ヒプノセラピー

十分味わう

このころずっと落ちていて、ランニングもヨガもメディテーションもできず、毎日家でどよーんとしながらダラダラしていた。本当に、もうなにもやる気が起きなかった

朝、夫を送り出すまではよかった。でもそこからぼーっとネットで動画を見たり、中国製の安いカップ麺を食べたり、またぼーっとしたり。こういう時期はそれまでにもたまにあったけれど、またかと思うと憂鬱になった。でも本当になにもできない。少しのポジティブな考えも生まれないし、外にも出れない。

しかたがないから、家でぼーっとする。ものすごくもったいなくて、ものすごく焦る。でもやはりなにもやる気にならない。その繰り返し。暗い穴の底でもがいていた。

でも、ふと思った。こんなことになっているというのは、たぶん、ネットに見なければならないものがあるのではないかと。

いつもの私なら、ランニングやヨガ、部屋のここをこうしてとか、この料理作ってみたいとか、お菓子焼こうとか、絶対なにかある。でもあんなに気持ちよくやっていたヨガもまったくやる気にならず、ジャンクフードを食べまくり、それでぼーっとネットを見まくる。ほぼ別人になっている。もしかしたら、それにはなにか理由があるのではと。

きっとここになにか見なければならないものがあるのだ。得なければならない情報なども。そう思ったら、なんとそれが治まってきた。いつもならもっと時間がかかるのだけれど、このときは三週間くらいで治まった。早かった。

となると、このときに得たものはなんだったのか。

このときに見ていたのは、イッテQ!や世界仰天ニュース、特命リサーチ、ニュース番組の特集などだったのだけれど、どれも一見関係なさそうに見えたけれど、それぞれに心に刺さるものがあったのだ。人生についてや、人間関係、社会の仕組みなど、そのときに考えていたことに関連するようなものばかりだった。ただただぼーっと見ていたのだけれど、たぶん頭で認識できないレベルでいろいろなものを得ていたのだろうと思う。

別のときなど、X FactorsやBritains Got Talentなどのオーディション番組を山のように見ていたこともあった。人が本当の自分を出して認められたところを見ながら、感動して泣いていた。毎日のように。夫が帰ってくる前に、泣いていた顔をどうにかしておかなければと思うほどだった。今思えば、これも、そのとき必要なことだったのだと思う。自分に重ねて感動を味わい、涙をたくさん流すことが。

そうやって、「こんなことをしていては駄目だ」と罪悪感を抱かず、自分のやっていることを「これでいいのだ」と受け入れることによって、その行為が治まってくる。駄目だ駄目だと思っているうちは、治まらない。それを十分味わっていないからだ。十分味わうことで、前に進んで行くことができるようになる。

これはのちに、心屋認定講師のでこさんの記事を読んでわかるようになった。

何もしたくない。ずっと寝ていたい 私はどうすればいいの?【心屋仁之助 塾】
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1461849166172/

15年うつで寝たきりだったでこさんが、起き上がれるようになった理由。それは、思いっきり寝込んだことだった。「これじゃダメだ、これじゃダメだ」と寝ていた15年間は、寝ていてもちっとも休まらなかった。「寝てばかりじゃダメ」を「寝てばかりでもいい」にすることで、起き上がれるようになったとのこと。

「寝たい」と思っていても「寝ていたら駄目だ」と思うから、「寝る」を十分味わえない。十分味わえないということは、「寝たい」と思っている自分を否定しているということ。「寝たい」でいいのだと思い、「寝たい」という自分を肯定する。するときちんと寝れる。「寝る」を十分味わえる。すると治まる。十分寝れたからだ。

これは「自分を受け入れる」ということだ。自分がなにをしたいと思っていても、受け入れる。どんな自分でも、受け入れる。

仕事のできる自分でなければならない、正しい親でなければならないと、「こうあるべき」を抱え込んでいてはこれができない。自分の気持ちを把握し、それを受け入れる。まずは今の「できていない自分」を受け入れること。そうすることでしか、その先には進めない。できるようにはなっていかない。

生産的なことができず、ぼーっとネットを見るだけの日々。それでいいのだ。そう受け入れられたことによって、その先に進んで行くことができるようになった。

このとき以来、またなにもしたくない時期がやってきたら、「なにもしたくない」をとことん味わうようになった。また、なにか進めていない気がするときは、自分の気持ちをよく見つめて見る。そこで味わえていないものがあるのか探してみて、それをとことん実行する。

自分を受け入れるには、まず自分の気持ちを把握することがもっとも重要だ。自分の気持ちがわからなかったら、受け入れるもなにもない。「寝たい」と思っている自分を把握しないと、「寝込む」を十分実行することはできない。

これはもちろんカウンセリングの中で自分の気持ちについてもやったけれど、「ヨガで夢について話す」で書いたように、ヨガのセッションの最初にいつも自分の気持ちについて話させられたことがいい訓練になった。今でも自分がよくわからなくなったときや、なんでもないときでも、感じていることをどんな小さいことでも次々と書き出してみる。書き出した項目を、似たようなものを線でつなげてみたりして、どうなっているのかを分析してみる。

もちろん、ネガティブな気持ちも無視しない。「こんなこと思っていてはいけない」と思わず、なんでも書き出す。差別的だなと思うことでも、社会的に駄目だろうと思うことでも。「こんなことを思っていたのか」とびっくりする。でも書き出したこと=存在を認めたことによってそれが治まっていったり、原因に気づくことによって治まっていったりする。

治まるということは、受け入れられたということだ。気持ちの存在が認められたということだ。「Authenticに生きた」でも書いた、「怒りは認識されると治まる」と同じだ。気持ちは、認識されないと「どんどん主張しなければ」となり大きくなっていく。認識されると治まる。

スピリチュアルカウンセリングの「自分の気持ちの把握」でも、書き出す手法を教わっていた。前世療法後のカウンセリングでも「判断してはいけない」、観察することと教わっていた。やっとそれらがつながってきたころだった。

広告

ブランド嗜好

「お金」に関する話の続きで、自分がいかに洗脳されていたかを理解することになった。

これはもう自分でもはっきりと自覚があったし、狙ってやっていたことだったけれど、私はそうしてお金を失うことに対する恐怖心が必要以上に大きい。だから親が嫌でも実家に居座って大学を出たり、有名な会社に勤めたりしていたのだろうとカウンセラーに言われた。中学生、高校生の段階で、自立することを計算に入れて、そんな状況の中でも学費を親に出させるために我慢して実家にい続けたというのは、相当な計算づくめの人生だと。

当時本当に勉強をしたかったのは、語学だった。でもそれではあまりつぶしが利かないからあきらめた。そして経済学部を選んだ。それもこれも、実家を出て一人で生きていけるようになるためだ。これだけの思いをさせられてきたのだから、親のカネを使って大学を出たかった。だから辛抱してそこまで実家にいた。自立してからは、実家に戻るような羽目には絶対になりたくなかったから、できるだけスキルを身につけたかったし、大きな会社に勤められてよかったと思った。もちろん自分の好きな方向性というのも多少あったけれど、これはイギリスに来てからも本当に役に立った。

これが変わるのは、こちらに来て勤めていた部署がつぶれたときだった。私はつぶれる前に早期退職したけれど、「社員というのは会社がなければただの人」ということを思い知らされた。それもあり、手に職をつけたいと思って、日本語教師の勉強をすることになった。

要するに、「会社」や「ブランド」に依存していた。それもこれも、「実家に戻るようなことになったら死ぬ」という恐怖心からだった。「お金」や「社名」という大きなものがなければ、安心して生きていくことができなかったのだ。

そしてそれは、親から刷り込まれた洗脳が原因だった。「お金は大事だ」「お金がすべてだ」…ケチくさい妹を見てアホだと思っていたにもかかわらず、この洗脳は完全に私の心の奥深くに刷り込まれてしまっていた。子供の心というのは恐ろしいものだ。あれだけ嫌だったにもかかわらず、スポンジのように親の考えを見事に吸収してしまっていた。

自分はそういう人間だという自覚はあった。それにもかかわらずだ。

学歴だの、偉い人とのつながりだの、そういう政治政治した小さい人間が嫌いだった。そういうものに頼らず自分の腕一本で生きている人に、いつも魅力を感じていた。夫に魅力を感じたのもこれだろう。でも自分は腕がないから、そういう嫌いな部類の人間みたいに、大学を出たりしてやっていくしかないのだと思っていた。でもそもそもそういう考えがあったというところが間違いだったのだ。

もちろん人間誰しも仕事をしてある程度の収入を得ないと生活していけないし、そのためによりいい仕事に就けるよう努力をすることはいいことだと思う。でもそれが「恐怖心」から来てしまっているというのは、不健康だ。

たとえば、もう中学生のころには死んだような生活を送っていたわけだから、辛抱して大学を出、自力で稼げるようになるまで実家にいなくてもよかったのかもしれない。学歴はつけられなかったにしろ、そこで自分が楽しめる仕事に就けて、幸せな道を進めるようになっていたかもしれない。もしくは後から勉強して大学も出れたかもしれない。辛抱して自分を殺して10年以上も生きてしまったからこそ、今のこういう状態ができ上がってしまったのかもしれない。

そこで思い出したのが、「前世リーディング」だった。5)の、直近の過去生と言われた話だ。若くして家を飛び出し、行き当たりばったりで手に職もなく、住み込みで嫌な仕事をしていたと。だから今度は計画性を持って生きてほしいというのが、現世への願いだった。なんだか本当にここに話がつながってしまったと思った。

これが本当に過去生だかどうかは別として、自分の中にそういう恐怖心があるということは事実だった。それがこの「リーディング」と言われる話に現れたことで、はっきりと把握することができた。心理学ではたぶん「そういう理由でこうなってしまっているのか」と、自分で自分の問題を受け入れられるようになることが問題を解消する鍵となる。自分の問題というのは通常どうしても否定したり拒否してしまうけれど、これを前世療法では「自分ではないけれど自分の状況をよく反映している」と思える「過去生」という形で客観的に物語として見ることで、自然と問題を受け入れ解消していけるのだろう。

私の場合も、まさにこれだった。行き当たりばったりの人生で苦労をしたから、計画性を持って生きなければいけないと思ったのだ。だからしかたがない。自分を責めず、受け入れる。問題の原因がわかれば、治していくことだって可能だ。

ここでまたつながってきたのが、ヒプノセラピーの「江戸時代風過去生の考察」で出てきた「バランス」だ。過去生では計画性がなくて苦労をし、現世では計画しすぎて自分の心を殺してしまった。「計画はほどよく」ということ、「バランスをみて生きましょう」ということではないのだろうか。

たったひとつの親の洗脳に、仕事から結婚から人生のすべてにおいて影響されてしまっている。本当に恐ろしいことだった。

現代風の過去生二つ

前世療法の最後。

昔風の話が2つ続いたところで、次は現代風の話を2つ見た。おもしろいのは、以前に「前世療法のCD」や「前世療法の対面セッション」をやったときは、西欧や中央アジアなどすべて外国の話だったのに、今回はすべて日本の話だというところだった。

3つめの過去生:新入社員のときの自分

前世ではなくて、現実の自分の過去が出てきてびっくりした。でもこういうこともないわけではないらしい。

太陽に輝く東京の高層ビルと、スーツを着た自分が見えた。新卒で入った会社だった。いい上司たちで、素晴らしい会社だと思ったけれど、あまりよくないということが明らかになって、最後はがっかりした。でも思えば、なんとなくおかしいかなということは最初からなんとなく感じていた。

次に、いくつか後の会社のオフィスが見えた。ここは今までで一番気に入っている会社で、楽しくておもしろい同僚たちと毎日を過ごしていた。でも最長で3年の派遣契約で、3年経ったら辞めなければならなかった。ここも、いいと思ったのにけっきょく安住の地にはならなかった。

人生を終えての感想は、「いいと思ったのに、違った」ということ。そして、いいとは思っていたけれど、なにか最初にちらっと不安感があり、でもそれを無視していたことも、共通していた。

考察としては、「過度の期待をしない」ということ。上司も会社も、いいところもあれば悪いところもある。これも「江戸時代風過去生の考察」でもあったように、白黒で生きていてバランスが必要だというところにつながる。また、少し変だなと感じたところは無視をせず、そこに目を向ける訓練をして、直感を信じて行動することも必要だということも入っている。

4つめの過去生:どうしょもない父親を持った娘

80年代くらいだろうか。のび太くんが暮らしているような時代が見えた。

私は10歳くらいの女の子で、警察の取調室に入っていく。そこには警官に囲まれたお父さんが私を待っていて、「おお」とこっちを見た。気弱そうな感じで、よく捕まる人だった。私はいつも、それを迎えに行く。「もう本当にしょうがないなあ…なんでこんなお父さんなんだろう、最悪だ」と思っていた。

その人生でまだ生まれてくる前、空の上から住宅街を見下ろしているところが見えた。リッチなお父さんもたくさんいるのだけれど、そういうお父さんは「私が生まれたくらいでは喜んでくれない」と思っている。その中で見た一人に対して「このお父さんが私が生まれたら一番喜んでくれるな、ちょっと頼りないから私が支えてあげよう」と思って、この情けないお父さんのところへ降りて行った。

人生を終えての感想は、あまりしっかりした親からいろいろ言われ続けるよりも「情けないくらいの親がちょうどいいかもしれない」ということだった。こんな小さい娘なのに世話をかけられて「最悪だ」とは思っていたものの、考えてみると、今の親のようにあまりにも金銭的にも社会的にもしっかりしていると、精神的に窮屈だった。

考察としては、「自分で選んだ人生」だということ。情けないお父さんだけれど、このお父さんが一番喜んでくれると思って選んだのだ。これはとてもスピリチュアル的な考えかただけれど、実際に多くの子供がそういう記憶を有して生まれてきているらしく、最近ではその研究も進んでいるらしい。

四つの話を通して、以下の二つのことが考えられる。

①自分を責めない
②直感を信じる

自分の失敗を受け入れられないのは、自分を責めているからだった。

1つめの過去生=自分が直感を信じて動かなかったこと
2つめの過去生=自分が女だったこと
3つめの過去生=自分が最初にいいと思ったこと
4つめの過去生=自分が選んだ人生だったこと

私は、常に自分を責めていた。けして自堕落で駄目な、4つめの過去生で出てきたお父さんのような人生は出てこない。人生には運が悪いだけのことだってあるし、人類の半分は女性に生まれるし、人間だから判断を誤ることだってあるし、そもそも受け入れるしかないことだってある。それについて自分を責めても、自分が苦しい思いをするだけだ。

たぶん自分の失敗を受け入れられないのは、自己肯定感がないことが問題だった。普通は生育過程で親から肯定されて身につけていくものだけれど、それができなかったために自己肯定感が育たなかった。これを自分で身につけていかなければならない。

こうしてこの前世療法で確認できたことはあったが、「それをどうしたらいいか」というところまではいかなかった。人や場合によっては、こうして過去生として客観的に問題を見て体験することで、ほどけていくものもあるのかもしれない。でもそれには何度もやる必要があるのかもしれない。

日本で体験した退行催眠では、見えたものに対して「潜在意識に働きかける」という作業をして、記憶の塗り直しというか、癒やしを行った。これが潜在意識からヒントをもらってそれに働きかけるという、「ヒプノセラピー」の完成形なのではないかと思う。前世療法でもこの作業を取り入れることで、もっと解決に向けて進めるのではないだろうかと思った。