心理療法としてのヨガの仕組み

このころ、ヨガがなぜ心理的に効くのか、先生の話をもとに自分なりにいろいろと考えてみた。

たぶん普通の人は、「なんでそんな単なるポーズが不安に効くのだろう?」と思うだろう。私も実際やってみるまでわからなかったことだった。「冷え性が改善」したときのこともそうだけれど、単に身体を動かしているから冷えが改善するのだとみんな思っていた。本当の仕組みを理解している人は、皆無だった。

たとえば、腰痛。腰が弱い人というのは、不安感を抱えている人が多いとのこと。この「不安感=腰の不調」というのがどこからくるのかというと、たぶん「不安」という感情が出るところが、「腰」という体の部位なのだと思う。

そんな、感情という目に見えない触れないものが、物理的な肉体に作用するなどということがあるだろうか?と思うだろう。でも実際のところ誰もがこれを日常的に利用している。

一番わかりやすい例でいえば、深呼吸。緊張という感情は、物理的には胸とかお腹に出る。心臓がどきどきしたり、英語では「Butterflies in my stomach(ちょうちょがお腹でバタバタしている)」と表現する。それを解消するのが、深呼吸という体の動作(ポーズ)。これをすることによって、身体が落ち着いて、それが心を落ち着ける。「不安症対策の呼吸法」でも習った。

緊張するときの例:

①状況:緊張するような状況
②思考:「怖い」
③感情:緊張
④気:緊張の気が出る
⑤体:胸/お腹にきて、ドキドキして呼吸が乱れる

↓これを、深呼吸で整える

⑤体:胸/お腹を整えるポーズ(=深呼吸)→胸やお腹が物理的に静まる
④気:緊張の気が解消される
③感情:緊張が解消されていく
②思考:「大丈夫かも」
①状況:緊張しなくなる

ヨガでは、感情にもエネルギーがあると考えるそうだ。これは実は、鍼灸も同じだった。お世話になっていた指圧の先生の施術室には、五行色体表というのが貼ってあり、身体の部位とそれに対応する現象が書いてある。その中にはメンタルと気の項目もあった。身体の部位と、メンタルの部位、そして気(エネルギー)が、対応しているのだ。

これは、特定の部位の不調が特定のメンタルの不調につながっていること、そしてその逆も表している。

たとえば、「不安」という感情も特定のエネルギーを持っていて、これが出ると、「」に影響が出てくることが多い。「チャクラについて」で書いたように、ヨガでは腰の部分は第二チャクラのスワディシュターナと呼ばれている。チャクラというのは、鍼灸で言う「つぼ」と同じ。つぼのように身体に無数にあるのだけれど、その中でももっとも大きな七つが、いわゆる第一〜第七チャクラと呼ばれている。

不調なチャクラは、鍼でつぼを突くように、該当のチャクラを刺激してエネルギー(気)を整える。ヨガはこれを、身体を動かして行う。これがアーサナ(ヨガのポーズ)だ。これでエネルギーを整えるのだけれど、同時にストレッチ運動でもあるので、物理的に腰の調子も整えられる。なので、エネルギー物理的な体の、両方が整うことになる。これが感情に影響を与え、感情も整っていくのだ。

不安なときの例:

①状況:不安な状況
②思考:「なんだか不安」
③感情:不安
④気:不安な気が出る
⑤体:腰(スワディシュターナ)にくる

↓これを、ヨガで整える

⑤体:スワディシュターナを整えるポーズ →腰がよくなる
④気:不安な気が解消されていく
③感情:不安が解消されていく
②思考:「もしかしたら安心かも」
①状況:大丈夫になる

ポーズと腰がよくなることは、お互いに影響しあっていると思われる。腰がよくなるからスワディシュターナが整い、スワディシュターナが整うから、腰がよくなる。それによって不安なエネルギーが解消されて、不安な気持ちが減少していく。

私の場合はその不安な気持ちの出処である思考も、カウンセリングで治していったので、身体からと頭からの両方で整えるという、かなり万全な体制だった。どちらかが弱っても、どちらかで治していけたし、両方から整えていくことで、スワディシュターナがバランスよく整っている状態をより維持できるようになる。

実は、ヨガにはポーズだけではなく、「呼吸法(プラーナヤナ)」もある。これがまさしく、深呼吸のことになる。ヨガでは、アーサナ(ポーズ)とプラーナヤナ(呼吸法)の二つを組み合わせて、エネルギーを整えていく。ポーズは外から身体に刺激を与え、呼吸は内から身体に刺激を与えて、整える。

要するにヨガは、身体とエネルギーを整えることによって気持ちも整えていくツールなのだ。CBT(認知行動療法)の「不安のサイクルと破りかた」でもやったけれど、身体、思考、感情、の三つはそれぞれに影響しながら存在している。それぞれをつないでいるのが、エネルギー(気)ということになる。

身体を治すには、鍼灸やヨガでつぼ(チャクラ)を刺激してエネルギーを整える(同時に、感情も整う)。感情を治すには、同じくつぼ(チャクラ)を刺激してエネルギーを整える(同時に、身体も整う)。この辺りの理解は、やはり鍼灸の知識がある東洋人にはわかりやすいと思う。イギリス人だと、まず鍼灸さえもあやしいスピリチュアル系のように考えている人もいる。身体を針でつついて腰が治ることは、それが当たり前の環境で育っていないとなかなか理解しがたいものなのかもしれない。

鍼灸も、もとを正せばヨガにつながるのだろう。ヨガから始まって、身体のつぼに注目していったのが鍼灸で、メンタルに注目していったのが仏教や瞑想になるのでは。座禅を体験するという日本のテレビ番組で、お寺に行ってみたらまず座禅の前にヨガをさせられてびっくりしていたのを見た。ヨガで身体を動かしてから、座禅をする。ヨガのセッションもけっきょく同じで、ポーズをやってから、最後に瞑想をする。要はどれも最終的には同じこと、心身(とエネルギー)を整えることを目指しているから、同じになるのだろう。

ヨガでは身体から、座禅や瞑想はメンタルから。両方とも、心身を整える

だから、ヨガは心理療法として効果的なのだ。ヨガで身体も整うけれど、それは同時にメンタルを整えることも意味している。私の場合はそこにカウンセリングも受け、頭からも整える作業を行っていた。身体と、思考と、感情。この三つがを通して相互に影響を与えあっていることが理解できて、ヨガの仕組みもよく理解することができた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください