ロックダウンでカウンセリング

コロナで自宅勤務になって二か月。空になったスーパーの棚を見て噴出した不安もなくなり、快適になってきた。

最初のころは、底知れぬ不安に飲み込まれそうになっていた。つい先週まで普通に買えていたものが、突如として手に入らなくなり、つい昨日まで普通だった毎日が、別世界に来たように変わってしまった。同じところに住んでいて、家も自分もなにも変わっていないのに、一度外に出ると、街はゴーストタウン、スーパーの棚はガラガラ。

仕事もあるし、給料がなくなるわけでもない。友達もいなくならないし、同僚も普通に働いている。なのに、確実になにかが変わっている。日常と、非日常の間を、メンタルが瞬間移動しつづけているような感覚。

あれから、二か月。小麦粉など、今だに手に入りにくいものはあるけれど、スーパーはほぼもとに戻った。時間を外せば、入店に並ぶこともない。もともと毎日飲みに出かけるようなタイプでもないし、友達とはロンドンまで出かける必要もなく、オンラインですぐ話ができるようになった。これを機会に、こっちの友達も日本の友達も、いろんな友達にオンラインで話しかけられて楽しい。ロックダウン前より、友人関係は充実しているような気もする。

出かけても人がお互い避けて通るので、非常に快適。いつもなら私ばかりが避けて歩いていたところ、向こうも積極的に避けてくれる。こちらの人に比べたら小柄なのもあるし、今までは「あまり人の目に入っていないのでは」と自虐的に感じることばかりだったけれど、こんな時期だからなのか、ちゃんと人が避けてくれる。本当に快適。

この間になにか取り組みたいと思い、カウンセリングを毎週にした。食料と日用品しか買わなくなってお金も余裕があるし、こんな時期だからこそメンタルの調子を整えることも大事。それに、メンタルが不安定になっているこういうときだからこそ、通常では出てこない奥にしまいこんである不安にもアクセスが可能になる。

カウンセリングでそう話したら、先生に「Kelokoさんらしいですね」と言われた。

こういう不安なとき、それを解消したくてカウンセリングを受けようと考えるのが普通の人。でも私の場合、今は不安を出し切るチャンス。我ながら、ドMの発想だ。

でも本当に、人間、なんにもないときにメンタルを探っても、なにか見つけるのはなかなか難しい。仕事でなにかあったり、人間関係でなにかあったりと、心が反応するイベントがあって、初めて取り組むことができる。だからこそ、通りすがりの他人ではなく、家族や配偶者、近い友人などの心が反応する距離にいる人達といることで、自分の中になにがあるかを見ていくことができる。

今回は、そのどれでもない。対人関係からではなく、一人でいても「不安」というものが出てくるイベント。こんなことはめったにない。今まで出てきたものとは違う、もっと別の引き出しも開けられるのでは。

先生の「Kelokoさんらしいですね」という言いかたにも、ひかれた。けして、「素晴らしい取り組みですね」ではない。「こういうときにこういう取り組みをすることが正しい」ということではないのだ。

これは単に、「」にとっての、正解。「私」が、やりたいこと。他の人には、他の取り組みがある。これが「私」の道というだけのこと、という印象を与えてくれる。さすが。こうやって、言葉の一つ一つで少しずつ、人が持っている思い込みを修正していってくれる。この積み重ねで、アンバランスな思い込みがアンインストールされていって、バランスの取れた考えが身についていく。

ロックダウンが始まったころ、カウンセリングで話しているときに何度も涙が出てきた。不安な話をしていたわけでも、つらい話をしていたわけでも、なんでもない。どちらかといえばいい話であり、素晴らしいと思う人の話だ。いつもとりとめのないことを聞いてもらっているが、自分が思ってもいないところで、涙が出てきて止まらなかった。こんなこともあるのだなと、びっくりした。

たぶんこれも、いつもとは違うこういう状況だからこそ、出てきたものでもあるのかもしれない。本当に、おもしろい。

最近ではそれも落ち着いてきて、涙が出ることもなく、ポジティブな話が続いている。それもちょっともったいない気もする。こういうときだからこそ、だばだばと涙を出しておきたい。今までやったことがないことをして、見たことがないものも見てみる。それをすることで、今までは出たことがなかった自分を出せる。知らない自分を発見して、また自分の枠が広がっていく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください