人を尊重し受容する

インターナショナルで様々な人たちがいる会社。それはまた、言葉だけでなく、様々な違いが受容されているということでもあった。

新人の私を含めた数人に、チームの人がシステムの使いかたをレクチャーしてくれることになった。ところがその人が、何度も同じことを言ったり、今すぐには必要のないところまで説明したがったりするのを見て、私は嫌になってしまっていた。自分が普通にやっていることがいかに大変で難しいかというスタンスでとうとうと語るので、またこんな面倒な人に出会ってしまったと、内心落ち込んでいた。

だが、そのレクチャーの終わりに。私と同じ日に入社したマネージャーが、その人に向かって「あなたの説明はとても丁寧ですね」「これからもどんどん人に教えることにチャレンジしていってください」と言ったのだ。

びっくりした。思わずまってしまった。

確かに、その人の説明はしつこい。でもたとえばコンピューターがわからない人からしたら、丁寧ともとれる。

マネージャーは、この「コンピューターがわからない人」でもまったくない。そういう人なのに、こういうポジティブな受け止めかたをして、ポジティブなコメントを本人にフィードバックしている。本人もうれしそうだった。たぶんこれからも頑張っていくだろう。

自分はなんてネガティブな人間なのだろうと、私は思った。

「しつこい」けれど、「丁寧」。私は「しつこい」しか見えず、すぐそこをダメ出しする。ここでほめてしまったら、ますますしつこくなっていってしまうのではと危惧すらする。教わる人がなにを求めているかを察知して、それをさっと出せるようでなければだめだと思う。

でもそんなところは、本人が伸びていく上で学んでいけばいいことだ。最も大枠で見たときに必要なことは、本人が前向きに進んでいけること。

最初から正解を出す必要はない。誰にでも段階というものがある。学んでいく課程がある。だったらやる気を伸ばすために、ここはほめるだけにしておいてもいいのではないか。本人が幸せで、頑張ろうという気持ちが出るほうが、本人のためにも周りのためにもなる。これが口座番号を間違えて一億円の損失を出すとかなら別だけれど、今絶対に注意して気をつけていかなければならないことでもなんでもない。

この職場では、「Learning Curve(ラーニング・カーブ)」という単語をよく聞く。なにか新しいことを始めるとき、最初からすべて完璧ということはない。カーブの角度は様々であれど、徐々に徐々に完璧に近づいていくもの。カーブの角度を決める要因もたくさんあって、もちろん本人の特性もあるだろうけれど、仕事の内容や、環境もすべてが影響してくる。

最初は試行錯誤でゆっくりと上がっていって、だんだん完璧に近づいていく。その余裕がきちんと考慮されている。

イギリスへの不満ばかりだった私」でも書いた。無駄を受け入れ、現実に生きる。

”人生はギリギリでは生きられない。常に無駄が必要だ。「無駄」とはなるべく排除しなければならないと教わって生きてきた。でも現実では無駄がなければ生きていけない。世の中は有用なものだけで構成されていない。洋服も体にぴったりで無駄がないものは着られない。”

そして、そういう人が受け入れられるということは、私も受け入れられるとういことだった。

上記のようにすぐ「しつこい」をピックアップする私は、自分に対しても常にダメ出しをしている。メールを出してから少しして返信がないと、言いかたが悪かったのではないか、気分を害してしまったのではないかと考え始める。なにをやっても、もっとこうやったらよかったのではないか、こういう誤解をされたのではないか、そんなことばかり考えている。

なのに、みんな「Kelokoが来てすごく助かっている」と言ってくれる。いつも。「確実に失敗した!」「今度こそやばい!」「これは無理だろう!」と心底確信したときでさえ。

衝撃の世界へ来た。今まで自分がいた世界が、がらがらと音を立てて壊れていくのを感じた。

きっとこれが、大人の世界なのだ。大人が活動している、現実の世界。

他にもわかりやすい例でいえば、勤務時間。フレックスなので、①一日八時間働くこと、②コアタイムには勤務についていること、の二つが条件。この条件さえ満たされていれば、遅くこようが早くこようが、いつも早く来ているのにたまに遅くこようが、完全に自由。自分で勤務時間を管理して、それが完全に尊重されている。

なにかの理由でコアタイムの出勤に間に合わなくても、会議が入っているとかなにかなければ、いちいち「あいつはどこだ」ということにもならない。出勤してきたときに「なにかあったの?」と聞いてくる人もいない。話好きな人は「今日電車遅れてるの?」などと聞いてくることもあるけれど、完全なるただの興味本位。みんなスルーなので、ちょっと寂しいくらい。

人にどう見られているか気にする人もいないし、人をいちいち気にしている人もいない。仕事が回っていればいい。

時間だけでなく、すべてにおいてこうなっている。本当に大人の世界だった。

日本的な会社が苦手な理由」で書いたことと比べてみると、びっくりするだろう。今久しぶりにさらっと見てみたけれど、本当に子供の世界。こんな会社ばかりではないと思うけれど。日本の政府や役所などは、これ以上にひどいところがありそうな気もする。でももう関係ない。ということにする。

イギリスの他の会社や組織がどうなのかは、わからない。たまたまここが、こういうところなだけなのかもしれない。日系企業でないからか、インターナショナルだからなのか、余裕のある会社だからなのか、理由もよくわからない。ただ、今までイギリスで何十社と面接で行ったけれど、こういう雰囲気をかもし出している会社は他にはなかった。たった一時間の面接ではわからない、ということもあるかもしれないけれど。

でもここが、今までずっと私が求めてきた環境であり、行きたいと思ってきた世界であることは間違いない。

わずか半年前にはまったく考えていなかった仕事だけれど、こんな偶然に驚きの毎日を過ごさせてもらっている。感謝の気持ちとともに。

人は、「感謝しなさい」と言われようが「感謝しなければ」と思おうが、頭からでは感謝することはできない。気持ちというのは自然に出てくるもので、頭で意識してできるものではなかったりする。「不安のサイクルと破りかた」でも習った。だから、感謝の気持ちが出てきたときが、感謝のとき。

今までずっと自分は「感謝のない人間」だと思ってきた。あまり感謝の気持ちというものがわいてくることがなかったのだ。でもこの環境で過ごし始めてからというもの、小さなことでいちいち感謝の気持ちがわいてくる。

「返信くれてありがとう」
「小さなことを気にしないでいてくれてありがとう」
「今の、悪いようにとらないでくれてありがとう」
「私のLearning Curveを尊重してくれてありがとう」

自分が気にしている細かい「間違い」が指摘されずに、自分がそのままで受け入れられる。もしくは、人がそのままで受け入れられ肯定されているのを見る。すると、普段みんながどれだけ人を受容して(=スルーして)生きているかがわかる。そうなってくると、普段自分がどれだけ細かいことを気にして生きている小さい人間かもわかってくる。そうすると、周りの人に対しても「こんなこと気にしててもしかたないな」とでも思えてくる。

また、そういう「ふところの深い」人たちに囲まれていると、自分を受容されて安心し、認めてもらえたと感じることもあってうれしくなる。感謝の気持ちが出てくる。そうすると、人のことも受容できるようになってくる。これがすごい。

頭への作用と、気持ちへの作用。毎日この両方が積み重なっていって、だんだんポジティブな人間になってくる。

そうするとまた、「私がこんなに変われるなんて」「こんな環境をくれてありがとう」と周りに感謝の気持ちが出る。そして周りに感謝をあらわしていくから、またそれが私に対する周りの感謝も呼んで、どんどんポジティブな連鎖を生み出していく。そう、ポジティブの連鎖。すごい。

ようやく、こんな世界へたどり着けた。ここからはどんどん伸びていくだけ。ポジティブの連鎖を広げられるだけ広げていきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください