シータヒーリング

「「本当のスピリチュアル」への階段」

最近やったワークで、ものすごい効果が出たものがある。

この本のChapter 3にあった、「(ネガティブな)セルフイメージを書き出す」ワーク。

スピリチュアルの本とはなっているものの、著者のMOMOYOさんは長年に渡り摂食障害を患い心理学も勉強されていて、メンタルの仕組みもものすごく理解されているかた。彼女のYouTubeを見ていても、たくさんのヒントやアドバイスをお話されている。私がカウンセリングでやったことや、心の仕組みのお話がたくさんある。

スピリチュアル系やメンタル系の動画やブログを見ていると、「ポジティブな自分」でいることの重要性について話されているものが多い。「言霊」や「引き寄せの法則」などで言われる通り、ネガティブな言葉を発するとネガティブな現実が実現してしまうので、いつもポジティブな言葉を発し、ポジティブな自分でいましょうというようなもの。

それは、本当にそうだと思う。でも、長い人生で常にポジティブでいられることは絶対にない。どんな人であっても。

ネガティブなときでも、ポジティブな言葉を発することで、空気が変わることもあるとは思う。でも実際、それは一時的なものだ。ポジティブになるには、まず自分の中にあるネガティブを出しきることが先決。ネガティブがあるままでポジティブを演じていると、本当のポジティブになれないばかりか、自分の中に抑圧されたネガティブがいつか爆発することになる。

カウンセリングでも、やってきた。親に対する「ほとばしる怒り」をカウンセラーにぶちまけ十分聞いてもらうことで消化し、「怒りを癒やす」。そこまできて初めて、次の「自分を癒す」段階に進んでいける。親に対する怒りを抱えたままでは、本当の意味で自分に目を向けていくことはできないし、無理やり進もうとしても無駄になる。

生きづらさを抱えている人で、まだ自覚のない場合、最初にスピリチュアルや占いなどに向かう人も多いと思う。無意識の中では、自分の中にあるネガティブに気づいているのだけれど、本能的に向き合うことを避けるから、スピリチュアルや占いとしてふわっとしたものに向かう。解毒の初期段階。ずっと前に江原啓之さんがあれだけ人気になったのは、これだと私は思っている。自分とはまだ向き合えないから、先祖の話、守護霊の話、前世の話として、受け入れやすい形から入る。「ブランド嗜好」で書いた通りだ。

スピリチュアルでも心理カウンセリングでも、行き着くところは同じだと私は思っている。「人生を幸せに生きること」、どちらもこれを目指しているからだ。幸せに生きるには、自分自身と向き合う必要がある。好きな自分も、嫌いな自分も。それを可能にするツールはたくさんあって、スピリチュアルも心理カウンセリングもそうだし、ヨガや鍼灸整体(メンタルの不調は身体に出るので)、ヒプノセラピーに、その他もろもろ。宗教だって、出発点はそこだった。

どれをやっていても、ネガティブな自分と向き合っていない人はすぐわかる。「いつもポジティブ!」みたいなことを言っていても、ネガティブを抑圧しているだけであれば、幸せそうではない。自分を抑圧している人は、人を抑圧したりマウントをとろうとしたりもする。

試しに、「私は素晴らしい!」と言ってみる。心からそう思えていなければ、なにかある。それを無視して、毎日「私は素晴らしい!」を繰り返していても、前には進みづらい。なにがあるのか、掘ってみる。出てきたものを、並べて見てみる。それが、この本に書いてあるワークだ。

なので、まだ親に対する怒りが強い人は、このワークには向かない。「解毒の段階」や「毒親からの回復の段階」でも書いたけれど、解毒はざっくりと下記のような感じで進んでいくと思う。このワークが向いているのは、少なくともの段階にいる人か、4の段階に移りつつある人だ。

1.自分が生きづらいことを認識(否定していたけれどできなくなり認識する)
2.それが育ち(親)のせいであることを認識(否定していたけれどできなくなり認識する)
3.親への怒りを十分ぶちまけ出し切る
4.自分の回復に向かう

自分が3の段階にいるか4の段階にいるかは、毒エピソードに引きつけられるかどうかを見てみるといいと思う。「化粧水」や「化粧水ふたたび」みたいなエピソードを読んでみて、「そうそうこれ!!うちはね、」と文句をぶちまけたくなってきたら、3の段階だと思っていい。私も3の段階にいたときは、いろいろな人の毒親体験談を読み漁り、毎日のように怒りと涙に明け暮れていた。そしてそれをカウンセリングでぶちまける。この段階はとても重要。ここを十分やってから、4に進む。

3の親への怒りは、親だけでなく、日常的に関わる人に対して出てくる。たとえば、上司や同僚、配偶者、友人、子供など。実は出てくる怒り全般がこれに該当するので、怒りが出てきたらなんでも掘ってみるといい。なにが原因かがわかってくる。それがカウンセリング。自分ではなかなか原因に気づけないので、プロの手を借りる。慣れれば自分でもできるようにはなってくるけれど、人の視点、それもプロの視点はやはり大きな頼りになる。同時に話も聞いてもらえるので、ぶちまけさせてもらうことができ、解消が早くなる。

やりかたがわかってくれば、日常的に出てくるものを自分でも消化していく。それがこのワーク。ポジティブではなく、ネガティブに焦点を置いたワーク。これは、スピリチュアル系の本ではほとんど見ない。MOMOYOさんだからこそであると思う。

スピリチュアルが苦手だというような人は、他のChapterをすっ飛ばしてここだけ読んでもいいと思う。自分の中のネガティブなセルフイメージの見つけかたを読んでみて、それをやってみる。

4の段階にいる人に向いているものの、1〜3の段階にいる人でも(1の人がそもそもこのブログに行き着くことはなさそうではあるけれど)、やってできないこともないとは思う。ドMの人や、私のようにOCDで、神経質でとにかくきれいにしないと気が済まないという人は、特に向いているはずだ。表面をきれいにしただけでなく、きちんと根本的にきれいにしないと気が済まない人はすごく向いている。実際、私もそれでここまでやってきた。「嫌いなところも役に立つ」。だめだと思う自分でも、要は使いようなのだ。

実は、以前モニターを募集させていただいた「シータヒーリング」も、このネガティブなセルフイメージを見つけ出すワークになる。クライアントの中にどういうネガティブがあるかを見つけ、それを解消していく。OCDな私は、これを見つけるがとてもうまい。なので、このヒーリングにとても向いていた。本当は、リーディングをしてなにが根っこになっているかを見つけるのだけれど、クライアントの話の中から根っこを見つけていくことはある程度できる。本当に、要は使いようなのだ。

日本で駆け込んだ整体

日本ではずっと緊張しっぱなしで疲れがたまっていたのか、が危険な状態だった。

泊まっていた従妹の近所で、女性の整体師を探した。祖母のところへまた行くことになるかもしれないと思い、最終日になにも予定を入れていなかったのが幸いだった。本当はまた行ってこようとしたのだけれど、飛行機でぎっくり腰だけは避けたかった。ヨガもやったのだけれど、それもまったく効かない状態まで来てしまっていた。

たまたま徒歩5分のところに整体が見つかり、電話をしたらすぐ見てくれるとのことだったので直行した。サイトを見てびっくりしたのだけれど、ヒプノセラピーなどもやっているところだった。体とメンタル面と総合的に診ている人なのだなと思った。

ヨガやカウンセリングを始めてから、これがいかに大事かということに私も気づいていた。メンタルの状態は、すべて体に出る。どこにどんな症状が出ているかで、メンタルがどうなっているかがわかる。体調を治すには、メンタルの状態をよく分析し、整えていくことが必要だ。

整体はお腹を中心としたもので、「腹部の内部組織(筋肉と内臓)の調整」というものだった。免疫細胞の約70%が腸内に集中しているため、腸内環境をととのえることによって、免疫力が向上し、健康へとつながるのだそうだ。とはいえ、私の場合は「ぎっくり腰」なわけだから、そんな悠長な話ではなくできるだけ腰の状態をもとに戻すことが目的だった。どうかなとは思ったものの、これも縁かなと思って行ってみた。

寝台に仰向けになると、先生はまず「シンギングボウル」と呼ばれるものを鳴らしながら、私の周りを回った。ちょっとびっくりした。

最初に聞いたときは「Thinking Ball(考えるボール)」だと思ったのだけれど、「Singing Bowl(歌うお椀)」だった。よく仏壇にある、チーンと鳴らすものの、お菓子作りに使うボールくらいの大きなバージョンだ。大きいから「チーン」ではなく、「ワーン」であり、このわんわんという音が体の中に響いて、とても心地よかった。柔らかい音の銅鑼のようなものだ。

このシンギングボウルは、この後のマッサージでも使われた。うつ伏せになって背中をマッサージしたときに、肩甲骨の間やお腹にこのボウルを置いて、ワーンと鳴らされた。こうすると体の中に振動が響いてとても気持ちがよかった。

それもそのはず、これは「ヨガ開始」当時からよくやる「Bee Breath(ミツバチ呼吸法)」と同じなのだ。この呼吸法も、お腹や胸、眉間などに音を響かせるようにしてやる。つまりはどちらも、チャクラに振動を与えてバランスを整える働きがあるのだ。

人体は60%が水分でできているので、振動を与えることで体を整えてやることは十分可能だと思った。

その延長のようにして、先生は「オステオパシー」という技法を使った。足首を持って揺すったり、体のいろいろなところを揺すって整えるものだった。これで、緊張でカチカチに固まっている体をほぐすのだ。

先生には、体がものすごく固まっていると言われた。背中をやってもらったときは特にひどく、「頑張り屋さんなんですね」と言われた。「スピリチュアルリーディングへ」行ってまず言われたことと、まったく同じことだった。びっくりしたと言うと、ここがこうなってしまっている人は、精神的に大変な状態で、体が縮こまってしまっていて無理が出ているのだと言われた。やはり精神状態は、必ず体に出るのだ。

確かに夫とのことも最悪な状態のままで日本へ来ており、しかも旅先だから心身ともにゆっくりなどとてもできない状態だった。毒親や毒叔母に会ったことももちろんだし、帰ってからのことも考え始めると、まさに張り詰め切っている状態だったことは想像に難くない。完治にはあと2〜3回セッションが必要だと言われたけれど、事情を話して、とにかく翌日飛行機に乗れるようにとお願いしてやってもらった。

一番ひどかったのはお腹で、へその下、丹田のところだった。

ここを先生が押すたびに、ズーンという鈍痛が体中に響き、声が出なかった。ここが張り詰めすぎてしまっており、それがいろいろなところを引っ張っていて、あちこちが悪くなっているのだとのことだった。右脚が痛ければ、右脚を引きずって歩くから、左脚に負担がかかって左も痛くなってくる。それと同じことが体内で内臓に起こっているのだと説明された。恐ろしい。私の場合は、特に右半身が引っ張られていると言われた。

セッションの最後に、先生が「あー動いてきましたね」と言った。先生がお腹を中心に私の体を揺すると、膝や首の方まで揺れるようになっていた。セッションの最初に先生がいろいろなところを揺すったときは、その振動で他まで揺れることはまったくなかった。体が固まっていたからだ。それがほぐれてきて、振動がちゃんと全身まで響くようになってきたのだという証拠だった。なるほどと思った。

これは、イギリスで以前にお世話になっていた整体の先生も言っていたことだった。この先生もオステオパシーを使うのか、よく体を揺すって整えてもらっていた。

1時間だったけれど、それ以上にいろいろやってくれて、最後にいろいろな体のほぐしかたも教えてくれた。セッションの後は体がぐわーっとダルくなってきて、従妹の家に帰ってきて寝込んだ。1時間以上横になって起き上がったら、だいぶよくなっていた。その後に羽田近くの温泉へ行って、早朝フライトまでの数時間を寝たら、かなりスッキリできた。

私がカウンセリングを受けているという話をしたら、先生は「シータヒーリング」というものもやっているとのことで、その話もしてくれた。どんなものか全然わからなかったから、帰国してからネットで見てみたところ、おもしろそうなものだった。特に、トラウマを取るのに効果的かもしれないと思った。

これはのちにもっと詳しい友人と出会い、いろいろと話を聞けることになった。