ネガティブを書き出すワークの効果

なぜ、私がこのワークをやってみようと思ったか。

別居して住み始めたシェアハウスで「落ち着いた日々」を送っていたのだけれど、そこに嫌なシェアメイトが出現した。最初は、よかったのだ。でも、あるとき突然問題が起こった。

うちは一軒に四人のシェアメイトで住んでいて、当時、二人は男性、残りの二人は私とその問題の彼女だった。男性二人は自分の部屋にバスルーム(トイレとシャワー)がついていて、私とその彼女は一階の私の部屋の目の前にあるバスルームをシェアしていた。

今思うと、彼女が越してきたときから、私は違和感を感じていた。最初に入ってきたのが、おじさんだったのだ。それは彼女のお父さんだとわかり、次にお母さんが入ってきた。二人が荷物をどんどん運び入れて、最後に彼女が入ってきた。

大人になっても親に引っ越しを手伝ってもらうということは、私にとっては違和感だったけれど、そこはまだいいだろう。親が車を持っているからなのかもしれないし、実家暮らしから引っ越して来たのかもしれない。問題は、親にほとんどの荷物を運び込ませて、最後に入ってきたこと。子供の引っ越しを、親が率先してやる状態。自分の引っ越しを、親の引っ越しのようにやらせてしまう状態。ここでちょっと違和感を感じてはいた。

引っ越してきてからすぐ、彼女は掃除を始めた。自分の部屋だけでなく、みんなが共有で使っているキッチンや、私とシェアしているバスルームも。共有の場所は毎週クリーナーが入るのだけれど、彼女はクリーナーの仕事が気に入らず、文句を言いながら掃除していた。

そのときはまだ、きれい好きな人が来てよかったくらいに思っていた。しっかりしているのだなと。

問題は、夏だった。

みんなが入っているSNSのメッセンジャーに、彼女から書き込みがあった。いわく、「ホリデーで友達(男性)が二週間来るのだけれど、彼を泊めてもいいですか」とのこと。コソコソすることはしたくないので、大家にも聞いたし、みんなに確認するよう言われたから正直に言ってほしい、とのことだった。

ああ、さすがしっかりした大人な人だなと思い、「知らない男性とバスルームをシェアするのは私は嫌だけれど、その人があなたの部屋に泊まるのはまったく問題ないです」と返信した。そしたら他の男性のバスルームを貸してもらうとか、シャワーだけどこかで浴びてくるとか、なにかするだろうと思っていた。

が、まったく違う答えが返ってきた。いわく、「バスルームを使わずにどうやって泊まるっていうの?!」と。

驚愕した。「正直に言って」と書かれていた。正直に言った。すると激怒。これはいったい????

その後もいろいろと驚愕のメッセージを送りつけてきたので、スクリーンショットを撮って大家に送り、こんな問題はごめんだと伝えた。大家は「自分が簡単にOKしたから悪かった」と彼女と話をしてくれたのだけれど、それも「大家に言いつけやがった」と取られて、彼女の怒りが増しただけだった。ちなみに、大家は「二週間」だと知らなかったらしい。彼女はそこを明言していなかったのだ。

けっきょく彼女はそれを敢行し、その友達は早朝に出かけ夜遅くにコソコソ帰ってくるという一週間半を過ごし、帰っていった。それ以降、私に対する彼女の態度はものすごいことになった。私がなにか書き込めば、必ずそれに対して反抗する回答が書き込まれた。私に会いたくないからか、ほとんど彼氏の家に寝泊まりするようになって(ホリデーで来て同じベッドで寝ていた男友達とは別に彼氏がいた)よかったものの、もうこんな子供が住む家は出ていきたいとずっと思っていた。

他の部屋を探しもしたけれど、けっきょくいいところも見つからず、そこからずっと嫌な思いをしながら住んでいた。いつ彼女が来るかもわからないので、ゆっくり料理もできない。帰宅してすぐキッチンで用事を済ませ、部屋にこもる。別に出くわしてもいいだろうとは思うのだけれど、彼女がそこにいるだけで本当に嫌だった。早く一人暮らしできるくらいの給料が、切実にほしかった。

そして、新年。今年こそはあの家を出よう。そう思って、部屋探しを再開した。

そんなころ、この「「本当のスピリチュアル」への階段」という本に出会った。MOMOYOさんの動画で彼女の摂食障害が終わるまでの話を聞いていて、最後の二年間ほどずっとこのワークをしていたという話が出てきた。ネガティブなセルフイメージを書き出して、冷蔵庫やら壁に貼っておく。二週間くらいそれを眺めながら暮らしていると、それがすーっと消えていくのだと。

シェアメイトのことはもうずっと嫌だと思っていて、もちろんその間何か月も自分で分析はできていた。周りがどうであろうと、自分の好きなときに部屋から出て、自分の好きなように暮らす。それができない自分に向き合うという課題が来ているのだと、わかっていた。

でも、できなかった。カウンセリングでも聞いてもらったけれど、それ以降その話は避けていた。向き合いたくなかったのだ。仕事で大きな変化があったり、夫のことでまたちょっと事件があったり、また自分の中で進んできていることもあったりして、その話はまったくしていなかった。でもずっと心の中には、毎日毎日それがあった。彼女の歯ブラシがなくなっている(彼氏の家に泊まりに行くときには歯ブラシを持っていく)と、「今日は帰ってこない!」とほっとして、歯ブラシが戻ってくると「やつが帰ってくる…」と重い気持ちになる。もうこんな、人の言動に振り回される毎日は終わりにしたいと思っていた。

そんなときにこの本を知り、自分でできるこのワークを知った。とにかくやってみよう、そう思った。

やってみて、本当にその翌日。事件が起こった。

私がキッチンで洗濯物を干していたとき、玄関がノックされた。出てみると、スーパーのデリバリーだった。すると上からダダダダと彼女が階段を降りてきた。あ、彼女宛のデリバリーだったのか、出なきゃよかったと思っていると、彼女が「ああ、いいよ、それ私の」とニッコリ笑ったのだ。

びっっっっっっっっっっっくりした。彼女の笑顔など、もう半年以上見ていなかった。怖かった。

衝撃で固まりつつも、とにかく洗濯物を終わらせ、部屋に戻った。あれはいったい、なんだったのか。まあでももしかしたら、ものすごく待ってたデリバリーが来てご機嫌だったのかもしれない。デリバリーが好きな人なのかもしれない。あの大量のデリバリーを受け取るときに、デリバリーのお兄さんから「荷物の詰めかたうまいね」と言われて、「これが専門だから」(彼女はアパレル系のお店で働いている)と嬉しそうに得意気に言っていたので、自分が得意になれるこういう作業が楽しみだったのだろう、と思っていた。

だがしかし、衝撃は続いた。

彼女が、連続で家に帰って来るようになった。週の半分以上は彼氏の家に泊まりに行っていたのに、急にうちに入り浸るようになった。新しいシェアメイト(女性)とも顔を合わせないようにしていたのに、キッチンで話す声が聞こえてきたりし始めた。彼氏とキッチンで料理したりするようにもなって、なんと一度もやったことがないゴミ出しをしたりもしていた。あれを見たときは、びっくりしてまた固まってしまった。

極めつけは、聞こえてきたシェアメイトとの会話。いわく、「今はここにいるけど、探し続けてはいるんだ」と。

え、引っ越すの?!?!?!?!!!

その瞬間、膜がとれたようにぱあーーーっと部屋の中が明るくなった。

わからない。もしかしたら仕事の話かもしれない。「今はStayingだけど、Keep looking」としか聞こえなかった。なにを探しているのかは、わからない。でも、今いるところから出るために、なにかを探していると。これはもしかして、冬休みの間に、彼氏にプロポーズされたとか、同居を打診されたのでは???

おめでとう!!!早く出てしあわせになって!!!!!

心からそう思った。彼女もハッピー、私もハッピー、みんなハッピー。

ずっと、そうすればいいのにと思っていた。なぜ彼と住まないのかと。なぜいつも、歯ブラシを持って泊まりに行って、なぜ持って帰ってくるのだろうと。友達にその話をすると、「家族がいる人なんじゃない?」と。だから奥さんがいないときに泊まりに行って、自分の荷物を置いておけないのではと。でも、それにしては頻繁だ。

わからない、もしかしたら今だけのことで、またご機嫌が悪くなるのかもしれない。でももう、私は家の居心地のよさを思い出した。本来の、この家の居心地のよさを。彼女が来る前は、空気も明るくて、素敵な部屋だったのだ。好きに料理をして、楽しく暮らしていたのだ。その空気を、身体で思い出した。彼女がいようがいまいが、本来こうであっていいのだ。

今だに、彼女には出くわしたくはない。彼女がキッチンにいるときは避けたいし、なるべく見たくない。でももうすぐ、彼女は出て行く。出て行くということにする。気にする必要はない。なにかが確実に変わっている。私の中の気持ちが以前よりずっと、ラクになっている。

これは、すごい。こんなに効果が、しかもこんなにすぐ出たのは、初めてだった。びっくりした。

もちろん、偶然だろう。でも、偶然でいいのだ。私の中にあったネガティブは、なくなった。それでいいのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください