完璧を求め続ける原因

満足できない」でも書いた通り、私は過剰な完璧主義を抱えていた。

この世に完璧など起こるわけがないので、完璧を求めていても絶対に手には入らない。でもいつも完璧を求めているから、一度も安心することがなく、常になにかに追われて不安な状態で生きていた。「不安症の個人セッション準備」でも書いた通り、歯軋りもここから来ていることはわかっていた。

では、なぜこんなことが起こるのか。考えられることは、二つあった。

1)不安感

私の中に巣食う不安感の出どころはもちろんいろいろとあったが、一番の根源だと思われるのが、親に対する不信感だった。親が信頼できない人間だったために、自分が常にアンテナを張って周りで起きるすべてのことを把握し対処していかないと生きていけない、そういう刷り込みができていた。

大人なら、もちろんそれができる。でも小さい子供のころにこれをやらされると、「世界は安心できる場所ではなく、なにかあったら自分は死んでしまうのだ」という、恒常的な恐怖をもたらすのだそうだ。

それはそうだ。だから私は、少しの物音でびくっとなるし、なにか少しでもミスがあったらいけない、生きていけなくなるのかもしれないと、びくびくして生きているのだった。英語ではこれを「Jumpy」と言う。「少しのことですぐ飛び上がる、神経過敏な人」という意味だ。何十年と生きてきて、これが普通ではないのだと初めて知ったのだ。

大きな原因として、思い当たる節があった。

妹が生まれ、歩行器で歩き回っていた時期だから、私が3〜4歳のころだろうか。四人家族で、アパートの二階に住んでいた。階段を上ると、二階の住人の玄関が並んでおり、それぞれの玄関の前に洗濯物が干せるようになっていた。

母親はそこで洗濯物を干しており、私は歩行器に乗った妹と遊んでいた。すると、妹が階段に向かって進み始めた。このまま行けば、階段から転げ落ちてしまう。全力で止めたのだけれど、私は小柄で、妹はとても体格がよかった。必死に踏ん張っても、じりじりと階段が近づいてくる。

「妹ちゃんが落ちちゃう!!助けて!!」と母親に訴えた。なのに、母親は「大丈夫よ」と、こちらを見もせずに洗濯物を干し続ける。私は何度も何度も繰り返し助けを求めた。それでも母親は「大丈夫」と。もう力が続かない。「本当に離しても大丈夫なの?!」と聞くと、「大丈夫って言ってるでしょ!」と怒られた。

信じられなかったけれど、が大丈夫と言っている。私は手を離した。

ダダダダダっと、妹は階段を転げ落ちていった。母親は、悲鳴を上げて階段を駆け下りて行った。

信じられなかった。

親は、大人だ。私が知っているより多くのことを知っている。だから子供の私は「だめだろう」と思ったけれど、大人が大丈夫だと言うのだから、しかもあんなに怒って言うのだから、きっと大丈夫なのだと思ったのだ。

なのに、妹は階段を転げ落ちた。ショックでしばらく口を利くことができなかった。

頭から血を流している妹を泣きながら抱き上げる母親に、「なんで大丈夫って言ったの?」と聞いた。すると母親は、「大丈夫だと思ったの」「そんなことをするはずがないと思ったの」と。

なぜ「大丈夫と思った」のか。赤ちゃんなのだから階段もなにもわからず行ってしまうのは当たり前。「そんなことをするはずがない」なんてどうして思えるのか。私にだってわかる。あんなに必死で助けを求めたのに。あんな状況だったのに。見もしなかった。なのにあんな怒った調子で「大丈夫!」なんて。なぜそんなことが言えたのか。まったくわからなかった。なぜ。なぜ。やっぱり私の思ったことが正しかった。なぜこの人は私の言っていることを聞かなかったのか。階段から落ちたら大変なのに。そんなことは私でもわかるのに。

表しようのない黒ずんだ世界の終わりのような恐怖や疑問がぐるぐると渦を巻いて、その中に完全に溺れてしまった。目の前の母親が、まったく知らない人のように感じた。

頑丈だった妹は、奇跡的にもおでこに傷を残しただけで済んだ。歩行器ごと落ちたのに、どこも折らず、障害も残らなかった。体重の軽い赤ちゃんだから、大きな大人が落ちるよりは軽く済んだのかもしれない。それでも本当に奇跡だった。

ここで私は、「親の言うことは信じてはいけない」「親に頼ってはいけない」と学習してしまったのだ。なぜなら、もし親を信じて頼ったら、今度は妹ではなく自分が階段から転げ落ちるかもしれないのだ。死ぬかもしれないのだ。自分の身は自分で守らなければならなかった。

カウンセラーいわく、小さな子供にとって親を信じ頼ることができない状況というのは、大人になるにつれ身につけていかなければならない安心感を根こそぎ奪われ、危機的な不安感を根深く植えつけられてしまうとのことだった。心身ともにこんなに小さいのに、頼れる人は誰もいない。自分が神経を張り巡らせていないと、死んでしまうかもしれない。自分の命は自分にかかっている。それがどれだけの恐怖であるか。サバンナで生まれたばかりの動物が親をなくしたのと同じ状態だ。

普通は親から安心感を得て、「心の安全基地」を自分の中に確立し、外に出ても安心感を持って生きていけるようになる。私はそれができなかったのだ。だから、本来ならもう大人で自分で生きていけるようになっているべきなのにもかかわらず、安心感を持てずに、潜在的な不安の中で日々を過ごしていた。安心感を、人や仕事、結婚してからは夫の中に見い出していて、だから仕事がないと不安でいられず、また夫から存在を無視されたと感じると生きていられなかったのだ。

きっと他にも、親を信頼できないことは山ほどあっただろう。こうして潜在的な不安の中で人生を歩んでいくことになったのだ。

2)不完全

カウンセラーはまた、潜在的に「自分は不完全だ」と思っていると、いつも完全を求めてしまうことになるとも言っていた。

これは「女性性と男性性」のところでも書いたけれど、私は小さいころから様々な大人に性的被害を受けてきた。その辺で出会った人から、医療従事者まで。本当にどうしようもない人たちばかりだった。一番ひどかったものは、事件にもなった。警察にも行ったし、家に新聞記者が二回も来て記事にもなった。

でも親はいつも、まったく気づいていなかった。小さな子供が夜遅く帰ってきたり、応答がうやむやで明らかに私の様子がおかしいのに、なにもわからない人たちだった。目の前でそれが行われていても、親はなんの役にも立たない。ここでも、自分がどうにかしなければという気持ちで、自分から話をした。そしてやっと警察沙汰になったのだ。

記者が家に来たときのことは、今だにはっきりと覚えている。部屋の真ん中に一人で座らされて、立ったままの記者の質問に答えさせられた。親は離れてこちらを見ていた。翌日病院に行ったとき、医者はカウンセリングのようなものを勧めたのだけれど、親は「早く忘れることが一番」と、なるべくこの事件に触れないことで解決しようとした。

そしてその通り解決できたと思っている。なぜなら、十代、二十代と成長する中で何度かふいにその話になったとき、私が覚えていないフリをしたら、まるきりそれを信じたからだ。恐ろしいほどに頭が悪かった。小さい子供がこんな馬鹿を頼って生きていけるはずがない。

当時の世の中と、学のない母親からすれば、カウンセリングの重要性も知識もまったくなかったのはしかたがない。ただ、子供のほうに「早く忘れなければいけない」「わからないフリをしていなければならない」と気を使わせておいて、それにすら気づけない大人が恐ろしかった。この人たちはいったい。本当に自分より人生経験のある人間なのだろうか。怖い思いをした子供に、記者にインタビューさせる無神経さも。それを遠くから見ているだけという愛情のなさも。

カウンセラーいわく、こういう被害にたびたびあうと、子供は「自分に非があるのかもしれない」と思うようになると。「女性性と男性性」のところで書いたように、「自分が女だからこういう目に遭うのだ」と思い込んでしまっていた。

だから「女」である自分が「不完全だ」と思い込んでいた。このままでいてはいけない、完全にならなければ、そういう思いがあったのだ。

このときまだ頭で理解しているだけでしっくりはきていなかったけれど、「このままではだめだ」という焦燥感というか、強迫観念のようなものはすごく理解できた。またこの不完全さというのは、自分に愛情をかけられない問題にもつながってくる。

ということで、常々カウンセラーが「親に怒られると思って」私がなんでも完璧にしているのだろうと言うたびに、私は「それはなにか違う」と感じていた。多くの人は心の中に「親の幻想」を住まわせてしまうことによって、親元から離れても常に自分にだめ出しを続け、それが生きづらい原因になっている。

私の場合はそれもあったかもしれないけれど、親に対してはむしろ「親の嫌がることをしたい」という方向にあった。だから私の完璧主義は親とは直接関係のないところ、つまり「自分の生死がかかっている」からすべてを完璧に整えておきたいということだったのだ。

私はごくごく小さいころから「親が言うこと」と「自分が感じること」には大きな乖離があると思っていた。「親がおかしいと気づいたとき」にも書いたトイレの話など、まさにそうだ。だから「親が事実を認識しておらず信用できない」から自分がすべてを把握していなければならないと動いていたのであって、「親に怒られること」が怖かったのではなかった。また「自分が不完全だから」、完璧を求めていたのであった。

広告

2件のコメント

  1. お久しぶりです。

    毎回読ませてもらって思いますが全く私と同じ方がいることにびっくりします。
    子供の時って「忘れたことにする」って思いっきり出来ちゃうんですよね・・・結局それが逆に記憶の処理を阻害しちゃうんですが。
    私もいろいろ経験がきっかけで子供の時から大人が信用できなかったです。「何もしてくれない」ことは当たり前だと思ってました。
    今になって、岡田先生の本とか「毒になる親」とか読んでそれがどれだけ異常であるか気がついたんですが。

    私も周りにはストイックな人だと思われてますし、自分もそうでありたいと思ってます・・・
    ただ、どうしてもバテちゃいますよね。
    「親の幻想が自分の理想を作り上げている」ってのははっときました。割と教育ママだったんでそうなのかもしれません。
    そのあたりをどうやって現実にフィットさせていくのかは考えていくべきだと思いました。

    いいね

    1. > マーゴットさん

      お久しぶりです。同じでしたか。大人が信用できなかったというのとてもわかります。今親になっている友人を見て、自分が子供のころとの違いに驚きます。これが本来だよなと。あんな中で育てばストイックになりますよね。私もいろいろ壊していっています。親の幻想から抜けて本当の自分を見つけたいです。難しいですが焦らずじっくり進んでいきます。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください