさらっと見てみたけれど、本当に子供の世界。こんな会社ばかりではないと思うけれど。日本の政府や役所などは、これ以上にひどいところがありそうな気もする。でももう関係ない。ということにする。

イギリスの他の会社や組織がどうなのかは、わからない。たまたまここが、こういうところなだけなのかもしれない。日系企業でないからか、インターナショナルだからなのか、余裕のある会社だからなのか、理由もよくわからない。ただ、今までイギリスで何十社と面接で行ったけれど、こういう雰囲気をかもし出している会社は他にはなかった。たった一時間の面接ではわからない、ということもあるかもしれないけれど。

でもここが、今までずっと私が求めてきた環境であり、行きたいと思ってきた世界であることは間違いない。

わずか半年前にはまったく考えていなかった仕事だけれど、こんな偶然に驚きの毎日を過ごさせてもらっている。感謝の気持ちとともに。

人は、「感謝しなさい」と言われようが「感謝しなければ」と思おうが、頭からでは感謝することはできない。気持ちというのは自然に出てくるもので、頭で意識してできるものではなかったりする。「不安のサイクルと破りかた」でも習った。だから、感謝の気持ちが出てきたときが、感謝のとき。

今までずっと自分は「感謝のない人間」だと思ってきた。あまり感謝の気持ちというものがわいてくることがなかったのだ。でもこの環境で過ごし始めてからというもの、小さなことでいちいち感謝の気持ちがわいてくる。

「返信くれてありがとう」
「小さなことを気にしないでいてくれてありがとう」
「今の、悪いようにとらないでくれてありがとう」
「私のLearning Curveを尊重してくれてありがとう」

自分が気にしている細かい「間違い」が指摘されずに、自分がそのままで受け入れられる。もしくは、人がそのままで受け入れられ肯定されているのを見る。すると、普段みんながどれだけ人を受容して(=スルーして)生きているかがわかる。そうなってくると、普段自分がどれだけ細かいことを気にして生きている小さい人間かもわかってくる。そうすると、周りの人に対しても「こんなこと気にしててもしかたないな」とでも思えてくる。

また、そういう「ふところの深い」人たちに囲まれていると、自分を受容されて安心し、認めてもらえたと感じることもあってうれしくなる。感謝の気持ちが出てくる。そうすると、人のことも受容できるようになってくる。これがすごい。

頭への作用と、気持ちへの作用。毎日この両方が積み重なっていって、だんだんポジティブな人間になってくる。

そうするとまた、「私がこんなに変われるなんて」「こんな環境をくれてありがとう」と周りに感謝の気持ちが出る。そして周りに感謝をあらわしていくから、またそれが私に対する周りの感謝も呼んで、どんどんポジティブな連鎖を生み出していく。そう、ポジティブの連鎖。すごい。

ようやく、こんな世界へたどり着けた。ここからはどんどん伸びていくだけ。ポジティブの連鎖を広げられるだけ広げていきたい。

広告

思い込みを外す

引き寄せの法則」というのを聞いたことがあるだろうか。

それがベースになっているもので、なにかを探しているときにその条件を100個書くというワークをやった。たとえば、家。どんな家がいいか、それを100個書く。場所はどこで、どういう構造で、どういう環境か。そういうのを100個書く。これがけっこう大変だったりする。

これをやってロンドンでいい滞在先を見つけたという友人の話を聞いて、私も仕事についてやってみることにした。その友人は職場からすごく近いところに住み、このイギリスで毎日湯船につかれる生活をしていた。イギリスでは、若い人はルームシェアが多いのだけれど、お風呂を使えるところも少なく、お湯もそれほど便利に出ないし水道料金もかかるため、毎日湯船につかれるのはすごい。

なぜこれが効くのかわからなかったけれど、実際にやってみてわかった。これをやると、自分が自分でかけている制限を取り払うことができるのだ。

給料や職務内容、職場環境に勤務先。100個も書くとなると、最後のほうは「これはないだろう」というものでも書くようになる。ロンドンでもない地元でも「自分(日本人)を必要としている会社」だったり、「インターナショナルで自分が外国人であることを意識しないで済む会社」だったり。「これはないだろう」がどんどん外れていく

そしてネタがなくなってくると、感覚的なことも書いていくようになる。ようは、ざっくりしたことを書くようになる。たとえば「楽しい職場」とか、「毎日充実する」だったり「自分がポジティブでいられる」だったり。たぶん、ここが一番重要なのだと思う。

たとえば「経理系」と書いていたら、今の仕事に注目しなかったかもしれない。でも私が経理系にこだわっていた理由は、専門があれば将来仕事に困らないだろうと思ったからだ。将来仕事に困らず生きていけるのであれば、なんでもいい。なので「将来安心して生活できる仕事」とざっくりなことを書いた。

このワークをやることで、自分がなにを求めているのかが具体的になってくる。自分がなにを求めているのかを整理して明確化する、するとそれがやってきたときにつかみやすくなる。それがこのワークの目的なのだろうと思った。

そして本当に、書いたリストのほとんどが当てはまる仕事がやってきた。びっくりした。

どうせ地元の英国企業だしと思って連絡をとったのだけれど、リクルーターと電話で話をしてみてまず「おや?」と思った。私の英語に、違和感を感じていない。「外国人だ」と思っている様子がない。慣れている

面接に行ってみて、またわかった。面接官だった会社のDirectorも、外国人だった。もちろん英語はネイティブのようにペラペラではあるけれど、なまりがある。イギリス育ちの人ではない。名前も、英語名ではなかった。その後に、チームの人と電話で少し話をした。その人はイギリス人だったけれど、英語の先生か舞台俳優のようにめちゃくちゃはっきりゆっくりしゃべる人だった。こちらの外国人的な英語にも慣れていた。

そして、勤務開始。それでよくわかった。とにかく外国人だらけだった。

こんなところでもこんなにインターナショナルな会社があるものなのか、と思った。思い込みは外してみるものだ。

外国人でも英語で育っている人も多く、みんなネイティブの人と普通にコミュニケーションができる。でもイギリス人だけでなくそういう外国人がたくさんいるところと、まったくいないところでは、全然世界が違う。様々な人種がいて、様々ななまりを話す人たちで、オフィスはあふれ返っていた。とても居心地がいい。

そもそも一つのプロジェクトを世界中で行ったりしているようなグローバルな会社なので、まずロケーションが関係ない。どこにいれば外国人になると言えない。「外国人」という発想を、そもそも持ちようがない。今までの「欧州VS日本」というやり取りどころではなかった。「自分VSいろんなところにいるみんな」という感覚。まったく新しかった。思い込みが外れたどころか、その上を行かれた。すごい。

今までは、

「いい会社が私を採ってくれるわけない」
「いい会社であったとしてもどこの会社にも必ず嫌な人はいる」
「必ずがっかりすることがある」
「二度あることは三度ある」

etc、etc。そう思い込んで、ときに自分に言い聞かせて、生きてきた。でもカウンセリングをやって、なんとなくそれが外れてきた。

予期すらしていなかった大災害」を振りかけてくるような親の元に育ったので、うまくいっているとしても「なにか予期せぬ悪いことが起こるかもしれない」「なにかを忘れていてとんでもないことになるのかもしれない」という恐怖がお腹の底にいつもあった。がっかりしたりびっくりしたりしないように、いつも最悪の結果をこれでもかと考えつけるだけ考えながら生きていた。

カウンセリングで、それを指摘された。最悪の結果を予想するなら、最高の結果も予想しておかないと。そうでなければバランスがとれない。世の中すべて陰と陽。マイナスがあればプラスがある。そう生きることができてきたところで、100個書くワークをやった。そして実際に、自分の思い込みからまったく外れた職場にやってきた。

最初はそれでも、「やっぱりいいことばかりではないだろう」「なにかはあるだろう」と思っていた。でも嫌なことがまったく出てこない。「ついにやってしまった!」と思ったときでさえ、周りはなんとも思っていない。というより、誰がなにをやっても咎められることがない。どう片づけるかを話し合うだけ。みんな人として尊重されて、自己責任で仕事をしている。

こういう職場がよかった。でも「どうせそんな会社あるわけがない」と思っていた。「あったとしても私にやってくるわけがない」と思っていた。でもあった。書いたら出てきた。そして採用してもらえた。書くことによって、思い込みが外れたのだ。なにごとにも「絶対」はない。それを思い知らせてもらった。

「でもこれからなにかあるかもしれない」とはもう思わない。あってもなくてもいい。あったらそのときに対応できればいい。それがあることそのものを、今から心配している必要はない。「いいことがある」と思っておけばいい。自分には予想もつかないけれど、いいことが。予想のつかない悪いことが起こることもあるけれど、それなら予想のつかないいいことが起こることもある。

二年間様々なオフィスに面接で行った経験から、こんなオフィスでこんな環境がいいということもたくさん書いた。そしてそれもほとんど当てはまっていた。地下のオフィスとか嫌だな、窓が大きくて明るいオフィスがいいな、この会社のこういうところすごくいいな、こんな感じの上司がいいな。そんな希望ばかりを集めた会社があるわけないと思わずに、とにかく書いた。

いろいろなものを見て、自分がなにを欲しているか考えてみる。そしてそれが実際に見つかった。この経験から、きっと他のことでもまた希望のものが見つかるだろうと思えてくる。最悪な結果ばかりでなく、最高の結果もあるのだと信じることができてくる。バランスのいい見かたができてくる。とても重要な経験だった。

第三段階の始まり

今時系列で書いている「29 進む解毒」は、ちょうど四年前になる。私の中では、もう十年近く前になる「01 気づき」からが解毒の第一段階、次に「20 解毒に向けて本格的な準備を整える」から始まる本格的なカウンセリングが第二段階、それで終わりかと思っていたところに今なんと第三段階がやってきて、また新たな経験を積んでいる。

本来であれば、どのようにして回復していったかという第二段階がとても重要なので、そこをきちんと書いてから今の話を書きたかった。でも今の経験があまりにもおもしろく、これを経験しているまさに今、その気持ちがフレッシュなうちに書いていくことがとても大事に思えたので、第二段階はお休みして、第三段階のことを書いておこうと思う。

第三段階の始まりは、一つの仕事に出会ったことだった。

すでに書いてある内容では、仕事は「09 ふたたび会社生活へ」で終わっている。その後、二年ほどカウンセリングに集中して、また一年契約の仕事をした。そこが終わってからは主に地元の英系会社でパートの仕事を探しつつ、自分のやりたいことを模索してあれこれやっていたのだけれど、仕事が見つかることもなく、二年が経過した。

クリエイティブな趣味もいくつか見つかり、初めは「こういうのを仕事にしていこう、自分は会社勤めではなくこういう方面に向いているのだ」と思っていたのだけれど、なぜかそこまで頑張れるものではなかった。様々なものにチャレンジしたし、実際そういう仕事にも応募したけれど、だめだった。

そうこうしている間に、この夏、日本のドラマを見た。まったく興味のない分野だったけれど、組織で働く人たちがなぜかとてもかっこよく見えた。ここ二~三年は海外旅行もさっぱりで、ホリデーといえば田舎でのんびりするグランピングばかりだった。会社勤めにも都市生活にもなんの未練もなく、田舎で自然な生活をしたいと思っていた。それが突然、仕事をしたくなってきたのだ。

ドラマを見て自分の生活に影響を受けることなど今までなかったので、自分でもびっくりした。ただなんとなく、このドラマはきっかけに過ぎず、自分は仕事がしたいのだという気持ちを認識する必要のある段階にきていたのだろうと思った。

それで、今度は本格的に就職活動を始めた。二年前に登録した人材会社にもまた連絡を入れ、他のところにも登録に行った。ロンドンに通勤するのと日本の会社だけは避けたかったので、地元の英国企業にどんどん応募した。最初はまたパートで探していたのだけれど、フルタイムにも応募するようになっていった。

それでもやはり難しかった。日本人であることは日本企業で働くのに有利だけれど、英国企業にとってはまったく必要のない要素になる。それよりも逆に、外国人であることはコミュニケーションに不安を抱かせてしまうことになる。それでもロンドンの大きな企業であれば外国人もたくさんいて、採ってもらえる可能性もあるのだろうけれど、地元のイギリス人しか働いていないような小さな会社ばかりの中では困難を極めた。登録に行った人材会社でさえ、私の英語に「なにかが違う」という様子を見せた。

前職は経理系だったので、一般事務ではないこういう専門的な経験があれば、英国企業でもいけるのではと思っていた。それでもだめだった。これが二~三年の経験があればまだ違ったかもしれないけれど、一年弱の勤務ではきちんとした経験として見てもらえなかった。

もう今年いっぱいはゆっくりするしかないかな、と早くも思っていたころ。一本のメールが入った。

仕事探しのサイトにもいくつか登録していたのだけれど、そこで私の履歴書を見たリクルーターのようだった。経理系の知識があって、日本語がわかる人を探しているとのこと。どこの日系だろうと思って見てみると、貿易関係でも物流でもなんでもなく、日本とはまったく関係のない会社。まあでもどうせロンドンでしょうと思ってオフィスを見てみると、ロンドンから逆方向に二駅目。

せっかく経理系の経験をし、それを活かして専門職としてやっていきたいと思っていたので、これはどうかなと思った。Job title(職務名)もやたら長くて聞いたことのないものだったし、自分のキャリアを考えたときにこれがプラスになるか疑問だった。

でもこれが不思議なもので、この会社の業界が夏にはまったドラマの舞台とまったく同じだった。以前の私だったらここでNoと言っていたかもしれないほど、私とまったく関係もなく興味もない業界。それどころか、どちらかといえば嫌悪していた部類の業界。でもあのドラマがあったことで、印象が変わっていた。それで、けっきょく応募する決意をした。

人間、なにがきっかけになるかわからない。人生はおもしろい。

前職の経理系以外で私がずっとやってきたのは、日本と欧州の間に入ってやり取りをする仕事だった。日本とイギリスの両方に住んで仕事をした経験があるので双方の特性がわかっており、うまく調整できる。翻訳や通訳も少しやった。でも見かたによっては、ただの日本語を使った事務。地元の企業で必要とされるわけがない。

と思っていたのに、「それこそ我々が求めているものです」という会社が出てきた。まったく日本と関係のない業種なのに、突然日本とのやり取りが出てきて、どうしても日本語がわかる人が必要なのだと。翻訳ができるだけでなく、双方の文化やビジネススタイルがわかっていて、調整ができる人なら万々歳だと。

とんとん拍子に話が進み、一次面接だけでOffer(内定)が出た。何度も面接があって数か月かかるだろうと思っていたので、びっくりした。夏に見た、あのドラマ。それで今、ここにいる。経理系にこだわって二年もなにも見つからなかったのに、突然ひょんなところからまったく違う仕事が出てきた。そしてそれに乗っかった。

すると、まったく新しい世界がそこにあった。これが、第三段階の始まりだった。