焦りの原因

十分味わう」で落ち着いたあと、なぜこんなにも落ちているのだろうと考えてみた。

それまで何度も焦ることはあっても、なぜだかよくわからなかった。でもこのとき初めてなんとなく理由がわかってきた。「子供を持つ」ことに対する焦りではと思ったのだ。

夫に「将来子供がほしいか」と聞いてみた。すると「50%50%」「どっちでもいい」という回答だった。そうではなくて、あなた自身はどうしたいのだと聞いてみた。すると「いらない」と答えたのだ。

それまでは、「できたらできたで」などと言っていた。自分が就職したときなどは、「これで家も買えるし、Kelokoは子育てすればいいよ」というようなことを言ったりしていたのに。あのときは正社員の仕事に就いて、なんとなく安心して大きくなってしまっただけなのだろう。夫は、本当はやはりほしくなかったのだ。私が思った通りだった。

夫は旅行が好きだし、きっと私さえうんと言えば、世界中を旅行して過ごすような人生を送りたいのだろうと思っていた。そういうことも言っていた。子供はお金もかかるし、自分たちのやりたいことだけやっていられなくなる。夫いわく、「人生は短いし、自分は自己中だから」と。

以前だったら「なんて子供みたいな男なんだ」と思っただろう。でもこのときは少し違った。確かに嫌な気持ちはあった。今は二人とも過去からの脱却中であって、きちんとした「大人」になっていないし、だから今はほしくないという気持ちはわかる。でも将来二人がきちんと「大人」になったときにどう思うだろうか、くらいのことは考えてほしいと思った。イラッとする気持ちはあった。

でも、と。だったら、別にそう「ほしくない」と言ってもいいのではと。

将来がどうと考えるのではなく、「今」自分たちはまだメンタルが子供の状態で、解毒して大人になっていく道を進んでいる途中。であれば、「」の気持ちをきちんと表現していいのではないだろうかと。

そう考えると、このころに落ちていた理由がなんとなくわかってきた。たぶん、めちゃくちゃ焦っていたのだろう。解毒を。4月になり、新年度にもなっていた。一年ももう1/4が終わっていた。早く治療をしなくてはと。早く大人にならなくては、そして家を買って子供を産まなくては、歳をとって不可能になる前に、と。自分がほしいかどうかもはっきりしていないのに。

だから、カウンセリングがもっと進んでいかないことにイライラしていた。自分が歳だと感じることにもイライラしていたし、子供を持つことを考えたら今のうちに行きたいところに旅行にも行っておかなければならないし、好きなものを食べたりお酒を飲んだりできなくなるから今のうちに日本にも行ってやっておきたい。早く家を見つけなければならないし、早く仕事にも就いておかないといけない。Etc、Etc…

そういう「制限」や「期限」があって、ものすごくすべてのことに焦っていたのだ。

でも、そうではない。もちろん、子供を産むには期限がある。でもはそういうことを考えている場合ではないのだと、改めて考えた。

なによりもまず、自分を確立することが課題だった。「自分がないということ」の花の図のように、自分がなく自分を支えるためにその他のものに頼っている状態というのは、とても不安定なのだ。自分を持って、ここをしっかり安定させることが先決だった。

そりゃあ子供を産めば、「子供がいないから親の気持ちがわからないのだ」と言ってくる親や妹に対して、言い返したりできるようになるだろう。愛情を注げる対象もできて、そこからいろいろな経験をもらうこともできる。

でもこのときの状態でそれをやってしまうと、「自分を支えるもの」を一つ増やすだけで、「自分を埋める」ことにならないかもしれない。きちんと自分を埋めてから、その先に、子供なり仕事なり友人なりと、「自分がやりたいこと」をしていくのが健全な人生を歩んでいく上で大事だと考えた。人生の手順を順に踏むのではなく、自分がやりたい人生を。

もちろん結婚して配偶者を得え子供を得て、その関わりの中で自分を回復していくということもできる。自分に「毒親育ちである」という自覚があれば。カウンセラーにもそう言われた。でもこのときの私にとっては、夫も私も回復途中という段階で子供を持ってしまったら、どんどん悪い方向へ向かってしまうだけなのではないかという恐怖が拭えなかった。そんな中で子供を持ったとしても、不安で自分がつぶれてしまうと思ったのだ。

そんなことでは心身ともに健康な人間を育てられるわけがない、と思った。自分一人だって安心して存在していられないのに、その上にもっと不安なものを担げるわけがない。これで夫が安定型ならまだいいけれど、夫などもっと不安定な存在だった。これでは無理だと感じるのは当然だった。

なにより、自分は子供がほしいわけではない。なぜそこを無視してしまうのか。馬鹿だ。

それならば、「今はいらない」でいいではないか。

ということで、もう子供とか考えないことにした。それまでも、考えなくていいと思っていた。でもやはり新しい年になり、新しい季節になって、焦りが出てきてしまったのだろう。なにかしなくては、次に進まなくては、と。

とにかく、自分を埋めること、自分の人生を回復することに集中しようと思い直した。回復した後に、子供がほしいと思ったらそれでいいし、年齢的に無理になっていたらもうしかたがない。無理になっていたとしても、回復さえしていれば、他に楽しい道を見つけられるだろう。だからけっきょく、焦る理由はなにもないのだ。

今を生きる」。それだけだった。

そう思ったら、なんだか少しずつラクになってきた。もちろん焦りはどこかしらにあった。試しに子供がいない人たちの話をネットで見てみると、理由はそれぞれだけれど思ったよりもたくさんいて、それも全然ありなんだなと思うようになってきた。イギリスでは特に、未婚だから子供がいないからでなにか言われることもない。今のメイ首相も、子供のいない既婚者だ。

子供を持っても、親の自分より早く亡くされた人もいた。夫だって、自分だって、同じだなと思った。結婚して一緒に暮らしているけれど、なにかあってお互いを亡くしてしまうことだってないとは限らない。なにかを支えにして生きることも幸せではあるだろうけれど、まずやはり自分を埋めてからの話だと思った。

子供より、夫より、仕事より、まず自分だ。自分がなにをしたいかだ。今はもうそれでいい。とにかく自分が回復しないと、なにも始まらない。年齢は失ったけれど、得られたものはたくさんある。それを大事にしていこうと思った。

人生はすべてオリジナル。私は私の人生を歩むしかできないのだ。そう思った。

広告

4件のコメント

    1. > Piñonさん

      ありがとうございます。今でもまだたまに落ちるんですけれどね。このときの気持ちを思い出して進んでいこうと思います。

      いいね

  1. 「今を生きる」自分の気持ちを押し込めず、今を感じられるようになると、自分の軸が強まり自認していない困った方を受け流せるようになります。
    カウンセラーの力量により症状が悪化し、顧客の話を全否定するカウンセラーに懲りて、知識を活かしつつ自己治療しています。数年前の話ですが、詐欺のようでした・・・・
    どのような環境や状況であれ、自分を埋めるのが先なので共感して号泣です。
    頑張りすぎて自己肯定感が低め安定は、毒親持ちあるあるゆえ、ゆるく生きるくらいが丁度いい、と私は思います。

    趣味の場や職場などどこにでも毒親疑惑が大勢おり、取りすがられないよう自衛できるよう訓練中です。
    お互い自分の軸を埋めていき、良くなりましょうね。

    いいね

    1. > どんべいさん

      いいカウンセラーが見つからないと大変ですよね。ご自分で進まれているのはすごいと思います。ゆるくいきたいですね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中