目的

最初に、これを書く目的について。

 ①自分のまとめのため
 ②同じような問題を抱える人への情報として
 ③そういう人の周りにいてどうしたらいいかわからない人への情報として
 ④この問題に関係はないけど興味がある人への情報として

こんな感じです。

私がこの「毒親」の問題に取り組み始めたのは、もう何年も前になるのだけれど、そこからの道のりを、現在進行形のよくわからない状態ではなく、誰が読んでもわかりやすいようにまとめたいなと思い始めたのが、書こうと思ったきっかけです。

今もまだこの問題は取り組み中だから、まだ解明できてないところもたくさんあるけれど、今までのカウンセリングで知ったことや、他に試したいろんなものから知ったことなんかは、同じ問題を抱える人にもいくつか情報になることがきっとあるのではないかと思いました。

私の経験と、私の理解だから、他の人にはまったく当てはまらないことだったり、「全然違うよ!」という部分もたくさんあるだろうし、心理学を勉強したわけでもないから、間違っていることも書くかもしれない。

あとは、この問題を知ってからというもの、いろいろと本を読んだり調べたりしてきたけれど、本でも「毒親とはこういうもの」とか、毒親の例とか解説は多く、毒親に関する理解は深まるものの、「じゃあどうしたらいいのか」や「私はこうして乗り越えました」という、肝心なところがなかなか見つからなかった。

なので、自分の理解が進んできたときに、「私はこういうのを試した」「ここでこう思った」「こう理解した」「こうだった」というのを一例として書くことで、どこかが誰かの参考になったらいいなと思うようになりました。

特に、例えば毒親育ちの特徴で「自尊心が低い」があるけれど、じゃあそれっていうのはどういうところどういう形で出てくるのか、どういう弊害があるのか、具体的にはどうやって治していくのか、というところがわからない。意外なところに意外な形で出てきてたり、あそこにもここにもといろいろな形で出てきてたりする。

人によって出るところは様々だと思うけど、私の例を書くことで、どういうものかというものを知ってもらえるのではないかと思いました。

もちろん一般的な毒親についてのことも書くけれど、ほとんどは私の経験と私の理解になると思います。カウンセリングを受けたりして、心理学的なことも読んだりしたけれど、きちんと学校に行って勉強したことはないので。それに、一般的な話だったら、いろいろな本でも読めるだろうし。

だから、こういう話もありますよ、という感じで読んでもらいたいです。普通ですが。

まだどうやって書くかも決めてないけれど、ちょこちょこ直しながらでも、なるべくわかりやすく書けたらいいなと思います。

広告

3件のコメント

  1. > ゆりえさん

    素晴らしいお気づきに感銘を受けました。気づかず、もしくは気づくきっかけがあっても受け入れられず、苦しい人生を進んでしまう人が多いと思います。私は専門家ではないのでアドバイスはできませんが、子供が毒親育ちの場合はその親も同じく毒親育ちです。同じ問題を抱えています。なのでご自身の解毒を目指されることが重要かと思います。その中でご自分の気持ちに気づき、お子さんの気持ちに気づき、どうしていけばいいのかわかってくるのではないかと思います。私もカウンセリングをはじめいろいろなものを試していますが、人や時期によってどんなものがいいかは変わってくると思うので、本や体験談を読んだりしてゆりえさんに合ったものを見つけられるといいかと思います。お互い安らかな人生に向かって進んでいけますように。

    いいね

  2. kelokoさん

    はじめまして。
    突然のコメント申し訳ございません。
    自分が毒親育ち、もしくはアダルトチルドレンなのか、客観的なご意見をいただけないかと思いコメントさせていただきました。こちらに書いていいのか分からないため、不適切であれば申し訳ございません。
    また、大変長々と記載してしまうと思うので、本当によろしければで構わないのでご指摘をお願い致します。世間知らずのため、ご気分を害することを書いてしまっておりましたら、本当に申し訳ございません。

    ふと昨日、「父親 子供 思い通りに」と検索したところ、アダルトチルドレン・毒親の意味を知りました。特徴が当てはまる点が多々あった(と言うよりはほぼ当てはまってしまいました‥)のですが、自分の中で消化することが出来ずにモヤモヤとしています。

    いくつか少し辛かったと具体例を羅列すると
    ・自分は勉強が出来ないため、父親が隣につき見ている
    ・解くことが出来ないと、机に頭を叩きつけられる
    ・注意されたことを直すことが出来なかった際にプラスチックバットを頭に叩きつける
    ・そんなことで挫けたらこの先生きていけない
    ・すぐに諦め、ストレスに弱い
    ・言うとおりにすれば必ず上手くいく
    ・あの頃、逃げてばかりいたからその代償が今来ている などと言われることです。実際に自分に落ち度があることも事実であり、一生懸命に私のことを考えてもらい、甘やかして育ててもらったために、しつけであったこと、悲劇かのように演じていることも確実にあるかと思います。10年以上通院しているのですが、医師もお忙しく、薬を処方されに通っているような現状、結婚予定の女性と同棲しているのですが、両親を悪く言われると、腹が立ってしまい、相談することが出来ずにおります。情けないのですが、ストレスに弱く、自分に甘いため、この先のページをきちんと見ることが出来ずにいるため、kelokoさんや苦しんでいる方から見て、甘えなのであればご遠慮なく、はっきりとでいいのでご指摘いただけたら幸いです。
    長々と大変申し訳ございませんでした。

    いいね

    1. > とんぬらさん

      はじめまして。私は専門家ではないので、正確なところは専門家に詳しくご相談されないとわからないかと思います。ただ私が感じたところを申し上げますと、ご両親が一生懸命とんぬらさんのことを考えて育ててこられたことは事実であり、でもとんぬらさんにとってつらいことをされたということも事実なのだと思います。なのでそこを切り離して考えてみる必要がある気がします。ご両親がとんぬらさんのことを考えてやったことであったとしても、とんぬらさんにとってつらかったのであれば、そのつらい気持ちは事実であり、否定されるものではないと思います。ご自分がどういうときに腹が立ってしまうのかを認識されているところなど、とても情けなくなど思えません。ご立派だと思います。相談できるところが見つかるといいですね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中