アダルトチルドレン

自分を受け入れる

また、自分の都合と気持ちを無視されても感謝をしありがたがらなければならないということは、自分をないがしろにするということだった。

自分の存在がなくなっていき、自己肯定感が欠けていく。

無条件に親から存在を受け入れてもらって育った人は、「自分はなにもしなくても存在していていい」という概念が身についているので、安心して存在していられる。でも私のような毒親育ちは、「自分は人にとって有用でなければ存在してはならない」という概念が身についてしまっている。親にとって有用でなければ家に置いてもらえない、受け入れてもらえないという経験があるからだ。

子供が健康的に育つための親の愛情というのは、ただ「かわいい」と慈しまれ面倒をみられることだけではなかった。親と考えや意見が違ったり、親の気に入らないことをしたとしても、親から受け入れられるかどうかというところが一番のポイントだった。人に迷惑をかけても自分は受け入れられている、生きていていいのだという概念。自己肯定感というのは、生きていく上でなければならないものだ。

私に対する親の扱いを「ペットを飼う」のと同じように感じていたのは、これだった。「祖母のいない実家」で飼い犬がされていたように、親の言いなりになっていれば「いい子だ」とかわいがられるが、少しでも違うことを求めれば「親不孝」と放り出される。人間として認められていない。ペットはものを言わないから、嫌なことをされても言い返せない。だからペットがかわいかったのだろう。

こうして自己肯定感が育たなかった人は、人の親切や愛情を受け入れられなくなる。きちんと愛された経験がないため、自分が「Lovable(愛される要素がある)」であり、「Acceptable(受け入れられる)」ことを信じられないからだ。

自分を産んだ親に受け入れられていなかったのだから、自分でも自分を無条件に受け入れることができない。ましてや実の親にも愛され受け入れられていなかったのに、血もつながっていない他人から愛され受け入れられるとは思えない。これは親からかけられた「呪い」だ。

義理の家族」と過ごしたときに、夫のお母さんにも「またいつでもおいでね」と言われ、涙が出るほど嬉しかった。それでも、半分くらいは社交辞令だと思っていた。夫なしでもいつでも来るようにと言ってくれたけれど、口ではそう言っても、もちろん本当に夫なしで私だけ行くなんてあり得ないだろうと思っていた。

夫のお母さんからすれば夫は「息子」だから、もちろん受け入れられているし、いつでも実家に行っていいと理解できる。でも私は「息子の妻」だし、「息子」がいなければ赤の他人だ。その私が夫なしにお母さんのところへ行くことはできないし、とてもではないけれど夫なしに好かれているとは思えるわけがない。イギリス人は建前や社交辞令を言わないことは知っていても、それとこれとはだと思ってしまう。

たとえば自分の好きな食べ物について、人が「これおいしいね」と言ったら、「だよねー!」と同意できる。でも自分がおいしいと思ってないものを「おいしいよね」と言われても、「そうかな?」と思うだけで、おいしいとは信じられない。

同様に、自分が自分を好きでなければ、自分のことを好いてくれる人がいるということが信じられない。無条件で褒められたり、いいことを言われることも苦手になる。

そういう人たちは、なにか人から有用だと重宝される「条件」がないと自分を支えていられない。

人よりしっかりしていること、人より仕事や勉強ができること、メールは必ずすぐ返信してもれがないこと、毎日子供にお弁当を作って勉強を見てあげて家計もやりくりして完璧なお母さんであること、毎日遅くまで仕事をして人よりも昇進すること。そうして自分を追いつめ続けることで、自分を支えようとする。そうでなければ安心できない、そうあり続けることでしか安心できない、そうあり続けていてもなにかわからない不安を抱えて生きている。

人よりできる自分であることを実感していないといけないから、持ち上げられることが好きだし、先輩風を吹かせがちになる。人の足りないところを見つけると「チャンス」とばかりにひとこと言わずにはいられないし、人が自分よりできていると許せず、負けず嫌いになる。自分よりできる人なんてこの世界にいないわけはないのに、誰にも負けてはならないから苦しい

人はそれぞれ違う。人よりできなくても、安心して生きていていいのだ。でもそれができない。人よりできていなくてはならない。上でなければならない。でなければ存在できない。

この「呪い」から抜け出さなければ。

自分はなにができなくとも、そのままの自分で存在していていい。カウンセラーは、「赤ちゃんがお手本だ」と言った。赤ちゃんは一人ではなにもできないばかりか、人が24時間常に見張っていないと生きていけない面倒な存在で、物理的には誰のなんの役にも立たない。でも役に立たないなら存在するななど誰も言わないし、赤ちゃんもそれで「申し訳ない」などとは思わない。赤ちゃんは存在しているだけで周りを幸せにしている。誰もが本来、これだけの自己肯定を持っているはずなのだと。

そんな自己肯定感を取り戻したい。生まれたときは私も持っていたはずのものだ。

私は血のつながった家族ではないのだから、夫の親に頼るにも限界があるとは確実に思っていた。でも一度行ってからというもの、夫がお母さんのところに泊まっているときにネットで話すたびに、後ろで「またおいで」と私に言ってくれたり、「猫が寂しがってるよ」と連絡がきたりして、もしかしたら本当にまた来てほしいと思ってるのかなと少しずつ感じ始めた。

カウンセラーにも、実際に自分の親のように血のつながった親でも満足な愛情をくれないのだから、血のつながりと愛情は関係ないだろうと言われた。確かにそうだ。血のつながりではなく、愛情そのものを見つめること、それがバーチャルではなく現実に生きるということだった。

広告

子供の自分と大人の自分

このころ、カウンセリングでじっくり実家のことを話した。

「親にはもう二度と会いたくない」と言うと、会ったらどうなるのかを聞かれた。あとから何度も出てくるけれど、これがこのカウンセラーの本当に巧妙な手口だった。

人が「親になんか会いたくないわ!!」と悲観的に言う。普通なら「そうなんだ、大変なんだね」というようなあいまいな返しが期待されるところで、「じゃあ会ったらどうなるの?」と率直な疑問を投げかけられる。すると人は悲観にひたっていたところに不意打ちをくらって「へ?」となり、「どうなるんだろう…」と考えさせられることになる。そして場合によっては「あれ?普通に考えたらそんな悲観的でもないのかな?」と思えてきたりする。

このとき私は、「たとえばまた祖母に会いに行ったとして、そこで親に出くわしてしまったら、たぶんものすごい高圧的な態度で出てくるだろう」と話した。「親に連絡もせず日本に来て」と私を見下す態度をとってくるだろうから、そういう嫌な思いをしたくないから祖母にもそうそう会いに行けないと。

するとカウンセラーは、両親なんてのは実際はもう私にとってなんでもない(Nothing)のだと言ってきた。自分が祖母に会いたければ会いに行けばいいし、親に左右されることはない。たとえ今このカウンセリングルームに両親が入ってきたとしても、別に恐れるものでもなんでもないと。

渡英三年目に「私の気づき」があって、旦那さんと離婚かもしれないとなったときも、あなたは「この結婚がだめになったら実家に戻らなければならない、他に行くところがどこもないと恐怖におちいった」と言っていたけれど、大卒で独立し、二か国語を話し、海外で仕事を見つけられるような女性が、離婚したくらいで実家に戻らなければならないわけがない、こんな人ならなんだってできるだろうと。

普通に考えたら、そんな10代の子供でもない、経験のある立派な大人の女性が、離婚したくらいで実家に戻らなければならないなどと思う人はいない。なのにそう思い込んでしまっているのは、ちょうど洗脳下にあるのと同じように、親にからめとられてしまっているからだとのことだった。

そう、なんだろうか。普通は、離婚したら実家に戻るものではないのだろうか。

たしかに夫と別れたら家賃も払えなかったけれど、仕事を見つければ生活できたはずだ。周りに独身の友人もたくさんいたけれど、みんな自分で暮らしていた。私も思い込んでいるだけで、別に実家に戻らなくてもいいのかもしれない。日本に戻ってもどうせ仕事はないのだから、イギリスで仕事を探すことになるだろう。そうしたら確かに日本に戻らなければならないどころか、逆にイギリスに残らなければならないことになる。

でも、そのなんだってできるだろう「大人の自分(Adult Keloko)」の中には、まだ小さい「子供の自分(Little Keloko)」がいて、親がいなくては生きていけなかった時代の気持ちを今でも抱え続けてしまっている。親に嫌な思いをさせられたこと、それを我慢しなければ生きていけなかったこと。

その未消化な子の抑圧された気持ちが出てきてしまうから、いい大人になっても「親の世話にならなければならない」という思い込みがあったり、親の言動に左右されて嫌な思いをしてしまうのだということだった。

これが、毒親育ちの人にとって親の言動が耐え難くつらいメカニズムだった。

そして、そのつらい気持ちが人からは理解されにくい理由だった。

だから自分の解毒レベルをはかるには、人から見てどうかではなく、自分にとって「親の言動がどれだけ刺さるか」を考えてみればいい。そして完全に解毒した人はきっと、親がなにをどうしようと、その辺の通行人や異国の異人と同じくらいスルーできるはずだ。

では、どうやってその「子供の自分」の気持ちを手放していけるのだろう。

抱えている気持ちを手放すには、ただ単に「手放せ手放せ」と念じたり、ないものとして扱っても無理だとのこと。気持ちを認識し、「本当につらかった」「悲しかった」と味わい十分理解することでしか、解放していけない。「怒りを癒す」でもやったように、自分自身や人から認識され共感されるることで、癒やされていくのだ。

同様に、この「子供の自分」の思いを無視してしまうと、いつまでも消化されずに嫌な思いを抱え続けていってしまう。なので、「子供の自分」の思いを理解して受け止めてあげ、「大人の自分」と統合してあげる作業が必要なのだと、カウンセラーは説明してくれた。

よくアダルトチルドレン関連のものを読んでいると、この「子供の自分」というのが「インナーチャイルド」という言葉で出てくる。大人の自分と子供の自分の統合、インナーチャイルドワーク。それはこういうことだったのかと納得した。

でも、具体的にどうやってその統合をするのか。そして果たして本当にそんなことができるのか。

それはこうしてカウンセリングで話をすることによって、「子供の自分」の気持ちを思い出して受け止めていき、「大人の自分」と統合していけるのだと言っていた。私の場合はその「からの理解」に加えて、ヨガで「からの理解」もやっているので、非常に効果的だろうと言われた。

このときはよくわからなかったけれど、これは本当に本当だった。

それでも落ち続ける日々

契約満了で辞めると決めてからは、落ち着けるものと思っていた。でもそうではなかった。

落ち着けるどころか、毎日毎日「やっていける」と思ったり「駄目だ」と思ったりして、ジェットコースターのように気分が上下して休まることがなかった。朝方の4時ごろに目が覚めてはパニックに陥ったり、電車の中で突然どーんと落ちたりした。死ぬことを考え始めたのも、このころからだ。

食べるためだけに毎日毎日仕事に行って、会社で8時間過ごして帰ってきて、家の片付けをして、また次の日仕事に行って。毎日毎日、体を維持するために食べ物にお金を消費して、また消費するためのお金をもらうために仕事に行って。こんなことをやっていて、なんの意味があるのだろうと思った。こんなことをあと何十年もやるのかと思うと、気が遠くなった。

もう終わりにしたかった。本気で、こんなことを70年も80年もやるために生まれてきたのだろうかと思った。生きている人たちが信じられなかった。

自殺をする人というのは、もちろん悩んで悩んで遺書も書いて意志を持って飛び降りるような人だっているけれど、突然すぎて周りにびっくりされるような人もいる。あれというのは、本当にこうして突然落ちたときに、フとなにも考えずにプラットフォームから一歩出てしまったり、ベランダから出てしまったりするのだと思った。

落ちていたり、そこにまたお酒を飲んでいたりすると、「これをしたら死ぬ」というのがフとなくなるときがある。そういうときにこの世とあの世の境目がなくなって、そこへ落ちるのだと思った。

「正気でなくなる」というのは、そういう一瞬のことだと思う。私はまだそういうのを観察的に考えられていたから正気だったとは思うけど、正気でない一瞬というのは誰にでもある。このあたりはもう、それこそその人の運命そのものなのだと思った。

きれいな光り輝く天気の日でも、「世界はこんなにきれいなのに、なんで私はこんなに眉間にしわ寄せて下がり眉でつらい思いをしてるのだろう」とますますうつになった。健康であるだけで幸せだとも思うのに、仕事なんかなくたって失業手当もらえばいいじゃないかとも思うのに、明日死んでしまうかもしれないのだから、遠い先のことなんて考えずに今やりたいことをやればいいじゃないかとも思うのに、仕事がない、安定してない、家賃どうするのだ、子供どうするのだと浮かんできて、とにかく落ち続けた。

このときは、なぜこんなにも落ちるのかまったくわからなかった。仕事がなくなるから落ちているわけではなかった。でもそうしたらなにが問題なのかわからなかった。

日本では失職で自殺をする人が多いと思う。仕事に就くのが大変で、一度離職したら再就職が困難だからだ。生活保護を受けることに抵抗や問題もあったりするので、収入がなくなることがすぐ死を意味する。そこがクリアできていたとしても、日本人は仕事を通して「自己実現」しようとしたり、「生きがい」にしたりする。人生における仕事の存在が大きい。

仕事というのは、たくさんあることの中のひとつだ。自己実現なんて人それぞれだし、仕事だけがその場とは限らない。もちろん毎日するものだから、生きがいにできたらいいことだとは思う。でも仕事というのは、自分の意志とは無関係に失うこともある。それだけを糧にして生きていたら、人生が危うい。

私は仕事を通して自己実現をしようとしていたわけではないけれど、今思えばこのあたりにヒントがあることがわかる。

私は、空っぽだったのだ。

私には、どこにも自分がなかった。

仕事でも、料理でも、旅行でも、友達との時間でも、夫との生活にも、どこにも自分がなかった。なにをしていても、自分がいなかった。だけはそれをおこなっていたけれど、実質がなかった。

確固たる愛情を感じていたわけでもなく、物理的に一緒にいるのに必要なビザを取るため、夫と結婚して一緒に暮らし始めた。旅行へ行けば、有名な場所へ行って、ただ見て写真を撮った。行ったことを感じるために、切符やパンフレットを持って帰った。そこには味わいが欠けていた。バーチャルだったのだ。

それに潜在的に気づき始めたからこそ、落ちるようになってきたのだ。それまではそれがおかしいこともきっとわかっていなかったし、自分は普通の人たちと同じように生きているのだと認識していた。それがイギリスで生活する中で「実際の自分」を求められたり、夫との生活の中で問題が起きるようになって、だんだんと違和感不都合が出てきたのだ。

そして、ついにもう存在すらしていられないようになった。「空っぽ」という現実に潜在的認識が追いつき、自分の存在がわからなくなってきたのだ。

最初の「私の気づき」から、4年。本格的な崩壊が始まった。