「「本当のスピリチュアル」への階段」

最近やったワークで、ものすごい効果が出たものがある。

この本のChapter 3にあった、「(ネガティブな)セルフイメージを書き出す」ワーク。

スピリチュアルの本とはなっているものの、著者のMOMOYOさんは長年に渡り摂食障害を患い心理学も勉強されていて、メンタルの仕組みもものすごく理解されているかた。彼女のYouTubeを見ていても、たくさんのヒントやアドバイスをお話されている。私がカウンセリングでやったことや、心の仕組みのお話がたくさんある。

スピリチュアル系やメンタル系の動画やブログを見ていると、「ポジティブな自分」でいることの重要性について話されているものが多い。「言霊」や「引き寄せの法則」などで言われる通り、ネガティブな言葉を発するとネガティブな現実が実現してしまうので、いつもポジティブな言葉を発し、ポジティブな自分でいましょうというようなもの。

それは、本当にそうだと思う。でも、長い人生で常にポジティブでいられることは絶対にない。どんな人であっても。

ネガティブなときでも、ポジティブな言葉を発することで、空気が変わることもあるとは思う。でも実際、それは一時的なものだ。ポジティブになるには、まず自分の中にあるネガティブを出しきることが先決。ネガティブがあるままでポジティブを演じていると、本当のポジティブになれないばかりか、自分の中に抑圧されたネガティブがいつか爆発することになる。

カウンセリングでも、やってきた。親に対する「ほとばしる怒り」をカウンセラーにぶちまけ十分聞いてもらうことで消化し、「怒りを癒やす」。そこまできて初めて、次の「自分を癒す」段階に進んでいける。親に対する怒りを抱えたままでは、本当の意味で自分に目を向けていくことはできないし、無理やり進もうとしても無駄になる。

生きづらさを抱えている人で、まだ自覚のない場合、最初にスピリチュアルや占いなどに向かう人も多いと思う。無意識の中では、自分の中にあるネガティブに気づいているのだけれど、本能的に向き合うことを避けるから、スピリチュアルや占いとしてふわっとしたものに向かう。解毒の初期段階。ずっと前に江原啓之さんがあれだけ人気になったのは、これだと私は思っている。自分とはまだ向き合えないから、先祖の話、守護霊の話、前世の話として、受け入れやすい形から入る。「ブランド嗜好」で書いた通りだ。

スピリチュアルでも心理カウンセリングでも、行き着くところは同じだと私は思っている。「人生を幸せに生きること」、どちらもこれを目指しているからだ。幸せに生きるには、自分自身と向き合う必要がある。好きな自分も、嫌いな自分も。それを可能にするツールはたくさんあって、スピリチュアルも心理カウンセリングもそうだし、ヨガや鍼灸整体(メンタルの不調は身体に出るので)、ヒプノセラピーに、その他もろもろ。宗教だって、出発点はそこだった。

どれをやっていても、ネガティブな自分と向き合っていない人はすぐわかる。「いつもポジティブ!」みたいなことを言っていても、ネガティブを抑圧しているだけであれば、幸せそうではない。自分を抑圧している人は、人を抑圧したりマウントをとろうとしたりもする。

試しに、「私は素晴らしい!」と言ってみる。心からそう思えていなければ、なにかある。それを無視して、毎日「私は素晴らしい!」を繰り返していても、前には進みづらい。なにがあるのか、掘ってみる。出てきたものを、並べて見てみる。それが、この本に書いてあるワークだ。

なので、まだ親に対する怒りが強い人は、このワークには向かない。「解毒の段階」や「毒親からの回復の段階」でも書いたけれど、解毒はざっくりと下記のような感じで進んでいくと思う。このワークが向いているのは、少なくともの段階にいる人か、4の段階に移りつつある人だ。

1.自分が生きづらいことを認識(否定していたけれどできなくなり認識する)
2.それが育ち(親)のせいであることを認識(否定していたけれどできなくなり認識する)
3.親への怒りを十分ぶちまけ出し切る
4.自分の回復に向かう

自分が3の段階にいるか4の段階にいるかは、毒エピソードに引きつけられるかどうかを見てみるといいと思う。「化粧水」や「化粧水ふたたび」みたいなエピソードを読んでみて、「そうそうこれ!!うちはね、」と文句をぶちまけたくなってきたら、3の段階だと思っていい。私も3の段階にいたときは、いろいろな人の毒親体験談を読み漁り、毎日のように怒りと涙に明け暮れていた。そしてそれをカウンセリングでぶちまける。この段階はとても重要。ここを十分やってから、4に進む。

3の親への怒りは、親だけでなく、日常的に関わる人に対して出てくる。たとえば、上司や同僚、配偶者、友人、子供など。実は出てくる怒り全般がこれに該当するので、怒りが出てきたらなんでも掘ってみるといい。なにが原因かがわかってくる。それがカウンセリング。自分ではなかなか原因に気づけないので、プロの手を借りる。慣れれば自分でもできるようにはなってくるけれど、人の視点、それもプロの視点はやはり大きな頼りになる。同時に話も聞いてもらえるので、ぶちまけさせてもらうことができ、解消が早くなる。

やりかたがわかってくれば、日常的に出てくるものを自分でも消化していく。それがこのワーク。ポジティブではなく、ネガティブに焦点を置いたワーク。これは、スピリチュアル系の本ではほとんど見ない。MOMOYOさんだからこそであると思う。

スピリチュアルが苦手だというような人は、他のChapterをすっ飛ばしてここだけ読んでもいいと思う。自分の中のネガティブなセルフイメージの見つけかたを読んでみて、それをやってみる。

4の段階にいる人に向いているものの、1〜3の段階にいる人でも(1の人がそもそもこのブログに行き着くことはなさそうではあるけれど)、やってできないこともないとは思う。ドMの人や、私のようにOCDで、神経質でとにかくきれいにしないと気が済まないという人は、特に向いているはずだ。表面をきれいにしただけでなく、きちんと根本的にきれいにしないと気が済まない人はすごく向いている。実際、私もそれでここまでやってきた。「嫌いなところも役に立つ」。だめだと思う自分でも、要は使いようなのだ。

実は、以前モニターを募集させていただいた「シータヒーリング」も、このネガティブなセルフイメージを見つけ出すワークになる。クライアントの中にどういうネガティブがあるかを見つけ、それを解消していく。OCDな私は、これを見つけるがとてもうまい。なので、このヒーリングにとても向いていた。本当は、リーディングをしてなにが根っこになっているかを見つけるのだけれど、クライアントの話の中から根っこを見つけていくことはある程度できる。本当に、要は使いようなのだ。

2件のコメント

  1. 自分をまるっと受け入れながら、自己核を強化させています。
    日本のカウンセリングは、資格の有無に関わらず遅れており
    怪しい詐欺まがいなものが多いです。

    高額なカウンセリングを受けているのに、こちらを全否定したり
    正直な気持ちを告げると多数のカウンセラーに暴言を吐かれ
    もううんざりですよ。

    人生経験が豊富で力量があるカウンセラーとの出会いは諦め
    私は自尊心を回復するため、自分に合った方法を探しつつ
    回復を目指しています。

    「もやもやするな」と感じたら、すぐに自己ケア。
    ご両親から愛されて育った方は、無駄に怒らないので
    思考改善をしていますが、修行僧のようですよ。

    人生を棒にふるいたくないし、怒り切ったら記憶から消す。
    「最初からそんな人はいなかった、何かの間違い」のように感じます。

    他人の言動に左右されず、スルーできるよう、お互い頑張りましょう!

    いいね

    1. > すももさん

      こちらでも、いい加減なカウンセラーはいるみたいです。資格も、半年のコースで取れるものから、大学に四年通って取れるものもあるので、その辺りも参考にする必要があったりします。イギリスはアセスメントが厳しいので、大学院でも通っただけで資格が取れることはないと聞いてはいますが。

      いいね

すもも にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください