カウンセリング(日本人)

十分味わう

このころずっと落ちていて、ランニングもヨガもメディテーションもできず、毎日家でどよーんとしながらダラダラしていた。本当に、もうなにもやる気が起きなかった

朝、夫を送り出すまではよかった。でもそこからぼーっとネットで動画を見たり、中国製の安いカップ麺を食べたり、またぼーっとしたり。こういう時期はそれまでにもたまにあったけれど、またかと思うと憂鬱になった。でも本当になにもできない。少しのポジティブな考えも生まれないし、外にも出れない。

しかたがないから、家でぼーっとする。ものすごくもったいなくて、ものすごく焦る。でもやはりなにもやる気にならない。その繰り返し。暗い穴の底でもがいていた。

でも、ふと思った。こんなことになっているというのは、たぶん、ネットに見なければならないものがあるのではないかと。

いつもの私なら、ランニングやヨガ、部屋のここをこうしてとか、この料理作ってみたいとか、お菓子焼こうとか、絶対なにかある。でもあんなに気持ちよくやっていたヨガもまったくやる気にならず、ジャンクフードを食べまくり、それでぼーっとネットを見まくる。ほぼ別人になっている。もしかしたら、それにはなにか理由があるのではと。

きっとここになにか見なければならないものがあるのだ。得なければならない情報なども。そう思ったら、なんとそれが治まってきた。いつもならもっと時間がかかるのだけれど、このときは三週間くらいで治まった。早かった。

となると、このときに得たものはなんだったのか。

このときに見ていたのは、イッテQ!や世界仰天ニュース、特命リサーチ、ニュース番組の特集などだったのだけれど、どれも一見関係なさそうに見えたけれど、それぞれに心に刺さるものがあったのだ。人生についてや、人間関係、社会の仕組みなど、そのときに考えていたことに関連するようなものばかりだった。ただただぼーっと見ていたのだけれど、たぶん頭で認識できないレベルでいろいろなものを得ていたのだろうと思う。

別のときなど、X FactorsやBritains Got Talentなどのオーディション番組を山のように見ていたこともあった。人が本当の自分を出して認められたところを見ながら、感動して泣いていた。毎日のように。夫が帰ってくる前に、泣いていた顔をどうにかしておかなければと思うほどだった。今思えば、これも、そのとき必要なことだったのだと思う。自分に重ねて感動を味わい、涙をたくさん流すことが。

そうやって、「こんなことをしていては駄目だ」と罪悪感を抱かず、自分のやっていることを「これでいいのだ」と受け入れることによって、その行為が治まってくる。駄目だ駄目だと思っているうちは、治まらない。それを十分味わっていないからだ。十分味わうことで、前に進んで行くことができるようになる。

これはのちに、心屋認定講師のでこさんの記事を読んでわかるようになった。

何もしたくない。ずっと寝ていたい 私はどうすればいいの?【心屋仁之助 塾】
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1461849166172/

15年うつで寝たきりだったでこさんが、起き上がれるようになった理由。それは、思いっきり寝込んだことだった。「これじゃダメだ、これじゃダメだ」と寝ていた15年間は、寝ていてもちっとも休まらなかった。「寝てばかりじゃダメ」を「寝てばかりでもいい」にすることで、起き上がれるようになったとのこと。

「寝たい」と思っていても「寝ていたら駄目だ」と思うから、「寝る」を十分味わえない。十分味わえないということは、「寝たい」と思っている自分を否定しているということ。「寝たい」でいいのだと思い、「寝たい」という自分を肯定する。するときちんと寝れる。「寝る」を十分味わえる。すると治まる。十分寝れたからだ。

これは「自分を受け入れる」ということだ。自分がなにをしたいと思っていても、受け入れる。どんな自分でも、受け入れる。

仕事のできる自分でなければならない、正しい親でなければならないと、「こうあるべき」を抱え込んでいてはこれができない。自分の気持ちを把握し、それを受け入れる。まずは今の「できていない自分」を受け入れること。そうすることでしか、その先には進めない。できるようにはなっていかない。

生産的なことができず、ぼーっとネットを見るだけの日々。それでいいのだ。そう受け入れられたことによって、その先に進んで行くことができるようになった。

このとき以来、またなにもしたくない時期がやってきたら、「なにもしたくない」をとことん味わうようになった。また、なにか進めていない気がするときは、自分の気持ちをよく見つめて見る。そこで味わえていないものがあるのか探してみて、それをとことん実行する。

自分を受け入れるには、まず自分の気持ちを把握することがもっとも重要だ。自分の気持ちがわからなかったら、受け入れるもなにもない。「寝たい」と思っている自分を把握しないと、「寝込む」を十分実行することはできない。

これはもちろんカウンセリングの中で自分の気持ちについてもやったけれど、「ヨガで夢について話す」で書いたように、ヨガのセッションの最初にいつも自分の気持ちについて話させられたことがいい訓練になった。今でも自分がよくわからなくなったときや、なんでもないときでも、感じていることをどんな小さいことでも次々と書き出してみる。書き出した項目を、似たようなものを線でつなげてみたりして、どうなっているのかを分析してみる。

もちろん、ネガティブな気持ちも無視しない。「こんなこと思っていてはいけない」と思わず、なんでも書き出す。差別的だなと思うことでも、社会的に駄目だろうと思うことでも。「こんなことを思っていたのか」とびっくりする。でも書き出したこと=存在を認めたことによってそれが治まっていったり、原因に気づくことによって治まっていったりする。

治まるということは、受け入れられたということだ。気持ちの存在が認められたということだ。「Authenticに生きた」でも書いた、「怒りは認識されると治まる」と同じだ。気持ちは、認識されないと「どんどん主張しなければ」となり大きくなっていく。認識されると治まる。

スピリチュアルカウンセリングの「自分の気持ちの把握」でも、書き出す手法を教わっていた。前世療法後のカウンセリングでも「判断してはいけない」、観察することと教わっていた。やっとそれらがつながってきたころだった。

広告

カウンセリングが終了

ここで、全18回のカウンセリングが終わった。

もっと続けるかどうかの話し合いが一応あったけれど、私はここで一旦終わりにすることを決めた。このときまでに出てきていた問題は、なんとなく見えてきていたからだ。あのときそのまま続けていても、もうそれ以上出てくることはなかったと今でも思う。きっと、死ぬまで人生に終わりはない。ここで得た知識と経験を活かして、次の段階へ進んでみて、またなにかあったときに解決を模索するしかない。人生はその繰り返しだ。

最後に、カウンセラーとまとめをした。

①今までの自分と今の自分

それまでの人生で、自分がこんな状況になるなんてことは思いもよらなかったし、人生というのは経験したことがないことの連続なのだなと、改めて思った。今後ももっともっと知らなかったこと、それまでの概念を覆すようなことが起こるんだろうなと、心構えみたいなのができた。きっとこれが、私の「次の30年」の幕開けになるんだと思った。「第一章完」という感じだった。

②今後なにかあったときどうするか

Make sense(意味を理解)してカラクリを知り、Enlightenment(気づく)こと。」

人と話をしていたりになにか引っかかったり違和感があったら、それを流すのではなく、少し立ち止まって、そこにどんな意味があるのかを考えてみること。特に自分が大きな反応を示した場合、それは「投影」である可能性もあるので、自分の言っていることが「相手」に向かって言っていることなのか、「自分」に対して言っていることなのかを考えてみる。自分と同じものを相手も持っていたとき、自分に対して言いたいことを相手に対して言ってしまっていることがある。

またお先真っ暗になってしまった場合も、夫を含めいろいろな人と話をしてみて、もちろんすんなり解決できればそれでいいけれど、そこで引っかかることがあったら、それにどんな意味があるのか考えてみる。もしくは光が差してくるまで待ってみて、見えた光を頼りに考えてみることもできる。またなにかあったら、このカウンセリングに続きとして来て考えることもできるし、またスピリチュアルカウンセリングに行ってみてもいいと思う。

③「今」を生きる

夫の夢に変化」のところで書いた通り、夫の夢の中の私が帰ってきたというのは、私が「今」に帰ってきたということかもしれない。夢というのは、もちろん本人の状況もだけれど、本人の周りの状況も映し出すので、夫が「私が今に帰ってきた」と感知した可能性がある。

そのあとまた同じ夢を見たときは、私が帰ってこなかったらしいけれど、一度戻ってくる夢を見たということは、一度なにか変化があったということ。いつも見る夢に変化があったときは、たとえその後にまた元に戻ってしまったとしても、そのときになにかが変わったという判断材料になる。

ハッピーノートを続けて、「今」の充実ポイントを追っていくこと。これが「今」を充実することで、それが「未来」の充実につながる。

ということで、カウンセリングが終了。

カウンセラーの補助のもと、②の「Make sense + Enlightenment」ということをいくつもいくつもやって、本当にたくさんの大事なことに気づけた。これだけいろいろやったから、これからもなんかあったら自分でやっていけるといいなと思った。が、そう簡単にはいかないのが人生。でもこうして、なにか問題があったときに、「どうしたらいいか」というツールを知っていることはとても大事。これが得られただけでも、私にとってはとても意味のあるものだった。

ただ、最後になにかお勧めの本がないかと聞くと、「そんな簡単によくなろうと思ってもそうはいきませんよ」と言われた。急にそんな突き放されたようなことを言われて、びっくりした。どういう意図で言われたのかはわからないけれど、自分が得た知識を人が手に入れようとするのが気に入らないというようにしか取れなかった。

ここで学べたことはたくさんあったけれど、また戻ってくる場所ではないような気がした。そしてそれは正解だった。「日本人でないと細かい心の機微が理解してもらえない」と思い込んでいたけれど、そうではないのだということが後にわかってくるようになった。

今を生きる

では、「今を生きる」とはどういうことなのか。

今を生きるということは、過去でもなく未来でもない、「今のため」に、「今生きる」こと。今自分が置かれている状況に、「意味」を見出すこと。「今持っているもの」で、楽しむこと。今まで頑張って手に入れたものが今の幸せで、これを維持していくことが、「今へ力を注ぐ」こと、すなわち、「今を生きる」ということ。

だから、「今の幸せを認識する」ということ。

なので、「未来」は「今」の積み重ねであり、「今の充実」が「未来の充実」につながる、と言われた。これは、びっくりして固まってしまった。本当だろうか?という感じ。「将来こうなりたいから、今これをやる」というならわかる。「後でラクしたいから、今は大変でも頑張る」というような。でも、そうではないのだとのこと。

「今の充実が未来の充実」にはならないのではないかと言うと、では「昔は充実してたけど、今は充実していないこと」はどんなことか、と聞かれた。

私が一番充実していたと思うのは、最後に東京で働いていたとき。とても忙しい職場だったけれど、いいチームの中で次から次へとやってくる無理難題をみんなで協力してこなし、とても充実感を感じていた。でも、このカウンセリングを受けていたときは、日本語教師の仕事もどっちつかずで、充実とはかけ離れていた。過去は充実していたのに、今は充実していない。

では、その過去が充実していたのはなぜか。

そのときは、信頼し合える仲間がいて、自分の役割りにも自信を持って働けていた。きちんと評価をしてもらえる上司で、仕事の面でも評価の面でもとてもやりがいがあった。会社もおもしろい会社で、やりたいことを言えば任せてもらえた。

では、今そのときの仲間と同じ会社に戻って同じ仕事をしたら、どうなのか。

あれからみんなそれぞれ別の仕事をしたり違う経験を得て、当時とはすっかり変わってしまっているし、会社もいろいろあってすっかり変わってしまっている。独立してもっと充実した仕事をしている人だっているし、今当時と同じ仕事をしても、まったく同じ充実感を得られることは絶対にない

これは、どういうことか。

状況というのは、毎日毎日少しずつ変わっていくのだ。だから、今日は充実感を得られても、明日またまったく同じことをしても、同じ充実は得られないかもしれない。このように、充実するポイントは毎日変わっていく。
jujitsu point 1
ということは、毎日その動いていく「充実ポイント」に合わせて、自分もアップデートしていく必要がある。充実ポイントが右にズレたら、同じように右にズレる。左にズレたら、左に。そうしていくことで、毎日が充実し、さらに、充実ポイントからの乖離が防げるため、将来も充実し続けていくことができるわけだ。
jujitsu point 2
これは驚きの発見だった。「今の充実」は、本当に「将来の充実」につながっていた。

たとえば、今日カレーを作って満足したとする。次の日も作って、まあまあおいしかった。でも3日目にもなると、なんだかちょっと製作過程にも味にも飽きてくる。確実に、充実ポイントは動いている。毎日同じことをしていても、同じ充実感は得られないことは明白だ。でもここで、毎日ずっと同じカレーを作って食べていたら、確実に充実ポイントからどんどん乖離していってしまう。

仕事も、同じ。経験がついてくれば、同じ仕事はあきてくる人もいる。同僚が変わったり、組織が変わったり、会社の状況が変わったり、まったく同じ日は一度もない。充実ポイントは、毎時毎日刻々と変化しているのだ。

なので、その「今」の状況の中で最大の充実を見つけて、その日その日を充実しようと生きることで、未来の充実につながっていくのだ。

このころ私は、「ハッピーノート」というのを知った。友人がブログで勧めていたもので、毎日ひとつ、よかったことをノートに書いていくこと。このことをカウンセラーに話すと、書きとめる時間がなくても、1日1回自分の中で、その日によかったことをまとめてみたり、せっかく同居人(夫)がいるのだから、それを話してシェアしてみたらどうでしょうと。夫のよかったことも聞ければ、よりお互いの理解も深まる。

禅問答のようでまったく理解できなかったことが、解明できた。これはとても大きな発見だった。