想定外(の素晴らしいこと)を想定した結果

そして、引き渡しの当日。

どんな人が来るかとバクバクしながら待っていると、ドンドンドンドン!!!!とドアが叩かれた。びくうっ!!と飛び上がり、ひと呼吸のあと、普通の笑顔を作り、意を決してドアを開けた。

すると、そこには。ファーマーみたいなガテン系の、つなぎのおじさんが立っていた。

警察署が近くて、家の前はしょっちゅう駐禁を取られるので、あっちに車を止めたほうがいいと誘導した。「お、ここが空いてる!ちょうどよかったな!!」とガハガハ明るく笑って車を止め、ドカドカと家に入ってきた。

箱から出して、電源を入れてきちんと起動するか確認し、じゃあ支払いをとなったとき。

パソコンある?」と。

は??????

この人、初対面の私のパソコンで、自分の銀行口座にログインするの?!?!?!?!

びっくりして、声が出なかった。「あ、あります。。。」とやっと言い、買ったばかりのノートパソコンを部屋から持ってきた。

「小さくてよく見えない」と言うので、私がChromeを立ち上げ、おじさんの銀行サイトを開き、ログイン画面に。ログインIDを書いた紙を渡されたので、私がご入力。パスワードジェネレーターでおじさんが出したパスワードを、私がまたご入力。え、ほんと???本当に??????

さすがに金額はと思ったので、そこはおじさんに入力してもらい、私が自分の口座情報を入れて、私がご送金。

着金するまでじゃあタバコ吸っていい?と聞かれて、庭に通した。

私も同行し、自分の携帯ですぐ着金の確認ができた。何度も画面を確認して、ほっとした。

おじさんが一本吸い終わるまで、世間話をした。

業者の人なのかと思って、「パソコンはお店に出すんですか」と聞くと、いやいや自分用だよと。建設会社で働いてたんだけど、足を悪くしてバスの運転手になり、今はそれも退職してゆっくり暮らしているのだと。パソコンもやるのだけれど、画面が小さいとよく見えないから、こういう大きなiMacを使っていて、それが古くなってきたから新しいのがほしかったんだと教えてくれた。

こんなでっかいiMacを使うなんて、アート系の仕事をしている人とか、実際に問い合わせがあった中でも学校の先生がいたりしたので(イギリスの学校ではもう黒板とかでなくプレゼンなどで授業が行われるので)、まさかただ単に「大きい画面」を求めてiMacを買う人がいるとは思いもしなかった。たしかに、そういう需要はある。特に、これからの高齢化社会では。

このiMacをどう使っていたのかを聞かれたので、最初は夫が仕事で一年くらい使っていたけれど、そのあとは私が家でブログを書いたり、画像や動画を編集するのに使っていたと答えると、「一番いい用途だ」と嬉しそうに言った。会社などのヘビーな用途でなく、家で使っていたというのは一番摩耗(?)が少ないと。いい買い物だ、ありがとうとにこにこして言ってくれ、私も嬉しくなった。

本当に、いい人がもらいに来てくれた!!!!びっくりした。

じゃあありがとね!とおじさんが出て行ったあと。パソコンを見て仰天、おじさんはログアウトもせず帰っていっていた。ログインされたまま、おじさんの残高がまるまる見えている画面を前に、もう衝撃も衝撃すぎて呆然とした。

だってこれ、今私が自分の口座にお金をそっくり送金できる。私が悪い人だったら。

でも、おじさんはそんなこと考えてもいないのだ。私がどんな人間か。用途に嘘をつくことだってできたし、電源は入るけれど全然動かないパソコンを売りつけようとしているかもしれない。でもおじさんは、そんなこと心配もしていない。あんなに安心してやってきて、私を見て、大丈夫だと思い、ほしいものを手にして、帰っていった。私が女だというのもあるだろうし、大人しそうなアジア人で、無茶をしなさそうということはあるけれど。

あんなに心配していたのに、こんなに安心感たっぷりの、めちゃくちゃ安全な買い手がやってきて。

本当に、衝撃の衝撃だった。身体から一気に力が抜けた。おじさんの口座からログアウトをして、笑いがこみ上げてきた。

今までずっと、あの親のもとでいつも、どんな悪いことがあるかと最悪の想定をいくつもいくつも常に頭の中に並べて、生きてきた。夫といたときだって、そうだった。いつ話をすればいいか、どう言ったらきちんと理解してもらえるか、こうきたらこう返そう、どうくるだろうと。突然「150ポンドだよ」などと言われるのではないかと、びくびくしながら。

でも私はもう、そこを出たのだ。コミュニケーションにそんな不必要な労力を要し、わけのわからない結果を突きつけてくるような人はそうそういないということがわかったのだ。そして、会社でもこうして私生活でも、考えもしなかった最高の結果がいくつもいくつも現れる。

そうか、結果というのは、想像もしない悪いものばかりではないのだと。

自分では想像もしなかったいいことも、まったく同じ確率で起こりうるのだと。

やっと、バランスのいいものの見かたができるようになってきた。悪い結果は50%、あとの50%はいい結果。どちらも半々の可能性。そう、半々なのだ。なのに今まで、悪いことばかりが必ず起こるような気持ちを抱えて、不安ばかりでずっとずっと生きてきた。

前夜、パソコンに話しかけたのがすごくよかったように思った。自分で自分に「大丈夫だよ」と言い聞かせても、本当に「大丈夫」という気持ちで言うことも難しいし、なかなか安心することはできない。でも「パソコン」という自分の外にある対象に声をかける形式にすることで、なんとなく素直な気持ちで「大丈夫」と言うこともできたし、それをすんなり聞くこともできた。これはいいテクニックだ、そう思った。

これからはこうして、半々を想定して生きていこうと、というかそう生きていくのだと、そう思った。想定外のいいこともあるから、気にせずいこう。本当にもう最悪で死ぬようなことというのは、なかなか起きるものでもない。そればかりを想定して不安に生きるのではなく、「もしかしたら想像もしないようなめちゃくちゃいいことが起こるかもしれない!!」とポジティブに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください