クラニアル・オステオパシー

このころ、カウンセラーから「Cranial Osteopathy(クラニアル・オステオパシー)」というものを聞いた。日本語では「頭蓋仙骨療法」と言われている。

オステオパシー自体は、「日本で駆け込んだ整体」で知っていた。それの頭バージョン、頭蓋骨の整体、という認識だった。頭蓋骨というのは何枚もの骨でできているのだけれど、それを微細に調整することによって様々な症状を治していく。

このころは本当にうつで、どうしようもなかった。脚のつけ根も痛くなり、ランニングもできなくなって、ヨガもできず、毎日ぐちゃぐちゃだった。家事もなにもできなくなってしまってこれではだめだと思い、iPhoneのアプリ「寝たまんまヨガ」でヨガニードラ(瞑想)をやって少しはすっきりしたのだけれど、それでもだめだったので、イブプロフェンを飲んだ。頭が痛かったのだ。

なんでこんなことになっているのか考えてみたのだけれど、もしかしたら「父親への手紙」を書く宿題をやったことと関係しているのかもしれないと思った。カウンセラーに話してみると、それもあるだろうけれど、天気もあるだろうし、脚の痛みも、他にもいろいろ総合的なものだろうと言われた。

たしかに、「夫の仕事が決まって」通勤生活が始まり、新しい生活にまだ慣れずあたふたしているところがあった。毎日、今日はあれやってこれやって、ご飯なににしようか、お弁当はいるんだっけ、お風呂汚いな、リビングも掃除しなきゃ、洗濯物忘れていた、やばい図書館に本を返しに行かなくては、会社で保険申し込みできたかな、医者の予約が、カウンセリングはいつだっけ、etc etc。

一度流れができてしまえばいいのだろうけれど、始まったばかりで次々に来るものを後から後からこなしていたために、頭がおかしくなってしまったように思った。しかもまた、二人分考えていた。これがいけないのだ。夫の分は夫に任せておかなければいけない。

こんな毎日の中で、あることに気づいた。

私は、常に身体にが入っていた。日常のちょっとしたことでだ。たとえばパスタを茹でて、お湯を捨てる。そのときにザルを使うと洗わなければならなくいので、そのまま菜箸でパスタを押さえつつ、お湯をこぼしていく。そういうときに、首と頭にものすごい力が入っていた。足の指も、力が入って丸まっている。びっくりした。

洗面所を掃除していたときも。水をバシャバシャしてそこら中を濡らさないように、また全身に力が入っていた。一度気づいてみれば、こういう日常のちょっとしたことで、常に身体に力が入っていた。寝るときの歯ぎしりはずっと知っていたし、歩いているときに足の指を丸めていることも気づいて直そうとしていたけれど、日常のありとあらゆる場面でこんなにも力が入ってしまっていることに愕然とした。

パスタなどこぼれてもいい。ザルもこういうときのためにあるのだから、使って洗えばいい。水などバシャバシャしても拭けばいい。こんなことで死ぬわけがない。なにも問題ない。それを、ミスったら死ぬかのように全身に力を入れて踏ん張っている。やばい。

こんなだから、首と肩が重くなって、頭も痛くなるだろうし、腰も脚も痛くなる。当然だ。

カウンセラーに話してみると、パスタのお湯で?とびっくりして、かなり重症だと思ったようだった。オステオパシーをまた受けたいと話をすると、この「頭蓋仙骨療法」を教えてくれた。腕のいい人を知っているとのことで、その人の連絡先も教えてもらった。

どういう治療方法なのかネットで調べてみると、受けた人の話がいくつか出てきた。指の先で、ほんの少しの微細な調整を行うだけなのに、身体の中が動くらしかった。終わった後にすぐ立ち上がれないくらい、身体中がリラックスするらしい。どうも、身体の中にある、緊張からできたしこりを解いて流れをよくするものらしいのだけれど、ちょうど鍼灸でツボをついて流れを通すみたいなものだろうか。とても興味をひかれた。

根本的な治療はカウンセリングとヨガでやっていかなければならないけれど、とりあえず身体に出ている表面的な症状は、これでとれるかもしれないと思った。緊張をとり、リラックスして、とりあえずの体調を整えるのもありだろうと。

このカウンセリング後のヨガでも、リラクゼーション目的のものをやってもらった。ヨガニードラも長くやってくれて、身体が溶ける感じがすごくあった。私はこの先生しかしらないけれど、本当に上手だと思う。iPhoneのアプリでもいいけれど、やはり先生にやってもらうのがよかった。偉いSwami(先生)のヨガニードラを録音したものをカウンセラーが貸してくれたので、家でやるときはそれをやってみることにもした。

ヨガの後に夫の鍼灸を予約していて、私も一緒に行って症状などを説明するつもりだったのだけれど、私のほうが大変になってきてしまったので、予約を代わってもらって、指圧と鍼も受けてきた。なんだかボロボロだった。

頭蓋仙骨療法も予約した。お金がバンバン飛んでいくけれど、もうよさそうなものはなんでも試していこうと思った。だめだったらだめでいいのだ。これは(今は)だめだとわかるだけでも、いいことなのだ。

説明する症状をまとめてみた。これを持って、なんでも試してみたい気分だった。

1)子供のころからの歯ぎしり
2)精神的理由からくる慢性的な全身の緊張(臀部、首、肩、頭)
3)腰痛
4)坐骨神経痛
5)腿の筋の痛み(ここ2~3か月)

広告

2件のコメント

  1. 全身に力が入り、リラックス出来ない事実に気づくと、ガラッと変わります。私はテニスのレッスンにて、コーチに指摘され自覚しました。趣味の運動すら、無駄に力み自分を追い込んでいました。
    少しずつ訓練で自分の主張が出来るようになり、不愉快な人を避け、心地よい人間関係を構築しています。

    毒親育ちを自覚していない方は本当に多く、趣味で親しくなり嬉しい一方、ストレス発散方法を知らず、無関係な第三者に愚痴り不愉快にさせる思いやりが無い方ばかりです。

    毒親育ちの後遺症がある方でなく、まともなご両親から愛された方と知り合いたいですよ。片側の心理状態が悪いと、引き込まれてしまう為、解毒中の方と知り合わない方がいいかもしれません。価値観は多様化ゆえ、自分が心地よくなれば幸いです。

    いいね

    1. > ももさん

      この記事は三年前くらいの話になるのですが、最近違うところで力が入っているのを見つけたので、また久しぶりにオステオパシー行ってみようと思います。心地よい人間関係を築かれているようでなによりですね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください