毒親炸裂の報

このころ従妹が休みで祖母に会いに行くというので、私の写真を実家からもらってきてもらうようにお願いしていた。

父親の問題が母親に影響していた」で書いた通り、過去の傷を癒やすために、子供のころの記憶を思い出す必要があった。本来なら親に話を聞いたりすればいいことなのだけれど、それはもちろん不可能だった。叔父や叔母もだめだった。子供のころの写真でも見れば出て来る記憶もあるかもしれないと思い、従妹がうちの実家に行くタイミングでもってきてもらうことになっていた。

従妹が写真のことをうちの母親にたずねると、「アルバムがあるから送る」と言い出したらしい。いやいや私がKelokoちゃんに送るよう頼まれているからちょうだいと言えば、「倉庫にしまってあるからすぐには出せない」と返してきたそうだ。

「Kelokoは住所もわからないし」
同居の祖母に毎年年賀状を出していたのを横取りしているので知っているはず

「国際電話もどうやってかけたらいいかわからないし」
従妹がタイにいたときは国際電話をかけていた

「メールもよこさないし」
いつからそんな連絡を取りあうような仲になったのでしょうか

というのが始まったので、「じゃあ温泉行ってくるねー」と従妹は一度温泉に出かけたらしい。ゆっくりして戻ってきてもアルバムは出てなかったので、「Kelokoちゃんに必要なんだよ」「カウンセリングに必要なんだよ」と念を押して、残念ながら手ぶらで帰ってきたとのことだった。

毒親は、荷物を送ることが好きだ。自分の好きなものを送りつけて、それに感謝されること。ただそれがやりたい。だから従妹にアルバムを送らせたくない。私に連絡をよこさせて、お願いしてもらい、感謝してもらう。それがほしいのだ。私のためになにが必要かは、まったく関係がない。

これは、被災地にいらないものを送りつける人たちと同じ原理だと私は思っている。自分たちがいらないものを送ってありがたがってもらえるチャンスなので、逃さない。相手に必要なものをリサーチし調達することはない。あくまで、自分たちがいらないものをありがたがる人たちを探している。自己肯定感を埋めてくれる道具を探しているのだ。

「Kelokoはアルバムがほしいのだ」というのを聞いてしまうと、母親はもう他にはなにも聞くことができなくなる。「自分が簡単に用意できるものをKelokoがほしがっている!」、「これはチャンス!!」となり、なにも見えなくなる。そこまで自己肯定感が飢餓状態になっている。砂漠で水を求める人のように。

従妹は何度も念を押してくれたみたいだったが、もう聞こえてないだろうなと思っていた。十中八九、やつはアルバムを直接送ってくるだろう。いらないものをたくさん詰めて。そしてそれに私が感謝しないと「送ってやったのに!!」と文句を言うだろう。勝手に。

化粧水」事件の再来を思わせた。

でも、その荷物は届かないだろう。なんとなくそう思った。

化粧水ふたたび」で書いた通り、最後に実家にいったときのこと。ネットで化粧水を買って、実家に送っておいた。母親がうずうずして「送ろうか」と何度も何度も言ってきたけれど、「また割れちゃうから」「日本に行くから自分で持って帰るから」「絶対に送らずに置いておくように」と何度も何度も念を押した。確実に伝わったと思っていた。これだけ言えば、送りたくても送れないだろうと思っていた。

なのにやっぱりやつは荷物を送っていた。従妹も愕然としていた。日本に行って「化粧水は?」と聞いてみれば、「えっと、どこにしたかな?」「送らないように、ここに置いておいたんだけどな?」と夫婦で白々しい演技をしていた。「都心に行くならこれで買ってきな」とお金まで渡された。

私も夫も、心底白々しいと思っていた。日本語のわからない夫でさえ、「探している演技の時間がもったいないから、送ったなら送ったと言えって言えば?」とまで言っていた。

そして、やはりそれは本当だった。「化粧水を送った」と、このとき従妹に話したそうだ。あんなに念を押され、白々しい演技をするほど本人にも「送るな」と言われた認識があったにもかかわらず、送ったのだ。「浴衣と一緒に送っちゃったんだ」と言っていたらしい。

話はここで終わらない。なんと、その荷物は返送されてきたらしい。

どうせ送ったのだろうと思っていたから、いつまでたってもイギリスに届かないことにおかしいと思っていた。だが、返送されていたとは。

どの住所に送ったかは知らないけれど、こちらには届かずに、日本に送り返されていたらしい。以前住んでいた町に行く用事があったので、今そこに住んでいる人に聞いてもみたのだけれど、そんな荷物は届いていないと言っていた。郵便事故だろうか。それとも私の「死んでも関わりたくない」オーラが、荷物のブリテン島上陸を阻んだか。

そして、ここからが毒親の真骨頂。なんと、「Kelokoが受け取り拒否をしやがった!!」と。

せっかく高いお金をかけて荷物を送ってやったのに、受取拒否をしやがった、なんてやつだと、怒り心頭だったそうだ。

「送るな」と言っていたものを勝手に送り、戻ってきたら「受取拒否しやがった」と勝手に怒り。

自分で思うのだけれど、どうやってこんな女と20年も一緒に暮らしていたのか、本当にわからない。こんなのと一緒にいたら、誰だって気が狂うだろう。現に狂ったわけだ。こうしてあそこを脱出してみて、いかにあの空間が異常で歪んだものかということが、十分すぎるほどよくわかった。あんな人たちに頼らないと生きていけなかったなんて、どれだけの地獄だろう。

今の私は大人で、自分で生きていけるのだ。あんな頭のおかしい人たちに頼らなくても、生きていけるのだ。なんと素晴らしいことだろう。

これがあって、少しは凹んだ。でもなんだかもう、「救いようがない」ということを深々と体感した感じだった。「あそこになにをやっても無駄なのだ」、というような。あれらは人間ではないから、人間だと思って接してはいけないのだと。

服についた墨汁が落ちないのと、同じだった。墨汁がついてしまった、ではこれは捨てましょう。新しいものを買いましょう、と。そう思えば、あれらがああでも、私には関係ないのだと思えた。

どうにもできないものをどうにかしようと思うから大変だし、どうにかしなければ生きていけなかったから大変だった。でもどうにかしなくても大丈夫なら、なんの問題もない

私は好きな服を着たいから、ブータンのような民族衣装しか着れない国に住めと言われたら嫌だし、もしそこに住まなければならなかったら大変だろう。でもなにを着てもいいイギリスに住めるわけだし、こうして毎日好きな服が着れる。それならば、違う国で毎日民族衣装を着ていて幸せな人たちがいても、なんの問題もない。そういうことが体感できた。

広告

11件のコメント

  1. 化粧水の話を読んだ時も思いましたが、分かりすぎるほど分かります!
    私の親も、頼んでもない物を送ってくるのですが、今の住所は教えていないので転送サービスを使っています(日本国内)。受け取り拒否をすると、「私の好意を受け取らないというのか!」みたいな感じで逆ギレされ、攻撃のきっかけを与えることになるから、という理由でやむを得ずそうしているのですが、単に届かなかったというだけでも勝手にそう思い込んでしまうんですね。。。
    もし相手に荷物を届けたいと思っているなら、キレる前に原因を見つけるなり、より確実に届く方法を探そうとするところだと思うのですが。。。

    いいね

    1. > ワカメさん

      荷物を送るのは本当に毒親あるあるですね。本当にそうなんです、「届けたい」が目的ならばきちんと住所を確認して確実に送り届ける方法を考えるはずなんです、そうでないということは目的が違うということなんですよね。

      いいね

  2. 「毒親は不要な荷物を「贈り物(送りモノ?)」と送りつけ、感謝を要求する!」
    読んでキャァーと叫んでしまいました。夫母親(毒です)私の誕生日に、私の名前宛に魚の干物とか箱で送って来るんです。私は好きじゃ無いし冷蔵庫一杯になるし、干物のくせに足早い。。
    私宛ではあるのでお礼の電話すると、まっましたとばかりに私の知らない人の愚痴や私への当てこすりに長々付き合う事になり、他の親戚に、毎年私に誕生日プレゼントを送ってるの、と吹聴していて、本当に気分が悪かった。
    干物喜んでるのは夫。其奴はさっぱり私の気分の悪さが理解できない。数年前からお礼電話もやめていて、
    夫からは責められていたんですが、意地で頑張っていました(^^;
    ホント迷惑な人っているけれど、自分と関係ないどこかに棲息してる生き物と思えばいいですね。ありがとうございます!

    でも、放っておくのも

    いいね

    1. > めぐさん

      知らない人の愚痴を言ってくるのも本当にあるあるですね。なんの関係もない人に職場の文句を延々と話している人とか、吐き出せない怒りがたまっているんですよね。そういう人、他人の時間と空気を無駄にせずに、ちゃんとお金を払ってカウンセリングに行ってプロに聞いてもらうべきだと思うんです。でもそうやって勧めてもなかなか行く人はいないんですけどね。行けば共感しながらうんうんと聞いてくれるので、本当にすっきりしますし、解決にもつながっていくから、絶対お勧めなんですが。無視したり止められない場合、やはり距離を取るのが一番だと思います。

      いいね

  3. 若い小娘時代に、恩着せがましく毒親の好きなものを
    送り付けられ、不在のため受取れず逆切れされました。あるあるです。
    一方で、依存が抜けていないから接触するのです。私も小娘の頃
    分かっていない未熟者なのに、依存して愛を求めていました。

    解毒の本質を理解して実行しながら、毒母を連想させる人を
    全て断ち切らないと、いつまでも振り出しに戻るのではと考えます。
    絶縁とは、親族一同を切り捨てること、そのように解釈します。
    解毒したつもりになっている方って多いと思いますよ。

    具体的な解毒方法は、ネットに書かれておらず、セラピー料金は
    超超超高額なのですが、有益です。

    SNS(特にツイッター)で解毒について書くと
    無料提供を求められるのですが、タダで高級ホテルのランチが食べたい
    と懇願するようなものです。

    私は今後も継続して心の親を取っ払います。解毒は簡単じゃなく
    治ったつもりでいても、必ずぶり返します。

    どうか素敵なブログを発信されて下さい。

    いいね

    1. > こいのぼりさん

      本当に、あるあるですね!私もたぶんつい数年前まで、親の愛情(理解)を求めていたのだと感じます。でも親が子供をコントロールできないように、子供も親をコントロールできないのですよね。理解してほしいと思っても、理解させることはできない、そこで自分がどうするか。理解してもらえなくても生きていけるようになるのが、解毒なのでしょうね。そうは言っても、誰も完全に解毒することはできないと思うんです。人によって解毒の段階も違っていて。それを自分の個性として受け入れられることが重要なのかなと、最近は思います。今まさにそこに取り組んでいるところです。ぶり返すたびに嫌になって。でもそれで死ぬようなところまではもういかなくなったんです、夫にもフォローしてもらえるレベルで。それならいいじゃないかと思えるようになりたいです。

      いいね

    2. >SNS(特にツイッター)で解毒について書くと
      無料提供を求められるのですが、タダで高級ホテルのランチが食べたい
      と懇願するようなものです。

      すごい言い方ですね。
      こちらは最初から「もしよければ」としか書いていないし、その言葉通りの意味しかないんですが。

      まあ、今後はもう一切こいのぼりさんに話しかけることはないので、どうぞ安心して回復の道を邁進してください。

      いいね

      1. > マキさん

        こちらのお話、こいのぼりさんがなんのことをおっしゃっているのかはわからないと私は思います。以前いただいたコメントに関してですが、私もこいのぼりさんはどのように自愛に取り組まれているのだろうと思いましたし、マキさんが率直にそれを質問されているのを見たとき私はすごく嬉しかったです。たぶん人によって取り組んだものも経験も違うと思うので、私の方法を読まれるだけではなく、お互いにどんな方法に取り組まれているのか、どうだったのかをここで話してもらえたらすごくいいなと私も思っていました。今までも紹介してくださるかたもいらっしゃいましたし、そうやって読んでくださるかた同士の中でも意見や情報が広がっていったら素晴らしいですね。聞かれても回答を強要されているわけではありませんので、聞きたいかたはマキさんのように「もしよろしければ」で自由に聞いていただいて、回答いただける範囲でお答えいただければいいですし、お話されたくない場合は「お答えできません」ということで、境界線を意識してラクにやっていければと思います。

        いいね

  4. > マキさん

    取り急ぎご希望通りにさせていただきましたが、気にされなくて大丈夫だと思います。よろしければまたコメントお待ちしております!

    いいね

    1. kelokoさん

      そう言ってもらえると助かります。まだ私は方向性が定まっていないんですけれどね。
      私はいつもkelokoさんの話を読ませてもらっていろいろ勉強になっているので、kelokoさんにも私のようなパターンを知ってほしかったんです。

      いいね

  5. マキさん

    kelokoさんのご指摘通り、何をご立腹されているか、理解不能でしたが
    以前、横レスを頂いていたようで、先程拝見しました。
    ランチの件につき、あなたに対しての意見ではありませんので、誤解なさらないで下さい。

    抽象的でしたが、具体的に書くとツイッターにて
    「無料で何でも要求」する方がおり、逆上され被害妄想になり、攻撃する。
    このような事があり、依存度が高く面識の無い方に、疲弊しました。

    マキさんではありませんので、ご了承願います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.