自分の気持ちを言っていい

時系列で書いているカウンセリングの記事(三年前の話)とは別の、「カテゴリー99 現在の状況」です。


うちにはフェイスタオルが二種類あって、一つは私が外出時に持ち歩く見た目のいいもの、もう一つは夫が顔を拭いたりするときに使うシンプルなもの、になっている。先日「TK MAXX」という激安店でOrla Kielyのかわいいタオルが売っていたので購入し、「これは私が使う用ね」としまっておいた。

数日後の夜、その新しいタオルが無残にも使われてくしゃくしゃになり、洗濯かごの中に入っているのを見た。まだ買ったばかりで、使っていない新品のタオル。Orla Kielyのタオル。頭にきた。

なぜこれを使ったのか、古いタオルを使わなかったのか、夫を問い詰めた。同時に、夫が手に取りやすいように古いタオルを上にして置いておかなかった自分にも腹が立った。でも、まさか使われるとは思わなかったのだ。それくらいわかっているだろうと思っていた。

私も最初は、なぜ自分がこんなにも腹が立つのかわかっていなかった。夫が謝るのに、気持ちが緩んでいかない。逆にどんどん悪化していく。「古い硬いタオルじゃ嫌だったんだ、新しい柔らかいタオルを使いたかった」「ごめんね、本当に馬鹿だった」と言い、洗うからと言って、洗面所で石鹸で洗って物干しに干してくれた。それでも気持ちがおさまらない。

そこでやっと、「これはどいういうことだろう」と考え始められるようになった。自分の中でなにが起こっているか、現状把握だ。私の地雷は「わかってもらえていない」と感じること。このころすっかり忘れていたけれど、これもカウンセリングでやった。

私に必要なのは「謝罪」ではなく、「理解」。

謝られると、「それをなかったことにしようとしている」と感じてしまう。使ってしまったタオルを洗ってほしいわけではなかった。そうして夫にバツを与えるようなことでは、気持ちは落ち着いていかない。洗ってしまうことでなおさら、「なかったこと」にされようとしていると感じてしまう。

こういうとき夫の古い癖では、「わかっていたのに馬鹿なことをした」と自分を下げ、私を上げて、どうにかおさめようとしてくる。たぶんこれも子供のころに身につけたサバイバルテクニックなのだろう。だが、私にとってそれは逆効果になる。私は自分を上げてもらって優越感を感じ、落ち着くタイプではない。私にしてみると、そうやってご機嫌をとって、理解せず、うやむやにしようとしていると感じてしまうのだ。

もう最近では私がこう説明しようとすれば理解を始めるようになった夫も、夜遅く疲れていたのもあって、昔のように逆ギレしてきた。私の方を見ず、どこか一点を見つめて、「俺は悪くない!」「こんなタオル一枚使ったくらいで責められるのはおかしい!」「疲れて帰ってきてタオル一枚でこんな目にあって!」「こんなことは間違っている!」と怒涛のように自分に向かって言い聞かせ始めた。「あんこ事件、その3」でも出た、「Defensiveモード」の発動だ。

こんなとき以前の私だったら、きちんと理解してくれるまで寝ることができなかった。傷つきながらも、理解してくれるまで何時間もかけて夫のポイントを崩し続けた。その話の中でふと夫が気づくときがやってきて、それでまとまってやっと寝れるというのが、カウンセリング後一年ほどのパターンだった。

けれど、このときは違っていた。きちんと理解してほしいとは思ったけれど、寝ることができたのだ。

理由には、二つある。一つは、私の人生に夫以外のものが増えていたことだ。夫だけが私の人生ではなくなっていた。夫だけが頼りではなくなっていた。私にはいろいろとやり始めたことがあって、自分の人生が増えてきていた。夫は「その中の一つ」となっていて、そこが崩れても大丈夫になっていたのだ。

自分がないということ」の花の図の通りでもあった。以前は自分がなかったから、夫や仕事、友人、自分が人の役に立つこと、人から有益だと思われることなどで補い、自分を支えていた。でも自分の核が育ってきたから、花びらが崩れたり欠けたりしても、また花びらをつけていけるようになったのだ。

もう一つは、「夫は疲れてわけがわからなくなっている、普通のときに話せば理解できる」という自信がついていたことだ。今まで何度もこれをやってきた。その度に、夫は理解してきたではないかと。このころにはもう日常的に起こる少しのことでは喧嘩にもならず、その場で解説して終わりということばかりになってきていた。

あんこ事件、その3」のときはまだ不安でしかたがなく、解決に一週間を要したけれど(もっと昔は一か月かかったこともある)、今回はあんなにもならないと感じていた。本当にただ疲れているだけで、普通のときにほんのちょっと説明すればわかるだろうと感じていたのだ。

翌日の朝、夫はなにも言わずに家を出た。私も見送りをしなかった。以前の私だったら、それがもう不安で不安でしかたがなかったけれど、今回はまったく平気だった。まったく普通に一日を過ごした。これは本当にすごい進歩だと思った。以前、一番ひどいときは「あの世とこの世の狭間」で書いた通りだ。これはもう別人だ。

夫が帰宅してきて、荷物を置くとすぐに私に話しかけてきた。ここで少しでも躊躇し先延ばしにするとよけい苦しくなっていくと、夫も学習している。私も、夫が話しかけてきたら逃げずにきちんと聞いてやることで、また次のときに夫が話しかけやすくなると学習している。

夫はすぐに謝った。「疲れていて、暗い中で自分のタオルを探す手間を省いてしまったのだ」と。「わかっていたけど使ってしまった」「疲れていたから正直に謝れなかった」と。

やっと「謝った」と感じた。

柔らかいタオルがいいだのということは、言いわけだ。自分がしたことに対して謝っていない。わかっていたけれどやってしまった、それはなぜか。そこをまったく説明していない。

硬いタオルがどうのではない、わかっていたのに馬鹿なことをしたのではない。「疲れていた」のだ。だから一番上にあったタオルを取って済ませてしまった。自分のタオルを探すべきだということはわかっていたけれど、しなかった。疲れていたからだ。

「疲れていたから使っちゃった、ごめん」と言われれば、「しょうがない」で済むではないか。それだけのことが言えなかったために、こんな喧嘩になってしまったのだ。

でも夫は、そんな「自分の勝手な都合」が考慮されると思っていない。自分の都合などなく、親の都合に振り回されて育ったからだ。だからそれを言えずに、硬いタオルが嫌だった、馬鹿なことをしたと、まったく別の理由を持ってくる。そして空っぽな謝罪を口にする。私にはその「空っぽ」がわかる。だから「ごまかそうとしている」「理解していない」「口ばかり」と怒りが出る。

「気持ち」というのは、目に見えないから把握しづらいけれど、きちんと存在している。というより、人間はこの「気持ち」でできている。だからこれを無視すると、様々なことがうまくいかなくなる。

夫は「自分のタオルを探すべき()」と「疲れているから適当なものを使いたい(気持ち)」の間に挟まれていた。気持ちを無視して自分のタオルを探していたら、私を怒らせなかったとしても、心身ともにもっと疲れただろう。だからそうしなかった。

でもその理由として「柔らかいタオルを使いたかった」とをついた。しっくりこない。だったら私が新しいタオルを買ったときに「俺もほしい」と言うだろう。柔らかいタオルがいいなんて、今まで聞いたこともない。こんなときに言い出すなんて、おかしい。だから「謝りたくないのだ」「ごまかそうとしている」と思われる。

「自分の気持ちを言っていいのだ」「というより、自分の気持ちを言ったほうがすべてが丸くおさまるのだ」と夫は学習する必要がある。自分の都合を言っていいのだ、と。自分の都合は考慮されて当然なのだ、と。

お互いで都合を言い合わないと、本当に必要な策が見つからない。その場しのぎの短絡的な小細工などしても意味がない。ものごとを解決するということ、それには本当のことを言い合うことが必須になる。それには無意識に自分の気持ちを抑え込む癖を外していく必要がある。

今回のことで、カウンセリングでやったことをまた思い出すことができた。なにごとも、繰り返しだ。そうして身になっていく。書いておいて、忘れないようにしたいと思う。

・ほしいのは、謝罪ではなく、理解。
・自分の気持ちを言っていい。

広告

2件のコメント

  1. kelokoさん、いつも更新ありがとうございます。私も最近ようやく解毒がほぼ完了できました。毒親との対決、疎遠を経て、今はもう親とのやり取りも、知り合いや友人とのやり取りと同じく楽しめるようになりました。私の場合、母親自身がかつて受けたトラウマを、与えた本人が全く覚えていないという事実を知らせ、「あなたが私にしたことは、あなたは全く覚えていない、それと同じなのだ」ということでようやく理解してもらうことができ、解毒の最終段階をクリアできたように思います。

    やはり謝罪ではなく、理解してもらうことで、怒りは消えるのですね。

    いいね

    1. > のびままさん

      すごいですね。親が自分と向き合うというのはベストな解決方法だと私は思います。最近同じく親が自分と向き合い始めたという人の話を聞いて、素晴らしいと思っていたところです。そのかたも自分と向き合っていろいろ努力された結果、親も同じ作業を始めて、二人で解毒を進んでいるみたいです。「自分が変われば周りも変わる」の体現だと思いました。のびままさんもご自身のタイミングでこれを体現なさったのでしょうね。お互いどんどん楽しい人生にしていきたいですね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中