イギリスの制度

イギリスの医療制度

イギリス在住十年を超えたくらいの日本人が、イギリスのなにを見てどう思うのかを書いてみようと思います。

◆ 基本無料

イギリスの医療制度とメンタルヘルス」に医療システムについて書いたけれど、イギリスにはNHS(National Health Service、国民健康サービス)という団体があって、これが無料で医療を提供している。たしかイギリスに一年以上住んでいると、無料で受けられる。

無料なので、日本のようにすぐに医者にかかれたりはしない。GP(General Practitioner、一般医)という地元のかかりつけ医院に登録しておいて、なにかあったらそこに行く。場所によっては予約がなかなか取れず、三週間待ちなどもザラにある。緊急の場合は、行けばその場で診てもらえることもある。

GPが必要と認めた場合のみ、病院の専門科に紹介される。これも予約待ちなので、一か月から三か月ほど待ったことがある。もちろん緊急性の高い人から診てもらえる。かかりつけ医院では受けられないレントゲンやスキャンなどの検査や、治療をそこで受けることになる。

◆ 例をいくつか

たとえば、うつで起き上がれないなどの場合。二週間後の予約を取ってGPに行く。血液検査をすることになり、一週間後に採血。その一週間後に、検査結果。そこでメンタルヘルスの講習会を勧められ、一週間後に講習会へ。それでも足りず、個人セッションに行くことになり、その一週間後から毎週個人セッションを受ける。それでも足りないということになり、病院の精神科での治療を紹介される。

精神科にたどり着くまでに三か月以上はかかっているわけだけれど、全部無料。もちろん、その後に精神科でサイコセラピーを受けていたら、それも無料。

または、腰痛でGPへ行った場合。二週間後の予約を取ってGPへ。でも鎮痛剤を処方されて帰される。薬は有料で、どんな薬でも一定の金額を支払う。それも効かないので、また数か月後にGPへ。今度は病院に紹介される。腰のMRIを撮り、神経が炎症を起こしているとかで、数か月後にフィジオセラピストへ紹介される。フィジオではどういう運動をしたらいいかなどを教えてもらい、それを実践する。

薬は有料だけれど、MRIを含め、すべて無料。

◆ NHSの問題点

この制度の問題は、とにかくNHSの維持費がものすごい大変なこと。だから本当に必要なことしかできないために、希望する治療を受けるために海外に行く人たちもいる。ひどいGPにかかっていると、一年以上咳が止まらないのに風邪だと言われ続けて、実は肺炎だったなどという新聞記事も読んだ。金曜日に両腕を折っていた人が、月曜日になるまで医者に診てもらえなかったという話や、手術を待つ間に亡くなってしまった人の話など、NHSでひどい目にあった人の話を検索すれば、キリがない。

西洋医療の限界もあると思う。腰痛のようなものでも西洋医療で対応するため、MRIなどお金がかかることでもやるしかなくなる。これが鍼灸などで対応できれば、もっと安く済ませられるだろうと個人的には思う。実際に鍼灸を受けられるGPも出てきているので、これは今後改善が進んでいくと思う。代替医療も盛んになっている。主なホメオパシーやフラワーレメディはその辺の薬局で買えるし、どこにでもある健康関連の専門チェーン店にはそろって置いてある。

「とにかく節約」なのと、都会などでは人数がさばききれないため、妊婦も出産ギリギリまで病院には来させない。そして産んだらその日、もしくは翌日には帰される。病院食も、イギリス食のフィッシュ&チップスや、インドカレーが出てくる。日本では考えられないと思う。

個人にとって大変なのは、とにかく治療を受けるまでに時間がかかるということ。しかもGPに行っても、たいていのことでは鎮痛剤を処方されて「様子を見ましょう」と帰される。だから代替医療を頼る人が多いということもある。ただ日本のようにすぐ検査したり大量の薬を処方されたりするのも、どうかと思うところではある。風邪ですぐ病院に行き、鎮痛剤、咳止め、鼻水止め、胃薬など、何種類もの薬を処方されて、薬漬けになる。症状を止めて、休まず仕事に行く。あれは治療でもなんでもない。

◆ 利用のしかた

日本のようにすぐなにかしてもらえることはないけれど、制度を知って有効に利用することはできる。たとえば以前住んでいたところのGPでは、予約システムが毎朝8時にアップデートされるため、朝8時に電話をすると前日にキャンセルされたスロットを取ることができる。するとその当日か翌日など、早くGPに診てもらうことができる。また体を見せたりしないメンタルに関する問題などは、女性医限定ではなく男性医も可にすると、予約が早く取れることもある。

腰痛など東洋医学のほうがいいだろうと思った場合は、町の鍼灸や整体に行く。これは個人で行くから有料だけれど、NHSに紹介されたどこか遠くのフィジオより断然通いやすいし効果もある。ロンドンには日本の鍼灸もある。イギリス人の鍼灸師さんや指圧師さんも増えている。

メンタルやちょっとした頭痛などでは、まず休む。イギリスでは有給とは別に病欠が認められているため、月に一度くらいはみんな休む。鎮痛剤で休めてもいいし、ホメオパシーで様子を見てもいい。症状が続いたり、おかしいなと思うようであれば、GPに行く。

Walk In Centre(ウォークイン・センター)がある病院もあって、名前の通り予約なしで、来た順に診てもらえる。日本の病院のように順番待ちが長いけれど、必要なら専門科に回してもらえる。受付けで症状を伝えて、専門医が空くのを待つ。私もこれで喉に刺さった魚の骨を取ってもらったことがあるけれど、終わるまで五時間以上かかった。もっと専門的でないものであれば、早く診てもらえたかもしれないけれど。

もちろんA&E(Accident & Emergency、救急)がある病院もあるので、自力で行くか、救急車を呼ぶ。救急車はかなり待つこともあるので、行けるならタクシーがいいかもしれない。救急車で着いたはいいけれど放置されて亡くなった人の話も読んだことがあるので、本当にまったくもって万全ではない。そういう話がきちんと報道されるところはいいと思うけれど。

◆ 思うこと

「イギリスの医療は無料といっても内容がひどい」「多少お金を払っても日本の病院のほうが断然いい」と言う人が多いと思う。安心して暮らせない。私もそうだった。渡英してきて数年は不安でしかたがなく、NHSでひどい目にあった人の話を読みまくり、不満を吐きまくっていた。

ただ今思えば、基本が「無料」というのは本当に大切なことだと思う。仕事がなくても、収入がなくても、誰にでも必要最低限な医療を受ける保障があるということ、これは全然違う。「健康で文化的な最低限度の生活」のもっとも重要な部分である、「健康」を求める権利が保障されている。これだけで、日本とはまったく違う社会になる。

プライベートの医療保険がある会社もあって、だいたい勤続半年から一年ほどで加入できる。その保険を使えば、もちろん保険によって上限などはあるけれど、すぐにプライベートの病院に回してもらって治療を受けられたりする。どの会社にもあるわけではないけれど、医療保険は個人でも入れる。お金があるなら、これでカバーすればいい。

医療が無料でない国では、「万が一」のためにたくさんのお金を貯めておかなくてはならない。特にアメリカの医療費など、本当に恐ろしい。アメリカに移住した友人が病院からの請求書をSNSに載せていたのを見たけれど、検査入院で一泊何十万という宿泊料を取られる。医療保険がなければ生きていけない国だ。アメリカでは年々ホームレスの人が増えていると聞くけれど、収入のない人などは病気になったり怪我をしたらどうするのだろう。

イギリスでは一文無しでも医療を受けられる保障がある。たくさん問題はあれど、まず生きていていいのだと思える社会だと私は思う。



◆ 薬について追記

処方された薬は有料で、処方箋を薬局に持っていくと、どの薬も一定額で支払いとなる。だから鎮痛剤などその辺で売っている薬の場合、処方箋なしで買ったほうが断然安い。薬局の人も、処方箋なしで買うか聞いてくれることもある。GPも、特別な鎮痛剤でない限りは処方箋を書かずに「鎮痛剤を飲んで下さい」とアドバイスだけで終わることもある。

ただ、日常的に必要な薬は無料のものもある。女性のピルは無料。これは避妊用であろうと、生理痛や月経前症候群のためであろうと、無料でもらえる。だいたい三か月〜半年ごとにGPに行って処方箋を出してもらい、薬局で受け取る。友人から聞いたところでは、喘息用の吸入器も無料とのこと。たしかに、大人も子供もよく持ち歩いているのを見かける。

広告

Job Centreにて

就職活動を休止することにしたので、JSA(Job Seeker’s Allowance)の受給を申請することにした。「就職活動費」、日本で言う「雇用保険」だ。

夫いわく、申請しても面倒なことが増えるだけで、やりたくもない仕事をつかまされたりするので、申請しないほうがいいとのことだった。でも友人の中に最近申請して受給していたという人がいたので、話を聞いてみたところ、そこまで大変な手続きはなかったと言われた。調べてみたらオンラインでも申し込めて、週に70ポンドの手当てが出るとのこと。月に280ポンド出れば、カウンセリング代の足しにもなる。申し込んでみることにした。

けっきょくオンラインではできず、Job Centre(ジョブセンター、職安)に行って申請と手続きをすることになった。

担当になった女性は、会うなりすぐ「You are 5 minutes late, lady(お嬢さん、5分遅刻よ)」と言ってきた。そんなこと気にしなければいいのだけれど、また「よく思われなければならない」という自分が出てきて、相手の優越感をくすぐる対応をし始めた。

東アジア人、特に日本人は、こちらでは見た目が異常に幼いので、子供のように扱われることがある。その上私は、しっかりした服装で行かないといけないと思いスーツに近い格好で行ったので、ちょうどこちらの中高生の学生服のように見えたかもしれない。先輩風を吹かせたい人にとっては、恰好のターゲットだった。

私はこういう人たちに出会うと、よく相手を持ち上げていた。このときも大したことでもないのに「そうなんですか!」とことさら感心し、手続きのしかたや職探しの方法などを教えてもらいながらありがたがってみせた。就職活動は中止してカウンセリングに集中することにしたから、職探しはどうでもよく、ただ手当てがもらえればよかったのだけれど、仕事のない自分を下げて、仕事がある彼女を持ち上げるような言いかたをしたりした。

本当にどうしようもないことをしていた。でもそれが、私が身につけさせられたサバイバルテクニックだったのだ。実家にいたときは親を持ち上げうまく乗せて、必要なことをしてもらわなければならなかった。それでも裏をかかれることばかりだったし、少しも気が抜けなかった。いろいろな人を味方につけて、親に頼らなくても生きていけるようにしなければならなかった。親よりも自分の言ってることが正しいと人にわかってもらうために、「いい子」であること、「しっかりしている」ことを見せ続けなければならなかったのだ。

担当は喜んでいるように見えた。私の学歴が大卒であることを見ると、「あなたすごいじゃない!すぐ仕事見つかるわよ!」と楽しそうにしていた。気に入られたと思っていた。上から目線で嫌いだったけれど、我慢して気に入られていればいいのだと思った。

申請後、まだ受給できるかどうかはわからなかったけれど、とりあえず隔週でJob Centreに行って、就職活動内容を詳しく記録した書類を見せなければならなかった。どの会社のどんなポジションに応募し、担当のなんという人に連絡をとったか、返事はどうだったかなどの記録を、最低でも週に8つ、計16個記入し、それを細かくチェックされた。今までの分も含めていいとのことだったので、仕事を辞める前の夏にやった面接分から記入して持っていった。

仕事を探していたわけではないから面倒だったけれど、受給のためならしかたがなかった。少しでももらえるお金はもらっておきたかった。

ところが数回行くと、担当がなにかと理由をつけて面談をキャンセルするようになってきた。一週間引き延ばしたり、最後には「トレーニングがあって遅れるので」と別の人と予約させられた。担当が嫌でしかたがなかったから、別の人にやってもらえることになってよかったと思った。

別の人のデスクに行ってみると、担当のだった。そして待ち時間の間に担当も帰ってきた。担当がいるすぐ隣で、別の人と面談をした。その人は私の書類を見るなりすぐ、古い記録を持ち出してくるのはだめだと言ってきた。古いものも入れていいと言われたと伝えると、初回はいいけれど、その後からは面談後にやった就職活動分を書かなければだめだとのことで、その場で全部消されて、新しい記録をつけさせられた。二週間分の活動なんてもとからなんにもないから、携帯を見ながら昔の活動を引っ張り出してきて、日付けを最近のものに変えてとにかく埋めた。

私がそれをさせられている隣で、担当は見えない聞こえないふりをしていた。彼女は、もしかしたらこれが言えなかったのかもしれないと思った。あんなに先輩風を吹かせているのに、私がにこにこして埋めてきた記録に文句をつけられなかったのかもしれない。先輩風を吹かせられて気に入られてると思っていたのに、もしかしたら彼女にとって私は扱いにくい人だったのかもしれない。

上から目線だと思っていたのも、自分の思い込みだったのかもしれない。私が毒親育ちの刷り込みから勝手に上下関係を作ってしまったけれど、そんなことをする必要などなかったのかもしれない。当時はまだわかっていなかったけれど、毒親のもとでは有効だったサバイバルテクニックが、大人になってから人間関係の構築を邪魔してしまう典型的なパターンだった。

けっきょく該当年次に収入がなく雇用保険を納めていなかったことから、JSAは受給できなかった。だからJob Centreへ通うこともやめてしまったのだけれど、この担当とのことは新たな気づきをもたらした。

イギリスの医療制度とメンタルヘルス

メンタルヘルスへ紹介」のところでも少し書いたけれど、イギリスの医療制度は以下の通り、国保個人の二種類ある。nhs医療を受けるには、以下の手順になる。
gpまずは①NIに登録し、そして②地元のGPに登録する。GPはたいてい数人集まって開業していて、日本の「◯◯医院」のようになっているので、その「◯◯医院」に登録することになる。

なにかあるとすべてGPを予約して診てもらい、軽い場合はそこで処方箋を出してもらって終わりになる。GPによっては処置室があって看護師がいるところがあるので、採血や簡単な検査までやってもらえたりする。緊急の場合は予約をせずにねじ込んでもらえたり、もしくは救急がある病院へ直接行ける。

GPでもっと難しい検査や専門医の診断が必要とされた場合のみ、病院へ回される。病院から連絡が来るので、該当医や検査を予約して行く。専門医の診断や検査結果はGPに報告書がくるし、GPも病院もすべてシステムでつながっている。患者はNIで管理されており、過去の病歴や検査結果がすべて見れるので、それももとに専門医やGPと話して治療を決める。

このときお世話になったメンタルヘルスは、ちょうど専門医(心療科)に回す前の自助努力的なこと(CBT=認知行動療法)をやる機関らしかった。NHSの一端として運営されているので、無料。心の問題を抱える人が多いのだろうということと、国が心の問題に積極的に取り組んでいる感じがした。GPを通さなくても、連絡先さえ知っていれば直接やり取りして進められると思う。mhワークショップ受講後にメンタルヘルスから電話があり、ワークショップがどうだったか、どれくらい役に立ったかを聞かれた。役に立つ部分はたくさんあったけれど、あまり自分の問題を解決するまでには至らなかったと伝えると、その旨がGPへ報告され、次に1対1のCBTセッションを受けることになった。