カウンセリング(日本人)

満足できない

前世療法をやったときに、「自分で自分を判断するな」(「判断してはいけない」参照)と言われたことがあった。

カウンセラーに、自分の中にもう一人の自分がいて、その自分が常に自分に対してダメ出しをしている状態なのではないかと言われた。

言われたときは全然ピンとこなかったのだけれど、簡単に言うと、常に親からダメ出しをされて育ってきたので、その親を自分の中に取り込んでしまい、親から離れても自動的に自分でダメ出しを続けている、という現象だ。また、親から離れてからその「自分の中の親」を勝手に肥大させてしまうことによって、もっと有害なものになってしまう可能性もあると言う。

次のつまづき」のところでも書いた通り、私は「過剰な完璧主義」という問題を抱えている。これが、もっともわかりやすい例だと思う。

中学2年生のとき、私は美術の中間テストで学年1位の98点を取った。これは衝撃だった。得意だった英語や国語ならわかる。でも、私は絵を描いたりするような創造性の必要なことは非常に苦手だった。確かに、このときのテストの内容は、美術史に関する簡単な設問がいくつかと、自分の手の模写だったので、わりと点を取りやすかったのかもしれない。それでも衝撃だった。なんの力も入れていなかった教科で、田舎の1学年2クラスしかない学校とはいえ、学年1位を取った。びっくりした。

それで、普段はテストなんていちいち見せなかったけれど、それを持って帰って母親に見せた。

だが、母親が言ったのは、「でも美術でしょ?」。

受験に必要な英国数などの主要教科ではなく、単なる「お遊び」の美術。「そんな必要ない教科で学年1位を取って、見せびらかして喜んでるの?」ということだった。

私は、別に自慢をしたわけではない。人数少ないこの学校で学年1位なんて取ったことあるし、98点だって他の教科で何度も取ったことある。私はびっくりしたことを伝えたかっただけで、有頂天になってるわけでもなんでもなかった。

そこで私は、「この私が美術で学年1位だよ」と、びっくりしたよと言った。

すると母親は、「でも満点じゃないんでしょ?」。会話にならなかった。

生まれてから成長するまでの間にこういう人間に一番近くにいられると、人というのは「満足」ができなくなる。なにをどれだけやっても満足することができず、常にもっとなにかをしなくてはいけないと思っているようになる。過剰な完璧主義になり、人から褒められてもそれを受け入れられず、実在しない理想に向かって常に走り続けるだけの空っぽな人間になっていくのだ。

こういう人間が嫌だとは思っていた私でさえ、影響を受けてしまっていた。生まれてから人間が形成されるまでの子供の期間というのは、本当に恐ろしい。

上記の例では、もうひとつ自分の中に取り込んでしまっている問題もがある。それは、「自分の言いたいことを相手にわかってもらえない」ということだ。

私が言いたかったことは、「びっくりした」という新鮮な気持ちだ。それを勝手に「自慢したいのだ」と解釈される。それを訂正しようとしても、聞いてはもらえない。自分の言いたいことは相手にわかってもらえないので、最新の注意を払って言葉を選んで最小限の発言をしなければならないという、トラウマを植えこまれる。

このトラウマから、「人といるとどうして疲れてしまうのか」のところで書いた通り、安心して人とコミュニケーションを取ることができず、無意識に自分を守る作業をしているのだ。

これを変えるには、自分の中に取り込んでしまっているこの「」を追い出し、負の連鎖を断つことだ。

それにはまず、気づくこと。「美術で学年1位を取ってびっくりした」を、勝手に「美術なんかで98点取って喜んでいる」と受け取るのは、その人に問題があるわけで、私に問題があるわけではない。普通の人に話せばきちんとわかってもらえる内容であって、わからない人間のほうに問題があるのだ。

「主要教科じゃなかった」「満点ではなかった」と満足できない人は、その人に問題があるわけで、私に問題があるわけではない。仮に私が「学年1位を取ったぜ」と自慢していたとしても、そこになんの問題もない。世の中に「完璧」というものは存在しないので、完璧を求め続けて生きていても終わりがないからだ。人間は自分自身の中に満足を見い出すことによって、幸せになる。実態のないものを追いかけ続けていても、いつまでも幸せになることはできない。

これに気づいて意識することによって、日常生活のいろいろなところで「あれ、ちょっと待った」と変えていくことができるようになるのだと思う。地道な作業だけれど、やるしかない。

広告

親と自分の境界線

このころ、全18回のカウンセリングも終盤にさしかかり、そろそろなにか結果というか結論がほしいなと思っていた。でも、あまりにもたくさんの話が同時進行で進んでいて、さらにそれぞれが複雑にからみ合っていて、なかなか整理することが難しかった。

でも、これが「人間」なんだと思う。いろいろなこと複雑にからみ合っている、自分。一人の人間というのは、「これはこう、これはこう」と簡単に説明がつくような、そんな単純なものではないんだなと思った。大半の人はこれを知らないと思う。

人と自分との間の境界線があいまい」という問題については、もう何回かすでに書いた通り、私の中では大きな問題となっていた。たぶん、日本人全体として、とても境界線があいまいな民族なんだと思う。全員がだいたい同じ考えかたでないと許せないという人も多いし、人と自分の区別がついていない人が多い。それがいいところでもあるし、悪いところでもある。昔はいいところであったのに、今は時代や生活様式とあっておらず、悪い方向へどんどん進んでしまっているというのもあるのかもしれない。

そんな境界線が薄い日本の社会の、境界線のない家族の中で、私は育った。

中でも、母親がその最たるものだった。もっとあとになって、なぜ母親がそんなにも私との境界線を無視していたのかはわかるけれど、このときはたぶん、「女に学はいらない」という祖父のもとで育ち、学校へ行かせてもらえず自分のやりたいことができなかった母親が、私を通してそのやりたかったことを実現しようとして、自分と私との間の境界線がなくなってしまっていたんだろうと思っていた。それも間違いではなかったけれど。

母親は、「制服がかわいいから」と私を通園範囲ギリギリの遠くの幼稚園へ通わせ、小学校に上がり制服がなくなっても、ブレザーを着させて学校へ通わせているような、変な上流嗜好の強い女だった。小学校2年生のときに母親の実家へ引っ越し、山の中の田舎の小学校へ通い始めると、それまで通っていたわりと都会の町の小学校とは違い、ブレザーなんか着ている私は男子からからかわれた。

小学校3年生の授業参観では、国語の授業での朗読をやった。当時の私は図書館にこもって本を読んでいるようなダサい読書少女だったので、国語が得意で、教科書はもう終わりまで何度も読んでしまっていた。先生に当てられたとき、私は教科書を手に持たず、好きでもう覚えてしまっていたその詩をそらで暗唱した。谷川俊太郎の「生きる」という詩だ。

その日は家に帰るなり、「周りのお母さんたちみんな『Kelokoちゃん、教科書見ないで言ってるよ、すごいわね』って!お母さんこうだったわよ!」と、母親に言われた。げんこつを鼻に当てて「鼻が高い」という動作をしながら、子供のように顔を紅潮させて、胸いっぱいになってもう嬉しくて嬉しくてしかたがないという様子だった。

当時の私は、「なにか違う」と思いながらも、なにが違うのかわからず、母親のその言動を放置した。

今なら、わかる。周りから「すごい」と言われたのはであって、母親ではない。私のことを「すごいわね」とほめるならまだしも、自分が言われたものとして喜ぶのはおかしい。自分の母親が喜んでいるからいいことなのだろうとは思っても、本当に喜べなかったのはここにあったのだ。「手柄の取り上げ」というらしい。

その後、中学を卒業し、私立のカトリック女子高へ進んだときも、その制服が変わっているのも、「カトリック」という外来的な響きも、母親のお気に入りだった。歴史のある大学へ合格したときも、その後いくつかの職を経て名のある大企業で働き始めたときも、母親のあの紅潮した顔が思い浮かんで本当に嫌だった。でも私は、実家を出て自分で暮らしていけるようになるために、自分の学力で行ける中で一番いい学校を出て、いい仕事を得なければならなかった。母親を喜ばせることが嫌であっても、黙ってそうするしかなかった。

カウンセラーいわく、母親は私のことを「自分の一部」だと思っているんだろうと言っていた。私を通して、自分の人生を生きてしまっているんだろうと。私を一人の人間と見ることができず、私と自分との間にある境界線を取っ払ってしまっているのだ。

だから母親は、私が自分の思った通りにならないことは許せなかった。自分の好きな学校へ私が行ったり、利害の一致していることはいいけれど、自分の意見と違うことを言ったり、自分の思い通りにならないときは、「反抗期」や「親不孝」として勝手に処理された。

ちょうど、私のことを自分のやなにかだと思っているのと同じだ。足が「に行きたい」と言っても、自分の頭が「に行く」と思えば、足の言うことを無視してに行こうとする。それでも足が思う通りに左へ進んでいかないと、「なんで左に動かないんだ!」と頭にくる。「普通は左に行くだろ!」とか「なんで右なんだ!」などと、責める。ちょうどそれと同じ感覚だ。

自分が、私の存在を一人の人間として認められていない問題なのに、私のことを「反抗期」だったり「親不孝」だったりという言葉に勝手に当てはめて、自分の都合のいいように処理する。「子供はわかっていないから」「大人で親の自分が言うことが正しいから」という思い込みに、どんどん陥っていく。

これが、「家庭」という密室の中で起こる「いじめ」であり、「毒親」という外から見えず誰にも止めることができない私的牢獄だ。

そして、生まれてまっさらの状態からこういう悪環境で成長してしまうと、見た目は普通に見えても、体の中に大きな問題を抱えることになる。境界線がない環境で育つと、学校などで多少普通のコミュニケーションに触れることはあっても、根本的に境界線がある普通の状態を知らないため、実家を出ても境界線がない問題を引きずって生きていく。

学校や職場などでは普通のコミュニケーションができたとしても、境界線のない家庭しか知らないため、新しく自分の家庭を持ったときに必ず問題が出てくる。そして、そこで問題の認識ができなかった場合、親にされたことそのまま、自分の子供に対して境界線を取っ払ってしまい、問題が子供から孫へとどんどん連鎖していってしまうのだ。

私の場合は、実家では「なにかが違う」とは思っていた。なので、「学校や職場と家庭はまったく違うもの」として根づいていった。本当に、別人格のようだったと思う。なので、学校や職場では問題がなかったものの、結婚して「家族」ができたときに、夫に対して境界線のない振る舞いをし、そこで自分の問題に気づいた。そこから派生して、他の人間関係でも境界線がなくなっていって苦しむようになっていった。それに気づくことで、カウンセリングへとつながっていったのだ。

夫の夢に変化

ちょうどこのころ、よく夫が見る悪夢に、変化が出てきた。

夫の悪夢とは、「私と連絡がとれなくなって困る」というものだ。いろいろなバージョンがあるものの、大筋はだいたい同じ。私と一緒にいたのに、いつの間にか私が消えていて、携帯で連絡しようとするのに、携帯がつながらなかったり、もしくは携帯から私の番号がなくなっていたりして連絡がとれず、ものすごく焦るというもの。連絡がとれるバージョンもあって、私につながるのだけれど、私がのらりくらりとかわして居場所を教えなかったり、電波が悪くて聞き取れなかったり、途中で切れてしまったりする。

本人いわく、ものすごく焦ってイライラするらしい。起きたときに、「なんで逃げるんだよ!」と怒られたこともある。

その夢に、変化が出てきた。なんと、私が帰ってきたのだ。

このときも、携帯で連絡しようとするのに、番号がなくなっていて、連絡がとれなかった。ものすごく困って焦っていると、私が普通に帰ってきた。「どうして連絡とれなかったの?」「携帯どうしたの?」と問い詰めてくる夫を無視し、私がいつも旅行から帰ってきたらやるように、いそいそと旅行先で買ってきたものをテーブルに並べ、楽しそうに写真を撮り始めたらしい。

同時にもうひとつ見た夢があって、こっちはなぜかひどかった。

遊びというか、ふざけて、旦那が私を追いかけていたそうだ。それで最後に、私が「あっ」と言って崖から落ちるという夢。なんという夢をこの人は見るのだと思った。

悪夢のほうは、以前もカウンセラーに話したことがあって、そのときには「逃げ出したいけれど現実の自分は逃げられないから、夢の中で人を使って逃げる体験をしているのではないか」ということだった。でも今回この帰ってきた話をすると、もしかしたら現実でも私がいつかいなくなるのではないかという不安を抱えていそうだということだった。夢はいろいろなものが複雑に絡み合っているから、一概になにがこうとは言えないけれど、その中に「変化」があったということだけは、やはりなにかが変わったのだろうということだった。

たしかにこのとき、「引っ越し」という変化があった。今から思うと他にもいろいろな変化があったけれど、その変化の予兆だったのかもしれない。