夫の記憶の扉が開いた

そして、週末。

お姉さんとお母さんの家に乗り込んで行った夫が、帰ってきた。帰ってくるなり、私に抱きついてそのまま固まった。泣いていた

どうやらいろいろあったらしかった。結果がどうであれ、聞いてやろうと思った。

なんと夫は、記憶を取り戻した。夫は海外で生まれ、数年そこに住んでいたらしいのだけれど、そのときの記憶が一切なかった。夫の人生の記憶は、イギリスに引っ越してきたところから始まっている。このときに4〜5歳のころに引っ越してきたことが判明したのだけれど、お姉さんと初めて子供のころの話をして、その前の記憶を今回思い出したとのことだった。

この家族の歴史はこうだった。

夫の両親はイギリスで結婚し、夫の姉が生まれた。その後二人目(夫)を妊娠しているとき、お父さんは海外で仕事を見つけ、家族を置いて先に渡航した。家を見つけ、仕事を始めてから、お腹の大きいお母さんとお姉さんを呼んだのだけれど、そのときにはすでにお父さんには他の女性がいた。夫はそこで生まれたのだけれど、生まれる前から両親は喧嘩ばかりだった。お姉さんが言うには、お母さんが突き飛ばされてガラス戸を破って倒れ込んだりしたらしい。壮絶な喧嘩だったそうだ。

その後、お母さんは義理のお父さんになる人と出会い、両親は離婚することになった。お父さんと義理のお母さんに連れられて、夫は姉とイギリスへホリデーに来た。初めてお父さんの実家で過ごし、お父さんと海のある町へ旅行へ出かけ、釣りを一緒に楽しんだ。こんなことは初めてだった。

そんな楽しいホリデーだったのに、ある日突然世界が暗転した。

お父さんの実家にいたとき、突然車の音がした。お父さんが出かけるようだった。自分も急いで支度をして、荷物を詰めて外に出た。お父さんと義理のお母さんが車に乗り込む。自分も乗り込もうとするのだけれど、おばあさんは自分を抱えて離してくれない。お父さんがいってしまう。わけがわからなかった。泣き叫んだのだけれど、届かなかった。お父さんは行ってしまった。海外へ帰ってしまったのだ。

お姉さんからこの話を聞いて、夫はこのときのことを一瞬で鮮明に思い出したそうだ。このとき持っていたおもちゃ、詰めたカバン、お父さんの車、自分を抱きしめる祖母。イギリスでのホリデー、お父さんとの釣り、楽しい毎日。それが一瞬で崩れた瞬間。

夫は、なにが起こっているかまったくわからなかったのだそうだ。お父さんが出かけるから、もちろん自分も出かけるつもりだった。車の音がするから、早く早くと思って、荷物を詰めた。なのにお父さんは行ってしまった。小さい子供にとっては生死に値する衝撃だっただろう。カウンセラーにそう言われていた。

きっと、相当つらい思い出だったのだろう。だから記憶から消されていた。人間の防衛本能というのは、本当にすごいものだと思う。自分を守るために、つらい記憶を消しさえするのだ。テレビの中の話のようだが、本当のことなのだ。

お姉さんは大きかったので、もうなにが起こっているかわかっていたそうだ。お父さんが出かけてしまうときも、追わなかったらしい。このあとお母さんと義理のお父さんが迎えに来て、一家はイギリスで生活を始めることになる。お母さんがイギリスで住む家を探している間、お父さんが子供たちを預かっているという話だったらしい。

あとから聞いた話だけれど、義理のお母さんははじめ、お父さんが結婚していたことを知らなかったらしい。お母さんもお姉さんもみんな、お父さんが自己中心的でひどい男だったと言っている。夫もこのときは二人に同調していた。

でも、そうだろうか。本当に、それだけだろうか。

確かに、子供がいたのにも関わらず浮気をしたのは許せないことだと思う。でもそもそもお母さんも重すぎたのではないだろうか。「毒親の予感」でも書いた通り、自分は望まれた子ではなかったと今でも傷ついており、それを満たすためだけに生きている。それをお父さんとの結婚生活で求め、お父さんは逃げたのではないだろうか。

ちょうど、私と夫のように。

お母さんは「愛着障害不安型なのだろう。そしてお父さんは、回避型

そしてきっと、義理のお母さんは安定型だったのではないだろうか。

彼女もかわいそうな人で、子供がほしかったのにも関わらず、お父さんがいらないと言って、子供を作らなかったらしい。お父さんはそのくせに自分はたばこを吸ってお酒を飲んで、心臓の手術を二回もして、早くに亡くなってしまった。残されたのは、彼女一人。お父さんはきっと、最後まで回避型だったのだろう。のちにお父さんのこの心臓の問題は、遺伝ではなく突然変異的なもので、生まれつきだったということを知った。もしかしたらそれが、お父さんが回避型だった一因なのかもしれない。

そして夫は、お姉さんとお母さんに私となにがあったのかもきちんと話してきた。話をしたら、わかってくれたようだった。夫がいかに私に対してひどかったかということを話したら、「Kelokoでなかったらとっくに離婚されてたよ」とため息をついて言っていたと。いつも問題をどうにかしようと頑張るのは女だ、男はまったく、と言っていたそうだ。

お姉さんとその旦那さんも似たような問題があって、一時期大変だったという話も聞いてきたそうだ。二人とたくさん話をして、三人でたくさん泣いてきたと言っていた。これで家族に謎がなくなってよかったと思う。もし知らないことが出てきても、これからは聞くのになにも抵抗がないだろう。

夫は、「作家がどうして小説を書けるのかがわかった」と言い始めた。びっくりした。人にはいろいろな感情があって、どこからそういうものが出てくるのがわかったと言っていた。小学生か!と思ったけれど、今までこんなにも大きな感情を押し込めてきた夫が、やっと人間らしくなってきたのだろうと思った。

それまでは自分の感情から目をそらすため、ひたすら仕事と趣味しかしてこなかったのだろう。それでこんなにも空っぽな人間になってしまったのだ。そしてここでその今まで押し込めていた感情の蓋を開けた。これからどんどん変わっていくだろうと、カウンセラーも言っていた。

夫の新しい仕事が始まり、少し緊張しながら出かけて行った。

新しい年、新しい月、新しい人生。よかったなと思った。

広告

4件のコメント

  1. 初めてコメントします。このブログに励まされた者です。今回の記事も感動しました。旦那様とよい方向に向かっているようでとてもうれしいです。これからも影ながら応援しています^^

    いいね

    1. > マリさん

      コメントありがとうございます。このあともまた何度も身を切るようなことがあって、実際は夫といて大丈夫になったのはここからまだ二年近くかかるわけですが、このときのことが本当にすべてのきっかけとなっています。このとき夫が自分に向き合い家族と話に出かけてくれたこと、またそのきっかけを作ってくれたカウンセラーにはただただ感謝です。でも夫にも感謝され、カウンセラーにも私が助けを求めて行動したからこれが起こったのだと言ってもらいました。どうにかしたいと思う気持ちに従って行動することは大事なのだと思った大きな事件でした。

      いいね

      1. そうだったんですね…現在の状況はわかりませんが、今までのブログ記事を読む限りここからあと二年近くのこともkelokoさんがたくさんがんばってきた結果いい方向に変わっていっているのではないかとすぐイメージできます。それぐらいkelokoさんのがんばりがこれらの記事からたくさん伝わります。だからこそわたしも励まされました。私もACである自分に気づき、今年1年たくさんの本を読み漁りました。結果、最近になってACは依存的な親から精神的に自立する為の健全な反抗期の表れの一部なのではないかという答えにたどりつきました。私は今精神的に親から自立し、自分自身の幸せをつかむために日々自分を励ましながら精進しています。kelokoさんのように自分の人生を客観的に語れるようになって自分の物語を完結することが「回復すること=親からの心理的な自立」でもあると考えています。それぞれで納得できる解釈があると思いますが、kelokoさんのブログに出会えたことで気づくことがたくさんあったので私もkelokoさんには感謝の気持ちでいっぱいです。そしてkelokoさんご夫婦の幸せも影ながら願っております。

        いいね

      2. > マリさん

        あたたかいお言葉ありがとうございます。健全な反抗期という表現、その通りだと思います。元オウムの上祐氏も、当時のことを勉強し振り返って同じようなことを言っていました。私も最近またつまるところがあったので、カウンセラーに会ってまたいろいろ考え、進む準備をしています。前を向かれているマリさんのコメントに私も励まされます。お互い幸せに向かって無理なく進んでいけますように。

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください