グラウンディング

このころ、ヨガで「Grounding(グラウンディング)」という言葉を知った。

ヨガのセッションはいつも、なにをやっているか私はわかっていなかった。先生の見本に沿って、指示されるポーズをとっているだけ。先生のを見ながらポーズをとって、「もうちょっと腕が右」とか「足を外側に」と正しい位置に整えてもらい、「右を曲げて」「次に左を曲げて」とか、「息を吸って」「はいて」「そのまま」のように、次々出される指示に従っているだけになる。

このポーズがなにに効くとか、そういうことはまったくわからないまま、終わる。終わったあとに聞いてもいいのだけれど、私の場合はなるべく感覚で感じるようにしていたので、必要なこと以外は聞かないようにしていた。たまにヨガ関連の本を読んだ際に、ああこれはこういうポーズなのかと知ることもあったけれど、その程度だった。

あるとき、先生が「今日はグラウンディングを中心にやった」と言ったので、それはなんですかと聞いてみた。

ヨガで夢について話す」で書いたように、先生は毎回セッションを始める前に、私の気持ち身体の状態を聞いてくる。そのときに、先週ランニングしたらここが痛くなったとか、こういうポーズを家でやったらここにきてとか、カウンセリングでこういう話をして安心できたとか、夫と話してもうだめだと思ったなどを話し、それに合わせて必要だと思ったヨガのセッションを組んでくれる。

自分の気持を話すのはけっこう難しく、これがとてもいい練習になった。身体の状態を話すときも、どこかが痛くなったときや不具合が出たときは、そのときなにをしていたのか、なにを考えていたのかを覚えておくようにと言われた。身体に出るものは、もちろん事故的なものもあるけれど、メンタルのものが身体に出ているということもある。これは今でも身についていて、頭がズキっとしたときや、なにか身体に感じた際に、そのとき自分がなにを考えていたかを見つめることで、意外にもいろいろなことがわかったりする。

それでこのときちょうど、「完璧を求め続ける原因」で書いたように、私の不安感の原因が親からきているということがわかってきたと話し、安心できるようになりたいと先生に言った。すると先生は、グラウンディングを中心にやろうと言ってくれたのだ。

不安感というのは、地に足がついておらず不安定な感じになる。これを地にどっしり気持ちを落ち着け安定させることが、グラウンディングとのこと。「Ground(地面)する」ということだ。

このセッションでは、「木のポーズ」と「戦士のポーズ」をやった。木のポーズは「チャクラについて」で書いた、一番下の第一チャクラ、ムーラダーラに働きかけるものと本に書いてあった。他にもいろいろあって、ふくらはぎのむくみもあったので、それに効くものも入っていた。

木のポーズ

次のセッションでは、寝っ転がったり、かがんだりと、低い体勢のものが多かった。これも、一番下の第一チャクラに効くものと思われた。あとは、身体をねじるものも多かった。下半身をねじり、腰をねじり、背中をねりじ、肩をねじる。背骨をドルフィンキックのように縦に波打たせたり、かと思えば獅子舞のように横にも波打たせたり。「ヨガ開始」で書いたBee Breathを最後にやったときも、脚をあぐらのようにしてバタバタさせてやった。バタフライというらしい。これがグラウンディングになるのだそう。

エネルギーセンター」で書いたように、セッションの最後にはいつもヨガニードラでしめくくる。グラウンディングにいいポーズをたくさんやったこのとき、ヨガニードラで寝っ転がっていると、なんと第一チャクラのあるところ、おしりの下がふわーんとあたたかくなっていることに気づいた。

驚愕だった。私は下半身が冷え性で、腰とおしりはいつも冷たい。家にいるときは、今でもよく湯たんぽを当てている。サウナに入っても、上半身はダラダラ汗をかきまくるのに、腰から下はカラッカラで冷えたまま。脚に汗をかいたり、靴が蒸れることもない。身体をねじったとしても、背骨をねじっているわけだから、おしりは特にあたたかくなるようなことはない。

なのに、そんな激しい運動をしたわけでもないのに、こんなところがあたたかくなっていた。びっくりした

先生に言うと、先生も「そこはムーラダーラね」と言っていた。こんなに明確な変化が出るなんて、先生も興味深そうだった。私は先生の生徒の中でも一、二を争うほど、ヨガで様々なことを引き出していると言われた。先生のところにくる生徒さんは、マタニティヨガの妊婦さんが多いから、私のように心理療法を目的として来ている人が少ないのかもしれなかった。

私は、目的が目的だから、なにかを感じようといつも無心で、とにかくポーズをとることに集中していた。これがよかったのかもしれない、と思った。グラウンディングも気に入ったから、これ以降、今でも家でやるようになった。後にヨガのポーズだけでなく、グラウンディングの方法はいくつもあることを知って、他にも瞑想やレメディなどでもやったりする。ただどんなものにおいても、グラウンディングはとても重要で、これをしっかりやることで、地に足をつけて生活するということを学んだ。

また、「魂からの癒やし チャクラ・ヒーリング」の本にもメディテーション(瞑想)の方法が載っていて、このルートチャクラ(第一チャクラ)の瞑想にも取り組んでみたりしていた。これにもグラウンディングを目的とした瞑想があって、地球(地面)とつながり、安心感を育成する。もしかしたらこれからも効果が得られたのかもしれないと思った。

ますます、ヨガがおもしろくなってきたところだった。

広告

4件のコメント

  1. > mimiさん

    お久しぶりです!たまに記事を書いているときにどうされているかなと思っていました。読んでくださってありがとうございます。お忙しそうでなによりです。似たようなことがあったんですね。自分が悪いと思わされていたというのはびっくりしました。と同時に、私の中にも「もっと自分がしっかりしていたら」という罪悪感もどこかにあるのではと思いました。それが今のこの完璧主義にもまたつながっているというか。私は木のポーズ難しくて、たぶん体幹が鍛えられてないから不安感があるのでしょうね。不安感があるから体幹がないのだと思いますが。また挑戦してみようと思います。

    いいね

  2. いつも私にもためになる記事を書いてくださってありがとうございます。私もアダルトチャイルドで、海外在住、ヨガもやっています。グランディング、何となく聞いたことのある言葉でわかっているようでわかっていなかった。この記事はずっしりきました。ヨガも瞑想もいいですよね!!

    いいね

    1. > ひなみさん

      読んでくださってありがとうございます。グラウンディング、耳にしますよね。最近瞑想ばかりでヨガできてないですが、夏至にもなりますし、また身体を動かしてみようと思います。楽しみましょうね。

      いいね

  3. > mimiさん

    コメントありがとうございます。まだ肩とお腹に力が入っていますね。覚えているときは朝起きたときと夜寝る前に全身の力を抜く作業をするようにしていて、だいぶよくなってきたと思います。癖というのは、気づいて直すことを400回繰り返すとなくなっていくと聞いたことがあるので、地道にやっていくしかないですね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください