クラニアル・オステオパシーの効果

かなり楽しみで行ったオステオパシーだけれど、施術はそれほどすごいものでなく、少しがっかりしながら受けていた。でもじわじわといろいろな現象が起こり、あとから驚きの連続となった。

以前、「日本で駆け込んだ整体」ではそれなりに薄着になったと思うのだけれど、ここではそのまま診察ベッドの上に横になった。靴下も脱がなかった。

とりあえず身体全体を診るとのことで、足から始まって、そこから上がっていき、最後に肩と頭をしっかりやった。「やった」と言っても、先生は両足首をつかんでじっとしているだけ。指圧のように、押したりも、ひねりもしない。ただじっと、足首をつかまれていた。ネットで「微細な調整」と読んではいたけれど、これで本当に効果があるのだろうか?とかなり疑っていた。

足の次は、腰の下に手を入れて、またじっとする。次に、肩。そして、首。それぞれ手を当てたあと、最後離れる前にちょっと回したり、動かしたりする。でもぐりぐりしたりはせず、あくまでそっと。受けたことはないけれど、もしかしたらレイキのようなエネルギーワークで、物理的なセッションではないのだろうか?と様々な考えが頭の中をめぐっていた。

でも本当に、ものすごく微妙なタッチで施術を行なっていたのだ。そして実際に以下のような現象が現れて、本当にびっくりした。

1)くちびる

よくわからないのだけれど、最初に足をやっているときに、くちびるがめちゃくちゃピクピクしていて怖かった。普通に口を閉じていられず、とても困った。緊張しているのだろうか、それとも枕の位置がおかしいのかなどと思っていたけれど、そうではないように思う。だんだんピクピクし始め、それが激しくなり、そしてセッションが進むにつれてなくなっていった。

これはのちのちわかっていくことだけれど、私にとってこのくちびるのピクピクは、どうも身体にたまっている緊張がリリースされたときに起こるものらしい。他にも様々なセラピーを受けていくにつれて、私の場合はどうも効果がくちびるやあごなどに効果が現れやすいことがわかっていく。これが、それを最初に自覚したときになる。

2)上顎

セッションが終わったあとに、水を飲んだ。鍼灸やヨガでもそうだけれど、終わったあとに身体の流れがよくなって、やたらトイレに行ったり水を飲んだりすることがある。

このときも普通に、セラピールームにあった水を飲んだのだけれど、飲んだあとになぜか上の歯が気になって、舌でなぞってみて衝撃を受けた。なんと、口が大きくなっていたのだ。自分の口なのに、いつものサイズではない。歯の形は私の口なのに。知らない人の口みたいに、まったく知らない口になっていた。驚愕だった。

3)脱力感

これも鍼灸・指圧でもそうだけれど、終わったあとかなりぐったりだった。あんなにただ手を当てているだけでなんにもしていない感じなのに、こんなに身体に影響が出て、本当にびっくりした。それを言ったら鍼なども、あんな細いものを身体に刺しているだけで同じようにぐったりするわけだけれど。

それでも、鍼は身体に刺している。これは足をつかんでじっとしてるだけなのだ。それでこんなにも身体に変化が出る。今でもびっくりする。

帰りはめちゃくちゃふわふわして、なんだかすべてのことがどうでもよくなった。たしかにリラックスだった。すごい。横になりたかったけれど、場所がなかったのでしかたなく出た。駅までの歩みも危うかった。そのあとカウンセリングまで時間があったから買い物でもしようと思っていたのに、けっきょくカフェで1時間半も休んで終わりだった。

カウンセリングでこの話をすると、ここを紹介してくれたカウンセラーもびっくりしていた。私が歯ぎしりをするのは、言いたいことを押し込めて必死に口を閉じていることの現れになる。私はもともと口が小さい。歯も人より少なく、子供のような口をしている。

その私の口が大きくなった。セッション中もくちびるがピクピクして、口を閉じていられなかった。リラックスとともに大きなリリースがあり、もう口を閉じなくてもいいのだと身体が言っているのではと。今回、口元に多くの変化が出たことは、その象徴のようだと言われた。私もそう感じた。口が思いっきりリラックスしたのだ。

4)おしりともも

カウンセリングをしている間、手が冷たかった私は、いつもやるように手をももやおしりの下に敷いた。すると、おしりとももが、いつもの私のおしりとももでなかった。温めたわけでもなにをしたわけでもないのに、ものすごいやわらかくなっていた。びっくりだった。

ヨガの「冷え性が改善」でも書いたけれど、私はこの辺りがとてもかたい。サウナに入っても上半身はだらだら汗まみれになるのに、下半身は冷たくさらっとしているくらい、血流が悪くカチカチになっている。これに気づいて、家にいるときは湯たんぽを使うようになり、座っているときにおしりの下に敷くようにしていた。

生理痛のときに丹田のあたりにカイロを貼るといいと言われたことがあって、ずっとそうしていたのだけれど、一度何気なくおしりの辺りに貼ったことがあって、そうしたらとても気持ちよかったことがあった。こういうのも、人によるのかもしれない。それ以降、寝るときにこの辺りを湯たんぽで温めて寝るようにしたら、寝つきが格段によくなった。寝つきが悪いのは、私の場合、身体が冷えていたからだったようだ。

それからヨガで下半身をやるようになったりもして、この辺りの問題は解決してきているように感じていた。そこにこのセッションで、恐ろしいまでに解きほぐされたのだと思った。

身体の力を抜くということはどういう感覚か」ということが、ここで一度わかった。続けて何回か来ないと、歯ぎしりが治るまでにはならないだろうし、そもそもカウンセリングでもきちんとメンタルの回復をしていく必要もある。でもこうして、カウンセリングで頭とメンタルから、ヨガで心身から、そしてまたクラニアル・オステオパシーで身体から、様々な方向から全体をほぐしていけたらすごくいい。

お金がかかるから大変だけれど、できることはどんどんやっていきたい。そう思った。

広告

2件のコメント

  1. こちらの記事のお陰で、頭蓋仙骨療法を知り、私も歯軋りと、普段のくいしばりを治せたらと、行ってみたらくいしばりは全くなくなりました。
    口の中の感覚が今までと違うというのは、共感できて、思わずコメントしました。
    口の中に空間がある事が不思議でした。
    夜もぐっすり眠れるようになりました。
    良い情報をありがとうございました。

    いいね

    1. > 30さん

      こちらこそご報告ありがとうございます。食いしばりがなくなったというのは素晴らしいですね。なんだか私もうれしいです。私は今月三回通いましたが、歯ぎしりも食いしばりもまだあるのですよね。あと一回行けるのでそれで様子を見てみようと思うのですが。受けるととにかくリラックスできるので、時間とお金があれば毎日でも通いたいくらいです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください